雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「アラサーおんなのすっぴんトーク」
サイトhttp://arr30.heteml.jp/wp/
番組ツイッターもできました

なんとか始められ……ました?
私の限界でiTunesストアで落とせるようにはなってませんが
とりあえず上のページに行くと

・PC/スマホでのオンライン聴取
・PCへのダウンロード

は、できます!
ダウンロードしたファイルはもちろん
普通の音楽ファイルと同じようにスマホ等に移せます。

アップ先を見つけ最低限の形だけを整えるのに10時間を要して
今目が死んでるので内容は後日紹介させて下さい。
1回目がgdgdすぎたので2回目とあわせて2話アップしてるよ!

追伸:冷蔵庫はスイッチを見つけて無事通常運転になりました。
by refri5erat0r | 2014-07-25 19:40 | 告知
こんばんは豊島ミホです。
冷蔵庫の冷えが悪いような気がしています。

今朝、賞味期限ギリセーフのはずの鶏肉を
出した時に「やばいにおい」がして
「え? 何これなんで? 期限偽装?」とか
思っちゃったけどそもそもの話……冷えてない。気がする。
すごい危機感をおぼえたけど火ィ通せばいいかと思って
そのまま調理してしまいました。
私は普段からお腹の調子が悪いのでもしガチでやばくても
あんまり変わらない。今も若干調子が悪いけど深く考えないことにしてる。



Podcastも詰めの作業に入っております〜

がこのタイミングで2ヶ月分の掲載誌雑談をやっちゃうぜ!
まずは「特選小説」から〜

8月号では『男子の貞操』著者の
坂爪真吾さんにインタビューさせていただきました。

男子の貞操: 僕らの性は、僕らが語る (ちくま新書 1067)

坂爪 真吾 / 筑摩書房


この本は……
「あるべき性欲や性の形」の理想を
現実に「ありうる!」ってレベルで提示する本ですね……
って私の言葉で書くと意味わかりづらい。
性を汚い、表のモノじゃないものにしてる世界に
アンチテーゼを唱えるための1冊だと私は思いました。
それを今回は特に「若い男子の性欲」を前面に出して書かれたのかなと。
後ろめたくない性欲のゆくえー! の、試論! 的な!

「性欲のゆくえ」に悩んでる男子はぜっっったい読んだほうエエで!
ただし今回は若め(歳で婚活が不利にならない期)の読者さんに向けてる感が
あるので、手遅れで読むとちょっとさみしいかもw
あ、でも夫婦間のセックスレスにも触れてあるので、
既婚者さんは既婚者さんで学ぶところがあると思います。

ちなみに私もこう〜……
性産業や性欲を毛嫌いする、下に見る空気ってやだな。
と小さい頃から思っていたので
御本も面白く読みましたし
坂爪さんにお会いするのはめっちゃ楽しみでした。
そしてお会いして2万字並みに個人史を訊こうとしてしまったwww
新潟在住の坂爪さんは、東京滞在の時間が決まっていて
あきらかな制限時間があったのに……
あったわりにはグイグイいってしまいましたw

そして坂爪さんもそれにサラサラ答えて下さって
「やっぱり頭のいいおひとや……!」と私はひそかに感動してました。
普段から整理してるんでしょうね。頭の中を。
「こう訊かれたらこう返す」レベルじゃなくて、自分の思想を。
坂爪さんのような方がいてくれると思うと
似たようなリビドー観の持ち主のひとりとしては、たいへん頼もしいです!

それですごくスムーズにお話いただいたわけですが、
後で原稿を書く時に、新刊インタビューとしては
多すぎる情報をいただいてしまったことに気付き、
申し訳なくなってしまいました……。
ハナシ熱く聞いたわりに原稿ふつうやな。みたいな感じに
多分なっちゃった……。べ、勉強します(;▽;)

ちなみにこの時の私の「職権濫用質問」は
「どうやったらネット婚活で成功できるのですか。どうアピールしましたか」
「ていうか具体的にどこのサイトを使ったのですか」
でしたwwww
(坂爪さんはネット婚活でご結婚されていて、そのことにも
 『男子の貞操』内で触れていらっしゃいます。)
今回も回答は秘密www



9月号は『キャバ嬢の社会学』北条かやさんにお話うかがいました。

キャバ嬢の社会学 (星海社新書)

北条 かや / 講談社


この本はタイトル通り、キャバクラが成り立つ仕組みを
社会学の見地から分析したもので、
店舗構造から 客ーキャストーボーイー上の人 の関係まで
ぱきぱきっときれいに分析され、歴史や問題点も整理されている……
んだけどそれが著者さんご本人が「実地で」学んできたこと!
っていうのがすごいんです〜。
「ガリ勉女子だった」という北条さんがキャバ嬢に変身して
潜入調査(専門用語では「参与観察」)してきたわけなのです。

でも、記事にも書いたんですが
この本の一番面白いところは、ちょこっとしか書かれてない
北条さんご本人の心の変わりようなんですーそして女の業なんですーw
私はそう感じました。
もちろん「キャバクラ」という場の分析も興味深く読みましたが!
心理描写あったらこれ小説になるよー小説バージョンも欲しいよー
って思いながら読みました。

でも北条さんご本人にお会いするのは実を言うとちょっとどきどきしてました。
「元キャバ嬢だから」じゃなく……
「元ガリ勉女子」だからww!
(もちろんご本人の自称ですが。)
キャバ嬢みたいなギャルは友達にいたことあるけど、
ガリ勉女子はたぶんあんまり深く接したことがない……
ドキドキドキ

ってなってたけど、北条さんが登場した瞬間にもう不安がふっとびましたwww
かわうぃいーーーー!!!!
やばかったです。
お話もめっちゃ楽しくて……もう……
私がキャバクラの客状態になっていました。はい。
もう。袋に入れて帰りたい。。。(北条さんを)ってなりました。

てかインタビュー後実際「あ私一緒に帰っていいですかね」
ってさりげなくついていこうとしたけど
「特選」のほうの編集さんに
「豊島さん用事あるからのこって」
って止められました。
我に返ってから考えると著者インタビューで著者と一緒に帰るライターなんか
いなかった! いないいないなにそれwwww

あのかわいさとトークの楽しさ……
ごく個人的には、北条さんにはモテ本を書いていただきたいくらい
なんですけど……(絶対ご本人的には無いわって感じなのも察しつつ)
でもいっぽうで「こんなかわいい子をメディアに出したらだめやぁ」
みたいな! 「マスコミの食いもんにはさせんわぁ」みたいな!
気持ちも生じました。
だからもー完全キャバクラの客状態だっつうの。俺。



てなわけでおふたかたともオフレコトークまで
勿体ないくらい楽しかったです(;▽;)
ありがとうございました!
おはなし面白い人は著作も面白い!
みなさん読んでね(宣伝)。

まんが家さんインタビューに比べて
ご本人像がっつり書いちゃってますが、
ご本人がある程度表に出ているお仕事なので
あんま気にしなくていい……ですかね。どうなんですかね。
だめだったらご指摘ください。(←「特選」担当さんへの私信)

てか「特選小説」でぐぐったら
編集部のTwitterアカウントがあることに今気付きました。。。
「たまにエロいつぶやきがあるかも!?」とか書いて釣ってるのに
フォロワーが7人な件。(エロいつぶやき、ないし)
参考までに別マ公式アカウントのフォロワー数を見てしまいましたが
なんかもう見るまでもなかった。参考もくそもなかった。
by refri5erat0r | 2014-07-24 00:32 | 告知
こんにちは豊島ミホです。
やっぱしまだPodcastができてなくてすみません。
3連休がんばります!

そしてね。今月も別マ特選の告知をできてない。
やっぱりこの2誌のカラー(てか読者様層)が違いすぎて私は
いったいどうしたらいいかわからない。
両方熱弁できるけど両方熱弁したらいけない。
よって硬直状態に陥っています。

ので違う話をしま〜す



最近Podcastの勉強のために
「桃山商事の二軍ラジオ」っていう番組を一気に聴いています。
ごはん中とかアイロンがけ中とかに。
自称「二軍男子」の3人ユニットがオトナの恋バナをする! っていう番組。
オトナってうちらくらいです。
どっかで歳言ってたっけ? まオーバー30っすよね。

も出てて、店頭でそれを見かけたことはあったんですけど
本も番組も実際接したことは今までありませんでした。。。
多分同業者的な嫉妬からでしょうね!!
く! うまくやりやがって!
みたいな(※私の自称職業は完全にライターとなっております)。

でも成功例にそんな嫉妬もしてられないので&
まあちょっときっかけがあって聴くことにしました。

面白かったです。
例によってがっつり下ネタに行きそうな回から順番に聴きましたが
(もうほんとこんな例ばっかりすぎてすいません)
いちばん最初に聴いた
「ヤリチン、その生態と習性」ってやつが特に
面白かったです(これ、このワード、大丈夫なんすかねブログ的に)。
ヤリチ○の男子を外部からゲストに迎え
手口や意図など赤裸々に喋ってもらうって主旨だったんですけど
このヤリチ○が
激烈エリートな都庁職員で、すんごいプレゼン上手で
もう誰も論破できない。聴いてる私ももちろん論破できないwwww
相〜当〜面白いです。モラルに厳しすぎない女子なら一聴の価値があると思います。
(聴いて怒るような人は聴かないよーにーー)



この回は都庁職員がすごすぎて
あんまり「二軍男子」が活躍する隙がなかった感あるんですが
他の回も聴くと、彼らも「二軍」どころではないのがわかってきます。

私にとっては二軍どころかメジャーリーガーや!!

つ〜くらい恋バナ事例豊富。そもそも高校時代に彼女いた勝ち組です。
私らの年代(80-82年生まれのくらいの草食男子多数派世代)で
こんだけ自分の経験談出せる男子は……私は正直会ったことない。
経験談を出してもらったことがないのではなく本当に
「会ったことがない」と断言していい。と思う。

私の「二軍」のイメージが違うのかしら。
「二軍」って聞くと「一軍に入れない」ってイメージが先立つけど
実際にプロ野球の二軍なんていったらまー……超絶すごい人たちだしね。
そういう意味も含めての「二軍」なのかな?
最初のほうまでさかのぼって聞けばわかりそうだけど、まだ聞いてません。

なんか、これで二軍だと私は……
五軍くらいだわorz
スキー授業の班わけか! みたいな(これ雪国の人にしかわからんかごめん)。
一軍は誰なの?? イケメン芸能人とかなの????

別に文句を言っているわけじゃなく
私は五軍なのにアラサー赤裸々トーク対抗枠で出ていっていいのだろうか……
と不安になっているのです。うぅ。



ただ「2013ファイナルエレクション」の回だけは
若干「まだまだあおいな……(フ)」みたく思えました。
聴かないとわからない話ですが私は完全清田さんスタンスで
3パート目のラストで「清田のターン」になるまで
なんか別世界の話的にきーてました。面白かったけど。何回も噴いたけど。

でもあれは……女がわるい部分そーとーあると思った。
女性リスナーが多いからか、
「俺らが悪い」的に男性サイドで背負おうとしていたけど違う……! 
緊張させてる女がDAME……! だめってか何をやってんのか
どういった空気を醸してるのかよくわからない。

まーこれ以上は5軍女は下ネタたいがいせーやって話なのでやめときます。
あとほんとゲスい回ばっか選んで聴いてごめんなさい。

ちなみに私のPodcastではそーんな下ネタトークはしませんわよ?
赤裸々だけど別方向だよ? 多分……。
by refri5erat0r | 2014-07-18 22:24 | 雑記

Podcastはじめます(7/9)

お久しぶりです豊島ミホです!
6/20〜7/5くらいで……
半月での自己最高執筆枚数を更新してました……
さすがにブログを書きにくるどころではありませんでした。

でも元気よ!
こないだの週末なんてインタビューのテープ起こしでハイになってました
あのままの勢いでブログを書かなくてよかった……。
インタビューってなんて面白いんだ! 
というか他人ってなんて面白いんだ!
みたいなスイッチが入っちゃって……。

でもそうやって調子に乗っていすぎると
次のインタビューでレコーダーを忘れるレベルの大ポカをやらかしたり
するんだと思う……あまり調子づかないようにしよう。
もう持ち物チェック表を作ろうかなって思ってます。
鳥頭すぎて仕事の時必ず忘れ物をするから。
(第1位はハンカチ。仕事には関係ないけど忘れるとブルーなもののひとつ)



でも人と喋らせてもらうの面白すぎる

面白すぎるので


Podcastを始めることにしましたーーーー


告知です。これ。
3月の記事で、「Podcastやりたい」「相方が欲しい」
連続で書いたところ、R-18文学賞つながりの南綾子さんが
「手伝うからPodcastやろーよ」と言ってくれました!
だからほんとは4月くらいからはもっさり準備に入ってた。

1回目は編集まで終わってます
2、3回目も収録終わりこれから編集するところです……
1回目はあくまでパイロット版てことで(録音設定がまずかったので)
1、2回目同時アップを目指しております。



Podcastって何の?!
もくてきは?!

って感じですけど

ただ私が会話を録って流したいだけ

なのであんまり……あんまりね。。。
「ちゃんとした番組」みたいのは期待しないで欲しい……。
ペンネーム名義だけどプライベートみたいな感じですきっと。
でも作家さんをゲストに読んだ回は軽く本の宣伝がつきます。
(作家さんじゃない系の友だちも呼びたいと思っています。
 出てくれたらね……)

そもそもこの企画の発端の発端はですね……
私がただ「仕事だけじゃなく
プライベートでもインタビューしたいな。。。」
と思ったっていうだけのことなんですよ。
最初はそれをやっぱ文字に起こして、こことか、
あと他の無料配布サイトで配るか、ってことを
考えてたんですけど、
「……そもそも文字に起こす必要なくね?」
「音声を録って流しちゃえばいいんじゃね?」
とある日思いつきまして。

なんかもう、みんな文字って……
ネット上のものは貪欲には読みたくないのかなぁ
という気持ちが長らくあって。
(いつもここに来て長文読んで下さる方は本当にマメな、
 文章持久力のある方だと思います!)
活字はまた別腹だと思うんですけど、あくまで
「ネット上の文字コンテンツ」に限っていうと……
SNSとか、みんな文字なわけじゃないですか。
身近なものだけで満腹状態で、そ〜……んなに、
「何か面白いものないかなー」って探してないんじゃないかなって。

でも音声コンテンツだと話は違うくなると思うんですよね!
自分もPodcastを聴いてて感じるのは、
Podcast聴いてるタイプの人は結構その
「なんか面白いものないかなー」っていう飢餓感? がある。
おなかによゆうがある! 探してる! 
私がいつも聴いてる番組でも、リスナーの熱意は半端ないw
し、そういうヘビーリスナーになる人も
最初は軽い理由で入ってきたりしてるんですよ。長らく聴いてると。
文字より敷居が高いように見えるけど
新規のお客さんの敷居は実はけっこー低い。と分析した!

だからもう、文字に起こすことは考えないで、
インタビュー(もしくはだだ喋り)Podcastにしよう!! 
と決めたんでした。



……っていうこの考えを私は別に南さんと共有していません。
南さんに最初なんてPodcastのこと説明したか忘れました。
「Podcastをやると男性ファンがつく」とか
わけわかんねえことを言った気がする京浜東北線某駅前のスタバで。
めんご。

しかもそれに対する南さんの返答は
「豊島さんて自分の声録音とかで聴いたことある?」
でした。
いつも! テープ起こししてるって!!
ま結構私は声ブスの自覚はあります
でもテープ起こししまくって慣れた。どうでもよくなった。



開始は今月半ばを目指していますが
私の編集がとろいので遅れるかもしれません……。てか遅れそう。
あとね、今まで必死でTwitterを避けてきた私ですが
番組名義のTwitterもやります(キリッ
中の人が私か南さんかはわからないね〜〜〜
あくまで「番組名義」だから固定しないつもりっす。

色々詳しく決まったらまた告知させていただきます!

あのぅ最後になりましたけど、番組名は
「アラサーおんなのすっぴんトーク」
です……
この、サブカル味ゼロ感あんどト〜〜〜シロ感。
すいません。ほんとすいません。
あくまでト〜〜〜シロ番組ですんでよろしくお願いします。
by refri5erat0r | 2014-07-09 16:09 | 告知