雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る


ごぶさたしてます豊島ミホです……
もう……


豊島ミホだっけ?


って思う! 私も! 


とりあえず今日はお知らせがあって来ました☆

2015年に岩波ジュニア新書さんで出していただいた、
私の初の新書&ライターとして初めての著作
『大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル』
が、電子書籍になりました。


大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル (岩波ジュニア新書)

豊島 ミホ/岩波書店


(※リンク先はAmazonですが、各電子書店様で販売中です☆)

気になってたけどリアル書店では出会えず
注文までもちょっと行けず……って感じだったかたは
この機会にぜひ。
それから、ゴールデンウィーク中、長旅をする方も
電子書籍ならサクッとスマホに入れられるのでおすすめです。
(帰省や旅行の時はまじで電書の恩恵を感じるよね……!)

ただ、おすすめとは言っても、
発売時ブログで書いた この↓ちゅういがき!
には、お目通しの上で購入ご検討いただきたい。。。です。。。


注意書き……
端的に言えば、「私及び私の既刊を嫌いになる可能性が高い本だよ!」っていうこと。
その上で、それでもこうこうこういうタイプの読者さんには
伝えたいことがあるから書いたよ。っていうのも紹介してあります。

本の内容がわかる「まえがき」もこの記事に全文転載してますので
ぜひにぜひに〜。


あと、告知っていう類のものじゃないんですが、
先日こんな拙著



を毎日新聞の「キャンパる」で紹介していただきました(東京版だけかな?)。
「キャンパる」は現役の学生さんが記事を書くコーナーなんですが、
その回は『新年度の緊張、読書でほぐそう』っていう特集。
母校の学生さんが紹介してくれてました^^ アリガトヨ〜。

この『神田川デイズ』、大学生の青春連作短編なんですが、
私的には、ここ数年
「この小説に書かれてることって、もはや化石かも」
って思ってたんですよ。
「大学」という場所の空気が、私が通っていた頃とは激しく変わりすぎてしまって。

私は01年入学・05年3月卒なんですが、
就活はきびしかったものの、学生時代真っ只中の頃は、
「遊んだもん勝ち!」みたいな雰囲気がそこかしこに充満していました。
私の夢の学生生活なんて「麻雀おぼえて煙草ふかしながら徹マン」だったし!
あと、でかめのバイクに乗ってるしびぃ女学生になりてえとか
とんちんかんなこと思ってた。予備校の時の日記に書いてた。
(男の先輩とかいなくて麻雀おぼえる機会なかったし、
 煙草は煙が目に入って涙が止まらなくなったのでやってません。)

でも今の学生さんって、こー
「一刻も早く、成果を出す/大人になる」みたいなことを要求され
なおかつそれに進んで応える子たち! みたく我々上の世代には見えていて。
こういう子たちには、「青春できなくて腐ってる」大学生の連作短編なんて
まったく必要あるまい……って。思ってしまっていたのだよ。

でも最近(4月頭頃かな?)、こんな本を読みまして。




不安とプレッシャーに押しつぶされそうな学生さんのために
私よりちょこっと年上の著者さんふたりが
やさしーーーく「こう歩いてみたら大丈夫だよ!」って語りかけるような本なんですけど。
(ほんとやさしい! 私も学生の時読みたかった!)

それゆえに、逆に、
今の学生さんたちにかかっているプレッシャーの凄さを感じたっていうか……。
ネットで目にする学生さんって、キラキラして充実してもうなんでもできます大人です!
みたいな顔をしてるけど、
それって一部の人だし、その一部の人のしかも「その場での」顔だし……。
本当は、それができなくて苦しんだり、本来はしなくていいのに
「そうしなきゃいけないのかな?」って戸惑ったりしている人だって、いっぱいいるよね。。。
って、ようやく感じることができたんです。

そういう学生さんには
「青春できなくて腐ってる」だけのお話『神田川デイズ』も。
別段参考にはならないとしても、
気が休まる読み物にはなり得るのかもしれない……って
今になってちょっとだけ思ったのでした。

余談ですが、この文庫、ちょっと前に重版かかったのですよ。。。
今年頭とかだったかな? もう少し前かな?
「新システムで小ロットの重版が可能になりました!」っていうお知らせの紙とともに
重版通知が入ってて、「ええっ?!」って見たら


100部


の重版だった……(ゼロの打ち間違いはありません)
著者の取り分は1冊50円くらいなので、私への印税はだいたい5千円。
しょ、小ロット、、、新システム、、、すご、、、

でも本当、文庫でも特別売れない限り3年か5年でばしっと締めて
絶版にしちゃう出版社さんもあるので、
細かく小さく重版して、なくさないで文庫に置いてくださっているっていうのは
ほんとにありがたいことです。
小説は専門書と違って、時代が変われば通用しなくなるっていう考え方の人もいるだろうけど、
時代が変わったら別の受け止め方で読んでもらえる……みたいなことも。
あーるーかーもーねーーーーって思いました。
(これ、他人の本を紹介して言ってるとかっこいいんだけど! ごめんなさいね!)


# by refri5erat0r | 2017-05-02 15:46 | 告知


ひっさびさに更新しにきたので雑談もドバッといきます!
最近の私は……

Amazonプライムビデオで『バチェラー・ジャパン』を観ています。

放送開始の頃にすごくテレビCMを流してたけど、
25人の美女がたったひとりのハイスペ男子をめぐって競うというアレな!
どうやら完結したようですが、ウチではエピソード9まで観たところです(全12話)。

私もさーーご多分に漏れず CMを観た段階では
「ヘッ!!!!」って思っていたの!
『テラスハウス』も『恋んトス』も観てたのにそれでもやっぱ最初は
「ヘッ!!!!」って思うもんなの! 

でも、「柳原可奈子のワンダフルナイト」
(ニッポン放送のラジオ番組。radikoにタイムフリーが導入されてから聴くようになった)で
柳原さんが紹介したのがすっごく面白そうだったので、試しに1回目を観てみたら
即ハマり!!!
5話目だか6話目くらいまでは一気に観ました!

なんだろうなぁ。
ルールとしては、25人の女の子から毎回失格者が出るんですよ。
「バチェラー」(たったひとりの男性のほう。今回は実業家の久保裕丈さん)が、
「これから僕が関係を深めていきたいと思っている女性」を選んで
バラを渡し、最後まで渡されなかった人が失格となり帰る。っていうふうになってるんです。
初回だけは5人脱落で、その後しばらくは2人ずつ……だったかな?

最初は25人の女の子なんて覚えらんないし、
彼女たち&久保さんの絡みもうっすーいので、登場人物に対して何の印象もないんだけど、
人数が減り、久保さんとの絡み&女性同士の絡みが重なるにつれて、
だんだん女性陣のことがわかっていくんです。
それが多分……面白い!!!
最初「この人ヤダ!」「感じわりぃ!」みたく思ってた子が、
脱落する時には泣くほどショックだったっていうことが、結構起こる!
私は2回くらい起こったし多分もうすぐ3回目が起こるww

なんかこの、「人の印象が変わる」っていうのが、面白いんじゃないかなあ。
リアルでも「わっ、この人ってこんな人だったんだ!」って思う時って
良い時でも悪い時でもすごくエキサイティングじゃないですか。
それをバシバシ味わえる……シチュエーションなんですよ。これが。

『テラスハウス』は〜…… 
私観てたの「IN THE CITY」の前半なんですけど
「人の印象が変わる」機会が少なかったように思う。
話のテンポも遅いし、「いい子の皮」を脱がないまま
メンバーが出ていっちゃうような感じも全体的にあったし。

でも『バチェラー』は、「選ばれなければ即脱落」というルール上、
そんなにいい子でいられない! 
それがやっぱ、女の子たちの印象の変化に繋がっていくんだと思う。
(それでもいい子のまま、っていう姿もこのルール上では意味を持って映るし。)
ほんと、予想以上に楽しかったですよ!

でも反面。。。
女の子たちをおおまかには好きになっていく反面、
「バチェラー」こと久保裕丈だけは!!!!



好きになれないんですよぉ〜……(小声)



ていうか、どんどん好感度が下がっていく。
ネットで他人の感想とか漁っても、だいたい言われているのが

観る前:どうせいけすかないチャラ男なんでしょ? 
序盤〜中盤:チャラ男じゃなかった! 女の子みんなに気遣いする、デキる男だ! 
中盤すぎ:えっ???

っていう感じのことで。
ほんと私から久保さんへの印象もこのまんまです。

私実を言うと、この番組を観ていくにあたって、一番の疑問として
「この男はなんなのだろう???」
っていうことを 置いてたんですよ。もう、初回から。
女の子を見たいっていうより、バチェラーのほうを見たかった。

東京生まれで東大院卒、若くして起業→売り抜けに成功、
今もコンサルとして活躍中しかも文武両道のおしゃれイケメン みたいな人がさ……
結婚相手を探すためにこんな番組に出る必要は、本当は絶対ないわけですよ。
男性としては若干身長が低い(画面で見た感じは170弱ぐらい?)のと
35歳という年齢を考慮しても、
もし「結婚したい!」って宣言したら、
釣り合う相手(才女で美人!)がベルトコンベアーに乗ったかのように運ばれてくる
そういうスペックなわけっすよ。

それなのに敢えて……
学歴職歴がまったく釣り合わない女の子たちの中に飛び込んで
結婚相手を探すっていうのは……

 1)ネタ的興味、好奇心
 2)商売上の計算から(=自分の顔を売るため)
 3)ロマンチストすぎて

の、どれかでしょう。

まぁ妥当に考えると「2」と思う人が多いんでしょうけど
わたしはやっぱ、「3」であって欲しかった!!!!!
「肩書で釣り合う」とかじゃないサムシングエルスを
まだ見ぬ女性の中に探したい、探し出して結婚したい、
っていうストーリーだとイイナ! と思ったのだよ。
この、最初は大勢の女の子に気遣いするので精一杯の男の人が、
どんどん素顔になっていって、大好きな女の子を見つけ出せるといいな!
って思ったの。

でも。
6話を過ぎて、人数がぐっと減ってきたあたりで気が付くのは、

この男全然女の子のこと見てないな……

っていうことです。
恋のサムシングエルスなんて、全然探してないなって。



やばいこの記事、終わんない。
久保への不満が止まらない。
前後編に分けます。


# by refri5erat0r | 2017-05-02 14:57 | 雑記


前の記事からの続きです。
『バチェラー・ジャパン』久保さんへのふまん!!! です。

女性が20人とか15人とかいる時はさぁ、
浅い会話しかできなくても、まあそんなん当然じゃないですか。
ひとりあたりに割ける時間がすっごい短いし、
女の子のアプローチに対して「すごいドキドキしてるw」「嬉しいw」
とか言ってるだけでも 仕方ないじゃないすか。

でも、残りが何人になった時かなぁ……
6話か7話あたりで、「もうかなり女性陣絞れただろう」ってラインに来るんですよ。
しようと思ったら深い話もできるし、
ていうかそろそろしないとマズいだろう……っていうライン。
久保さんも、序盤から「女性の素顔が見たい」っていうことは
繰り返し言ってんですよね。自分で。

でも……そのわりに素顔なんて全然見ようとしてない!

昨日エピソード9を見たんですけど、ここではもう残り5人ですよ、
25人が5人まで絞れてるし久保の好みの女性が視聴者にも伝わってるわけですよ、
それなのにふたりきりになった時に女性に向ける質問が……
「結婚したらどんな生活を送りたい?」
「どんなプロポーズが理想?」



ファーーーーーーーーーーー(脳みそ蒸発した音)



ヤンキー上がりの19歳でも言うやつ! それ!

しかもね、ちょっと面白いのが、
久保さんって全編通してこ〜、当たり障りのないことしか言わない、
「初対面の女性に感じよく思われるレベルの会話」を繰り返しているわりに、
家事をしてほしいという要求だけはやたらキッパリ断る!
そこだけは序盤から9話まで通してしっっっかりと断っている!!ww
9話でのとある女性とのやりとりはこんな感じでした。
  女性「ごはんは私が作るけど……たまに食器洗いはして?」
  久保「苦手!」
1秒置かずにさわやかな苦笑いとともに「苦手!」

まそれはいんですよ。私はそういう男性と結婚すんの絶ッッ対やだけど、
久保さんはすげー忙しくて一切そんなことしたくないってんだったら
したくないで、まあしなくていいって言う人探せばいいと思うの。

でもだったら、そこはもう、早めに言ってこ!!?!! 
みたいな!
「どんな結婚生活を送りたい?^^」って
若い女の子のふわっとした夢聞いてあげてる場合じゃなくてさ!
「僕一切の家事をしたくないし、かといって人を雇うのもしたくないんだけど、
 (したくなさそうなんですよ、会話のニュアンスから推定するに)
 君はそういうの全部やってくれる人かな?」
って! さっさと訊け!!!!! って思うの。


結婚生活に大事なことを早く言わないからキレてる……だけじゃなくて、
なんだろう。
私個人的に、この人の態度すべてに
「見たいとこしか見ないフィルター」を感じるんですよ。
たぶん、お仕事の時はそんなことなくって
(コンサルっていう仕事の内容はよく知らないけどそういうの重要でしょうね)
ちゃんと見たくないところも見て行動してるんだろうけど、
こと恋愛の場になると、
「僕が見たい○○さん」みたいな形でしか、女の人を見てない。
っていうふうに、私には見えてしまいます。

家事とか……そういうレベルの話を、厳密に擦り合わせなんかしなくても、
僕のことを好きになってくれたらきっとやってくれるだろう。
って思ってるように見える。
だから、結婚相手探しの場なのに現実的な話をせずに
女の子が喜ぶ(と久保さんが思ってる)夢みたいな話ばっかしてるんだろうなーって。

ま別に。いいのよそれでも。
「誰を選ぶか」って段階では。
どうせ選ばなかった人のことなんかわかんないし、
選ばれた女性も、自分のどういう部分を気に入ってもらえたかちゃんとわかって
しばらくは行動するだろうし。

でもこういう男と結婚するのはマジで地獄!!!

って私は思います。。。
見たいようにしか妻を見ない。
妻本人じゃなくって、「僕の大好きな妻」のイメージを見ている。
前にこんな記事書いてますけど



これに出てくる「俺バリヤー」を、
まさに久保氏は張ってると思う。。。
しかも交際前から張っちゃってるほうの人。


すごい悪く書きすぎちゃったかな……。知らない人なのに……。

もしかして私が男性一般の「俺バリヤー」を憎んでいるがゆえに
それを勝手に久保さんに重ねてイラ〜っとしているのかもしれないしな。
あと、そもそもの期待が大きかったってことでもありますよ、もちろん。
「こんなクレバーでデキる男性が女性と深く思いを通わせるとこなんて、
そんなの絶対観たい!」
って、序盤で前のめりになりすぎていたのかもしれないよ。

ちなみに一緒に『バチェラー』を観てきた夫は、
こんな久保さんのことを悪くは思ってないみたいです。
「視聴者に嫌われたくないんでしょ? すごく気遣ってると思うよ」だそうで。
確かに、「家事したくない! 君やって!」って言うのは
女性から大バッシングを受けることになるだろうから、その辺の配慮もあるのかな?

テレビで見える部分でも少しフォローすると、あれですよ、
エピソード9では、「まあいいか。」って思える場面もあった。
とある女性(私はもうこの人と絶対にくっつくだろうと思っている女性)とのやりとりで
本当に楽しそうな顔になった久保さんを見ることができて、その瞬間は、
「まあそれも恋か。」っていう気持ちになった。なんか。
たとえ相手のことグイグイ知ろうとしてなくても、
イメージの彼女に恋しているだけだとしても、
イメージと現実がふぁっと重なった時に完璧な絶頂を味わえる。
その絶頂だけはやっぱ本物だなって。
このシーンでは夫も、すかさず「今のはいい!」って言ってました。
ほんとに画面から何か伝わってきたのよ。

まあ。選んだ彼女のことは
これからよく見てあげてくださいって思います。
選ばれた女の子のほうには、我慢しすぎないでねって思います。。。

私がこの先のエピソードを観るかどうかは……
「バチェラーがどんな人か」っていう目線では難しくなってきました。
でもあと3話だし、結末を知らないのももやもやするから多分観るかな。うん。
みなさんも。女性陣の動きはほんっと楽しいので、
敬遠している人はぜひ1回観てみて欲しい! です!



# by refri5erat0r | 2017-05-02 14:43 | 雑記