雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こんばんは、豊島ミホです。
最近立て続けに、過去作(小説)の電子版リリースをお知らせしていますが、
今日もそれです。

双葉文庫『エバーグリーン』

エバーグリーン 双葉文庫

豊島ミホ / 双葉社


ここでのお知らせはちょっと遅くなってしまいましたが、
先月下旬から電子書籍として販売していただいてます!
(リンク先はKindleですが他電子書店さんでの扱いもアリ)
大好きな谷川史子先生に表紙イラストを描いていただいた
思い出の1冊!
同じ表紙で出していただくことになり、嬉しいです。
双葉社さま、電子化ありがとうございました!



電子化時恒例、作品紹介&こぼれ話行きます〜

『エバーグリーン』は私の作家時代でゆいいつの! 
書き下ろし長編です。
『檸檬のころ』を読んだ双葉社の編集さんから、
ぜひ長編を、書き下ろしで、とご依頼いただいたのでした。

しかし私はドケチなので、とうぜん
書き下ろしよりは雑誌掲載のほうが好きです……
原稿料がもらえるからです
(雑誌に載らないものには1枚当たりの原稿料が発生しない
 =いただけるのは印税オンリー!)。

そんな私が書き下ろしを受けたのは、
担当さんの「お願い」の仕方が上手だったからです。

「ぜひウチで長編を! 他に連作短編も並行で
 (雑誌に)連載お願いします!」

……要するに抱き合わせだったんですね〜〜〜〜〜〜〜
私こういうのにめっちゃ弱いです!!
「どうしても欲しいもの」と「特に欲しいわけでないもの」を
抱き合わせで持ってこられると、判断力が鈍るんですよね。。。
そして若い私はやっぱり……
「いきなり並行で仕事依頼!」っていうのに
プライドをくすぐられ……
「やりますっ!」と二つ返事してしまったわけです。ええ。
長編の書き下ろしなんて想像もつかない大変な仕事に対して。

今思い返すと、そんな担当さんの手腕に脱帽です。
この手法はずっとおぼえておいていつか活用したいです。何かに。



全然中身に触れてないねこれ。
でもエバーグリーンについては既にいっぱい語ってる! からいい!

過去記事
文庫版『エバーグリーン』について・上
文庫版『エバーグリーン』について・下
単行本刊行時の新刊情報
あらすじは「文庫版」のほうにあります。

今になって読むと、単行本刊行時の思い入れが深すぎて……(;▽;)
なんかすごいなと思います。。。

って書いちゃうと遠い本みたいでごめんだわ。
そういうわけでもなくって、今もある意味特別な本だとは思うのです。
なんか……仮にブログを10年続けたご褒美が何かあるとしたら
(仮にっていうかそんな前提有り得ないけどwww 
 誰がくれる前提なのかよくわかんない)
エバーグリーンの別エンドver.が書ける! のがいいなー!
って夏頃思ってたくらいなので。
別エンドが何なのか、読んだ方にはご想像がつくかと思うんですがww
今の私ならきっとそういう話にすると思います。

って締めちゃうと、ぼやかしすぎだな……

現実は物語のようにはいかないから、
私は現実で有り得るベストみたいな話を書きたいって
昔は思ってたけど
きっと今ならフツーに
物語のような物語を書くだろうな〜 って ことです。

ま、でもその時はその時なりのエンドで
もちろんよかったと思うんですけど。

書いてたのは2005年だから、もう9年も前の話なんですね!
そりゃ色々変わりますね!!
まあその歳なりの考えがあって、仕事があって
別エンドっていうのはあくまで私の想像の中の話でいいんだと思います。
今は今の仕事があるからね( ´ v ` )
by refri5erat0r | 2014-11-10 20:51 | 告知