雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こんにちは。豊島ミホです。
「もう更新しないのかと思った」とか実家の母に言われています。

文芸あねもね公式ブログで告知しましたが、
田中敦子さん&井上喜久子さんが先頭きって進めて下さっている
チャリティー朗読企画「文芸あねもねR」にて、
とうとう私の「真智の火のゆくえ」を音源化していただきました! 
わーわーヽ( ´ ∀ ` )ノ

収録の時もちょっと書いたのですが、
メイン朗読を浅野真澄さんが担当して下さっています☆
台詞読みで、細谷佳正さん、中原麻衣さん、坂巻学さん、木島隆一さんも
ご出演して下さいました。
音源の素晴らしさはあねもねブログのほう
色々書きましたので、ぜひ読んでみて下さい。

ちなみにその記事にてイベントの告知もしたのですが……
気付いたらチケットが売り切れていて、
こちらで宣伝する機会は完全に逸しました\(^o^)/
ごめんなさい\(^o^)/

なのでこの記事ではせめて音源の宣伝をしようと思います。。。



朗読していただくにあって全面改稿した、ということも
あねもねブログのほうには書いてきたのですが、
要するにだいぶ……おんびんにした。色々おんびんにした。
つもりだったんです。

もう時間が経ったのでちょくせつ言っちゃいますけども
「真智の火のゆくえ」はもー
私の話、私そのものの話。みたいな感じなのです。
色々ディティールを変えてはいるけれども
あそこに書いた行き詰まりは私の、作家時代の行き詰まりそのもので。
小説をやめた私の話 が、そのまんま
絵をやめる美大生の女の子の話 になってるだけです。

だから2011年の、初稿の時点ではまだなんか色々生々しくて、
主人公の真智ははんぱなく根性悪いし、恋人の将也も鬼だし……
っていう感じだったんですが、それを2013年時点で
「ちょっとやわらかくすんべ!」と書き直したのが
朗読版の原稿なのです。

で、それをまた時間を置いて2015年の先日聴いてみたらば

きついwwwww
まだ全然きついwwww

ほんとこれ、浅野さんが読んでくれたからよかったけど……!
真智という子を、いいさじ加減の「不機嫌ガール」にして下さってる神読みなんですけど、
入ってる思想がきついってことが、書いた人=私にはわかる……。
まあその思想が最後には転換するっていう話ではあるんですけど
(だから自分にとっては大事な話に変わりないんだけど)
声と読みの心地よさに助けられなければ
「最後」までついてきてくれる人があんまいないかも?? とすら思いました。
(ついてきてくれる人にはもちろんありがとうって言いたいですけど!)
ほんと、朗読でよかった……声優さんに読んでいただくという形で
新しい機会をもらってよかった! と思います。

あとはごくごく個人的なことですけど……
私はやめてから結構長いこと、作家時代を
冷静に振り返ることができなかったんです。
3年とか、結構長い間?
「不機嫌」がまだまだ余裕で心の中でくすぶってて
思い出した瞬間にゴーーーーッて火が出るみたいな。
そんな、明確な対象を持って怒ったり恨んだりしてるわけじゃないのに
メチャクチャ不機嫌だったことを いつでも思い出せる感じでした。
「真智〜」の初稿を書いた時も。

でも多分 朗読用の原稿を書いた時点で
ちょっとはそういうのを対象化してみようと試みたし
今こうやって 耳から聴いてみてまた、
「あーこんな感じだったんだなあ」って……
適切な距離を取って当時のことを振り返ることができて。
なんかよかったなって思います。
もうゴーーーーッってなんないことを確認できたというか。
自分が間違っていた様々のことを振り返ることができるというかw

「真智の火のゆくえ」は、だから、
お守りみたいにずっと持っていようと思うんです。
改稿バージョンは私も紙では持ってないわけなので、
この「あねもねR」音源で。

……っていう壮大な前フリでの宣伝でした☆
私、宣伝って最初に言ってますんで。。。

現在は「真智の火のゆくえ」はDL販売のみで、
オーディオブックのFeBeさんで買えます。
収録時間2時間超で税込540円というちょっと信じがたいおねだん!
あねもねRの作品一覧はこちらです〜☆

チャリティーですので、販売手数料を引いた額が
東日本大震災義援金として寄付されます。
お気軽な寄付方法のひとつとして、みなさまぜひご検討下さいませ!
by refri5erat0r | 2015-02-26 16:40 | 告知