雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

8ヶ月で3キロ増

こんばんは豊島ミホです。
今日も元気に夫を崇め奉っています。
出勤前、身支度を整えている夫に
「今日もイケメンだね! 今日もイケメンだね!」
と言いながらついてまわり
「こんな美しい青年が歩いていて他の女性たちが突進してこないなんて……!」
とおそれおののいている。
ぜっさん☆うざい妻です。

今日の記事は、そんな私が激太りしたよ!! っていうお話です^^



どこから話せばいいのか……

ブログを読んでいるだけの人は私の体型を知らないと思うの。

作家時代、「私を写真で見たことあるけど直接面識はない」人に会うと、
びっくりされることが2つあって。
1つは「背が高いんですね!」
そして2つめは、口にする人は少なかったけど
「あれ? やせてるんですね!」

どうも私は写真から
小太りオーラをかもしているらしいと
徐々に確信していきました。
(まあ顔丸いからな。ふつーに)

でも断じて違うのです!
違ったのです!
やせてる時は「私やせてる!」って主張できなかったけど
過去形になった今は正々堂々と訴えることができる……
私はやせてたの! 前は!

小学生時代から、身体測定の後
女子の体重晒しトークに参加するだけで
「嫌味か」とか言われるようになり。
以後は自分の重さは口にせず生きてきました……。

体重計はたまに思い出して乗るだけ。
でも久々に乗ってみたところで値が変わるわけでもなく。
朝食をスパ王ラ王ごんぶとのローテーションで回しても
仕事中ずっと100均のラムネをむさぼっていても
おやつに焼き鳥2本(ぼんじりと砂肝)食べても
夕食が毎日ampmの弁当でも
ふっとっらっな〜〜〜〜い
のでいつの間にか体重計は実家に送って家から排除した。
それくらい体重については甘く考えて生きてきました。

小さい頃の肥満は細胞の数が増えるので
以後の人生でも太りやすくなってしまうという……。
逆にジュースとスナック菓子禁止の家で育った俺っちは
思春期をガリガリで過ごしたので余裕! 
きっと人生どこまでも余裕!
とか思ってた。

超長いので折ります
by refri5erat0r | 2016-07-14 20:35 | 雑記

2016年! 34歳! (1/3)

あけましておめでとうございます! 豊島ミホです。

2016年になってしまいました〜……

って年の初めから語尾が力ないのは、むろん
2015年のこのブログの、更新のなさを省みてのことです。
いま、更新回数を数えてみたら18回なんですが、
まあ5月に新刊周りの告知があったからで、
それがなかったらきっと、月1回を割っていたことでしょう。

年末くらいから考えて、
ネットとの付き合い方を変えてみよう、と思っています。
一人暮らしをしていた時は、
まとまった時間を取って記事を書くことで
考えの欠片みたいなものから始めても
ある程度結論のある文章(「仮説」くらいはある文章)を書けていたけど、
今の生活ではそうは行かない。
去年の記事を読むとにょじつにわかるんですけど、
欠片が欠片のままな文章を出しちまってる(;▽;)

「まだまとまってないもの」を自由に表に出せるのも
ネットの良さのひとつではあると思うし、
自分はわりと積極的に「欠片でもいーから出していこう」
という考えを持っていたほうなんですが、
2016年はそこをぐっとこらえて!
内側に溜める年にしたいなって思っています。

ちゃんと、欠片がなんかになるまで待てるよーに
待つっていうか、他人に見えない場所に
欠片を集めてなんかの形を作っていけるよーに……



私の性格なのかもしれませんが、
「他人に渡しちゃうと、それだけでわりと気が済んじゃう」
部分もあるんですよね!
欠片を渡して、気が済んでしまって……いいのか? みたいな。
疑問が最近、ある。

先日アップした
ポッドキャスト(ほそぼそだけどまだやってますよ!)の新しい回で、
妹にインタビューしたんですけれども、その中で妹が
「個人的なことは自分の内側に溜めとくのが好き」
というようなことを言っていたんです。
私はわりと、「人とのつながりの中でディープな話をしたい!」
「むしろディープな話をするために友人が欲しい!」みたいな感じなので
「自分の中だけに溜めとく」っていうのが目から鱗の発想でした。
(ちなみにこのトピックは「主婦の友人付き合い」についての話で
 妹はぼっちスタイル、私は少数の固定された友人が欲しい派。)

それをそのまま真似しようと思ったわけじゃないけど、
去年の自分を省みて、
そういう(妹的な)やり方が今のこの状態には
役立ちそうだなあと思ったよ。



なのでなので、2016年はいったん、
ブログやツイッターは超低速運転にします!
「徐行」って言葉あるな? 徐行?
代わりに、紙の日記とか、
丁寧に書いていこうと思う!

まーいつかなんか「形」を作って
みなさまにお見せできる日も来るかと思いますので、
そちらを待っていていただけたら嬉しいです……

2016っていう数字はなんか、どっしりしているよね?
16で割れるし……
自分もどっしりした動きの年にしたいです!

ちなみにさっきも言及したポッドキャスト、
元から徐行の感じですがw 今年ももっさり更新していくつもりです。。
2015年は、6月と12月の2回しか更新できなかったのですよ!
お付き合いくださっている少数のみなさま、
本当にありがとうございまする(;▽;)
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

この記事を読んでくれてたみなさんの新しい1年にも幸あれ☆彡


※下にももう1記事アップしてます。
by refri5erat0r | 2016-01-03 15:36 | 雑記
こんにちは。豊島ミホです。
今年の東京は秋が長いです。
夏が長くて冬直行! みたいな去年の秋と比べると
気温のなだらかなグラデーションを楽しんでいる気がします

とか書いたけどこの9月、10月は色々不安定に過ごしてしまったyo!

なんかネットから引きこもりたくなり
(ネットに引きこもりたくなり、じゃなくてな)
ブログも更新せず……ツイッターもたまにしか開かず……
日によっては消え入りそうになっていたよ!
正直、ぶれぶれの日々です。

最近よく石川啄木のある歌が頭の中に浮かびます。
ご存知の方も多いと思いますが
「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ」が上の句の、アレ。

別に友達が出世しまくっているからではなく、
「友」じゃなくても……
それこそネットで、色んな人の経歴や日々の行動が
可視化された世の中ですから、
ほんっとみんなが「われよりえらく」見える……
見ようと思えば見ることができる。じゃないですか。

なんか、そういうことや……
あとはやっぱり仕事で、人としての年輪を感じさせる方と
お会いしたりすると、
「私って。。。」
みたくなるよね。

20代の時は、そういう時に
「どうせ私はあれもできないしこれもできない」
って完全無意味な感じで自分を責めたり、
「なんでもいいから金になる資格が欲しい!」とか思い始めたり
「仕事の手法が間違っているんだ!」って暴走反省会始めたり
してたなあと思います。

でも今は、そうやって気持ちが怪しげな方向に傾いても、
「こういうのって、目の前の仕事すらちゃんとできてない時に
 思うことなんだよね……」
って、自分を客観的に見た上で、
謎のさざなみみたいなやつがおさまるのを
待つことができるようになりました。
「多少ペース遅くても、目の前のことしっかりやって
 仕事を積み重ねていたら、他人と比べる気持ちなんて起きないよ〜」
「だからちゃんとしよう……」
って。「セルフなだめ」がいくらか効くようになった。

昨日も、夕方くらいにそういう「さざなみ」にやられてたけど
好きな音楽聴きながら ゴハン作っていたら
だんだんおさまってきました。むしろスッとしてきました。



でもさツイッターはやっぱりそこそこに控えたほうがいいかな!

って思い始めています。
私みたいなすぐ自分を見失うタイプは、アカンな。
昨日も、とある意見が割れそうな話題が流れてきて
つい何か言いたくなっちゃったんです。
「話題に対して、自分の意見を言う」こと自体は全然。いいと思いますが、
発言のサイズ感が(私の場合は)大きくなりそうになる。
さもみんな読んでいるかのような感じで
どやっ!!! って言い放ちたくなる。

やーーーほんと 別に言い放ってもいいって考え方もあるんでしょうけど
私の場合は、あとで
「うわーーどやってるよおおー恥ずかしいよーー!!!」
と悶絶しかねないほど皮肉っぽい上からの物言いになってしまうので、ぐっとこらえました。
(人格のどこかにそういう成分があるんだろうな、残念ながら)

しかしほんと昨日は我ながらよくこらえたな〜と思います。
多分PCの前で顔膨れて赤くなってたぜ。言いたくて!



ちなみに、啄木の「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ」
の歌は、

「花を買い来て
 妻としたしむ」


と続きます。
(詳しい鑑賞文を読みたいかたは、ここなどいかがでしょう?)

したしむってあれだろ?
つまりあれするんだろ???

って私は思ったんだけど、ざっと検索した感じ
そんな解釈は見当たりませんでした。
自分のゲスさに動揺した。

友が皆我よりえらく見える日、
あなたなら何しますか?
(そんな日ねーよ、って人はすばらしいNE!)
by refri5erat0r | 2015-10-30 15:10 | 雑記
こんばんは豊島ミホです。
ブログの見た目をリニューアルしました!
もう春。それが東京人の感覚。
私、秋田でこれ見たらひっくり返ってるよ絶対。

ほんとは4月→7月→10月ときてるから1月に変更したかったんです。
あと今回は、本当はタイトルを変えたかった。
夏頃か10月には変えるつもり……って前回の記事に書いたものの、
そしたらもぉぉ変えたくなってしまって、
しかも意外とすぐ新タイトルを思いついたので、
「タイトルを変えました!」という内容の記事まで準備していた。

でも、なんかひっかかる。
というか転職宣言後少ししてから、
このブログ全体に対してひっかかるところがある。
「なんか、このままでいいのかなぁ」っていつも思ってる。
ブログタイトルを変えたくらいで。仕事上の自己定義を変えたくらいで。
そういうモヤモヤが全部消えるっていうのは、
甘い考えなのではないだろうか……。

こんな時には……

タロット占い〜〜〜〜〜〜!!!!!!

(ちなみに私がタロットを始めたのは2011年2月頃。
 だからまだ全然ひよっこです。)

このブログの現状の問題点、解決策について自分で占ってみました。
以下、もーひとり「占い師の私」が存在すると思って読んで下さい。



「うんうん、『このままでいいのかなぁ』って思う気持ち、わかるわぁ。なんだかだいたい衝動で書いちゃってるものね。新しい仕事を始めたばかりで、とりあえず次の目標が欲しいっていう欲求もあるんだろうし、あとは、単純に読者が減ってさみしいのよねー。決定的に悩む要因があるってほどじゃないけど、もやっとするような状況ではあるかもね。
 解決策は、ずばり、『人に楽しんでもらうブログにすること』よ! あなたそれをすっかり忘れているわね! 貧乏が怖いからそれから逃げるため=仕事増やすためにブログを活用しようって考えにとりつかれてる。そんなことばっか考えてるとどんどん貧乏スパイラルに陥るわよ! 
 結論を言うと、まずは上から批評するみたいな精神を捨てなさい。外側から来るものに対する分析、評論、情報整理、そういうのでブログをつくっていこうと思わないこと。以上!」




……


私は占いの天才ではないですがタロットカードは天才です


なんか最近のブログ界って、批評、分析、批評、分析……そういう世界じゃん?
じゃなければしっかりと「情報」として成立しているものであるか。
(あとは、自分ではやれないけど動物やハンドメイド作品の写真中心癒しブログ。。。)
だから私もそういうのやらなきゃみたいな気持ちが多分にあった。
するどければするどいほどいい! みたいのが。

でもやっぱ私にはそれは苦手分野すぎるのかもしれないし、
そういうのもっとうまくやる人はいるんだもんね?
やんなくていいですね。

しかし、「人を楽しませること」……

そんな方法、忘れた(泣)

子どもの頃は「ウケねらいの作文」が何より得意だったのに。。。
ウケねらいすぎて正式なコンクール用としてはスルーされている、ということに
気付かないくらいウケまくっていい気になっていたのに……!

あと、動物の写真ブログ以外で、読んでほっこりするブログとか
私のブクマにはほとんどないです……。
前は雁須磨子さんとか宇仁田ゆみさんとかの日記に
ほっこりしていたけど、おふたりとも活動がTwitterに移り。。。
ほっこり日記を書いてたような人はみんなTwitterの住人になって
ブログ界にはもう「THE論客!」「必殺仕事人!」みたいな人しかいねえんだよおぉー
(って私が思ってるだけ?)
だから今はテキスト系に「ほっこりするブログ」のイメージ自体がない。ほとんどない。

そんな中で唯一、私が精神的に何かを得るために見ている動物写真以外のブログは、
うさくんの日記です。
正確にはブログの形式ではないんだけど。日記です。
お忙しいでしょうに毎日更新してくれるんです。

とはいえここ数年はもう忙しすぎるのか日記も短いけど。
だいたい昼ドラとモンハンの話なんだけど。
でもずっと前から日記の読者なので、今も読むとほっこりします。
モンハンの話全然わからなくても。

私も、うさくんみたいにゲームとか他愛無い話でもいいから
毎日ブログに何か書こうかな。もっと日記ぽくしようかな。
って今まで何度も何度も思いました。
でもそうしなかったのは。
うさくんが好きすぎて、うさくん本人に何かの拍子で見つかり
「これ俺の日記のパクリじゃん。」って思われたらいやだからです。
でももううさくんも売れっ子すぎて、他人のブログを読んでいるひまなど
ろくにないはず! ぱくってもばれないはず!



なのでーーーーー
このブログが今までのスタイルを突如失いもろ日記風になったら
「あ、豊島さんうさくんの日記ぱくることにしたんだ」
って思って下さい。
しかもあの、てきとうな絵が入っているところまでぱくるかもしれない。
容赦なくぱくるかもしれない。

でも違うふうに「人に楽しんでもらえること」を探すかも。

いや探さない気がする……
私が論客ぶらないで楽しんでもらうことをするといったらもう
「ゆるい日記を書く」くらいしかない気がする。

とにかくもう、商売のために……自己イメージの構築のために……
ブログを最大限に利用しようとか考えるのはやめます。
すいませんでした。

スタイルが定まったら、その時にブログタイトルを変えます。
したがって今は「雑記帖としま」(仮)で行かせていただきます……。
by refri5erat0r | 2014-02-02 18:58 | 告知

自称普通(1/27)

こんばんは豊島ミホです。
このブログは最近更新頻度が偏っている。ね!
今日は完全なる雑談です〜
折るか? やーでもやっぱ折んなくていーや。



ここ1ヶ月くらい、「普通であること」について考えてます。
悩んではないけど。

ライターの仕事をしていく上で、
「君はなんなの?」って問われた時に……
「普通です!」
ってしか言えない俺がいる。

なんか……マニアな知識を持っている分野がないのです。
占いとエロいことの知識は日々趣味で増やしているけれども!
なんかそういうんじゃなくて、文化的? ライターさんに頼むっぽいこと?
の、得意分野が「別マ」以外は何も無い。です。

ほんとのこというと、多分自分は、
別に何にも詳しくなりたくない。
んだと思う。
「詳しい人」って10代からずっとひとつのことのマニアなわけじゃないですか?
私は「鉄道」「ゲーム」「アニメ」っていうオタクの3界すべてに
10代前半まで住民登録していたにもかかわらず
(鉄道も小さい頃は相当だったよ! 小学生の頃の将来の目標は「とりま全特急制覇」)、
初恋の人の「ダセエ」の一言でそれを全部捨てたので……
もうなにもかもどうでもいいは

とかゆって他人のせいにしてはいけない。
そういった事件がなくても、私は多分適当な時期に
オタクをやめるほうの人間だったんじゃないのかなあ〜。と思います。
てか。自分にどこかなにか文化系の人間と決定的に違うにおいを感じる。
「文化系=頭のイイひとたち」
みたいな。「おれらと違うひとたち」みたいなくくりが若干。あるんですよね。
ないふりをしているけど。。。

じゃあ「おれら」って。
「おれら」ってなんなのよ。

ってことだけど、多分、ぶっちゃけて
「普通の人」
ってことなんだと思うんです。。。

私、心の底でずーっと憧れている生き方がひとつあってそれは
「生まれた場所を一度も出ずに就職して結婚して死ぬ」
なんです。
実人生とかすってもいねえじゃねえか!!!
って話だけどそれはほらやっぱ。憧れだから。
人生で一番最初に諦めた憧れですわ。
かなり小さい時点で、「なんか私ここで結婚できない」
「就職も普通にはできない……」って思った。
なんでだろう。モテなかったからかな。そうだろうな(キリッ
モテさえすれば。ずっと田舎にいたと思います。
この人は結婚してくれそう雪おろしも文句言わずしてくれそうって人が
たったひとりでもいれば!!

なんかまた「自分が持ってないカード」に対してぴーぴー言ってる
文章になりそうなので話を元に戻すと
私は要するに、基本目標が
「田舎の普通のおばちゃん」
なのです。
趣味もへったくれもない世界に本当は居たいんです。



だからライターとしても。
得意分野とか別に持ちたくないんだよねええええ
もう「普通の人」として使って下さい。
「普通の人」に取材して欲しいときもあるでしょ?!
普通の人!

ってsweeetに考えているけど実際には「普通の人」が
必要とされるシーンてほぼ皆無だろうな。
いや皆無ではないだろうけど。。。
新規の仕事で
「これはぜひ普通の人にやっていただきたい!」
「得意分野なんて何もないライターに頼みたい!」

みたいに意気込む編集さんというのはまずいないだろうな。うん。

っていう点でどおしよー ってなってます。
えやっぱこれ悩んでる? 悩んでるのかしら。
でも「どうしたらよいかわからない」ではなくて
あくまで「でも別に得意分野はつくりたくない」って決まっちゃっているから……。
だって占いとかエロいこととか犬とか少女まんがとかすでに好きなもの色々あるのに。
それがあんま「文化系じゃないから」「金にならないから」って理由で
これ以上趣味とかつくってられないよおー



やっぱり今ある趣味を無理やり、
「編集さんにごり押しできるレベルの深い域」にまで持っていくしかないのだろうか。
もう占いで売りなよ。っていうのは友達からはしばしばアドバイスされます。
もうブログで毎週占いとか始めちまえよ。って。
石井ゆかりの二番煎じ上等じゃないかよ。って。
でも占いブログはほんとみんなすごくて……!(よく読んでます)
私がこれ以上書けることなどあるのだろうか。って思っちゃう。
石井さんの二番煎じなんてとてもとてもとても無理。あの人の努力真似できない。

エロは。。。もう顔出ししちゃったから&少女まんが誌で連載してるから
&国語教材使用による著作権料が途切れたらいやだから……¥

とかgdgd言うばかりだなおれは!

でも今年はマジでこのブログをなんとかしなければ
いけないのではないかと思っています……。
前にも「雑記帖」ってタイトルはだめだって話書いたけど。
ほんと、ライターのブログとして考えうる限りおよそ最悪のタイトルだと
今も思ってます。
雑文書いてれば食えると思ってる。みたいな悪いイメージしか持たれない。
本当はただ趣味で雑文を書きたいだけなんだけど。
このブログは趣味であって仕事とは別っていうことなんだけど。

そういえば私の最大の趣味って……こういう
「売らない文章を書くこと」ですね。
はっそうだわそれこそが人生で最大の時間をかけてきた
一番の趣味なんだわ!!!
なるほろーーーーー

したがってブログタイトルを
「俺の文章は売り物ではない」
とかにすればおk

というのは嘘で、あれだ
「売らない文章の書き方」とかにすればいいのだ。
そして日記のハウツーっぽいコラムをちょいちょいはさむという……
か、かこいいー コラム部分を新書にまとめて
同じタイトルで出したら10万部出そうーーーーー!!!
1冊700円の本が……10万部出たら700ま、
ピャー(照笑

あ、論理破綻してるこれ



でも商売になるかどうかは別として、
いいかもしれないですね、「日記」を得意分野としてアピールすんの……。
まああんまり「使えるライター」感はないけど。何もないよりはましかも。
「日記」だと知識量で他人と競わなくていいし。
ただ「人生の半分つけました!」でいいし。

はあんでも読むほうも詳しくないといけないのかなーっ
私、有名どころで、武田百合子の「富士日記」とか読んでないんですよね
1ページで挫折したあ
あとソローの「森の生活」にも挫折してるー
あっそもそも「森の生活」は日記じゃない?! あ、そう?!
あとなんつっても「アンネの日記」に挫折した女だよわたしは。
最初の……思春期もりもりな感じでもうヒャーーってなっちゃって読んでない。
多分20ページくらい震えながら読んで中学の図書館の棚に戻した。
ごめん。。。アンネごめん。。。

面白かった日記というと啄木の「ローマ字日記」かな。。。
啄木はうざいからおもろい。
やっぱ日記って。うざくないと。
「うわこいつうぜえ!」って思えてこその日記。
私も自分の日記読み返して「うぜえwwww」ってなりますよくなります



またgdgdになってきましたが、
ブログタイトルはほんとに今年変えるつもりでおります。
夏に、前書いた「日記書いた期間が人生の半分になる日」が来るし
あと、10月には実はこのブログの10周年☆ があるんで、
どっちかのタイミングで変えられたらいいなーってぼんやり考えています。

なんかワンテーマでコラムも書きたいよねぇ
うまく継続できるかどうかは別としてねぇ。
今年の目標は立ててないけど来年は引っ越したいんだよ!
そのためには金がすなわち仕事が要るんだよ!!

インタビューだけで食いたいとか言ってる場合じゃないってことが
だんだんわかってきました。肌感で。つまり金の問題的に。
by refri5erat0r | 2014-01-27 20:42 | 雑記
おはようございます。豊島ミホです。
発売日から1週間遅れた告知になってしまいましたが、
別冊マーガレット1月号発売中です〜。
いつもの、まんがスクールの後のインタビューページ+
別マの名作レビューページに加えて、今月は
俳優の三浦翔平さんのインタビューをさせていただいてます!

あのイケメンに会ってきたっていうことだぜ。。。生で。。。
「どうしようイケメンこわい芸能人こわい」
ってもちろん最初なってましたが
三浦さんマジいい人でした!
イケメンが全員こわいひとではない。ということを私は学習しました。

カノ嘘の映画、観たいなぁ〜
原作は未読なのですが、映画のサイトを見たら
なんだか面白そうだった!
あんまりひとりで観にいくっぽい映画じゃないので……あれだけど……
観にいけたらいいな……。



ペン子のまんが家さんインタビューは南塔子先生の3回目です。
私が……「私にはまんが家無理!」って思った瞬間が
あの原稿の中に含まれていますwwww
ペン入れ好きってところ!
多分原稿からも南先生のペン入れ愛が伝わってると思うんですけど……。
4コマで描いた(ペン子に言わせた)とおり
私ペン入れ超苦手だから!!

ぶっちゃけあのページの4コマ(てか3コマ)を描く時に
1コマ目の定規を描くのにもう、ひるみました。
私はデジタルだから平行線引くの簡単なのに。
アナログと違ってずさーってインクこすれる現象絶対おきないのに。
なのにあの定規の表面のマス目を描くと思うともうそれだけでブルーに。

その他あの1コマ目に詰めた通り、ペン入れ周りで好きな作業なんて
なにもなかったです。。。
それでまんが家がつとまると思っていたことがすごいな。逆に。
もしライターとか小説家で「文章を考えるのがイヤすぎて。。。」とか
ゆっている人がいたら「え、何言っているの」って思うからな。ふつーに。
「構成と取材までは楽しいんですけど、文章にするのやなんですよぉ」
「漢字変換で候補が複数あるの見ると、それだけでブルーになります」
って言っていたら。
おまえの仕事なんなの。って思う。


ひやああああ(今自分の言葉に傷ついた)


でも! 嫌いでもいっぱいやったら慣れると思うので……
若い子は若いうちからペン入れしましょう!
って大声で言いたい。
小学生の時から。。。ペン入れしてもいいんやで……。

ちなみに私は……小学校5年の時に赤ペン先生シールを
60枚貯めてもらった「めざせ! まんが家セット」を
高校生くらいまでしまってた。
てか。ずっとしまってたにも等しい。

なんか……。ごめんなさい。(いろいろ)



レビューコーナー「クラシックスこんにちは」では
槇村さとる先生の『白のファルーカ』を紹介させていただきました。

これマジ。。。
名作……。
そして「いつ読むの? 今でしょ!」感すごい。
フィギュアが最高に盛り上がっている今冬読まないと!
原稿で書ききれなかったことをここに書こうとしたら
長くなってしまったので、下に分けますね。

あと今月の別マは!
アオハライドやばかったすね切なすぎたね。
ああいう、ときめいてるけど同時にムチャクチャ心が痛い的な描写が
咲坂先生の神なところだと思います。
オオカミ少女、前号で「絶対さんちゃんフラグ立ったなこれ」
って思ってましたが(コミックス派のみなさんのために何のフラグかは伏せます)
さんちゃんイベントがこんな早く! こんな形で来るとは!!
さんちゃんびいきな私は嬉しいぜ。。。
あとハニーの鬼瀬くんがなぜか今月かっこよく見えた。
私つり目の男性が好きなのであの顔が元々とても好きなんですが
え、なんかいっそうかっこよくない? なに? と思いました。
でも前号までと何が違うのかはわからない……。
私の女性ホルモンの具合とかかもしれないwww

別冊ふろくの、ジャンプ作家さんによるトリビュート企画はほんと豪華でしたね。。。
浅田弘幸せんせいのホットロードにいちばんきゅんとしました。
浅田先生の絵なのに、まごうかたなき和希とハルヤマだ〜〜!! って!
あとミサワさんの需要ない風早がさすがでした

この別冊ふろくは売り上げへの影響がすごいだろうな……
きっといつもは買わない層が買うんだろうな。って思ってたんですけど
ほんとうに、いつも行く本屋さんで別マの取り置きがしてあって
「うわあ!」となりました。
私はFINE BOYS買いにだいたい毎月13日頃書店に行ってるはずなんだけど、
今まで取り置きコーナーで別マを見たことはなかった。。。



あー来週はハイスコアガールの5巻が出る。
そろそろ予約しにいかんと。。。
あれはもう新種の少女まんがなんだと思って読んでいます。
ハルオ大好きすぎてつらい。

今月はなかなかブログ更新できませんでしたが、
年内締め切りの仕事全部終わったので!(さすが年末進行☆)
ここからかっとばして行く……行くのか?

でもほどほどにしないと。
冬休みだ〜って浮かれてるうちにじかんはどんどんすぎてゆきます。
by refri5erat0r | 2013-12-20 07:17 | 雑記
仕事が進んだのでまた来ましたよ!
ウェイウェーイ

明日29日の19時〜、文化放送にて!

「あねもねR」の1時間特番やりますー!!

今までのあねもねR特番は、文化放送のインターネットラジオ局
「A&G+」での放送だったけど、今回は1134Hzの文化放送! です!
あれやねタクシーで流れちゃうね!

私は出ませんが、執筆陣から山本文緒さん彩瀬まるさんが出演します!
声優さんサイドはおなじみ、井上喜久子さん+田中敦子さんの大天使コンビに加えて
私の作品のメインキャストをつとめてくれた浅野真澄さんが出演されます〜。
生じゃないのでもう録り終わってまして、
楽しい収録だったみたいですよ。もちろん私も聞きます☆
明日だよ。今日じゃないよ?

例によって、ラジオの受信機なくてもインターネット環境あれば聴けます。
PCならここ(※音出ます)。
スマホならradikoのダウンロードで☆



長くかかってた仕事は、別マの「ペン子インタビュー」でした。
(まだ提出前の調整残ってるんですが……)
ロングなので……2時間、3時間とお話しいただく感じなので。
全部起こすとやぱりかなりの量になってしまうんよね。
起こしてから規定の枚数にまとめています。

全部起こさなくていーのかもしれない……。
1回全部起こすって、もう趣味の領域なのかもしれない……。
お話を聴いて起こすのだと。100枚とかすぐ行くから面白い。
みたいのはあります。
自分で考えた文章を月100枚書くのは大変だけど、
ただ100枚文字に起こすだけだったら面白いみたいなー

仕事としてやっていくなら、そこの手間&時間を
もっと洗練させないといけないんだろうなぁ……。
うーん……。

でも面白いから!(大事なことなので2回言いました)



まんが家さんのお話を聞いていると……
なぜ自分がまんが家になれなかったのかよくわかる。
のみならず、なぜ作家として売れなかったのかもわかってきますwwww
うわあああああーー! ってなってきます……。
なんか今更。あーああいう考え方がだめだったんだなーとか
もっとこんなスタンスでいられれば、長く続けられたのかなーとか
思うことが結構あります。

でもまあその時には「そのスタンス」が絶対出てこなかった、って
いうことも言い切れるんですけど。

もっと周りの人と喋ってたら良かったのかなっていうのは思います。
周りの人っていうか、他の作家さんと。
今、こうやって、私は「異業種」の人間としてまんが家さんにお話うかがって、
それでも「そうなんだー☆☆」って発見いっぱいあるのだから。
同業の人同士だったら、さらに実になることあると思う。
仲間で色々話して実にしてると思います、まんが家さんたちは。

自分は小説書いてた時に、そういうのをしてこなかったのが。

後悔とまではいかないけど。つまづいた原因のひとつかなと思います……。
R18文学賞内での交流はあったけど、それも一番仲良くなったのって
私がやめるかやめないかくらいの時期だったし、
賞の外はほんとに。。。

なんか超〜……閉じてたよ私! 
まあ声かけられなかったっていうのもありますけどね!!
(対談指名され経験ゼロ。。。めっちゃコンプレックスでした)
今だから言いますけど、自分自身が、ぶっちゃけ、
小説が下手な人とは口もききたくないわー! みたいなスタンスだったから
(わぁぁぁお……ですよねマジで。私もわぁぁぁおだよマジで)
逆に声をかけてもらえないことに対しても……
「みんな私が小説下手だから話したくないんだ」
「話すに値しない人間だと思ってるんだ」
みたく思ってた。。。

まっその線が有り得なくもない、否定できるわけじゃないんですけど。
実際めっちゃ同業者に見下されていたのかもしれないけど!!
それでも自分はオープンでいればよかったのかなぁ。って。
今は思います。

あーでも結局自信がないからオープンになれないんだよぉていうのも
すごい思うけど(´;ω;`)
負のスパイラルが……。



今は。インタビュー相手のみなさんが異業種だし、
私の前の仕事のことも知らないから、お話するのにすごい気が楽です。

でもそれゆえ録音聴く度に
「自分はなんて馴れ馴れしい態度で話してるんだ」
って反省しますけど。。。。
うんそんな反省もしてます。最近。
こんな慣れ慣れしいライターいなかったよ。私が話した相手では。
絶対だめ。絶対直したい。ごめんなさい。

高1の夏休み明けくらいに、クラスの女子に、
「ちかしいよね。」
って言われたのがこのごろめっちゃ頭をよぎります。
1学期一緒に過ごしたクラスメイトに「ちかしい」とか言うほうが何様やねん
って気もじゃっかんしますが。
かなり、言われた時も「え、お前俺のことどんだけ見下してんの」的な。
感じありましたが。
でも録音を聴いてると、私のインタビューの欠点は
「ちかしいよね。」
の一言に集約される気がしてくる。
友だちと喋るようなテンションでワーキャーしてる。
きっとそのクラスの子にもさして仲良くないのにいきなりワーキャーしたんだと思う。
はいしました!

どうしたらワーキャーせずに済むんでしょうか?
国谷裕子さんみたいに落ち着いて話したいよ!

しかしこのブログがそもそもいつもワーキャーしているから
他人とか関係なく常時ワーキャーしている可能性が
はいしてます!
by refri5erat0r | 2013-11-28 19:37 | 雑記

カラとノニ(12/10)

こんばんは豊島ミホです。
実は帰省していました。
なんか……この10日くらいのことがすごくて頭飛び気味です。
10日間ずっと寝てて起きたような感じです。
それは眠かったとかダラダラ休んでたという意味じゃなく。
それくらい頭の中身がシャッフルされて変わってるっていうこと。

その過程を書こうとしたんだけど書いても終わらなそう!
なので結果だけ書きますわ。
これとても個人的な記事でしかも長くなりそうなので折っちゃいます

続きはこちら
by refri5erat0r | 2012-12-10 22:10 | 雑記
東京三大花火大会すべての音が聞こえるけどすべての姿が見えない
そんな家に住んでいる豊島ミホですこんばんは。

この夏は実家に帰るつもりで郵便局に不在届まで出していたのに
帰れなくなってしまいました……。
不在届を取り消しにいきましたが
そんなマイナーな届のしかも取り消しについてなど用紙がなく
その場でA4の白紙にアドリブで必要事項を記すはめに。。。とほほ。
郵便局のみなさまお手数をおかけしました……。



ところで学生のみなさんに大事な話があります
読書感想文連載のお知らせじゃないです)。

夏休みの計画についてです。

計画倒れの夏休み……
ある意味ベタな「あるあるネタ」じゃないですか?
夏休みなんて計画通りに過ごせなくって当たり前☆ みたいな風潮
あるじゃないですか?

かくいう私もその代表みたいな子どもでした……。
小学校入学から大学卒業まで、
一度として計画通りの夏休みなど過ごしたことがありません。

でも

大学4年まで抜けられなかったら終わりです

社会人になってプランニングができないと泣くはめになります

(もしかして就活前という意味では大学2年で抜けないとやばいかも……)

今になって考えると
「くっそ騙された!」って思うんです。
みんなやってないやれてない全然だよ〜☆ ってフリして
だんだんやれるようになっていっているんです!
そうじゃなきゃ世の中の仕事が成り立たないんですもの!

まあ小学生のうちは、計画倒れもまた学習のうちというか
誰しも無茶な計画を立てその通りに実行などできないのがフツー
かもしれませんが、
逆算すると中学くらいから出来てるやつが徐々に増え始めてんです。多分。
本当は高校くらいで「計画通りやれてる派」がかなり出てきていたに
違いありません!

それに今気付いて……泣いてる。
嘘、マジ泣きはしてないけど心は泣いてる。



わたくしこの8月、久しぶりに月間計画表をつくって作業机脇に掲示しました。

b0039091_21511425.jpg

(※諸事情により文字部分は加工を施しています)
(※下部が空いているのはこわくて計画が立てられないためです)

月間計画表なんてつくるのはずいぶん久しぶりのことです……。
作家時代のもっともやばい時(2007年〜08年頃?)は作ってましたが、
たいていは年間計画で事足りました
(小説家は年間計画表がないと死ぬ。キャパ以上の仕事を断るため、
 編集者に視覚的に理解してもらえる計画表をつくるべき。
 実物もってきて詳説したいところですが全部捨てちゃったので【略】で)。

ところがマンガとかイラストとかいうのは
1日という単位が大事すぎる!!
「今日できなかったから明日にしよう〜☆」って3日くらいやると
あっという間に挽回できない地獄へ落ちていく!!

……って最近気が付きました(テヘ☆)。
(てーかまー小説や勉強も1日を大事にしようぞって話でしょうが。。。)

そして月間計画を立てることにしたんですが、
問題がフォーマット……というか用紙……。
昔「チャレンジ」で連載していた時、綴じ込みでついてくる
月間計画表がすごく使いやすくて、それを冷蔵庫に貼って使っていたのですが
もう「チャレンジ」がない。
連載後は自分で選んだカレンダー的なものを使ってた気がするけど
(あ、そうそう、びればんで買ったシンプルなカレンダーを使っていた)
8月じゃカレンダーなんて手に入らない。

一体どうしたら……!!



普通はここで手元にあるiPhoneアプリでも使ってみるところですよね。
でも私
スケジュールの電子化だけはマジ無理超絶無理

いや、人と会う約束とかソレ系の管理はできそうな気がしますよ?
学生の時とかは全部携帯(当時はガラケーですが)の中に入れてたし。
リマインドという意味では電子でも大丈夫、
むしろ電子のほうが利点大きいくらいだと思うの
(その日になると教えてくれるとことか)。

でも計画表としては電子カレンダーは無理だ!!

って思いまぴた電子書籍だめなひとの気持ちちょっとだけわかりました。
「それ画面では無理!」「リアルじゃないと無理!」ってものごとは
ひとによって違うんだね……。
計画表はやっぱりフリーハンドでねえと! って私は思うのです
(その他、家計簿とアドレス帳は電子が無理です。
 生活必需モノは紙じゃないとダメみたい)。

かといって今年の残り5ヶ月の月間計画表を
定規で線引いてカレンダーから手作りするのはちょっとキツい……

というわけで、Macのスケジュール管理アプリ「カレンダー」を
未記入の状態からプリントして使えないだろうか?
とひらめきました。
正直できるとは思ってませんでした。
せっかく電子化してるものを印刷する人間がどこにいるんだ?
みたいな……。
なんとなくA4で出てこないんじゃないか(もっと小さいサイズなんじゃ)っていう
不安もあったし。

でも……

できた!!
それどころか右上に前の月と次の月のミニカレンダーまでつけてくれた!
(画面上にはないのに、印刷したら出た!)

えーーすごいーちゃんと印刷想定していたんだー!!!

感動したので色までつけてしまいました
(カレンダーにプリント指示→印刷プレビューをPDFで保存→Photoshopで読み込んで加工)。
急いでたからぞんざいやけど。あと、実はA4に納めるために93%に縮小してるけど。
ひ、『ひらいて』に影響されてこんな色になったわけじゃないんだからねっっ///



何の話だっけ、えーと、夏休みの計画の話でしたよね。
私はいまだに憶えてるんだけど
夏休みの宿題が小5くらいからきつかった。
それまでは早めにやって後遊ぶとかやってたけど
小5で「これ一気にやるとか無理」って感じて
1日ずつやって最終日にならないと終わらないようにしていた。
小数点? のドリルがうざくてうざくてyo…
漢字とかもなんかかったるくてyo…

結果中・高の夏休みはだいたいやばかった気がするよ!
なのに

「えーあたしーぃこういう単純作業系? の仕事とか就かないしーぃ」
「多分クリエイティブ系だしーぃ」

みたいな驕りがどっかにあって
「やばい」とは全然思ってなかったんだよ!!
そんな私に言いたい。
自営のほうがプランニング重要なんだっつーの!!
何もしないでも誰も怒らないけど永久に金も入らないんだっつーの!!
ウキャー!!!!

特に高2の私には
「勉強したかったらしなくてもいいけど
 他に何か有意義なことを1ヶ月計画でやってみれや!」
と言いたいね……(←高2がいちばんひどかったらしい)
短いページでもいいからペンでマンガを清書するとかよ!
「家にある名作マンガをすべて読む」でもいいよ!
もはや必死でメイク法を研究するんでもいい!
とにかく何かをしろぉぉぉぉ
逃避のゲームだけで過ごすなぁぁぁぁ
と言いたい。

そしてその言葉の矢は現在の自分にかえってくるのであった。
ずきゅん

NO MORE 逃避

そう、もう、
まいにちがなつやすみ。。。
by refri5erat0r | 2012-08-11 15:03