雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


こんにちは。豊島ミホです。

おとといぐらいかな?
「モテたくていろんな男に粉をかけて、ろくでもない目に遭う」
っていう夢を見ました。
そんなことしてろくでもない目に遭ってる自分が
外側から見るとおかしくて、ニヤニヤしながら目を覚ましてしまった!

自分的には面白かったので、しばらく反芻していたんだけど、
それでふっと、
「そういえばもうモテたくないな」って気が付いたんですよ。
あんなに……あんなにモテたかったのにな!



※「あんなにモテたかった」例である記事↓



結婚したんだからモテなくていいのは当たり前だろうと
思われるかもしれませんが、
なんだろ……
その時はっとわかったんですよ。

「モテたい」って、私にとっては
「ディープなコミュニケーションがしたい!」っていうことだったんだ! って。


モテたいモテたい言ってる時は、「モテって何なのか」ということが
全然わかっていませんでした。
「とにかくモテないよりモテたほうがいいに決まっているだろ!」としか考えてない。
理屈をこねこねして楽しむタイプの人が周りにいなかったのもあり
「モテたいって何なの?」「結局のところ何がしたいの?」っていうツッコミも
ずっと受けなかったし。。。

なんか、普通に「好きな人に好かれたい」くらいの意味だよ、て。
思っていた。
多分(モテたい仲間の)みんなと同じだよって。

でも今、「結婚した」「もうモテなくてもいい」ということを
並べて考えてみて、その間に、
「ものすげえ濃厚なコミュニケーションをここでしているから」
っていう理由がぱっと浮かび上がった……!


モテたいって言っている時って、私は
「ちやほやされたい」とか「自分の価値を高めたい」とか思ってるわけじゃなくて
「誰かの懐に潜り込み刺し違えるくらいのコミュニケーションをしたい!」
って思っていたんですよ。きっと。

それ別に恋愛じゃねくても(異性じゃなくても)いーじゃん
と思われるかもしれないが 
私の場合は恋愛のほうが「まだ」簡単ていうか。
友人関係とか仕事関係でそこまで行くほうが無理め。だったんだと思う。

でも、恋愛は恋愛で、当然始まるまでが大変w
こっちが(だれにでも)興味持ってぐいぐいお話聞きにいこうにも
相手の、私に対する好感が、ある程度のレベルに届いていないために
「何この人」ってなることが……お、多かったです(;▽;)
言ったら、足切りに遭ってる感?!
「この子全然かわいくないけど、ちょっと腰据えて話してみようかな^^」的
鷹揚さ・テキトーさを発揮してくれる男性って……なかなか出会わなかったね!!
「ちょww がっついてこんでwww」的バリアーを感じる!
(こっちは恋愛的な意味でロックオンしてがっついてるわけじゃなくて、
 どんな人かなーって思ってるだけなんですけど! まだ!)

そこの「足切り選考」を突破できるくらいの好感度が欲しい、
ってことを、私は
「モテたい」って言っていたんだなって~
今になって思った。
好きな人に好かれたい、っていうより
誰かを「好き!」と思える=しっかり相手の情報を得られる圏内に行きたい、
そのためのパスポートとしての「モテ」が欲しい。
みたいな感じ!


でも……
よくよくよくよ~~~く考えると
もし異性に好感度持たれやすくて、
自分からぐいぐい行くタイプの人だとしても、
ディープなコミュニケーションできるとは限らないよね。

それに付き合ってくれるかって……

単に趣味の域 だよね!!




超絶長文なので折り
by refri5erat0r | 2017-06-05 15:44 | 雑記