雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんばんは、豊島ミホです。
この度、幻冬舍さんで出版した本を、一挙電子化していただきました〜!!

※参考※リンク先は紙の本のデータです

檸檬のころ (幻冬舎文庫)

豊島 ミホ / 幻冬舎


底辺女子高生 (幻冬舎文庫)

豊島 ミホ / 幻冬舎


ぽろぽろドール (幻冬舎文庫)

豊島 ミホ / 幻冬舎


陽の子雨の子 (幻冬舎文庫)

豊島 ミホ / 幻冬舎


リテイク・シックスティーン (幻冬舎文庫)

豊島 ミホ / 幻冬舎



以上5作品が、あちこちの電子書店さんで買えるようになっています☆
ちょっと……もう全書店が取引先様ですから……
「たとえばこの書店で」と言うのはやめましょうか(笑)

大手電子書店さんではだいたい配信していただいているはずなので、
お好きな書店さんで「豊島ミホ」を検索してみて下さい!



……って実は、今月上旬くらいからもう売っていただいていたんですけどね。
オマケを準備していたので、発表を今日まで待ったのです。

オマケ、それは……



無料〜配信短篇〜〜〜〜!!!!



といってももちろん新作短編ではなく、
アンソロジーに書いて、今まで私単独名義の単行本には
収録されていなかったという短編です。
(こういうのが結構ある……集めると1冊分になるくらいあるんです)

幻冬舍さんのアンソロジー『恋のかけら』に書かせていただいた
「銀縁眼鏡と鳥の涙」
アンソロのまま、文庫化もされているのですが
電子化の予定はないとのことでしたので、これを機に……

※参考※ 元アンソロの紙バージョン

恋のかけら (幻冬舎文庫)

唯川 恵 / 幻冬舎



最初は私個人でやっている「売り切りプロジェクト」のほうに
いただこうとしたんですよ。
でも、ePubつくれなくなったままだからいつになるかわかんないしー
しかもなんか売れなすぎるからまたもう無料にしようかなーと思ってるんですけどー
と担当さんに相談したら、
「じゃ、うちで作りましょうか?」と言っていただけて(!)。
そこから超〜さくさくで作業していただいて!
電書化された5冊のプロモーション的な作品として
無料リリースすることができました☆

これは期限付きでなくて、ずっと無料です。
(書店さんによってはシステム上「無料本」を置けないところもあり、
 99円とかの安価で販売しているお店もあるそうです。そこはご了承ください)
いつでも読みにきてね!

「銀縁眼鏡と鳥の涙」は、私の中ではMAX気に入っているほうの短編で
もうどうにかしてこれを色んな方に読んでいただきたい。と思っていました。
(無料だから、読んでいただいたって一銭の得もないんだけど……)
なおかつ、自分で言うのもアレですが
内容がわりと「豊島ミホベーシック」的な……
地方の高校が舞台、くくりが「青春小説」、っていうやつなので。
入り口にはベストの短編だと思ってます!!(キリッ)

ま、主人公が男子なんですけどね。
そしてちょっとリア充めなので覚悟してね?(男子は)

そうそう、文化系の部活が舞台で……
大会期間以外の、のんびりした文化部の雰囲気も
この作品に落としこんでいます。
そして憧れの先輩カップルがいるっていう……w(ここは部活じゃない活動からw)
「私の実体験☆高校時代」のうち、他の小説に入ってない部分が
ぎゅっと凝縮されてる小説だと思います!

あ、大変なことを言い忘れてましたが
「銀縁眼鏡〜」の配信、外資系(?)ではもう始まってますが
国内電子書店さんはもうちょっと遅くなるみたいです!

来週末くらいまでには並ぶとのことでしたが……
国内電子書店さんユーザーのみなさまは、もうすこしだけお待ち下さい!

読んでいただけたら本当に嬉しいです☆
みなさま、よろしくお願いいたします。
突貫工事だったので表紙イラスト&デザインが私の素人仕事ですが
ご了承下さい……!!
(読みたいけど、そしてiPhone持ちだけど
 まじで電子書籍まわり触ったことない、という初心者さんのために
 解説記事をそっとつくりました。そっけなく解説だけですが、画像入りです。
 こちら

そして有料の5冊も、よろしければ……。
(いつもポケットに『底辺女子高生』……入れてみないかい?!)
5冊の簡単な紹介もアップしたいな〜。

よーし書く! この後書く!
できたらこの下にアップします。
by refri5erat0r | 2013-10-25 20:40 | 告知
(※上の記事と更新順逆転してます。)
というわけで、電子書籍として新しくリリースしてもらった
幻冬舍文庫作品を 改めて紹介します!

『檸檬のころ』(単行本05年)
地方の高校が舞台の連作短編小説。
不良でも病んでもない普通の地味な高校生の小説が書きたくて書きました。
結局一番たくさんの人に読んでいただいたのはこの本なのかな。
文章も話もくせが少なく、ポテトチップスでいうところの「うすしお」です。
賃貸物件を借りる際、大家さんに渡す鉄板本はこれか『夜の朝顔』でした。

『底辺女子高生』(いきなり文庫06年)
『檸檬のころ』にはほとんど込めなかった自分の高校時代のダークサイドを
いきなり全暴露したエッセイ本。自筆イラストつき。
タイトル通り、クラスで挨拶できる女子が4人しかいない&
男子と口がきけない「底辺」ポジションだった私の日常が綴られています。
暗くて思考がクドいので、合わない人は合わない。
暗くて思考がクドくていま底辺で泣いてる高校生のみなさまに読んでいただきたい本。
ちなみにいきなり文庫にしたのはすぐにでも若い人に買って欲しかったから、でした。

『ぽろぽろドール』(単行本07年)
恋愛の極北、人形愛をテーマにした連作短編集。
人形愛でしかもエロありなので、軽い気持ちで読むと後悔するかも……。
ただ、人形を「動かないもの」としてとらえているわけじゃなく
「もし人間だったら自分では手の届かない美しい人」としてとらえてるので
美醜や人間関係ヒエラルキーと噛んだ話になってます。
完全に人形愛者しか読めないっていう話ではないはず?

『陽の子雨の子』(単行本06年)
こっちは私の著作の極北……www
たぶんきっとモラトリアム小説なのですが
それに犯罪的なエロ要素がもりっと足してあって
ポテトチップスのコンソメパンチきなこ黒蜜がけ
みたいな大変なことになっています。
自分で書いておいてなんですが、チャレンジャーにしかすすめない。
このような本を文庫化して下さった幻冬舍さんには頭が上がりません。
好き勝手やっただけに個人的に偏愛はしています……

『リテイク・シックスティーン』(単行本09年)
先日「青春アドベンチャー」にしてもらった長編小説です!
男女4人組がまばゆい青春を満喫☆
でもそのうちひとりは「青春をやり直すために未来からやってきた」と
のたまう怪しい人物である。というちょっとこわい小説です。
青春なんて俺には関係ねえ、みたく思う方にむしろ読んで欲しい
(読んでいただける仕掛けが多分ある)青春小説かな。
エロなしなので清純派の方も安心して読める!

というわけで、一般的な「オススメ度」では
『檸檬のころ』『リテイク・シックスティーン』がツートップで、
ふつうのしっとりした話がお好みなら「檸檬〜」、
ちょっとかわった筋が読みたければ「リテイク〜」でしょうか。

私の偏愛度では逆に『ぽろぽろドール』と『陽の子雨の子』が
ツートップっていうことになります。
でも、「陽の子〜」はKindleでひさびさの再読して
我ながらちょっと……アレだったけどね。うん。感想長くなるから割愛。

『底辺女子高生』は、エッセイなので別枠!



他にも実は、電子書籍が存在しているのは
新潮社さんの『青空チェリー』『日傘のお兄さん』です。
すごーい昔(「電子書籍」がガラケーで読むものだった時代)に
契約したんだけど、Kindleにもなってました。
よかったです。

ちなみに今回の「一挙電子化」は、ただ単に
いままで保留にしてた電子化契約にハンコをついた
という内幕があるだけなのでした。

私が単行本出してたのは09年まででして、
電子書籍ってその頃はすごい微妙な存在……。
印税15%が妥当なのかどうなのかよくわからなかったので
申し訳ありませんけどって。ハンコはつきませんでした。
でも、もう15%が固定化してきたから、
そして本格的にリアル書店から自分の本が消えつつあるのに気付いたのでw
この先も読んでもらいたかったらもー電子化するしかないべ! みたいな感じで
幻冬舍さん分は リリースしていただけました。
今更! もうメディア化も新作もない私の本を今更!
「今更だけどいいですか〜(ぬぼー)」という申し出に
二つ返事でOK下さり、サクサクっとすすめて下さった
幻冬舍のみなさまに感謝します!

他も……文庫になったやつは
電子化してもいいんだけど……
なんかあつかましくって、幻冬舍さん以外には言い出せずにいます。。。
でも、まあ、あきらめどころも肝心ですよね……。
by refri5erat0r | 2013-10-25 19:47 | 告知
原稿待ちなう……
PCの前にいるついでに、昨日の記事の続きを書いてみます。
超絶雑談なので折りますね。

続きはこちら
by refri5erat0r | 2013-10-21 16:40 | 雑記

私の日記作法(10/20)

こんにちは豊島ミホです。
珍しくエラそうなタイトル! でもたまには外部のお客さんが来てくれるよーに☆
目立つ記事タイトルにしてみました。
ただの雑談なんだけどね。



東京に来てからつけはじめた日記帳が、埋まろうとしています。
なんだかんだで高2からずっとつけ続けている日記
(登場人物全員仮名&三人称の「初恋日記」@中学時代を除くと)。
何冊目かマジでわかりませんが、実はほぼ同じスタイルで続けている……
というか、維持とようとしていたわけじゃないけど変わらなかった点が
いくつかあります。
それを書き出してみようと思います。

1)1冊ごとにタイトルをつける

いきなりびっくりポイントだと思うのですが。。。
日記帳を新しくしたら、まずタイトルをつけます!
これから書いていく日記なのに、どうやってタイトルを考えるの?!
って感じですが……希望2割+直感6割(残り2割は迷い)でつけてしまうのです!

どんな……? って
それはやっぱり、恥ずかしくて言えないよお……!!
とりあえず高校生の時は厨二感120%のタイトルをつけていましたw なんか暗いやつww
タイトル通りの暗い日々に懲りて、高校出た後は暗くないタイトルにするようになった。多分。

なぜタイトルをつけるか?
は、実は自分でもよくわかっていませんw
最初につけてたから今もつけている……のかなあ?
でも、いきなり1ページ目から内容が始まるのって、
なんか許せない、というのもあるかもしれません。
一体この本はなんなのか? 題がついていないといやなのかも!
「これは本だ」という意識が高いのかもね!

あとは後世の研究者が何らかの理由で私の日記をひもとく際に
タイトルがついていると、研究魂に火がつく。萌える

2)同じ冊子を二度とは使わない

これも人によっては「えええ?!」ということかもしれません。。。
同じノートは使いません、すべて一期一会のノート!
300円ショップの、型が同じだけど表紙が違う日記帳とか
大学のときはハマって使っていました。ハードカバーながら重厚感ゼロのやつw
あとは、職業柄入手できる束見本を使った時もあります。
(これは罫線がないし書き込み前提じゃないからさすがに使いづらかったけど。)

違う印象のノートを選ぶことで、記憶と日付が結びつきやすくなります。
日付、てのは言い過ぎだけど、日記の中身、ふんいき、○年頃、というのが
連なって思い出されるので、参照したい情報がある時に、
「どれだっけ?」って迷わずに済みます。

3)思ったことだけ書く

私は他に、日々の記録として「家計簿」「仕事の手帳」を持っているので、
ある日に何をしたか、ということは そちらを見ればじゅうぶんわかります。
なので日記帳の役割は、備忘録ではありません。
思考の吐露! 吐露! 吐露……!
あの件がこうなったので今こうなり……みたいな説明はしません。

4)書きたい日だけ、書きたい量を書く

3から必然的に導き出されることですが、吐露したくない日は日記を書きません。
最近はあまり書かなくてよくなったので、今の日記帳は1冊埋めるのに2年以上かかった。
でも高校や予備校時代は1日10ページ書いてる日もざらです!
ラジオ実況なんかもしてた……ネットがなかった時代の、紙の上での孤独な実況……。

5)本当に本当に本当に忘れたいレベルのことは書き残さない

これはなんか、最初から守ってることです〜
他人からひどい言葉を投げつけられたり、泣くほど酷い目にあった時は
その悲しみとか怒りの感情を書き出しても、「あったこと」自体を絶対書きません。
誰に何をされたのか、残さない。だって忘れたいからー!
まあ、そうして一切書き残さず15年経っても忘れてなくて許せないこともあれば、
逆に、書かないでおいたから忘れられた☆ 読み返しても何あったかわかんない☆
ってこともあるし……結果は半々くらいなんですけどね。
でもきっと残さないほうがいいと思います。

6)人生の節目にさしかかったと思ったら、そこで冊子を改める

あんまりそこまでのこともなかったような気はしつつ……
でも「使い残し」がある冊子も2冊くらいあるかな?
そこまでじゃなくても、残した10ページくらいを「おまけページ」にした
冊子は多数ありますね。
「ここで区切りたい!」って思ったらまず日記を区切ってしまう。
ちょっとしたおまじないでもあるし、あとはさっきの、
「後々思い出しやすいように」っていう便宜的な意味もあります。

7)次号予告を書く

これが……私の日記帳の一番の謎ですね! 何故それをやるのかまったく不明なことw
でも1冊目でやっちゃったので、ずっとやってることです……。
日記を1冊締める時に「次号予告コーナー」をつくり、
次の日記で何が起こるのかおおまかに予告しますwww
あまりに展望のない時(わるいいみで)は書いてないけど。
書くとちょっとワクワクするからw 書くのかもしれません。

「予告」なので、自分でありえないと感じることは書かない。
たとえば大学入試を前にした日記帳では、無事合格→東京一人暮らし開始
とは書いてますが、「彼氏はできない」と明言してしまっています……。
そして次の日記では確かに彼氏はできない。

自分で「ありえる」と思うことを書くため、「予告」の実現率はかなりのもの!
調子にのって、ちょっとだけ上向きに書いてた時期もありますww
その時はそれが通るような予感がするんだよね!
でも「今上向きに書いてもダメだな」って感じる時もあります……
そういう時は直感に素直になって、上向きには書かない。



以上が私の日記スタイルです……。
わりと変態的で根拠がありませんね! すんません。

でも1冊1冊ではもっと変態的なやつもあるんです、
学生時代は暇だったから……
巻末に「登場人物紹介」があったり
1日ごとのタイトルを後づけして巻末索引をつけていたり。
1冊目か2冊目の日記帳は、おまけページがあって
「好きな植物」「好きな場所」とかのランキングが書いてあって、
今読むと高校生カワユスwww ってなります。
「人間的に好きな人」ランキングが10数位まで書いてあってwww
なんかそういうのも。後日読むと面白い。

でもここまで整理しているくせに、さっき書いたように、
実は私は日記を何冊書いたか、わからないんですよね〜〜〜〜
タイトルはつけてもナンバーは振っていない!
なんなのそれほんとに!

1冊ずつ、思い出していくとわかると思うけど……
(実物は今の日記以外全部実家にある)

う〜ん、思い出した限りでは、今終わるのが12冊目みたいです。
すごい! 1周だ! 12進法で!
しかもっ……次の日記帳は31歳で13冊目というトリッキーな感じ!

どうしよう……何かスペシャルな感じにしちゃおうかな……☆
すっごいタイトルにしちゃおうかな……!
漢字2文字で『逸脱』とか!(何を逸脱する気か)
でも日記帳自体はもう用意してあって、わりとさわやかなやつだから
『逸脱』はさすがに似合わないかも。



そういえば、1ヶ月前くらいに「素数年齢」について
書こうとして、機会を逸しました。
素数ってわかる? 数学で習うやつだけど忘れた人はwiki見て?
もう詳しくは書く機会なさそうだけど、素数の年齢を
特別に思っている人っているらしいです。

たとえばこんな記事が……

占いでは、素数年齢は新しい物事を取り入れられるポイントなんて説もあるのですが、
それが100歳超えるとバシバシ続くなんて……
なんか、きんさんぎんさん観変わりませんか?!

素数年齢もあと残り3分の1年ほど!
めいっぱい使わないとね!
by refri5erat0r | 2013-10-20 22:43 | 雑記
別マ11月号! 今月は1日早く本日発売です〜。
巻末の読者ページは、今月からリニューアルして
「ベツマカルチャークラブ」という
別マのまんが家さん情報&カルチャー情報を紹介するコーナーになりました☆

私は「クラシックスこんにちは」というコーナーで
別マの過去の名作コミックを紹介させていただきます〜。
今月はいくえみ綾先生
映画の『潔く柔く』も今月末から公開になりますねっ。)

いくえみ先生〜〜〜〜
別マ掲載作という基準があるので、近年の作品が抜けるとはいえ
取り上げる作品選びにめっちゃ悩みました……。
『I LOVE HER』はリアルタイム世代じゃなくて文庫で読んだのに
まるでリアルタイムで読んでいるがごとく感情移入して読んじゃったし
(花&艶香はいまだに「いくえみ女子コンビ」で一番好きかもしれない。。。)
逆に完全リアルタイム&テーマ的にも個人的ストライクゾーンだった
『私がいてもいなくても』だって紹介したかったし……。
『かの人や月』は実家に置いて何回も読み返してる! あれはいいほっこり漫画です……。

とにかく『I LOVE HER』以降すべてのいくえみ作品を読んできたわたくしですので
好きとか特にいいとかそういう基準では選べず……。
「今の別マで紹介したい」という基準で(それすら程度問題&主観なわけですが)、
「プレゼント」と『ハニバニ!』の2作を選ばせていただきました。
「プレゼント」は、登場人物たちの空気読みまくり感が2010年代っぽい……
『ハニバニ!』も教室内カーストが今日っぽくてシビア(笑)ではあるものの
なんだか明るいところがいい。
リアルタイムで読んでない若い読者さんに、ぜひ出会ってもらいたい2作です!



もうひとつ担当させていただいているコーナーが、
(ペン子の)「まんが家さんに会いたい!」です。
まんが家志望の少女ペンギン・ペン子

b0039091_12493881.jpg

が、別マのまんが家さんに会いにいくよ〜!!

……という設定のロングインタビューページでございます……。
「ReReハロ」連載中の南塔子先生をゲストにお迎えしてスタート!

すっごく……面白かったです……南先生のお話と人柄……
『360°マテリアル』は、連載中の誌面でゆるふわゆるふわ言われていたけど
やっぱり本当にゆるっとふわっとしてる人が
描いてるわけじゃないからああいう面白い話になるんですよ!

ってちょっと感想を書いちゃいましたが、
まんが家さんってみなさんある程度「正体不明」感がいいと思うので
ここで一方的に「こんな方でした」とかって書くのは。うん。
だめですね。慎みます。
それに私じゃなくてペン子が! ペン子がインタビューしてるんですよね! うん!

誌面のほうはめいっぱい書かせていただいておりますので、
ぜひ読んでみて下さい!



ちなみに今月の「ReReハロ」はびっくり展開でしたねww
え……あのドラマが……こんなふうに登場しちゃうの……www みたいな。

あと、最近「ハル×キヨ」にどきどきしてます。
峯田くんいい男すぎやろ……。
「ビビッドチェリー」が来月で終わっちゃうのはショックだわ〜
もっと長く読んでいたかった……
綾瀬先生の読み切り集『ディアマイガーディ』
こないだ買って読んだら「すごい好き///」ってなっちゃいました
なんだろう……なんでしょうね……
恋……?
女の子の性格(性質?)がみんなかわいい。こんな子リアルにいたら男など目に入らなくなる!
基本モテたい病の私が「男など……」と書いてる時点で相当ヤバい

ディアマイガーディ (マーガレットコミックス)

綾瀬 羽美 / 集英社



今月の別マの感想ばかりで終わりそうですが、
1ヶ月遅れのウェブ版読者ページも更新されていますよ!
「よりみちお悩みカフェ」、最後のお悩みは「自分が好きになれない」でした。
誌面よりちょっとロングバージョンなので、ぜひご覧下さい〜。
「通学路カレンダー」もこれで最後だよ!
by refri5erat0r | 2013-10-12 12:54 | 告知
こんにちは豊島ミホです。
初めて、名刺を注文しました。
わー!! どきどき!

今までも名刺は持ってたんですが手書きでした。
文房具屋で、名刺大のカードを買ってきて
(別に普通の紙質のやつ。日本全国どこでも中規模の文房具屋には置いてある)に

・名前
・メアド
・ブログURL

を書いたのち、コピックでぺぺっとイラストを入れて完成。
超ラフな名刺でした。
でも手書きというか、手描きならではで、
「1枚ずつ違う絵を入れられる」という特長があったので
自分ではわりと気に入っていました。
個人的には同じ絵をたくさん描くほうが苦痛なのでw
いろんな絵を描いて、渡すとき「どれがいいですか」って選んでもらったり。
していましたね〜。
だいたいお花とか果物とか、簡単&無難なモチーフが描いてあるだけなんだけど。
手で描くとその人っぽい何かは入るからね!

でもやっぱりそんなラフな名刺は……作家とか半まんが家とか、
そういう仕事だから許されるもの……じゃないですか……?

だいたい、今までは「名刺を渡さなきゃいけない」っていう機会が
少なかったので、手がきで間にあっていたという面もあったんです。
(10年間で50枚くらいしか渡してないんじゃないかなあ……。
 パーティーで未知の編集さんにご挨拶する時と、
 あと何か超アピールしたい時w しか渡さなかったし、
 それがふつうだと思います、業種的に)

今度からは「ライター」として会った人みんなに名刺を渡さねばならんのだ!
そう出版社のひとたちが、会ったらとりあえず名刺を下さるように!
あのペースで! 渡す! 義務!



と血管切れそうなほど思ったのですぐ名刺を作りたかった、
作りたかったyo〜。

なのでまずは地元の「名刺・ポスターなんでもご相談のります」
って貼り紙出してるラフな店に行こうとしました。
最初は、やっぱり元のスタイルを踏襲して、
「イラストだけコピックで手描き」の部分を残そうと思ったんですよ。
そしたら文字を入れる負担はなくなるし、文字が印刷されてることで
「社会人感」も出るだろうし、文字はモノクロだから安く上がるけど
私がイラスト入れた瞬間にカラー名刺と化す! ってめっちゃお得な感じだし。
だから、コピックのインクがほどよく染みる紙を選んでもらって……
なおかつそれに文字の印刷もきれいにできるか相談しないと……
と思ったので。お店の人に直接相談したかったのだよね。

でも、念のため、行こうとしていた店を検索してみたら
「どう大目にみても最終更新が1999年じゃないと
 許したくないレベルのホームページ」
が出てきてしまったので
やめました。
そんなホームページを放置してる人にデザインに関する相談は
しない。



そこで地元の店はやめて、ちょっと大きい街のお店を
調べようと思ったんだけど、なんかもういやになってしまいました。
多分。作家時代に、池袋のL○FTかどっかで 名刺を作ってみようとして
大きい受付カウンターの どーんっていう雰囲気に気圧されて
しっぽまいて帰ってきた記憶があるからだと思う。

あとあんまり。私は個人印刷とかそういう文化のほうの人間じゃないので。
大学のサークルでチラシつくったり、まんがの同人誌つくったりとかも
1かいもやったことないので。ひるみました。
行くどころか検索する前にひるみました。



ここで、
大きい印刷窓口みたいなとこにひるみながら行くよりだったらもう、
通販にしてしまえ。
と方向転換。
最初はテンプレートで作る簡単名刺にするつもりまんまんだったけど
たまたまふんだ2、3サイトのテンプレートがださださだったので
自分でデータつくって入稿することにしました。
Illustratorは持ってないので、Photoshopで入稿できるとこを探して。

そして作ってみたのがどーん☆


b0039091_121123.jpg


(※メアド&住所はダミーですのでご安心ください)

この面だけです。裏はありません。
解像度を……間違えなければ……1時間強でできたんだけどなっ……(泣)
しかも、私が注文した印刷方式だと、「モノクロ片面」の値段設定がなかった。。。
つまり片面印刷ならフルカラーでも同じ値段だったと後で気付いたってこと(号泣)
しかしそういう私の残念な勉強はいいとして。

この名刺で一番大事な情報はなんだとおもいますか?

こたえは……

私の苗字のふりがなです!!
「とよしま」じゃなくて「としま」なんだ!
と伝える!
それくらいしか。この名刺の役割はありません。



フリーで仕事してる人は 自分の仕事を書こう! 
名刺1枚で上手く見せよう! みたいな。
名刺を工夫する風潮がある……ような気もするんですが、
私がこれからしたい仕事は、完全裏方。
私が私が〜 ってアピる部分は できるかぎり排除しました。
排除しすぎて、電話番号入れるの忘れたけど……(ええええ)
ほんと、仕事相手に対面した時に渡して、
「私は怪しいものじゃござんせん」と示せればOK、
編集さんに連絡先として持ってもらえれば御の字。と思ってます。
そして名前を呼ぶ時に、「うん、とよしまさんじゃなくて
としまさんなんだっけな、うん」と思っていただければ……!!

業界・業種にもよると思うんですけど
文筆業は、大人しめの名刺、多かったです。今までいただいたものは。
ライターさんたちはだいたいモノクロの名刺だったし、
「俺アピり度」も低め……。
名前のほかは、メアド、住所、電話番号にFAX番号が書いてある、
ほとんど出版社の社員さんたちと変わらない名刺でした。
多少デザイン感が増してるかなくらいで。
私もとりあえずは先輩方にならって、大人しめにしましたよ……。
アピってどうなる仕事でもないんだろうなぁ、きっとw

でも代わりに! 左側のアイコンはサブリミナルです!
「人の話を書き起こす系の仕事ください」
と言語を介せずしてうったえているのですwww
「体験レポート系でも評論系でもなく……
 インタビュー系のライター志望なんだよ!」って……
う、うったえられてるかな? うまく……。

ちなみにアイコンはこの素材集からです♪

スタンダード素材集 背景・飾り罫・飾り枠・装飾パーツ

エムディエヌコーポレーション



やっぱりこういう素材集はひとつあると便利です。
プロの手仕事なので、ぺとっと貼り付けるだけで
ちょっと……デザイン感増すよね☆

あともうひとつのサブリミナル(?)は
メアドだけフォントを変えることで目立たせてることかな〜。
連絡先として保管してもらった場合に、
一番「必要」になる情報ってメアドだと思うので。
そこだけぱっと目に入るように、敢えて浮かせてみましたけども
こういうのはプロのデザインではしないことなのかもしれない。

字詰めも時間があったら手をつけたかったけど、
手持ちのPhotoshop Elements でできるかどうか
ざっとぐぐった程度ではわからなかったので放置……。
できるなら、次に作るときはきれいにしたいです。
ミとホの間とかはやっぱ気になるよね!



色々書いちゃったけど、まだ仕上がりを待ってる段階です。
デザインが素人仕事だから……
いざ上がってみたらなんか画面とイメージ違う! とかってことも、
あるのかなあ……あるんだろうなぁ……。

まあその辺は次に改善ということで☆
届くのを楽しみにしてます。

他に今回役立ったTips
井上のきあさんによる「同じデザインで名刺をPhotoshopとIllustratorで作って作業を比較してみる」Tips
これは家のプリンターで名刺を印刷する方法ですが、
位置揃えとか知らなかったので勉強になりました。アザッス!
by refri5erat0r | 2013-10-08 12:11 | 雑記