雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

余暇が好き、余白が好き

こんばんは豊島ミホです。
ツイッター見てくださっていたみなさま……!
今までありがとうございました。
先週告知(?)した通り、6月30日をもって
@toshimamihoのツイッターアカウントを閉鎖しました。
先週ご挨拶はしましたが、向こうでお付き合い下さったみなさま、
今までありがとうございました!!

ブログに、もどるぞーーーー!!!

って意気込みでの閉鎖です☆



ツイッターを始めた時期(2014年10月だったかな?)って
ちょうどブログに長文書かなくなった時期と一致するんですよね。
リア充すぎてそれどころじゃなかった……のか? 
までも大きく環境が変わっていくところで、
ひとり暮らし時代みたいに好きな時に好きなだけ
パソコンの前でフンフン(←鼻息)長文書くことは
しなくなっていったんでしょうね……。

そんで代わりに、ちょこちょこつぶやけるように?
何か吐き出し口を求めてw ツイッターを始めたんだと思います。
当時の気持ちとしては「なんとなく」だったんだけど、
今になって振り返れば、そうだなぁ。

でもこの夏、ちょっとだけ仕事をゆるく組んだので
また好きな時に好きなだけw 長文を書くことをしたい!
と思ってます。
年始には「今年はブログとツイッター控えめに」と言ってたけど
ブログは半年で解禁! しちゃうよおおお!



いや〜〜…… この月末まで地獄だった。。。
年末年始に思いっきり仕事サボったツケが
半年間ずっとスケジュールを圧迫していた。。。

今だから言うけど、年末年始にNetflixで
「テラスハウス」を18話一気見しました。夫と。
あと「カルカソンヌ」という
1プレイ1時間近くかかるボードゲームを
1日8プレイくらいしたりしてました。夫と。
夫婦ふたりでこれでもかっというほど遊び倒したよおおお!!!!
その様子を「テラスハウスとカルカソンヌ」っていうタイトルで
ここに書きたかったんだけど、
年始過ぎたらもうそんな暇もなかったwww

でも、やっとやっと暇時間にたどり着いた! よ!



なんか私、この半年でつくづく思いました。


やっぱり余暇が好き。って。


最悪……
この大不況時代に大声では言えない……

でも、役にも立たないことをしている時間が
大・大・大好き!!
超あいしてる!


このブログもさぁ。
仕事目線で見たらほんと、なんなんだろって思いますよ。私自身も。
ライターならもっと仕事の依頼が来るようなこと書かなきゃいけない、
何かひとつかふたつの分野に絞り込んで
たくさんの人の興味をひくことや役に立つことを書かなくちゃいけない、
わかってるー。
なのにこーやって役にも立たない長文ばっか書いて、
お前仕事やるきあんの?! みたいな感じだし。

でも私はー
この自由帳が好きいぃぃぃぃぃぃ!!!

なんだろ。
よく考えるとふしぎです、
自由帳が好きって。
私は文章の仕事を2種類経験しているわけだけど
どのどちらにも当てはまらないこれを
なんでそんなに好きなのか……
そもそもなにが「自由帳」でなにが「自由帳」じゃないのか……。

自分でもよくわかんないけど
思いついたことなんでも書ける! っていうだけで
こころがはねまわる!!!!
ぴょんぴょーーん



まだ見に来てくださっている奇特なみなさま、
どうぞまたこの謎ブログにおつきあいいただければと
思います。
今度はすぐ更新しにくるよ! た、たぶん!

そうそう、PCでご覧の方にしかわからないことですが、
実はこのブログのスキンを大幅に変更しました。
開始以来12年近く、同じ基本構造? でやっていたのを
新しくしたんですよ。
サイドバーが右から左になっているでしょ?
他、見た目がちょっと今風になったかなっと思ってます。
でへへ。
スマホの方、よかったらどっかで見てみてください。
トップ絵も変えているよ!
by refri5erat0r | 2016-06-30 22:36 | 雑記

2016年! 34歳! (1/3)

あけましておめでとうございます! 豊島ミホです。

2016年になってしまいました〜……

って年の初めから語尾が力ないのは、むろん
2015年のこのブログの、更新のなさを省みてのことです。
いま、更新回数を数えてみたら18回なんですが、
まあ5月に新刊周りの告知があったからで、
それがなかったらきっと、月1回を割っていたことでしょう。

年末くらいから考えて、
ネットとの付き合い方を変えてみよう、と思っています。
一人暮らしをしていた時は、
まとまった時間を取って記事を書くことで
考えの欠片みたいなものから始めても
ある程度結論のある文章(「仮説」くらいはある文章)を書けていたけど、
今の生活ではそうは行かない。
去年の記事を読むとにょじつにわかるんですけど、
欠片が欠片のままな文章を出しちまってる(;▽;)

「まだまとまってないもの」を自由に表に出せるのも
ネットの良さのひとつではあると思うし、
自分はわりと積極的に「欠片でもいーから出していこう」
という考えを持っていたほうなんですが、
2016年はそこをぐっとこらえて!
内側に溜める年にしたいなって思っています。

ちゃんと、欠片がなんかになるまで待てるよーに
待つっていうか、他人に見えない場所に
欠片を集めてなんかの形を作っていけるよーに……



私の性格なのかもしれませんが、
「他人に渡しちゃうと、それだけでわりと気が済んじゃう」
部分もあるんですよね!
欠片を渡して、気が済んでしまって……いいのか? みたいな。
疑問が最近、ある。

先日アップした
ポッドキャスト(ほそぼそだけどまだやってますよ!)の新しい回で、
妹にインタビューしたんですけれども、その中で妹が
「個人的なことは自分の内側に溜めとくのが好き」
というようなことを言っていたんです。
私はわりと、「人とのつながりの中でディープな話をしたい!」
「むしろディープな話をするために友人が欲しい!」みたいな感じなので
「自分の中だけに溜めとく」っていうのが目から鱗の発想でした。
(ちなみにこのトピックは「主婦の友人付き合い」についての話で
 妹はぼっちスタイル、私は少数の固定された友人が欲しい派。)

それをそのまま真似しようと思ったわけじゃないけど、
去年の自分を省みて、
そういう(妹的な)やり方が今のこの状態には
役立ちそうだなあと思ったよ。



なのでなので、2016年はいったん、
ブログやツイッターは超低速運転にします!
「徐行」って言葉あるな? 徐行?
代わりに、紙の日記とか、
丁寧に書いていこうと思う!

まーいつかなんか「形」を作って
みなさまにお見せできる日も来るかと思いますので、
そちらを待っていていただけたら嬉しいです……

2016っていう数字はなんか、どっしりしているよね?
16で割れるし……
自分もどっしりした動きの年にしたいです!

ちなみにさっきも言及したポッドキャスト、
元から徐行の感じですがw 今年ももっさり更新していくつもりです。。
2015年は、6月と12月の2回しか更新できなかったのですよ!
お付き合いくださっている少数のみなさま、
本当にありがとうございまする(;▽;)
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

この記事を読んでくれてたみなさんの新しい1年にも幸あれ☆彡


※下にももう1記事アップしてます。
by refri5erat0r | 2016-01-03 15:36 | 雑記
2015年があれ(前の記事)で終わるのはあんまりなので、
去年楽しかったこともまとめてみようと思います。

私を去年楽しませてくれたもの〜〜ベスト3!!


1)いくつかの傑作ゲームたち

私は結婚後そんなにゲームしなくなってしまったんですが
夫がゲーマーなので、夫がゲームするのを横で見ています。
全部見てるわけじゃないけど。見るだけで面白いのは見てる。

その中で去年、観戦に夢中になったのが
「ショベルナイト」というゲーム。
2D横スクロールアクションです。
昔なつかしい感じのドット絵だけど新作。
日本語版未リリースなので、国内ではあまり知られていない模様……
でもほんとめっちゃ面白い!

面白い要素、なんなんでしょうね?
「ゲームバランス」と「キャラのかわいさ」かな?
バランスでいうと、難度の高いアクションを要求してくるけど
何回死んでもゲームオーバーにならないところとか。
かわいさは……主に敵キャラのかわいさ!
動きのコミカルさ!
初期ドラクエとかマリオとか、やっぱり敵がかわいい、
敵に愛着が持てるってのが魅力のひとつじゃないですか。
「ショベルナイト」の敵もそれくらいかわいい。
まあ主人公もかわいいですけど。

タイトル通り、主人公はシャベルをかついでる騎士なんです。
全身鎧着て、騎士としてかなりキマってるのに、武器がシャベル!
それでホイサホイサ! って土を掘ったり、
敵をグサーと刺してしまったり……
動くのを見ているだけで、どんどん愛着が深まっていく。
アクションゲームでも「愛着」って大きい要素なんだなと思いました。

日本語版も今年あたり出るといいな……
英語版なのでストーリーはあんまりわからなかったw

あと、去年のゲームじゃないらしいですけど
「Forza Horizon 2」も見ていて楽しかったです。
ヨーロッパの都市や山、広大な土地を走れる
カーレースゲームなんだけど、グラフィックが超綺麗!
りょこうきぶん!
公道で高級車をかっとばしてボロボロにするという
あたまわるいセレブになりきれる感じもとても好きです。


2)ラーメン

ゲームの話だけでだいぶ長くなった。
去年ハマったもので「これはあげねばならん!」というのが
ラーメンです。ラーメン屋さんで食べるラーメン。

出戻りで秋田にいる時、微妙にハマりかけてたんですよね……。
車に乗れないなりに、チャリでぶんぶん市街地のラーメン屋まわったり。
ラーメンって、他の外食と違って、
食べてる間夢中になれるのがいい、って思っていました。
熱いうちに! 麺ののびないうちに! 完食すべく集中する。
そこにあるのは丼と俺だけの世界。

東京に来て、いったんあんまり食べなくなったんですけど
(地方より高いからかな……)
前の家がわりとおいしいラーメン屋の集まった場所だったので
興味本位で巡るようになりました。
ラーメンって、本当に同じ味ない。
麺とスープとちょっとの具だけのシンプルな料理なのに、
一軒一軒全部違うんですよね。
それを夢中で味わうわけだから、やっぱり面白い。

行列が苦手なので、並んで食べたりはしませんが
最近は近所だけじゃなく、出先でも
オススメのラーメン屋を聞いて入ってみたりしています。
(道行く人に訊かないけど、美容院行った時、
 美容師さんに訊いて帰りに寄るとか)


3)夫と回し読む本

ここ、単に「本」にしてもよかったんですけどw
去年は私にしてはたくさんの本を読みました。
夫がたくさん本を読む人なので、つられて……。

読んですぐばっと感想書けばよかったなー! と思う本
いっぱいあるよー!
仕事(「特選小説」の新刊インタビュー)で読んだ本も
面白い本揃いだったし、
バラバラに読んだ本が不思議と関連づいてるみたいな
面白い現象もあったし。

そんな中で、夫と回し読んだ本というのは
また違った印象深さがあります。
ブログに残っているところだと、春に読んだ
坂崎千春さんの『片思いさん』とか。
あれは年末に「面白かった本ベスト3」を考えた時も
まっさきに出てきた! まだまだしつこく人にすすめたい!w

年末にも1冊、エッセイを回し読みました。
山崎ナオコーラさんの『かわいい夫』。

かわいい夫

山崎ナオコーラ / 夏葉社


夫婦の話あり、実家の話あり、仕事の話あり……
という、日常生活のエッセイで、
「夫がかわいい。夫萌え!」みたいな内容ではないです。

私はナオコーラさんの本を読む時に
期待することが2つあって、
「シャープな文章にやられたい」
「なんか、びっくりしたい」というやつなんですが
その2つをこれでもかってほど叶えてくれる内容でした。
短いエッセイだからこそ余計際立っていたかも。
シャープさもびっくりも。

また、「夫」がタイトルに来ているだけあって、
日常というテーマの中でも、
ナオコーラさんたち夫婦の姿がとっても印象に残りました。
やっぱこれくらいじゃないと夫婦エッセイって書けないな
と思った! 文章の力量的に!
だって夫がかっこいいとか、こんなことしてくれるとか、
ほとんど書かないで、仲良しだって伝えられるんだもの……。

「僕たちって仲良しだよね」「都大会レベルだよね」
と言っていたうちの夫も、この本を読んだ後
「準決勝で当たるな……」
と渋い顔で言ってました。
都内のどこで。仲良し夫婦選手権が行われているんだ。



長くなりましたが、以上、
2015年に私を楽しませてくれた「もの」の話でした。

いつも年末に語っていることが多い「音楽」がなー!
2015年はあんまり楽しめず残念でした。
FoZZtoneが活動休止してライブに行かなくなり
生活サイクル的に深夜ラジオも聴かなくなり……。
でも2016年は好きなミュージシャンの新作リリースが
色々ある予定なので楽しみにしたいです。

あー、でもそれ以上にぃぃ……。
「楽しませてもらう」だけじゃないことをもうちょっとしたいな(;▽;)
仕事……
お世話になるばっかりで、何も返せてないような気がすることもある。
夫に対しても、去年の年頭は「夫婦は与え合い」みたいなこと
ブログに書いていたわりに、
私がもらってばっかりじゃないだろうか? とよく思います。
そういう場所から一歩でも出られるようにしたい。
今年は。
by refri5erat0r | 2016-01-03 15:32 | 雑記

よいお年を!!(12/31)

こんばんは豊島ミホです。
2014年も去っていこうとしていますね〜。
個人的には、色々てんこ盛りの1年だったなーっと思います。

わりと。小さい時から1年を振り返ってまとめたり
するのが好きなんですけど、二十歳くらいからは、
インプットに偏る年とアウトプットに偏る年が出てきて……
アウトプットばっかしの年は、
「仕事はいっぱいしてるけど、絶対このままじゃ中身足りなくなる……」
っていう危機感があったりしたんですけど。
今年はその真逆で、外から大して仕事してないよーに見えただろうけれども
自分的には大満足っていう年でした。
泣いたり笑ったりたくさんして、
初めてのことや無理めのチャレンジもわりとあって……

後出しですけど、今年は「誕生日が満月」の年でした。
満月の誕生日って人生に何度かしかないらしいです。
おととしくらいに調べてみたら、前回が95年、次は2052年……。
この間「朔旦冬至」のニュースを見てる時に、
「あ、同じサイクルだ」って気付きました。
私の誕生日が満月の場合は、冬至が新月になる……のかな?
とにかくそれくらいの結構めずらしい現象なんですね〜。

そして95年って、私にとっては
ものすごく印象深い年、
楽しいし大変だしその先の進路を大きく変えることになった年なので
この2014年も、そうなのかな? そうだといいけどな〜?
くらいにうっすら楽しみにしていました。
だいたいそうなったよー\(^o^)/
インプットだらけ、経験の貯蓄の年でした。



今年筆名で新しくできたことといえば
ポッドキャスト!!
「アラサーおんなのすっぴんトーク」です。
主に南綾子さんと一緒に、アラサーの日常トークをしたり
たまに小説のことを喋ったりしています……。
元作家と作家でやっててもアート色やインテリ色を一切感じさせない
番組づくりをこころがけています(キリッ

告知は主に番組ツイッターで展開してて、
このブログではあんまり告知してなかったんですが(すんません……)
半年で、なんとか第7回までこぎつけてます!

第5回〜第7回は、南綾子さんの新刊書き下ろし小説「婚活1000本ノック」

婚活1000本ノック

南 綾子 / 新潮社


にひっかけて、婚活スペシャルと称し
さまざまな角度から婚活を語り尽くしています……
(いややっぱ語り尽くしてはないかな)。
まだ聴いてないよ! という方はぜひぜひ、
年末年始にまとめてでもお付き合い下さ〜い。

南さんのトーク力でなんとかやってくることができた
7回やと思います……
いちおう私のほうが喋る仕事(インタビュアー)なのに……
「うん……。うん……」て相づち打ってるだけの時あるw
今年私がお世話になった人トップ3に南さんは入ります。
相方を引き受けてくれてありがとう。>南さん



そして今年はゆっくりですけども
インタビューの仕事も引き続きさせていただきました〜。
「別マ」「特選小説」の遠すぎる二股がまだ進行中ですw

「特選」は以前ここで書いた通り、新刊紹介コーナーでお世話になっています
(小説の雑誌ですが、小説ではなく知識得る系の本を紹介するコーナーです)。
私の知識が狭すぎるために今は毎月は担当していないんですが、
自分が「受ける側」だったインタビューを「する側」で
担当するのはほんと面白い……だけではなく
なんかそっと色々考えてます。8年前とか10年前とかのことを反省してます。

「別マ」は去年からずっと
まんが家さんのロングインタビューをさせてもらってます〜
加えて、50周年なので名作紹介コーナーも先月まで担当してまして
すっごい色々読んだけども……後半ここでは追いきれなかった(;▽;)
無理言って1ヶ月延長してもらい、13作品を紹介してます!
後日でもいいので通しての感想を書きたいよ〜!

両編集部のみなさまには1年通して大変お世話になりました。
なんでもいつでもまかせろ! みたいな
小回りのきくライターとは対極にある私に
仕事わけて下さり、本当に感謝しております。
ありがとうございました!!



なんかこ〜 最近は 年々
好きな人好きなものに囲まれていく生活で
不思議な感じがします。

でもあれかな? 四季で言うと今は春みたいな
なんだかんだ準備段階だからかな? っていう感じもあったり。
きっとそればかりでは済まないんだろうなー
外の世界と折り合いをつけながら大きくなっていかないとなー
って予感はしているのです。
でもでも、もう1年か2年くらいは「春」の中で
まったり頑張りたい……かな?

あ、あともういっこ!
告知ですが、双葉文庫の『花が咲く頃いた君と』
電子化していただきました。

花が咲く頃いた君と (双葉文庫)

豊島ミホ / 双葉社


こちらも後日時間があるとき改めて紹介させていただきたいのですが
とりあえずこの作品で、文庫まで行った作品はすべて、
電子化していただいたことになります。

重ねてになっちゃいますが
現役作家では全然ない私の作品を文庫化して下さった
各社編集部、著作権管理やデジタルコンテンツ関係のみなさま、
ありがとうございました!!
おかげさまでスッキリして2015年を迎えることができます。

電子化された拙著はこのページにまとめました。
年始のまったりタイムに読書したい方は、
ぜひご検討下さいましまし。

最後の最後に、今年は途切れ気味だったこのブログに
付き合って下さった皆様、ありがとうございました。
皆様の2015年に幸あれ!! です。

それでは、よいお年を〜。
by refri5erat0r | 2014-12-31 23:32 | 雑記
こんばんは豊島ミホです。
昨日大事な告知を忘れていたので連日更新です……

去年から、声優の井上喜久子さん&田中敦子さんが先頭に立って進めて下さっている
チャリティー朗読企画「文芸あねもねR」
朗読作品のCD化が決定しました〜。
とりあえず明日明後日に東京ビックサイトで催されるイベント
「アニメジャパン」にて、先行発売があります。
(アニメジャパンのサイト今落ちてるみたいですが……どうしたんでしょ)
詳しくは私が文芸あねもね公式ブログに書いたこちらの記事で!
先行発売を逃しても、もちろん一般流通分があります。
ただ「一般」がどの程度の「一般」かはまだ未知数ですね。

終わってしまったけど、A&G+のおねえさま特番、私は聴きました。
面白かったです、あのフワッフワな感じwww
ほんと、あのおふたり(井上さんと田中さん)でレギュラー番組やってほしいですよね。。。
あれくらいの、あんまり深夜じゃない時間帯で!



ついでに雑談もいってしまおうかと思うのですが、
昨日、雑談部分に何書こうと思ってたかもう忘れた。。。
てか、雑記を書かない間も色々あったのです。

・婚活やめた
・代わりに外国語をやることにした
・ラジオ英会話を3日やってiPodのSiriちゃんと会話
TEDにはまる(おっさんテディベアの映画じゃないほう
・また病気がテーマの講演にたどりついて色々考える
・しかしラジオ英会話にはついていっていない 
 無理に毎日とか思わず今後はテキトーにやりたい
・免許更新……無事しますた……
・確定申告、もう締め切りブッチしたろうと思ってたけど
 (※大都会の税務署ではちょっとブッチしても普通に受理してもらえます)
 Podcastという娯楽の力でなんとかがんばれました
 Podcastありがとう!
・ていうかPodcastて面白そう……私もやってみたぁい……とかちょっと思って
 やり方(技術的な面で)とか軽く調べたらできないっつうわけでもなさそう でもまあ保留

この中のどれについて書けばいいですか?
やっぱり婚活やめた話ですか? そうですか。(誰かと会話)

婚活っていうか、まあ言う程婚活とかしてなかったわけなんですけど。
あのね……去年から先月までのどこかで彼氏と別れています!!(カムアウト)
(だってこの記事とかしょせん彼氏いるやつの発言だよもう絶対にそうだよ)

その後、なんかこう。。。
やっぱ彼氏いたほうがいいですかねどうなんですかね?
っつうか私の日常生活では最低でも友だちの紹介とかないと
異性と知り合う機会すらないのでそこどうにかしたほうがいいんですかね?
ていうかていうかもう彼氏とか言ってないでそろそろ出産的にはラストチャンス。。。
とかうだうだうだうだ考えて。
実際友だちに「男の人紹介してー☆」みたいなアクションはもちろんしてたし、
婚活パーティーも友だちと「行こう行こう!」とは言ってたし。
「考える」どころか何かに駆り立てられてるような時期もあったよ!
せめて子どもだけでも! 子どもだけでも先に産んでしまえばいいのや! みたいな。
いつ産むの? 今でしょ!!!!
って脳内で林先生ごっこしてる時期もあった

なんかねえほんとに。
30からあとに「努力で」結婚するのは難しいです。
努力じゃない、めぐりあわせの結婚ていうのは逆に有り得ると思うんだけど(実際ある)
婚活って、後になればなるほど……「普通のお嫁さんが欲しい人」と
「普通の旦那さんが欲しい人」の擦り合わせになってくるから。
もっちろん、そうしなければ子ども産める確率低くなるなんてのは百も承知ですけど
でも。。。

それ(擦り合わせ)に苦痛を感じるっていうのはもうだめなのかも。
違う役で世に貢献しろということなのかも。

と思うに至りました。
しゅーん……

しゅーんでもないか。
別に。永遠に結婚できないとかもう絶対に出産できないとか
思っているわけではないから。
どんな出会いがあっても拒む! とか思っているわけじゃないし。
でも冷静に考えて自分は「普通のお嫁さん」向きの資質ではないよなー。
とやっと理解しました。
結婚にも向き不向きがあるんだ。
私は今の社会で「普通を目指して」結婚することに向いていないんだ。
もう、無理にでも形だけでも死ぬ程苦痛でも結婚しようとか
そういうふうに思うことはやめよう、と決めました。
このまま独身で行っても、それが自分の選んだ道なんだって
思うことにします。



ていうかほかのすべてのことに於いても
「がんばれば、苦痛を味わえば、人並みにはできる」っていう
幻想を捨てようと思いました。
この「人並み幻想」って……日本はきっと突出してるんだろうな!
って日本を出たこともないのに感じます。なぜだろう。

でもその苦痛を味わうのと……
その労力をつかって自分の長所を伸ばすのと、どっちがいいか。
ってことですよね。

小学校の時、担任の先生が「短所をなくそうとするな! 長所を伸ばせ!」
ってある日熱弁したのをずーっと憶えていたんですが
果たしてそうだろうか? 世の中それで通るのだろうか?
って疑念もまたずーっと心の中にありました。
私の長所って、そんな「伸ばすに足る」ことなのだろうか?? って。

なんか、先生が言いたいのはつまり
「特別な才能をつくれ」ってことなんかなと思ってたんですよ。
でも、そういうことでもなくて。。。
「違ってるほうがいい」
くらいの意味だったんじゃないかなって。
25年近く経ってやっとわかりました。
自分もそうだけど、最終的には周りも、人類全体にとっても。。。
なんだかんだいって、ほんとうに人が均一である世界っていうのは。
それは生物学的に見て滅亡するところですねって感じだから
詩的なきれいごととかじゃなくて マジで違ってるほうがいいはず……。

気付くの遅いぃぃいぃ!!!!

ちなみに先生はその時クラス全員の長所を言って回ってくれたのですが
私の長所は「要領がいい」でした。
「話を聞いてないように見える時に当てても必ず回答する。
 結局、ツボを押さえて聞いている。不必要な話は聞いていない」
でした。

したがってまた外国語の勉強をすることにしたのです(若干飛んだ)。



までも 「みんなやるからやんなきゃいけないようなことを
なんとかして達成しよう」みたいのは こないだも書いたけど
ほんとある意味甘い考え……自分がなんでも人並みにはできるって前提の考え。
真に謙虚な人って、自分の得意な(というか「できる」)ことにすべての情熱を注いで
それでやっと「人並み」って意識を持っている人だと思う。

そ、そこまで到達できるかはわかりませんが。。。。
なんかもうとにかく「できる方面のこと」はなんでもしようと思います!
だめならとにかくパートで食っていけば……みたいなことじゃなくて
どんなに肩書きがうさんくさくなってもいいから、
ライター兼占い師兼へたっぴイラストレーター兼兼兼兼……みたくなってもいいから
できる方面をすべて伸ばしていかないといけないんだなと思いました。
その「できる方面」の中でも、できない仕事、突破出来ない壁っていうのは
入ってくるわけだから(たとえば小説家やってても喋る系の仕事ができないとかな……)。

五本指があったら五本使って生きるだろう
四本しかないひとは四本を駆使して生きてく
でも五本指がちゃんとうごいて四本で生活するやつはいねえ

ってことです。
さだめとか能力ってのはそれくらい明らかな理(ことわり)なん……じゃないですかね?

その喩えでいったら、私が「どうにか普通に結婚したい!」って言うのは
「指2本けずりますから神様どうか足を3本にしてください!」
って言ってるのに匹敵するアホな話だったかもしれない。
たぶんそうです。
by refri5erat0r | 2014-03-21 22:34 | 雑記
あけましておめでとうございます。豊島ミホです。
今年もよろしくお願いします!

初詣でおみくじが末吉でへにょっとなりました。完全に気勢を削がれました。
自分から動くな。謙虚に徹しなさい。
みたいな意味のことが書いてありました。
最初に書いてある短歌は

「かげくらき 月のひかりをたよりにて
 しずかにたどれ のべの細道」

です。
夜の、野原の細い道をひとりでこっそり歩いているんですね。
末吉も吉のうちなので、向こうから災いがやってくるとかではないんだろうけど
「こんな道つまんないからBダッシュやでええええ!」
って駆け出したら足元の石を見落とし顔面からズサアアア!! って転ぶんでしょうね。
「暇やし誰かいんかなー。ヒャッフウウウウウ!!!」
とかって奇声を上げた場合見事山賊にロックオンされて追いはぎされるんでしょうね。
そういうことなんでしょうね。

でも非常にまっとうなご指摘でした……。
私は極端に「耐えて待つ」のが苦手なんで。
対環境でも対人でも、必ず先手を打ってしまう。
膠着状態が見えた瞬間に、後先考えずそれを崩そうとしてしまう。
言ってしまえば、多分それで大きな失敗はしてない(と自分では思っている)から
そうしているんでしょうね。
でもそういう態度では今年は失敗するで。ってはっきりと言われた感じ。

でも文句は言えねえ……
なぜならおみくじひくときに「率直にお願いします神様!」って思ってひいたから。
しかも結構ひつこく箱の中をかき回して選んだから。うん。
謙虚に……謙虚に参ります。。。

あと、気勢を削がれたくらいがニュートラルな気がした。私は。
いっきに普通の人のテンションにされた。
普通の人はひとけのない夜道でBダッシュしたり奇声を上げたりしない。
ということがわかった。



そんなわけで。
このブログでは近年毎年「今年の目標」を書きとめていますが
2014年に関しては目標を立てません。あえて。
自分から「こうするぜ」って姿勢を打ち出しません……。
みなさんからの球を受け止めるべくただ待つことにします。。。

2013年の目標はというと。。。
それなりに達成されたのではないでしょうか。

1)勉強したい
2)もうちょっと社会に噛む突起的なものを見つけたい(自分の中の)
3)引き続きお金がないことを我慢したい……

1の勉強は……後半足りなかったかも……
あと3がもう後半まったく我慢してなかったけど! 
でも引っ越さずに耐えたから。それだけで60点はあげたい。

あああ、今年も「引っ越さない」は一応目標にしようかな!
私先日、人生で初めての賃貸契約更新をしました。
初を一番狭くて安くて古い部屋でやっているというのが
我ながらポカーーーン( ゚д゚ )です

しかし結婚というのもそんなものかもしれない。(キリッ
とたまに思います。
好き放題彼氏替えてきた人が、なんかあるところで留まってしまう、
意思とか関係なくとにかく色々そうなってしまうし
自分でもまあいっかと思う。他の人じゃなく相手のいいところ見ていこうと思う。
くらいのことなのかもって。

いや別に私好き放題彼氏替えたりとかはしていませんけど。
そして2014年もまったく結婚の見込みなどありませんけど。
恋愛経験より賃貸契約経験のほうが豊富なので、
頭が暇な時 たまに 部屋の擬人化をしているんです(絵とかで)。
それでそういうことを考えたりするのです。
東京で初めて住んだのことはいつも
「いい彼氏だったな。。。」と思い出しています。
(ほかの物件はそこまでではない)

でも今の家はうまく擬人化できないんだ。
これができれば! 結婚もできる気がするのに!

ああこういう下らないことを書いていると
またムダにテンション上がっていくからこの辺にしよう。
今年はニュートラルで。
がんばります。
by refri5erat0r | 2014-01-05 19:19 | 雑記
本日2本目の記事です。

とつぜんですが! 転職完了のご報告をさせていただきます。
わたくし、豊島ミホ、当面 ライター としてやっていくことにいたしました……!

今までさんっざん肩書き不明でフラフラ……
「ぜったいバイトするー!」と言ってしなかったり
インディー出版サイトでまんが連載したり同人誌で小説書いたり
でも何故か別マの読者ページに居座ってお悩み相談コーナーと
イラストポエムコ〜ナ〜をやらせていただいてたり……

どこの! ドラ娘なんだよ!

っていう感じでしたが(こうやって書き出してみるとほんとに……誰の二世だよてきな)、
やっと。。。
なんだろう。。。
「この道でやっていってみよう……少なくともやっていってみようとしよう!」
っていうのを。決めました。

いや今まで決めてなかったってこともないけどね?
まんが家になりたくてフラフラしていたんだけどね?!

でも去年から別マで少しずつライター的なお仕事をいただくようになって、
書き起こしやインタビューの作業をやっていたら……
たのしくて……
特にテープ起こしとかがちょう楽しくて……
同じ話を2回聞くんだけど、2回聞くとすごい面白〜〜い! って思って……

もっと色々インタビューしたい!

て気になりました。

だからあれです、ライターといっても、コラムとかそういうのじゃなくて
「ひとさまのお話を文字に起こしてまとめる」
というのがしたいのです!



実はこのブログでは、相当前から細々とそういう話してました……。
文芸あねもねでトークイベント@名古屋をやった時の、
Q&Aが一番古いのかなぁ。2011年の8月。(こちら
最近だと、8月3日付けの記事でグズグズ言ってましたw
直接的に書いてるのはここです。
2012年5月の記事。

 私は、
 (1)絵を描きたいっていうか絵がもうちょっとうまくなりたい
 (2)なにかをわかりやすくすることを仕事にしたい それで社会に噛みたい
 (3)そしてもーちょっと人に会いにいきたい
    (自分の中だけで完結する仕事は少なくしたい)
 です!


って書いてた……。

そうやって時々希望として頭に上がってきてるにも関わらず、
「んじゃライターになろ。」とスルッと行けなかったのは、
やっぱり不安だったからですかね……。

人と会わなくていいような生活があまりにも長かったし
(それって小説家としてもなんか間違ってるけど多分)
その前の学校生活ではむしろ「人はこわい!」って叩き込まれたほうだったし、で。
「この世の誰も私には会いたくないのだ……本当は」
ってナチュラルに思ってたし、今でも、
自分は居るだけで周りに不快感を与えているのではって
不安になったりするし。

だから、「人に会うような仕事なんて、今すぐは無理……」
「何か人間的に成長wしてから……」
「その成長wは、う〜ん、まんが家になることでだんだん……」
とかって思ってたけど。

たけど……なんだ……

テープ起こしが面白すぎて、「今、この道を取らないと!」っていう気になってきた。
こ、ここまで言っていいのかわからないけど、
自分が人のためにできることってこれなのではないかな? って……。

極端な話ですけど、何か大事な人とか、尊敬する人とか、
そういう人に、お金に換えられないプレゼントをするとして……
(つまり押しつけ前提として・笑)
「あなたのためにまんがを描くよ!」とは言わない気がする。
やっぱ1番に
「なんでも書き起こしますよ!!!!」って言う気がする。

今の私は、プレゼントしたい順に

1)2万字インタビュー
2)似顔絵
3)占い

くらいかな……www
まんがも別に「その人の体験した出来事を聞いて簡潔なまんがにする」とかだったら
できる気がしますけど、創作するっていう形では、無理だと思う。
ましてそれをすばやく大量にやるっていうことは実力的に完全に無理だと思うwww

仕事というのは……プレゼントなのではないだろうか!!
自分から! 世間への!
「あげるよ!」って言えること!

いや最初からそんな上から目線、give目線じゃないですけど。
お納めいただければ幸いですすみませんみたいな感じですけど。
最終的には……って意味で。

なんか、仕事ってなんだろうってニート化してからずっと考えていて、
そのために自分を我慢しなければいけないことかな? とか
逆に、我慢しなくてもいいようなことが仕事なのかな? とか思ったりもしましたけど、
我慢するとかしないとかより……もう……
私が好きなあなたに受け取ってほしい! ってことが。仕事なんだと思う。

あーしは今 書き起こしを受け取ってほしいです……!
人の雰囲気とか意見とかを できるかぎり整理して文字に起こすよー! て思ってます。

だから、言ってしまえば、小説を仕事として続けられなかったのは、
それを「プレゼント」にできなかったから ではないだろーか。と思います。
「受け取ってほしい!」まで行けてなかったなって。
「受け取りなさいよ!」
「受け取らないってんだったらもう何もあげないわよ!(怒)」みたいな……
ツンツンな態度だったww 

(いやいや自分にとってはプレゼントだったよ! って思ってくれてる人いたら
 ほんとにありがとうございます(´;ω;`) そしてすんません……)



えっと長くなってきてますが、そういうわけで、
私はこれから ツテをたどって 新人ライターさせてくれるところを
探します。今お仕事させていただいてる別マ以外でも!

8月3日付けの記事では「恋バナを聞く仕事がいい!」って言ってますけど
それに限らずw 広く探します。「仕事」に関するインタビューでも大丈夫だと思います……
(仕事だって、よく考えたら、その人と仕事との化学反応だよね。出会いだよね)。
「宣伝事項を短くまとめる」とかよりは多少、「ちょっとどうなるか見えない」くらいの
インタビューのほうが個人的には向いてる気もしつつ。。。

イラストとまんがは、記事の添え物程度なら&頼まれたら描きますという感じです……。
文章とセット押し売りするつもりはないので大丈夫です。
本職の方を差し置いて「私の絵を使ってよ!」とかは絶対言いません!

今のところ、書籍より雑誌のほうが好きなので、
本出したいとかって欲求はないですけど、
大好きな「モテ本」だけは出したいな! いつか\(^o^)/
もちろん私名義の、ってことじゃなくて、モテる人のお話を構成した本ってことですよ?!
いつかと言わず来年出したいくらいのいきおい……。
私はモテる人のモテる話信じる!



この記事からいっぱい 自分のブログ内にリンク貼っちゃってすみませんが
最後にもうひとつだけ……去年12月の記事
この記事が、潜在的にはこの選択と繋がっているかなと自分で思いました。

私の仕事の根っこって、多分「創作」とかじゃなくて
「記録/整理/保存」なんです……。
だからそれを、他人に向けたい 
他人の形を 残る形で/広く認知してもらえるように 残したい
っていうのが〜
今の希望です!!
by refri5erat0r | 2013-09-26 18:31 | 告知

お金と時間は有限(1/4)

そんなわけで年明け早々の更新は告知(と『モテキ』)だけで埋まってしまいました。
が、やっぱり書きたいぜ「今年の目標」……。

私の2012年の目標はこれでした。

1)支出を減らす
2)5時に帰る
3)つまんない人だよねって言われる

1は早々にあきらめて「自分に必要な時間とお金を意識しつつ積極的に使う」という
方向に立て直しています(立て直した時の記事)。
2の「5時に帰る」は……そもそも雇用されなかったわけですが、
まあそれくらい実は健康的な生活はしてました。
実は締め切り前も8時間寝て3食食べていました。のでまあまあ。
3も、若干ひっかきまわした時期もありましたがw、まあまあ達成されたかな……。

しかしこの目標が達成されたかどうかってことと
年の手応えとが、あんまり関係なくなっちゃったんです。
去年は、最初の展望が2月くらいでがつっとひっくり返った年だったんだよね。
「地道に……しぶとく……ひっそり……しかし力をつけて生きるのだ……」
と思っていたのが、結構地道じゃなくなったし無防備な感じになっちゃった!
結局運で乗り切った感。
さすが、初詣のおみくじが「大吉」だった年だけのことはありますわ。
「願望:叶い難く思えるが、半ばから案外易く叶う」
だったかな? 
とにかく、収入はないけど運(と人のありがたみ)は感じられる年だった!
仕事を下さった皆々様、ありがとうございました。
そしてパブーの連載読んで下さった方にも感謝……。



今年は……

とても長い記事なので折ります
by refri5erat0r | 2013-01-04 15:41 | 雑記

雑巾(10/4)

きいてアロエリーナアアアアアアアアア!!!!
やっと雑記を書く時間ができたよ! 豊島です。

最近……
最近気になってることは、おさいほう!!
お裁縫……saihooooooooooo

私1ミリもできない
たまむすびたまどめしかできない
ボタンつけは小学校の時やったけど忘れました
中学以降はやってません

調理と一緒に、捨てていたよね!
学習意欲を!
私の家庭科の作品は全部ひどいもんだったんじゃ……
中学の卒業制作がアームカバー(筒にゴム通しただけ、しかも既成のキットでそれ)
とかそういうレベル。
針持つとイライラするから無理! とか言って家庭科2時間あるうち
30分しか縫っていなかったよ〜
(なんか私は「無理!」とかすぐ言ってやらないことが結構多い……
 そして10年後くらいに思い返すと「そう言うほうが無理だろ!」って
 ことを言っていたりする……コワイ……)

そんななのに、大学に入って少ししてから、
たまにむらむらと「針を持ってみたい欲」が湧く時期が出てきたんよね。
3年につき2時間くらいだけど。

料理はぁー
やってみると
「これナシで生きていくとか無理じゃん!!」
っていうことだった
まー今も超へたっていうか要領悪いけど。
でも「それ無理」って言ってた自分にビビるっていうか
ほんと、無理って言ってるほうが無理だから! みたいなことだよ。
料理しないでは生きていけないyooo…
趣向や意志の問題でなく生存レベルで無理な話だyo…

お裁縫も実はそれなんじゃないかと思う

今ね!
古タオルを雑巾にしたいの!

それだけ!

なんだけど
でもゆくゆくは……
下着くらいは自分で縫えるようにならなければいけないんじゃないか?
と思ったりするのですよ。
老後を考えた時にだね。
多分私はこの衰退する日本で都市生活するのに必要な収入を保てないよ。
人生のどこかで山に入らないといけんよ。
そして30年後の山間部には……
「しまむら」もなく……
街へ出ていくバスもなく……
もちろん私は車を運転できず……
村コミュニティでできるだけの自給自足の生活を……

どこの情報受信してるんだお前

って感じの話かもしれないけど私はso思うよー!!
30年後の日本で「ちゃんと」生きてるには
金を持って都市部にいるか
田舎で金銭的には貧しいけど何かが豊かな生活をするか
どっちかしかないって気がする〜〜〜
今の自分みたく 貧乏で都会にしがみついてるの はナシだなー
物とかお金とかが絶対的に減っていく(他国へ流出していく)わけだから
今の時代みたいに お金なくてもある程度の生活できる みたいな状況は
おわるおわる。ちょーおわる。

やっぱそこで田舎を選びたいというか選ぶしかない私だけど

このまんまの私ではそういう生活ができないぜ……
って思うぜ……。

服を自力でつくれるようになりたいとは言わないけど、
肌着とかそういうのくらいはつくれないと……
最低限、雑巾は縫えないと! マジで!

というわけで雑巾を縫いたいと思います

針しごと!
って多分意外と生活の基本!

しかしまずは裁縫セットを買いに行かないといけないのであった!!

ぴゃー!!

上京する時ばあちゃんが持たしてくれた
「最低限ボタンをつけ直したりする用」のセットが
前の引っ越しまではあったんだけど、
見たら針とか錆びてて、捨てちゃったんだよね。さすがに。
ドカンと箱ごと! 調達するにはやっぱり大きい街に買いに行くのがいいのかな?
あーでも箱(セット)なんて最初買わないほうがいいのかも……

とにかくゆっくりやっていきたいよ!

あと手芸というものが仕事の気分転換にすごいいいのではという目論みもある
それに加えて器用度が上がりまんががうまくなるのではという妄想もしている
(まんが家さんで針仕事できる人って居るよね。すてきだなあーと思う)

でも私のことだから3日で飽きそうってもちょっと思ってる……



前の回末尾の、『bianca』の話で、
羽柴麻央せんせいの短篇のタイトルがまちがってました! ごめんなさい。
正しいタイトルは「星の子」です……
いや全然違うじゃんwwww っていう。勝手につけてるレベルの間違いだった。
この記事のアップとともに修正いたしました。
by refri5erat0r | 2012-10-04 20:57 | 雑記

私は○○したい(5/1)

上の記事の続きです……
何故かこの記事への直リンでいらした方は、ひとつ上の
『bianca』告知記事もよろしければご覧下さい。

私はこれから……
まんがを描いていきたい……
というか、『bianca』の近況欄に載っている通り、
ブクログのパブーにて近々
「読書感想文攻略法」というまんがを連続掲載させていただく予定があります。
スマホで読むことを基準としたまんがなので、ページサイズが小さい&
「ケント紙につけペン」みたいな商用標準の描き方ではないのですが
月30ページくらいの、かなりまとまった枚数を描くことになっています。
全部で100枚は軽く越えてくるよな……。だ、大丈夫なんだろうか(汗)
でも、基本はこのブログで毎年やるとかやんないとか言ってた
「感想文攻略法」をまんがにするものです。
文章でも内容の伝達はできると思いますが
まんがのほうがより多くの人に読んでもらえるか?? と期待してます。

その連載より後の予定は、現時点ではなんともいえませんが
ばりばりの売れっ子目指してマンガ家を……やっていきたいわけではない
と思う。

3年間考えてて気付いたけど、私は、
売るに耐える「私の世界」とかをつくりたいのではない(性的なジャンルを除けば)。
人気クリエイターってやつに別に憧れてない(性的なジャンルを除けば)。
そういうんじゃなくて、
わかりづらいことをわかりやすくする、
とっつきづらいことをとっつきやすくする、
みたいな地味なことに、自分の、文章や絵の能力を使いたいと望んでいる……
らしいです!

それはつまりライターになりたいということじゃん

と言われそうですがそれもなんかちょっと違うような……??
頼まれたらその通りにやるー! とかじゃなくて
もうちょい主体的に動きたいです
(「ちょい」がどのくらいかは具体的にやってみないとわからない……)。

それはつまりわがままなライターになりたいということじゃん

と言われるとそれはそうかもしれませんwww

わがままは「我がまま」です。
「我」に、外側から圧をかけられていない状態のことです。
もちろん、「わがまま」には悪い意味もあるけど
(怠惰や、他人に責を押し付けてわめくことなど)
いい意味の部分で、みんなわがままになったらいいじゃないと思う。
みんなわがままに生きられる社会になったらいいのにと思う。
おおもとを辿ろうにもよくわかんないような
アレしなきゃコレしなきゃっていうベクトルが
世の中にはいっぱいあって、それに流されるときもあるけど
それがなかったら、もっと、世の中、
らくで、すてきで、ファーー!!! ってなるはずだと思う。
ひとひとりにそなわってる「したいこと」は、「我」は、
決して卑小じゃないと思う
誰のものも 変な力がかからなければ
きれいだと思う!

また素面じゃない文章っぽくなってきたあわわ……
しかも話ズレてますね、ごめんなさい。

私は、
(1)絵を描きたいっていうか絵がもうちょっとうまくなりたい
(2)なにかをわかりやすくすることを仕事にしたい それで社会に噛みたい
(3)そしてもーちょっと人に会いにいきたい(自分の中だけで完結する仕事は少なくしたい)

です!

とりあえず(1)を達成するために、しばらく水面下で修行します……
いや水面下っていうか、パブーで連載はしますけど。
ここでおおっぴらに「お仕事下さぁい☆」とは言いませんということです。
それ、甘やかされてだめになるコース……
そしていつのまにか謎のベクトルちゃんにつかまってるコース……



あ、もうひとつ、今やろうとしてることがあります。
既発の小説を同人として短篇ごとに切り売りすることです。電子書籍で。
も ち ろ ん 今本になって流通しているものを勝手に電子化とかはしません!
「今は入手が難しいもの」を「出版社さんの許可を取った上で」
この2つを鉄則として、少しずつ進めています。
既に許可がいただけたものもありますので、
早ければ来月くらいには始められるかと……!

価格とか形態とか、自分で決めて、本を売ってみたかったのです。
最初の一歩をおてがるにしたい、
ふだん本を読まない人にも広く親しんでもらえる本をつくりたい、っていうのが
小説でデビューした時の夢でした(今も当時の受賞の言葉が新人賞のサイトに載ってます)。
小説を書いていた時、それは叶えられなかったけれど
今、「作家」じゃない立場から、当時の自分のテキストを使って
チャレンジしたいと思っています。

くわ 書いていいのかなこんなこと……!
大風呂敷っ!

失敗するかもしれない。達成されないかもしれない。
達成しても大したことはおこんないかもしんない。
そん時は笑ってやって下さい。



私の新しい肩書き……悩みましたが
ブログの説明欄のとこのにしました。

バイトは……このブログでいうと2/10の記事まで探したっぽい痕跡がありますが、
その直後『bianca』のお仕事をいただき、探すのをやめています。
なんか……あの時は、まだ、世の普通のように生きていかなきゃと思ってた。
みんなみたいにしっかり生きなきゃと思ってた。
でも……そうじゃなくて、後戻りのきかない道を選んで大失敗しても
それが私の人生なんだと思うようになりまんた。

わがままばっかり言っているといつか路頭に迷うかもね!
まあその時はその時だね。

お昼食べたら仕事するーー!
by refri5erat0r | 2012-05-01 13:49 | 告知