雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2014年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ギフト(2/27)

23日の記事のつづきです

それからも複数の本を読みつつ(なんか私時間がないほど本読むわ……)
「治る」ということについて考えていました。

最初は、「治ったらしたいことがあるはず!」
「可能性が広がるって、客観的に理解できれば
 何かがましになるかもしれない!」という気持ちでいたのですが、
しかし、どれだけ考えても
「治ったらできること」の中に「したいこと」がでてこない……
むしろ、「どちらかというと、やりたくないこと」ばかりでてくる。

そして私はふと思ってしまいました

どんなに「やりたくないこと」でも
病気がなかったら私はやってしまうのかもしれない。。。
わけのわからない負い目とか衝動とかそういうものから
自分をまったく希望しない方向に追い込む可能性があるのかもしれない……

これは既に人生で何回もやっちゃってる自覚あります、
別にやりたくないことなのに、それをやれば「普通」というか
「世間的に許されそう」なものに対して進んでいっちゃう……っていうの。
大学出ときゃいーんだろう的な。そして就職したほうがいーんだろう的な。
(できなかったけど、就活まではしました)
しかも私の悪い癖として、それを「ちんたら適当にやる」っていう感じじゃなくて
さも自分の希望であるかのようにすりかえる!
それをやれば絶対幸せになるのだから私は最短経路で完璧に達成する!
とかって自己洗脳してソッチの活動に邁進する。
そして死ぬ程追い込まれてから
「あーーーーーーーーーーちがったああああ!!!!」ってなる

今こうしている間も。。。
病気が治りさえすれば苦痛と苦難の結婚でも
なんとか続けることだけはできるだろう。
とか考えている(別に苦痛な結婚をする必要に差し迫られてもいないのに)。
あるいはべつに全然したくない仕事でもできるだろう。
と思っている(別にしたくない仕事を今すぐする必要に差し迫られてもいないのに)。
身体さえ丈夫ならば心は死んでもいい。とか思っている。
いやうっそ死んでもいいとかまでは思ってないけど
まあそやって感情的に我慢してるうちに
人として成長し何かをつかみ取るかもしれない。とか思ってる。
ある意味とても甘く考えている。

そこまで深刻な問題にしなくても、
身体が丈夫ならば気の進まない大人数の飲み会とかにもおもむき
もうちょっとコミュ力をあげることができる。とか思ってる。
とにかく今あんましたくないことで揉まれないといけないと思ってる。

でも、もしかして

したくないことを絶対にしないって誓わないと
心は、身体は、「治っていいんだ〜」「安全なんだ〜」
って思わないんじゃないだろうか?

つうううか、その世の中の
「したくないけど、すべき(と私が勝手に思っている)こと」を
してない現状でもそれなりに生活が成り立っているってことは
それほんとうに、私の人生には要らないってことなんじゃないだろうか????
病気がなくても満員電車には長時間乗りたくないし
飲み会なんて別にすすんで行きたくないし
わざわざ婚活してまで結婚したくもないんじゃないだろうか?
「少しでも交友関係や可能性を広げるのが善」みたいな世の中
ウゼエ というのが本音なんじゃないのか?



話はかわりますが私幼稚園っていうところに行ったことがないんですよね
うちの町は保育園しかなかったので。
みんな均一に保育園卒で、だいたい小学校行く前の2年だけ。
今は違うと思うけど、当時は3年保育すら少数派でした。

その保育園が死ぬ程いやだった。
保育園なんてどうせ半分くらい自由時間なのにやでした。
自由時間とかいって実質外遊び強制っていう感じだし。
「みんな行くから豊島ちゃん(仮)も外行こうよ」って言われても
「やだ!!!」
だって私走るの遅いしままごとでは下っ端だし何やっても面白くないのです。
だからできる限りずっと絵を描いてました。

しかしそんなことをしていると
おえかきちょうのページがすぐなくなるんです……
普通は1年1冊与えられて使い切らないところ 2ヶ月で埋まります。
「先生おえかきちょういっぱいになりました」
って先生のところに持って行くじゃん?
そしたら先生は……「じゃあお外で遊ぼうか」って言うチャンスなわけですよ
普通に考えたら。
もうお前は1年分の紙を使い切ってしまった! 従ってみんなと遊ぶべきなのだ!
って物理的条件を出して言われたら私はたぶん「やだ!!!」とは言えなかった。

でもそこで先生はね……

なんと! コピー用紙であたらしいおえかきちょうを作ってくれるのですよ!!!
毎回!

予備の1、2冊くらいありそうなもんですが。。。
それを与えるっていうのはやっぱり
町立保育園ではやってはいけないことなんでしょうね。
あくまで手作りなんです。
その辺の白い紙にパンチで穴空けて 色画用紙で表と裏に表紙つくって
(それぞれ違う色で、それがまたおしゃれだった)
穴にリボンを通して結んでくれるんです……

もう……

泣けるよね!!!

先生神!!! って思います今でも思います。
(当時ももちろん大好きだったけどね!!!
 以来私はずっと恩師に恵まれた人生を歩んでいます……)



この話で何が言いたいのかというと
その先生が小さい私にしてくれたように
私も私に対してふるまわねばならないのじゃないか。
ってことです。

先生は「紙がないとめんどくさそうだからやっとくか……」とか
「うーんこの子は天才かも! 大人になったら有名な画家になって
 保育園に恩返ししてくれるかも!」とか
そういうことは考えていないわけですよ。たぶん。
色違いの画用紙やリボンでそれがわかりますよね。

なのに……大人の私が自分の内面に対して取っている態度といったら。
「紙がないって、お前が自分で使ったんだろ?」
「いつまで外に出てこないで許されると思ってんだ??」
「もーだめもー外で遊べとにかくみんなと一緒に遊ぶのが世の中の常識だから!!

って怒鳴りつけているようなもの

です……ね……(´;ω;`)

もし実際に保育園の時の先生がそんな人だったら?
私は、ただでさえ(そんな手あつい愛情を受けても)
保育園に行くのがいやでギャン泣きしていたのだから、
もはや保育園に行かないことにするために手段は選ばなかったでしょう。。。
「おなかいたい」と言い出すまでは時間の問題だったでしょう。。。

つまりそういうことなのではないだろうか?
by refri5erat0r | 2014-02-27 21:10 | 雑記
こんばんは豊島ミホです。
やっと今月の別マのお知らせ。
今ぶわーっとやらないともう次号になる!!

別冊マーガレット3月号発売中でっす!
今月も通常通り
インタビュー「(ペン子の)まんが家さんに会いたい!」八田鮎子先生2回目&
名作紹介「クラシックスこんにちは」藤村真理先生の『降っても晴れても』
書かせていただきました。

ペン子の4コマ……あんなの描いたら私もう2度と
「枝毛」描けないじゃないすか(滝汗)
あと刷ったら結局枝毛がわかりづらくてすいませんでした。
描くと自然とああなるはずなのに、目立つように描こうとするとそれはそれで難しい。

あと1回目でフォローし忘れたのですが
八田先生の似顔絵、南(塔子)先生の時と雰囲気違うのには理由があって……
南先生の回が終わった後に、担当さんから
「この似顔絵……私たちは南さんだって言われたらわかるけど
 読者さんには(南先生の自画像と違いすぎて)わかりづらいかも」
という指摘を受けて、「先生がたの自画像に近づける」って路線に変更したのです。
だから八田先生は! 自画像と同じく鮎(?)のお面をかぶっているのですよ!
ほんものはかぶっていないですよ!(あたりまえ)

今月掲載部分で強く印象に残ったのは、
「咲坂先生の描く男性キャラは香水をふってるみたい」のお話です〜
「わかりますーー!! ><」ってなったんですけど、
これ、「洸の香水」企画発表より前の収録なんですよ……!
やっぱりふってたか……みたいな(笑・作中でほんとにふってるかはわかりませんが)。

あっ今月のまんがスクール「私の投稿時代」は小夏先生だから
期間限定でデビュー作が読めるのね!
今読んできちゃいました。
すごい印象深いデビュー作だったので、もう1回読めてよかった。
PCかスマホでは次の別マ発売まで読めますので、みなさまもぜひに。



藤村先生の『降っても晴れても』はね〜……

私は! めっちゃ好きですね!

降っても晴れても 1 (集英社文庫―コミック版)

藤村 真理 / 集英社

降っても晴れても 2 (集英社文庫―コミック版)

藤村 真理 / 集英社

降っても晴れても 3 (集英社文庫―コミック版)

藤村 真理 / 集英社



本誌読んでない方のために説明すると、90年代前半に連載された
女の子と女の子のガチンコ……片思いまんがですわ!
百合まんがじゃないんだよね。。。あくまで片思いなんだよね。。。
しかも主人公の凪(なぎ)が「思われてる」サイド。
友だちの比呂(ひろ)がどんどん重くなっていくっていう……
なかなかヘヴィーな作品です。

以下長いので折り
by refri5erat0r | 2014-02-25 23:00 | 読んだものの感想
大事な告知をまだしていなかったよ!
とりいそぎ!

R-18文学賞出身作家・窪美澄さん主催のトークイベント
「美澄の小部屋」vol.2に
「文芸あねもね」執筆メンバーから、蛭田さん山本せんせいトリコさん
の3名がゲスト出演しまーす☆
あねもねの話をする予定……らしいよ?

3月8日(土)、下北沢の有名な本屋さんB&Bにて、
19時スタートです!
基本1500円の入場料に、ワンドリンクの代金500円、
それから今回はチャリティイベントとして寄付金を300円いただきますので
おひとりさま2300円とちょい高めの値段設定にはなっていますが、
頭の切れる窪さんがサクサク司会してくれるにちがいない! 
そしてあねもね秘話を色々聞き出してくれるにちがいない! ので、
お近くのみなさまぜひご検討下さいまし。
詳細&申し込みはこちらのB&Bサイトでどうぞ!
(今はまだ満員行ってない……よね?・汗)

B&Bは「ブック&ビアー」、ビール片手に本が選べる本屋さんなのだそうです。
ビールが飲めない人には……何が出てくるのかしら……
あ、私は当日行けないんですけど……

「文芸あねもね」公式ブログも、今年に入ってから
2記事アップされてますので、最近覗いてないなって方はぜひ〜。
あねもねメンバーの新刊チェックができますyo。

そういえばR18もそろそろ最終候補作公開って時期だよね〜
今見たらまだだったけど。
第13回か……(遠い目)
by refri5erat0r | 2014-02-24 23:32 | 告知
こんばんは。豊島ミホです。

今月の別マの告知も書いてないし
フィギュアの感想もその1しかない状態ですが
今日すごく面白い本を読んだので記録に残しておきたいと思います……。

ナバホへの旅 たましいの風景

河合 隼雄 / 朝日新聞社



この本を簡単に紹介すると、心理療法家の(故)河合隼雄さんが、アメリカの原住民「ナバホ」を訪ねた時の記録です。「ナバホ」の中でも、メディスンマンと呼ばれる、シャーマン的な方法で人々を治療する専門家に話を聞きに行くのを主な目的としていますが、ナバホ全体の文化紹介や、日本との比較考察などもされています。
この本にたどりついたきっかけは、去年河合隼雄さんと小説家さんの対談集を一気に3冊読み、そのうちの1冊で言及されていたこと。仕事のために「その1冊」を読み返していて(なんの仕事のためか、読み返した本は何かってのは仕事が表に出るまで伏せときます)、あ、そういえばここで出てきたこの本読みたいと思ったのにまだ読んでないや。と思ったので。そっこー。
何も複数締め切りの差し迫った今そっこー読む必要はないべ……! って話なんですが、なんかそこは。今だ!! みたいな感じで。やっぱり読んだらさらに別の仕事のヒントになったから、読んでよかったんだと思います。

て話が内容から逸れちゃいましたが、この本。専門書と一般書の間……みたいな感じで、あんまり活字慣れしていない人とか、まだ中学生高校生って人に「面白いよ!」ってすすめたい雰囲気ではないんですけど。淡々と記されてて、なんていうか装飾部分が全然ないので(わかりやすいことはわかりやすいんだけど、理解しやすさと別に、盛り上げとかつかみとかそういう要素があって、「読みやすい本」になるじゃないですか、一般書としては)。
大学の一般教養くらいの心理学はかじってて、臨床心理学とシャーマニズムがどう交差すんのか?! ってことに興味ある人には面白いと思います。あと無意識領域に興味ある人。

私は河合さん単独の著書を今まで読んだことがなくて(ユングの教科書的な文庫を買って読もうとしたけど半分に達する前に挫折)、対談集の端々の言葉から、彼の仕事を想像しているだけだったのですが、これに結構決定的なことが書いてあって。
いやこれでも直接は書いてないのかなー。。。病気して治るっていうのはその人の物語を描くことだっていうのが多分。河合先生の「やり方」だったんだなって。この本を読んでそこはかとなくわかった感じがしました。
なんか語尾がもやっとするのはやっぱり私が全然河合隼雄にもユングにも詳しくないからですっそっち専門じゃないからです!!

メディスンマンのアプローチは別に全然それと違うんですよ? やっぱシャーマンだし。薬草とか蒸し風呂とか砂絵とか……近代科学的手法とは違うけど、別の「手法」を使って治してる。
でも河合先生はそこに、物語(の構築)的なものを視てるんですよ。

ってうまく言えないんだけど。。。これはずいぶん乱暴なはしょりな気もするんだけど。
あと、単にその人のストーリーを立ててるわけじゃなくそこに周囲との調和を見てるってのが河合先生独特のところで、そこが私は私の言葉で言えない、言えるほど噛み砕いて理解していない……。ユング心理学では「円」が重要じゃないですか? よくわかんないけど! そういう「円」で成り立つ世界を反映しつつ描く(物語を)ってのが。ポイントなんだと思う。



以下個人的で長い話なので折り
by refri5erat0r | 2014-02-23 23:32 | 読んだものの感想
呑気に映画の感想を書いてしまいましたが、
山梨長野秩父あたりの豪雪が大変みたいですね……。
お見舞いもうしあげます……

雪国の人間は「雪ごときで……」とせせらわらっているだろう的な
ネットの書き込みも目にしましたが、そんなことないですよ!
逆に、自分らの自治体の装備? であれがないこれもないで
いきなり1メートル雪が積もったら……と想像すると真っ青になる。。。



雪国以外の人は知らないであろう雪国の装備

1)除雪車(通称「ブル」)
私道以外すべての道を1日1回もしくは2回除雪してくれます。
朝4時から5時にかならず来ます。降雪量が多ければ午後も来ます。

2)流雪溝(通称「せげ」)
各家の前を必ず水路が通っています。鉄の蓋がついていて、開けて中に雪を捨てます。
たまにキャパオーバーで洪水になったりしますが、基本これがあるので雪の捨て場に困りません。

3)灯油タンク
灯油は大量に使われるので、各家にタンクがついていて、
一番使う時期でも1ヶ月弱の使用にたえる量を入れることができます。
まだ雪深い時期だった311で、
電気と交通が途絶えても即パニックにならなかったのはこのためです(多分)。

4)1年分の米
どれくらい田舎だとそうなるのかわかりませんが、
なぜか収穫期に1年分まとめて米を買うのが普通です。
30キロの袋がカラになると精米しにいきます。精米機が動かないと困るけど。
その他、味噌、りんご、ジャガイモなどはまとめ買いで家に置いてあります。
(付き合う農家さんによって品目が違うのかも)



というこの装備がすべてなかったら普通に雪国人でも太刀打ちできませんからあれ。
特に「2」がないと……
せげねごったばなんじもさいね! 

本当にいったい……どうするんでしょうね??
東京住みの私もちょっと不安です。
これ……本当にただの「豪雪」なんだろうか?
これからだんだん こうなっていくんじゃないだろうか? って。

秋田(県の山間部)は、10年前と今とで、完全に気候が違います。
私たちが4月29日に開催していた運動会が、
今では5月10日を過ぎないと、開催されないんです。
4月ではまだ、グラウンドの雪が融け切らないから……。
実際、ゴールデンウィークのちょい前くらいに帰省しても、
まだ畑には余裕で雪が残ってる状態で「ギャーっ!」となることもしばしば……。
(春の野の散歩を楽しみに帰ったのにっ……!)
とにかく雪が多くなる一方なんです。

だから関東甲信も、もしかしたらこれが悪化&デフォルト化していくのではと……
だったらどうする? どうしよう?
by refri5erat0r | 2014-02-19 22:53 | 日記(ゆる)
こんばんは、豊島ミホです。
これはゆる日記じゃなく通常営業のブログ記事です。

おととい、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」を観にいってきました。ひとりで。
カップル映画でしょ? 女ひとりで行くのきまずいわぁて
先に観た友だちに言ったら、
いやいや全然女ばっかだよ。女子二人連れの子多いよ。
佐藤健のファンが観にきてるんだよ。
って教えてくれたので。じゃあ行こうフフーンみたいな。

映画ひさしぶりすぎて
シネマサンシャイン池袋にいったつもりが
池袋ヒューマックスシネマだったとか
そんな事故もありつつ(誰だってあそこがシネマサンシャインだと思っちゃうじゃん!
いやよく考えたら2館とも行ったことあったけど……)。
ちゃんと上映開始前にたどりつけました。
最終週なのでお客さんもすくなく見ごこちはよかったです。

感想は

・面白かった
・長編まんが原作の映画を原作知らずに観るとこうなんだ……って感じがわかった
・口パク? アテフリ? の話が出てるのに
 どこでやっててどこでやってないのかはっきりせずちょっともったいなかった


とかです。

なんだろう。
アキとリコの恋愛部分は「え、なんでこうなんの?」
「今すげー略したわ。。。」「原作ではこの間に何話も入るんだろうな」
みたいなところあったけど
音楽業界舞台の話として引っぱる部分と、あとは
アキのバンドの裏話を考えるのに頭を使わなきゃいけないとこが。
しっかりつくってあって、面白かったんだと思います。
シンヤだよね! シンヤの設定を観ながら推理するのが面白かった。
プロデューサーの高木? も映画だけだとわからないけど
なんかあるのかもと思った。
まあ映画の中では
「反町さんがポイズンな役してるwwww」っていうのがひたすらうけます

あとは予算が……

とても予算がかかっている映画だ!!

映像作品にとって予算は果てしなく重要な要素だ。と個人的には思います。
予算のなさを他の要素でカバーすることはできるけど、いっぽうで
予算がある映像っていうのはそれだけでだいたい、観てて面白いものだと思います。
面白いっていうかきれい?
特にこの作品は楽曲制作に亀田誠治さんが入っているので、
長いプロモーションビデオだと思って観てるといい感じです。
アキの部屋の作り込みっぷり半端なかったよねwww
あれ初めてみたら、やっぱリコちゃんと一緒の反応になるなあと思った。
あとクリプレ? クリュプレ??? の音楽番組収録シーンが
さすがテレビ局の本職協力!! だけあって鳥肌もんでしたね。
ふだんの音楽番組も、大画面で見ると印象違うかもしれない。と思いました。
うち、実家で見ても32型ですからね……
(私が前の一人暮らしで使ってたものをそのまま置いてきたので、小さい)。

ごめんかなり冷静っぽい感想ですけど。
ほんとはアキ(の恋愛以外の部分)に感情移入して何回もうるうるしてた。
わかるわかるよアキ。こんな世の中じゃ……ぽいずん!
やべえ。はずかしい。ひとりで観てよかった。
そして観てよかったです。私は。
ただアキにナチュラルに感情移入した私はごっつ変人って気もする



ちなみに映画の公式ページにリンクを貼らなかったのは、
例によって予告編がネタバレすぎるからだyo……。
劇場公開はもう今週でほぼ終わりって感じですが、DVDで観る気ある人は
絶対見ちゃダメ! あんな予告編見ちゃだめです!!
サイトで最初に流れる1分半バージョンは、
予告じゃなくてまとめっつーレベルだよ!wwwww
「桐島〜」の時も思ったけど、最近の映画って全部そうなの? 
やめて欲しいよね……。
もう世の中の一切の映画の予告編を見たくないよーーー。
by refri5erat0r | 2014-02-19 19:45 | 雑記
長文めですが、フィギュア男子ショートプログラムの感想です。
本日2回目の「ゆる日記」……フィギュアに興味ない方はどうぞスルーで!



男子ショート観たよ。
プル様の6分間練習のところから見た……。
本田さんの解説から推察するに、もう、現地にいる人は、
滑れないんじゃないかってうすうすわかってた感じでしたね……。
6分間練習だけで痛めたわけじゃあないんだね。。。
そんなにぼろぼろの身体で団体見せてくれてたなんて(´;ω;`)

団体もう一回観る

あとは飛んで羽生から観ました

羽生→確かに今期一番の演技だったように思う。その波をオリンピックに持ってきたメンタル&コンディショニングがすごいな。本田さんの解説もそこを一番評価してるように聞こえた。仙台時代は超天然君だと思っててごめん。
フェルナンデス→うまくなってるー?! と一瞬思ったけど、3位と聞いて期待したほどではなかった。ここから下は点差がないんだね。でも個性的な振りで印象に残る。キャラに合ってる感すごい
チャン→雰囲気変えてきたので「おっ」と思ったけどこのショートはあんまり合ってない感じ。キャラというより滑りの個性に?? もっと機械的なほうがいいような。逆にフリーはど真ん中で攻めてくるかしら……? 
デニス・テン→君の成長ぶりにお姉ちゃん泣くわ(´;ω;`) 身長が伸びた! とまず思ったけど演技も前観た時(3年前かバンクーバー)と別人 ジャンプがアレだから点数出るタイプじゃないのかもしんないけど、好きだよ……! プログラムもとってもよかった。4年後メダル狙っておくれ
ピーター・リーベルス→多分初めて見た。軽やかに見えるけど実はあんまりエッジが深くないという謎な滑り。逆に言うと欠点をカバーしたプログラムに感じる。無難にまとめてる感
大輔→私は大好きなプログラムですが、調子が良くなさそう……! やっぱりケガかな。。。そして点がカラかった感じがした。お願いだからフリーは神様味方して〜〜
町田くん→こちらは逆に11位ってどんな失敗したのかとヒヤヒヤしてたけど、全然いいじゃん感。点差少ないのねー ラストの盛り上がるとこが、もうちょっとスピード感ある振り付けならいいのにとおもた

……素人意見です(キリッ
玄人のみなさまご容赦下さい……(土下座)

今夜の予想とかはしません。
なんか番狂わせの多いオリンピックみたいだから!

実家では一旦寝て最後のほう起きて応援したらしいよ。。。
私も今日それやろうかなとちょっと思ってる……。



ハーフパイプも1回目の滑りは観ました
わたしわたし今井きょうだい時代からハーフパイプ観るの大好きなんだからね!!
高3の夏休みは「クールボーダーズ」に費やしたしね!!(´゜ω゜`)
さっぱり山下り速くならないんで ハーフパイプばっかやってたね!!

でもこんな若手が育ってるなんて知らなかったけど。。。
ショーン・ホワイトは失敗してなければ別次元だったというのはわかった

やっぱり冬季オリンピックはいいなあ 
色んな競技観られてうれしいなあ
アルペンも観たいし
後にとっておいてるけど、フィギュアのアイスダンスも、
NHK杯がすごかったから期待してるー!!
by refri5erat0r | 2014-02-14 23:04 | 日記(ゆる)

16度にはならない(2/14)

東京はまた雪まみれになっています。
そしてうちのエアコンが動かない

うちのエアコン……
外気3度以下の状態が12時間くらい続くと動かなくなるみたいなんす……
溜め息をはきまくり(エアコンて溜め息あるよね)
しまいには「もうらめえ……」って感じで室外機ごと応答しなくなります。
まあエアコンのほかにヒーターもあるんだけど
ヒーターだけではフル稼働させても室温15度程度。。。

8日はそんな事情があり 友だちと約束した時間よりめっちゃ早めに家出たんです
結果、待ち合わせ駅についたあとで約束がだめになり
でも家に帰りたくなくて色々フラフラしたせいで
余計ろくでもないことになったよね(詳細略)

今日は湯たんぽを入れた布団から一切出ないことで対応しようとしてたのですが
そしたら蛍光灯が切れました
あげくプル様が棄権してました



みんな! ほんとに厄年パネエからな!! 本厄はマジパネエからな!!



蛍光灯って、替えを常備しておくものなのかな……?
でも転居して照明が変わったらパーになるよね……
その時はその時で寄付がてら新品に替えて引っ越していけばいーのか……?

別マの新しい号が発売中で告知したいのですがもうHPないので来週でおねがいします
別フレの話であれですが「溺れるナイフ」の最終巻も同日発売ですたね
買ったけど読んでないよ……
これを読んだら俺の青春も終わる気がして読めねーよ……!!!!
by refri5erat0r | 2014-02-14 19:59 | 日記(ゆる)
やっと! フィギュア団体の男子シングルを見たよ!
オリンピック観たすぎて もう実家帰りたいレベルだったのですが
(東京の家はちっちゃいポータブルワンセグテレビがあるだけで、録画ができません)
NHKオンデマンドの「見逃し」コースに加入して、
放映から2週間はいつでも観れるようになりました。ウフフ!
(まあ逆にリアルタイムでは観られないんだけど。
 放送から12時間くらいでアップされるらしい)

そしてフィギュア団体から見たさ。。。
羽生くんもすごかったけど、個人的にはプル様!!!!
最初の4回転跳んだときに、もう「ウボァッッッ!!!」と叫んでしまってました。
もう「キャー」とかじゃない。「ひゃー」とかじゃない。
プル様の異次元感確認してめっちゃ嬉しいーーー
ステップとかもうわけわからないwww なんなのその動きwwww
あーーー プル様ー……
私が テレビに出てる人で「愛称+様」で呼ぶ人なんてプル様だけっすわまじで。
アイドル感で、かっこよくて呼んでるんじゃないです。
畏敬の念で呼んでいます。

個人戦もめっちゃ楽しみです……
て、何? 明日なの? 明日の夜中?! 
もっと後だと思ってたよーーー
by refri5erat0r | 2014-02-12 23:41 | 日記(ゆる)
大雪と大事な書類紛失などによってスケジュールが乱れていました。。。
大雪の1日、私まじですごいことになってた……
山手線の内側をさまよってました。
それを書きたいけどひまがないですわ
タイトルは「厄年が迎えにきた!」だな。決まりだな。って思ってました。
4日が立春だったから。立春以降が本番だから。
33歳本厄の1年のはじまりです。

だ、ダメージが薄れてきたから打ち明けるけど 私 先月
厄払い断られたんですよ……
神社で……

「おめーの厄はしょいきれない!」
っていう話じゃなくて あれです単に持病のせいでお手洗い近い的な関係で。
当日いきなりシチュエーション的に困ったらまずいから予約の時質問してみたんですよ。
私すっごいおなか痛くなりやすいんですけど
いざとなったら途中で抜けたいけど抜けられますか? って。
そしたら「難しいですね……」ってきっぱり言われました。

けっこう。。。色んなとこでこういうの訊いてきて……
(歯医者さんや美容院、フツーの病院などなど)
でも最近では案外、ばっさり断られることってなかったんで
やっぱりショックではありました。。。
でも、厄払いって、儀式だもんね。
やっぱり途中でぶったぎるわけにはいかないもんね。

いやでも短かったら我慢出来るかなとか思って
もうちょっと突っ込んだ質問もしてみたんですけど、だめでした。
「治ってから来れないんですか?」
って言われました。
そそそれは病院の人が「治ってから来れないんですか?」って言ってるのに近い!!(私んなかでは)
って思ったけどつっこめなかった。さすがに。
厄よけのおまもりだけ買って帰りました……

そんなわけで本厄がさっそく全力で俺を迎えにきたんだよ。。。


b0039091_22495862.jpg



こんな絵を描いちゃったけどもっとラブな感じがする。向こうが。
「来ちゃった(後ろからハグ)」くらいな気がする。
まったくときめかないけど。

8日の一発目で もう 何事も受け止めようと思いました……
あんまり動揺しませんでした……
翌朝は室外機まわりの除雪からたんたんとこなしました……
by refri5erat0r | 2014-02-11 22:51 | 日記(ゆる)