雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

仕事が進んだのでまた来ましたよ!
ウェイウェーイ

明日29日の19時〜、文化放送にて!

「あねもねR」の1時間特番やりますー!!

今までのあねもねR特番は、文化放送のインターネットラジオ局
「A&G+」での放送だったけど、今回は1134Hzの文化放送! です!
あれやねタクシーで流れちゃうね!

私は出ませんが、執筆陣から山本文緒さん彩瀬まるさんが出演します!
声優さんサイドはおなじみ、井上喜久子さん+田中敦子さんの大天使コンビに加えて
私の作品のメインキャストをつとめてくれた浅野真澄さんが出演されます〜。
生じゃないのでもう録り終わってまして、
楽しい収録だったみたいですよ。もちろん私も聞きます☆
明日だよ。今日じゃないよ?

例によって、ラジオの受信機なくてもインターネット環境あれば聴けます。
PCならここ(※音出ます)。
スマホならradikoのダウンロードで☆



長くかかってた仕事は、別マの「ペン子インタビュー」でした。
(まだ提出前の調整残ってるんですが……)
ロングなので……2時間、3時間とお話しいただく感じなので。
全部起こすとやぱりかなりの量になってしまうんよね。
起こしてから規定の枚数にまとめています。

全部起こさなくていーのかもしれない……。
1回全部起こすって、もう趣味の領域なのかもしれない……。
お話を聴いて起こすのだと。100枚とかすぐ行くから面白い。
みたいのはあります。
自分で考えた文章を月100枚書くのは大変だけど、
ただ100枚文字に起こすだけだったら面白いみたいなー

仕事としてやっていくなら、そこの手間&時間を
もっと洗練させないといけないんだろうなぁ……。
うーん……。

でも面白いから!(大事なことなので2回言いました)



まんが家さんのお話を聞いていると……
なぜ自分がまんが家になれなかったのかよくわかる。
のみならず、なぜ作家として売れなかったのかもわかってきますwwww
うわあああああーー! ってなってきます……。
なんか今更。あーああいう考え方がだめだったんだなーとか
もっとこんなスタンスでいられれば、長く続けられたのかなーとか
思うことが結構あります。

でもまあその時には「そのスタンス」が絶対出てこなかった、って
いうことも言い切れるんですけど。

もっと周りの人と喋ってたら良かったのかなっていうのは思います。
周りの人っていうか、他の作家さんと。
今、こうやって、私は「異業種」の人間としてまんが家さんにお話うかがって、
それでも「そうなんだー☆☆」って発見いっぱいあるのだから。
同業の人同士だったら、さらに実になることあると思う。
仲間で色々話して実にしてると思います、まんが家さんたちは。

自分は小説書いてた時に、そういうのをしてこなかったのが。

後悔とまではいかないけど。つまづいた原因のひとつかなと思います……。
R18文学賞内での交流はあったけど、それも一番仲良くなったのって
私がやめるかやめないかくらいの時期だったし、
賞の外はほんとに。。。

なんか超〜……閉じてたよ私! 
まあ声かけられなかったっていうのもありますけどね!!
(対談指名され経験ゼロ。。。めっちゃコンプレックスでした)
今だから言いますけど、自分自身が、ぶっちゃけ、
小説が下手な人とは口もききたくないわー! みたいなスタンスだったから
(わぁぁぁお……ですよねマジで。私もわぁぁぁおだよマジで)
逆に声をかけてもらえないことに対しても……
「みんな私が小説下手だから話したくないんだ」
「話すに値しない人間だと思ってるんだ」
みたく思ってた。。。

まっその線が有り得なくもない、否定できるわけじゃないんですけど。
実際めっちゃ同業者に見下されていたのかもしれないけど!!
それでも自分はオープンでいればよかったのかなぁ。って。
今は思います。

あーでも結局自信がないからオープンになれないんだよぉていうのも
すごい思うけど(´;ω;`)
負のスパイラルが……。



今は。インタビュー相手のみなさんが異業種だし、
私の前の仕事のことも知らないから、お話するのにすごい気が楽です。

でもそれゆえ録音聴く度に
「自分はなんて馴れ馴れしい態度で話してるんだ」
って反省しますけど。。。。
うんそんな反省もしてます。最近。
こんな慣れ慣れしいライターいなかったよ。私が話した相手では。
絶対だめ。絶対直したい。ごめんなさい。

高1の夏休み明けくらいに、クラスの女子に、
「ちかしいよね。」
って言われたのがこのごろめっちゃ頭をよぎります。
1学期一緒に過ごしたクラスメイトに「ちかしい」とか言うほうが何様やねん
って気もじゃっかんしますが。
かなり、言われた時も「え、お前俺のことどんだけ見下してんの」的な。
感じありましたが。
でも録音を聴いてると、私のインタビューの欠点は
「ちかしいよね。」
の一言に集約される気がしてくる。
友だちと喋るようなテンションでワーキャーしてる。
きっとそのクラスの子にもさして仲良くないのにいきなりワーキャーしたんだと思う。
はいしました!

どうしたらワーキャーせずに済むんでしょうか?
国谷裕子さんみたいに落ち着いて話したいよ!

しかしこのブログがそもそもいつもワーキャーしているから
他人とか関係なく常時ワーキャーしている可能性が
はいしてます!
by refri5erat0r | 2013-11-28 19:37 | 雑記
こんばんは豊島ミホです。
タイトルが先週の私です。
もう、なんで時間管理なんてしようとしたのか憶えていないわ……
多分こないだの『日記の魔力』を引きずってて
10年同じでやってきた私の日記のスタイルも
抜本的改革をしなければいけない時なのではないか
っていうか1日の使い方? 1日に対する時間のとらえ方が
おかしい、やばい、とかなってそんで時間管理。。。

ポモドーロ法

時間管理法というか、集中して仕事する方法のひとつ。
何か始める時にキッチンタイマーを25分ぶんひねる。
ジリーンてなったらやめて5分休む。
5分経ったらまた25分ひねる。
25分の作業+5分の休憩を「1ポモドーロ」として
4ポモドーロやったら30分の大休憩を取る。

多分これだけではポモドーロ法のすべてではないが
本を読んだわけじゃないのでこの辺しか理解していない。
「ポモドーロ」はイタリア語で「トマト」の意。
イタリア人のキッチンタイマーはトマトの形をしているらしい。
アプリもあるが、多分タイマーはアナログのキッチンタイマーが良い。
(止められない、とにかくぐいっとひねったら始まる、というところに
 見えないポイントがある気がします)
線で囲って説明ぽく書いたけど内容に責任は負いません。
詳しく知りたい方は時間管理 ポモドーロでぐぐってみて下さい。


b0039091_19231273.jpg

こんなタイマーを私は買った。
あと別のスケジューリングの本も買った。
手帳もバーチカルタイプのやつを新たに買い求めた
(ただしリフィルだけだしミニサイズなので140円くらい)。
作業を記録するために 4色ボールペンも買った。

かちかちかち……(←タイマー音)

しかし気付くと昼からベッドの上でうずくまって
石川啄木の歌をぐぐりまくって読んでニヨニヨしていた


よ!!!


ちなみにニヨニヨしているのは共感とかじゃなくて
「私はダメ人間だがこいつよりはまし」という
最低な感情によってですからお間違いなきよう。



なんでそうなったか書く気も起こらない……
1週間長かった……長かったよ。。。うええ。。。
昼寝するから1年が長いのかな? みたくこないだ書いたけど
昼寝しなかったらもっと長かったよ。。。うえええええ。。。

しかもそんなことをしているうちにどんどん体調が悪くなり
生理が止まらなくて婦人科に行ったり(異常はなかった)
めばちこになって「あねもねR」の収録をドタキャンしてしまったり。
していました。(ごめんなさいまじごめんなさい……)


あっタイマーが鳴った……!

(5分経った)

そんでなんだっけ、あんとな、
時間管理でキリキリしている間は

「このブログも! こんなふうにしている場合ではない!」
「『雑記帖としま』なんてタイトルのうちは ライターとしてやっていけない!」
「自ら価値を提供するのだ! Twitterをやりたくないなら
 ブログのアイデンティファイを進めるしかない!」
「話を聞く仕事がしたい〜☆ とかほんわか書いてるだけでは何も始まらない!
 できることからやるしかない!」
「はてなブログでまんが評書いて記事ごとに大仰なタイトルをつけて
 ホットエントリ大フィーバーおこしてやるわ!!」


という考えになっていた。

まあ、多分それも正しいちゃ正しいと思いますけどね。
雑記書いていてもまったく仕事に結びつかないし、
名前ぐぐってこのタイトルのブログが一番に出てくるようでは、
何が得意分野なのかわからないし。

でもそういう考え方で週の半分過ごしたら病んだのでもういいですは。。。
焦りすぎだったんだよ。きっと。
(自分に言い聞かせてる)
(でもタイマーは止めない)

なんで私たちは 他人がしているくらいの苦労を しなければならないとか
ひとつでもおおくの価値を 世間に提供しなければならないとか
思ってしまうのでしょうね?
それをして楽しい人がやってるのはもちろん何の問題もないけど
私みたいに それやって全然別に楽しくなくても
「しなければならない!!」とかたまに思っちゃったりするのはなぜなのだろう?
上野公園のカモみたいに 池に浮いているだけでもいいのにね。
いいっつーか悪いっつーか、私は浮いていてぇ……
本心ではもう一生浮いていてぇ……

あーんあとは幻冬舍plusから連想した
定額制の音楽サービス「Music Unlimited」(byソニー)
を試していたのですよ。雑記を書かないでいる間に。
その感想を書こうかと思ったけど……書いたらんわ!
別にサービスがだめっていうわけじゃないですけど。
好きになったわけでもないから。
「感想を書こう」と思った時は何か下心が。あったんじゃない
世間の役に立てば見返りがある的な……。

もう自分でそういうのに疲れたんだ1週間で。
今流行りの「情報のハブになる」みたいなやつに。
ハブだぜ! HUB!
みんなよく考えてみろよ!
そんなものになりたいかどうか!
そんな四角いやつより上野公園のカモのほうがいいだろう!


とか言ってる私はメンタル紙ですよねほんと
啄木レベルの甘ちゃんですよねほんと
現代を生き抜けないし明治も生き抜けないっ!

最後に『一握の砂』から一首引いて終わります

高きより飛びおりるごとき心もて
この一生を
終るすべなきか

ネット上に広く流布しているこの歌の解釈は間違ってると思うんだ……
要するにイヤッホホオオオォォォウウウ!!!! って言ってるうち
人生おわんねーかなってことだと 
そういう一瞬が引きのばされて何十年とかになんねーかなっていう
そういう歌だと私は思ったんだ。
しかも重力によって動くエネルギーをまかないたい怠け者の歌だよ。
by refri5erat0r | 2013-11-18 19:49 | 雑記
こんばんは。豊島ミホです。
珍しく別マじゃない宣伝だよー!

幻冬舍さんの新しいウェブサイト
「幻冬舍plus」が本日始動しています。

今まで、Web上の「ウェブマガジン幻冬舍」と
書店配布のPR誌「星星峡」で
連載されていたコンテンツをそのまま引っ越しているので
とにかくすでに記事数が豊富! そして内容も充実しています(キリッ
(ぜんぜん自分の手柄じゃないのにキリッ

個人的いちおしは会田誠さんの連載エッセイ

濃かれ薄かれ、みんな生えてんだよなぁ……

です。
私と会田さん。をつなぐ線が薄すぎて
(実は7月の記事で触れていたりもする、という程度)、
なんかもう私が宣伝してももにょもにょ
みたいな感じはあるのですが、敢えて。ここでもオススメさせていただきます。
現代美術って何。くらいの人が読んでも絶対面白い!
エッセイとしてとにかくめっちゃ面白い! 

なぜアート畑の人って文章もイケる人が多いんだろう。ってある意味泣けてきます。
展覧会のたびにコンセプトシート?? みたいなんを書かされて
本当に人に伝えるための文章が上手くなっていくのかもしれない。
雑記を書けば自己満ばかりの私の文章とはかけ離れていて
読むたびに身が縮みます。
嘘ですそんな反省してる暇もなく面白いです。
なんだろう頭がよくて、なおかつ広く読書した人の文章なんですよね。
文章の中に思考の飛躍があって、それについていけたとき面白いです。

雑文好きの方にはとにかくご一読オススメしたいです。
べつに会員登録とかしなくても読めるので。たぶん。私まだしてないので。

連載の前のほうは本にまとまっていますよ!

カリコリせんとや生まれけむ (幻冬舎文庫)

会田 誠 / 幻冬舎


(書影が出るので紙の本はりましたが、電子もあります)



そして「幻冬舍plus」の「読み物」以外のもう一つの機能が、
「電子書店」です。

しかし電子書店ももう多すぎるよね。
正直、活字系の本って ラノベ以外はレーベル分けされてないに等しいんで
(ひとりの作家の作品がひとつの出版社で揃わない……)
直営店もよっぽどの特徴がなければ 読者的には旨味がない。

んですが、「幻冬舍plus」はひとつ仕掛けてきてました。
なんと、ブラウザで読める。。。
プラグインすらなしに読める!
(まー新しいサイトのお決まりで、OSはある程度新しいものを要求されますが)
これはとりあえず著者的には十分旨味ある話です!
なぜって「とりあえず試し読み」のリンクにはもってこいですから。

先月から各電子書店で無料配布している アンソロ以外未収録短編

「銀縁眼鏡と鳥の涙」

読んでいただけましたでしょうか?(´・ω・`)
まだ読んでいない方は 試し読みだけでもぜひ!
できれば今行ってきて! 今ぁぁ……
(どこの書店にせよ、無料とはいえダウンロードには会員登録が必要で、
 幻冬舍plusも例外ではないのですが。試し読み部分は非会員でもイケます。
 「立ち読み」をクリック!)

この無料短編のほか、現時点で5作品売ってもらってますので
(5作品のうちわけは過去記事参照
何もインストールしなくていいなら 電子書籍を試してみたい。っていう方はぜひ。



っていうここまでは著者的な旨味の話です。
読者サイドでの旨味は……
む〜ん ちょっとまだ判断しかねるかな? っていう感じですね。率直なところ。
直営店なのに Kindleより価格が安くないことにはがっかりしましたwwww
なんでやねん!! って思いましたwwww

あと、ブラウザで読むものなので、必然的に
常時オンラインの環境が前提になっています。
オフラインになった瞬間に読めない。
っていうところで読者を選んでいるのは確かですね。

でもたぶん……たぶんですけどこれは
定額制を視野に入れてきてるのかな?? とちょっと……
ちょっっっっとだけさっき思いました!
別に私は内部の人間じゃないんで。何も聞いてないですけど。
「クラウド型ウェブサービス」ってうたっているから……

ぶっちゃけ最初 これ「クラウド型」っていうのかどうか よくわかりませんでした。
私の中では いろんなデバイスで取り出すために ウェブ上で情報を預かってくれることが
「クラウド型」だったので。
ただ単にオンラインじゃないとおりてこないやつを「クラウド型」っては言わないと思った。

でも最近 音楽業界では「クラウド型〜」みたいなこといってるよね!?!
月額聴き放題! ってプランをそう呼んでますよね?
あれもおなじなの? 要するにオンラインじゃないとおりてこないの??
(なんとわかっていません。まじめにしらべたことがありません)
だから「聴き放題」が可能なの?!

ってことを考えると 幻冬舍plusの、この
現時点であんまりお得じゃない(失礼)価格も
やがては〜…… ってことになるのかしら。
そうなると……印税の配分はどうなってくるのかしら!!??(ざわざわ)



ちょっと先走ってしまった感ありますが
そんな感じで何やら新展開のにおいがする「幻冬舍plus」でありました。
ちなみに今のところは(電子書籍の形じゃない、連載の)読み物は無料です。
会員登録しても無料です。安心してご登録くだしあ……

ちなみにみなさん、「電子書籍が読み放題」に月額いくらだったら出せますか?
私だったら、正直980円上限ですね。
1000円にのると家計を圧迫してる感がすごい……。
そして電子書籍費で月1000円絶対に持っていかれるっていうのは
読み放題と引き換えにしても高いように感じます。
ひとつの版元の本しか読めないということを考えると 
700円……くらいだったら理想的かなー! と思います。
あんまり考えず契約するには、500円切って欲しいwwww
by refri5erat0r | 2013-11-12 20:52 | 雑記

2013年長くね?(11/5)

こんばんは豊島ミホです……。
タイトル通りの雑記です……。

記事も長いよ
by refri5erat0r | 2013-11-05 21:54 | 雑記

祝☆日本一(11/3)

楽天日本一おめでとうございまーー!!!
観てますよ!

日本シリーズやってるのすら知らなかったけど笑
実家から電話来たので最後は観てました。
すごいね!! 東北に野球チームがあることすら子どもの頃は
想像出来なかったのに!
おめでたい&監督選手のみなさんありがとうだね!!

シーズン最初から観ていたかった。。。( ´ ∀ ` )
by refri5erat0r | 2013-11-03 22:03 | 雑記

お知らせ×2(11/1)

文芸あねもね公式ブログに、
山本文緒先生の新刊『なぎさ』のレビューを書かせていただきました!
なぎさ……!

あっちのブログに すべてを書き尽くしてきたので
(字数制限ないからって調子にのりすぎた)
ここでは詳述遠慮しときます……

いや思いっきりネタバレトークとかはしたいですけどね。
読後、読んだ人同士でネタバレトークしまくりたいタイプの小説ですよ。
リアルだからかな? どの人物が好きとか嫌いとか喋りたくなる!

私は出てきたときからモリがありえない、きらい。
冬乃が「いい人かも……?」みたく思ってるところでも
「絶対ないからこいつ超〜〜悪人だから!!」って思いながら読んでました。
自分の一番冷徹な部分をそのまま映してるように感じるからきらいなんだろうな。
モリの台詞だけ、裏の意図が読めすぎちゃうんですよ!
(あれ? これ自分が悪人だってカムアウトしてる?)
ああいう考え方になった背景も想像してしまう。きっと裏設定があるはず(笑)
逆に読んでる間どんどん好きになっていくいっぽうなのが佐々井!
こっちは全然自分と違うからですねー。私にないものをすべて持ってる系www
(たとえば忍耐力とかです。。。)
最後のほうはもう、結婚して……! ってなります。
でも冬乃コミでの佐々井なんだよねきっとね。私と結婚したらもう佐々井じゃない。

本当に大作でしたよー
オススメというか大作という感じなんです、『なぎさ』。
売り上げ部数7ケタのポテンシャルあるって思う! わたしはね!
レビューも書き終わったし、3倍にしてひとに配りたいです。
3倍にはせんけどww 3人くらい押し付けても贈りたい相手がいるっていうことです。



全然関係ないけど 中学の時
子どもが生まれたら「なぎさ」って名前つけたい! って思ってました。
男でも女でもなぎさ。
なぜならスピッツの曲名にあるのでなぎさ(他にはあんまり使えそうな曲名がない)。

「なぎさ」って 海を指してるか 陸を指してるか よくわからない言葉で
そのあいまいさがいいと思った……
みたくマサムネさんが喋ってたような気もするしそれは自分の創作のような気もするw
今となってはわかりません。
しかし良い名前じゃないですか。なぎさ。



話は変わって、「文芸あねもね」のチャリティー朗読企画
「文芸あねもねR」、地道に進んでおります。
拙作「真智の火のゆくえ」で時間&お手数をいただいてますが(;▽;)
すすんでいるんです!

2回目収録には体調不良で参加できませんでしたが、
先日、3回目の収録をまた見せていただきました。
高間恭子役・中原麻衣さんの収録でした。
やっぱり現場即応力にびっくり……
あと私の1コ上であるはずの中原さんのドールフェイスにもびっくりwww
フランス人形みたいだったよぉー!!
笑い声が特にキュートな高間さんに仕上がってますので、どうぞお楽しみに☆
(まだ収録残っているんですが……!!)

Rのブログにはそのうち写真が上がると思いますのでよかったら。
中原さんとのツーショットを見て、おもわずこぼれてしまった感想が
「なんか私……政治家みたい」でした。
政治家みたい。



あ〜んもっと雑談いっぱいあるさ。
この間の「ジェネレーション天国」別マ&マーガレット特集観たさ!
年齢的には「キウイ世代」のはずが、ついていける話題的には
完全に「マンゴー世代」でごめんなさいだったさ!

あの番組初めて見たので、バナナとキウイとマンゴーっていう
世代名の由来がわからず最初戸惑いましたが
(店頭での熟れてる度ではマンゴー>キウイでは? とかおもっちゃった……)、
そのフルーツが普及して、好んで食べた世代、を指してるんですね。きっと。
確かに、給食にキウイよく出ていました〜
食べづらくて全然好きじゃなかったんだけど! 
スプーンで可食部分を掘り出すんだっけ (;´Д` )?
給食以外で食べたことないかもしれません。
by refri5erat0r | 2013-11-01 14:21 | 雑記