雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんばんは、豊島ミホです。
みなさん今日はなんの日だかごぞんじですか??
へび年へび月へびの日なんですよ??

へびといえば金運……!(※なんとなくレベルの話)
しかも私は……私はへびの日生まれ!!!!
これは時刻もへびの時をねらって宝くじを買いにいくしか……!

と思っていたんだけどなんか気乗りしなくて
(というかこないだ気が向いた時すでにジャンボを買っちゃってて)
代わりに昨日突然「自分で売ってる電子書籍を縦書きにしようとしてみるか……」
と思いついたので 原稿待ちがてら うりゃーーーとやっちゃうことにしました。

うりゃーとやりました。
(やってできるもんでもないんだけど……
 作業の愚痴とかそ〜ゆ〜のは別記事にします……)。

去年公開済みの3冊のうち2冊を 縦書きにしただけで
新しくつくったわけではないのですが 改めて紹介させて下さい。


「結晶」
b0039091_18454881.jpg

これは単行本『純情エレジー』の書き下ろし分短編です。
単行本は絶版……なんだっけ……? わかんなくなりました……
とにかく自分で気に入っていたので
新潮社様から許可をいただき 電書化しました。

私の小説随一のおしゃれBOY!! が出てくるので好きです。
主人公も(顔の造形はいまいちらしいけど)おしゃれガール設定です。
私がもういつからか生では目にしていない代官山や原宿を
闊歩できるふたりの話です……ちーん☆(鐘)

でも中身はあんまり他の小説の主人公と変わらないので
ああいう結末になります。ええ。
80yenで売っていますが 試し読みもあります。


「グラジオラス」
b0039091_18483568.jpg

こちらは無料公開作品です。
初出が2003年の短編で うわーー10年経ってしまったーー!!
とさっきビビりました。
しかも原型は高校生の時に書いたやつという 
なんなら15年前くらいの話です。

でもやっぱり好きだから 無料公開に選んだよね。
こちらは講談社様から許可頂戴しております。

無料なので中身はぜひ読んでいただきたいですーー!!



本の説明部分にも書きましたが
PCならPDFスマホならePubのファイルを
ダウンロードして読んでいただくというのが基本になります。
(タブレットも今回はePubのほうがいいかも……)

PDFはこんな感じになりました。

b0039091_1849440.jpg

これが2段組になっています。

何回もスクロールしなくても 見やすいように
(1画面で1まとまりの文章を読めるように)気をつけました……。

スマホで開いたePubはこんな感じ。

b0039091_18493185.jpg

今まで……こういう告知をするたびに……
縦書き表示のための有料アプリを紹介してきたけれど……
今はもう iBooksで! 開くだけで! 縦書きになるんだよ!!
時代変わった!!

しかし私の力不足によりどうしても明朝体表示になりませんでした。
なんで……マジなんで……?
もちろんcssでフォント設定してるんだぜ……?
【6/3 解決したので記事の下のほうに追記しました】
その他色々不完全なところがあると思います。。。
Kindleにはファイル不備で出品できないレベルでございます。
すいまてん……。
正直なところ、販売物の現状価格維持のためにはここら辺で
妥協をお願いするしかないってかんじです。。。

まあとにかく縦にした!!
縦にしましたのでよろしくお願いいたします!!!
「横が無理」
と思っていた方はもう一度見にきていただけると嬉しいです。



表紙もついでに変えてしまったんですけれども……
グラジオラスの表紙へんだよね……?
前のほうがいいかも(泣)と思いつつまあ
何回でも変えられる(購入された方も何回でも新しいバージョンをDLできる)
のでアップしてしまいました。

今回は2冊とも、ダウンロードすると表紙が変わる
っていう仕様にしています(上のサムネイルもダウンロード前です)。
電子書籍だけでできるオビがけをしてるという感じですね。
仕組みを知っちゃうとそんなことかw ってレベルのことですけど。



う〜〜〜ん もう 作業の愚痴を書く元気もありません……
理系の作業は……つらすぎる……
電子書籍プロジェクトをずっとやってなかった言い訳をする
余力もありません……
そしてAndroidのデフォアプリでは読み出せないのか
(っていうか、何がデフォアプリなのか)を調べるのもむり!
少なくともKinoppyでは読めると思うのでKinoppyでご利用下さい
っていう感じです、すいません。。。

縦書きにしたことで新たに読んでもらう機会を得られるといいナ!!!

あっ肝心のリンクをはってなかった! アブネッ!
パブーでの私の販売作品一覧です。
パブーってなんだよ?! な方はこちらからどうぞ……
電子書籍のインディーズ書店です。



【以下 6/3追記】
拙作ePubファイル、明朝体にできることがわかりました。

b0039091_10512021.jpg

この通り!

単に、iBooks側のフォント設定を変えたらできました……。
作品側のcssより、iBooksの設定のほうが優先されるのかな? それともやはり私の不手際?

b0039091_105323100.jpg

メニューの「A」が並んでいるところをタップして(まる1)、
出てきたやつから「フォント」をタップすると文字を明朝体に変更出来ます。
よろしくお願いします。
by refri5erat0r | 2013-05-27 18:56 | 売り切りプロジェクト
というわけでひっそり更新で売り切りプロジェクトが
とまっているわけとかお話ししようと思います

とまっている一番の理由は

私がePubのフォーマットの進化についていけなかったこと

ですね……
電子書籍に興味がない一般の方には
知ったこっちゃない! という話でしょうが
去年秋、電子書籍で一番汎用性の高い(=一般の人でもタダで電書が作れる)
フォーマットであるePub(いーぱぶ)が、大きな進化を遂げたのです。
日本語縦書きに対応!
今までは特別なアプリを使わないとできなかった縦書き表示が
だいたいの環境で可能になりました。

それと同時に、なんか中身のチェックが厳しくなったとです。
中身って、文意じゃなくて。構造的な部分で。
多分……目次が必須になったのと……
多分……書誌情報でちゃんと入力しなきゃいけないとこが増えた……
ような気が。。。す。。(もごもご)

とにかく前のバージョンの「EPUB2」ですら
「にゃんとにゃく」理解だった私には
EPUBが3にバージョンアップした瞬間に! 
何もわかんなくなった!
ごめん何がわかってないのかもわかんない!! むり!
……みたいな感じです。
ちょうど高校数学が数1から数2になった時 みたいな。

そして! これ重要ですが
教科書がまだ全然だめなんですよ! はっきりいって!
もともとWeb畑の人がePubのコツをつかむ……くらいのレベルの
教科書はあるよーな気がするんですが
私みたいな「自分でWebサイトをつくれない」レベルの人間が
するする読めてすぐワカル! みたいな本は ないです
まー私の読解力というか マニュアルと向き合う能力が
あんまり高くないというのもあると思いますが……

今! どんんんんな文系人間にもテキストベースのePubが作れるように
指導できる人がいたら
それ教えるだけで報酬500万はカタいでしょうね!(←てきとう)
講座の展開のしようによっては もっと儲けられるんじゃない? 知らないけど!
それくらい ePubを「教える人」は人手不足だと思います……。



二番目の理由は

2012年が思ったよりはるかに忙しかったこと

です。
いやーパブーの読書感想文やったら……今年の仕事終わりじゃないですかね???
みたいな感じだったのが たまたま別マでお仕事いただけて
そんな「めっちゃヒマ」「電書でもやるか」みたいな日は なくなったよね……
もっとずっとヒマというか、自分でやりたいことが他にないような
見積もりだったんですが、大変幸いなことに やりたいことができてしまって
電書は2の次3の次になってしまったのでした。



そして三番目くらいに……

やっぱ数字の問題

が来ますかね。。。
パブーさんには申し訳ないけれど、
売り上げ数が伸びないのはわりと予想の範囲内だったとです。個人的には。
(支払いが簡単じゃないから。専用アプリ通して買えない限りはこんなもんかなって……
 あと私に「課金能力」がないのは
 今までの仕事でじゅうぶん証明されているというかなんというか。。。すんません……)

でも無料作品のDL数・閲覧数の少なさは衝撃でした〜
無料てーか。
パブーさんのトップで宣伝していただけた『読書感想文攻略法』と
自力宣伝の小説&フリペ群とで
ページ閲覧数が かなり開いちゃったのが衝撃だった、と言うべきですかね。
パブーをいつも利用している人は ポテンシャルがどうあれ
バナーをクリックしてみるケースが多かったのでしょうが、
そうじゃない人が 私の公開作品にたどり着く線って すごく少ないんだなと
わかりました……。

やっぱネットとの親和性……
人寄せツールを持っているかどうかって重要なんだ……
と実感しました。
人寄せというか、話題になるパイプというかなんというか。。。
Twitterをやると(少なくとも無料作品については)数字が変わるかも
ってことも、考えました。
Twitterじゃなくても、何かソーシャルメディアをもって
日々話題を発信することに 気を配っていれば 違うのかなって。

でもも〜〜〜〜それって違う職種の人の仕事!
って私は思っちゃうんですよね。
私は広報でもお客様窓口でもない!! って。
そこに気を遣うエネルギーなんか取れない! って。

でも逆に「個人でも広報やお客様窓口を持てる」って
プラスに捉えることのできる人が ネットでうまくやっているんだろうね。
私はどうしてもだめです……。

話がずれましたが、そういう「情報のパイプの拡大」みたいのが
考えられない状況で
アクセス数を伸ばす手だては特に思い浮かばず
そのままになっちゃいました……。

最初は、どんなにアクセス数少なくても
「ジコチュー!」(フリペ)とか楽しいだろうし続けよ! と
いう考えでいたのですが、
忙しくなってくると、難しいですね。



ま〜〜そんなこんなで尻すぼみの我が電子書籍事業でございましたよ……。

うーーーーん……。
どうしようねぇ……。

始めた時はなんか。もうちょっと志みたいのもあったんですけど。
ここ1年の電子書籍業界の推移を見てて、なんか……
つまんないっすもりあがんねっす!(ぐりぐり)みたいのがー
読書端末も出そろって ストアも予想されてた大手は無事全部開店
スマホが多数派になって…… それで

これかよ!

みたいのがーー!!
なんか、目が遠くなってくるよね。

でもさっき、久々に電子書籍(をつくるツール)触ってみて
いやいやタダでフリペ配れるだけでもすごいこと!! って思い直しました。
パブーさんは最近あんまり動きがないようですが、
ほんらいはPDFを無料で配ったりできるとこなんてそんなにないし……。
しかもあんなにかわいいサイトデザインで!
(パブーのいちばん優れた点は、セルフ出版を扱うところにありがちな
 アングラ感やうさんくささが一切感じられないサイトデザインだと思います。
 デザイナーさん神)
昔だったら! 私希望者の住所全部手書きして、
切手を同封してもらったりしないと、フリペを配ることもできないんだよ!!
それを思い出そう>俺

ねーーー だから電書販売サイトを「配布ツール」として
まず 活かせないかな? って考えているところです。

フリペが「ジコチュー!」のままではちょっと難しいな〜。
あれ、ジコチューなんてタイトルだけど、私なりに一生懸命(笑)
役立つ情報を載せたつもりだったのですよ!
あくまで有料電子書籍への客寄せ、みたいな……!

それが結果的に「閲覧数で」有料書籍に及ばないとは思わなかったorz
まったく客寄せになってない……。

もうこうなったら、配布するだけでいいくらいの勝手放題フリペをやったほうが
いいんじゃないだろうか。
逆に。

私、一生一度はアダルトコラムをやりたいと思っていたんですよ(キリッ

いやわかんない。やんないかもしんないです。
ともかく「勝手系無料」な方向はうっすら考えています。
それでお客さんが増えたら 有料のほうの売れ行きも変わるかもしれんし。

有料の電子書籍は……
ちょっとこれからどうするかわかりませんwww
短編をバラ売りでお手軽に安く読みたい! っていう自分の欲求が
超絶ニッチなものだったとわかってきたwwww
もう、この世で他の誰もそんなふうに思っていないのではってレベルwww

なんかねーやっぱ
あまりにも文芸と電子書籍の相性が悪いのがわかってきて
へこたれていますよ。わりと。

いっぽうでポッドキャストとかメルマガとか
わりと前からあった(ネットでいったらレトロなくらいの)
個人発信ツールが最近再び盛り上がってきてるのは感じる。
なんっで書籍はダメなのかなあ?
インタラクティブじゃないからかな。

結論が出ないままもやっと終わります……ごめんなしあ。

なんか電子書籍で楽しいこと したいよね。
小さい頃から折った紙ホチキスで留めて本にして遊んできた、
それをみんなに見てもらえるのが今の世の中なんだ……
by refri5erat0r | 2013-05-27 18:13 | 売り切りプロジェクト
下でグダグダ言ってた同期会。
実は実際に届いた中学の同期会開催通知への私信でした。
私は出ないぜ! っていう。
思い出、ありすぎるからマジ出ないぜ! っていう……。
しかし1年後、もう1度同期会が開かれることになり
(知らなかったんだけど、うちの田舎では厄年の同期会の他、
 厄年に配った厄よけお守りを回収する後厄の同期会もデフォ)
なんとそっちには出る事にしたんです。。。

という2014年の出来事をあえて2013年のここに押し込んだのは、
まあ長文すぎてくどいから。です。
この記事の伏線になっている2014年の記事はこちらですが
あらすじを書くと
「ようやく初恋を超越した人と出会えた。
 その直後に初恋の相手と再会した」です。



まあ再会いうてもばったりじゃなくて、お察しの通り
中学の同期会に出たってことなんですけど。
私はその人が来るとは思ってなかったんですよ。
何が根拠かは諸事情で書けませんけども、
「まあ来ないだろう」という前提で出席を決めてます。

去年さんっざんゴネたのに、何故今年は行く気になったのか……
わかんない。
やっぱりこう、「思い出を超えられる気配」みたいなものが
その時点であったのかもしれない。
恋愛だけじゃなくて、仕事とか……。
まだ全然、成立してるのかしてないのかわかんない仕事ですけど、
定期でインタビューさせてもらえるようになって、
昔自分で設定してた限界を超えたなーって思ったのかもしれない。
(人と直接関わる仕事とか無理。って思ってた。結構、27とかまで)

ともかく同期会のお知らせが来た時になんか、
「あ、今年は行こ!」って思って友達に様子うかがいのメールとかしてw
スケジュールも超絶無理して取って
行ったら……

あらあーーーー!!!!

みたいな。

びっくりしたけど、ドキドキはしなかったと思う……。
とっかかりだけ友達に取り持ってもらって、フツーに喋りました。

長文なので折り
by refri5erat0r | 2013-05-24 23:04 | 雑記

中学20年生(5/23)

こんにちは豊島ミホです……

なんかわからんけど1週間前くらいからむちゃくちゃブルーです
誰か……
オラに元気をわけてくれ……



唐突な話題なんですけど、昨日
「クラスメイトを全員思い出せる間は同窓会に行かないほうがいいのかも!!」
というのを思いついたんですよ。

長いしずっと純粋な雑談ですので折り お時間のある方はどうぞ
by refri5erat0r | 2013-05-23 15:21 | 雑記
(上の記事末尾からのつづき。激烈個人的長文なので折ります
 おひまなかた&脳関係の検索ワードでここに来たかたはどうぞ……)

続き
by refri5erat0r | 2013-05-23 15:14 | 雑記
こんばんは豊島ミホです。
今月も別マ発売になりました!
ここ2、3ヶ月の「君に届け」が……!
コミックス派のかたもいっぱいいらっしゃると思うのでネタバレしませんけど!
ちょっと新展開になってて、
恋の話じゃないのにきゅーっとなりますわ。胸が。
今月はまじ泣きそうだった。

(といいつつぼんわりネタバレ)

将来の夢がさあ!
自分の、普段の願いの積み重ねでできていることが見えた時、
パズルのピースがはまって一枚の絵になったみたいな時って、
ぞわっとくるよね。
あーそうなんだ! こうなりたかったんだ! って思う……。

や、私まだその夢にたどり着いてないけど。
見えつつまだ行けてない……っつかそんな仕事なくね? って感じなんですけど。
今から20年くらい先になんらかの形でやってるといいなくらいのことなんですけど。
方向性として、これなんだあ! っていうのが……
昔願ってたことや、自分が経験してきた小さい、嬉しかったことの積み重ねだと
確信した瞬間が1回あって(1回かよ)(そしてまだ転職する気かよ)、
あれはほんとにぞわぞわきました。

やっぱ、素で願ってることには
「単なる個人の欲求」以上の意味があるんじゃないかなあ……。
言い換えれば どんなおっきいことでも
その人のちっちゃい嬉しいこと、感じ方が
重なってできているんじゃないかな? と思います。



誌面から1ヶ月おくれ、Web版の読者コーナー
「HAPPYEND MANIACS!!」もちょうど将来の夢の話です。
お悩みカフェのお悩み。
声優さんになりたいけど、将来食っていく確信が持てない……というお悩みでした。
咲坂伊緒先生がゲストで一緒にお答え下さってます!
(↑のリンク先は「アオハライド」0話&1話まるごと読み。むねキュンぱねえ……)

咲坂先生の実体験通り、実はあんまり……
「私はこれで食える!」「確実に!」みたいなこと考えて
何かになる人って、いないんじゃないかな〜? と私個人は感じています。。。

そして私の失敗例からわかるように、
「こんなことは将来必要ないのでは」とかやたら先読みして
現在の欲求を無視したり、別にしたくないことを敢えて取ったりすると
かえって後悔する羽目にwwww

私、ほんっとに
「冷静に考えて、将来……」的なことで取った選択は
全部間違ったと思ってます!
(あ、小説家やったことじゃないです。。。それは間違ったと思ってません。
 間違ったのは主に進学系)
まあみんながみんなそうなるってわけじゃないだろーけど
少なくともそれで間違った奴もいる! ということは言いたいw

そういえばね、「MORE」の巻頭のほうにある
蒼井優ちゃんの対談コーナーをいつも楽しみにしているのですよ
(めちゃ優ちゃんファンというわけじゃないんですが、
 ほんとに喋ってる内容が面白いので。いつも面白いよ!)。
昨日、6月号を買ったのですが、今月はゲストがリリー・フランキーさんで、
最後に美術家・大竹伸朗さんのこんな言葉を引いてらっしゃいました。

「先のことを考えるのはバカバカしい。誰もがそうだと思うけど、
 今まで思い通りになったことなんか一度もないのに、
 なぜ思い通りになると思ってるのか」

願うとか、目標を立てることはもちろんいいことだと思いますが
「冷静に考えて……」みたいのは役立たないことも多々ある、って話ですよね。。。
先読みっていうか、自分の今の意志を無視して考えてみる、みたいなことが
やっぱあんまよくないのかもしんない。
私、もう、将来に対して「冷静に」考えてることは1こもありません。



MOREに話がずれちゃったけど、今月の別マでは
安藤ゆきさん『透明人間の恋』
新刊紹介も書かせていただきました。
1ページいただいて結構がっつり書評! って感じになってます。
ロキノンの巻末レビューみたいな勢いでアオリも書いといたwww
「まるごと読み!」では25日コミックス発売に先立って
もう読めるようになってますので、気になった方はぜひぜひ。



また集英社広報記事みたくなってなんか……すんませんwww
他社の宣伝もくっつけよ。。。

吉川トリコさんの文庫新刊『十四歳の周波数』

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)

吉川 トリコ / 実業之日本社


を、1日1話ずつくらいの感じでちびちび読んでます。
すっげーもぞもぞしちゃってなんだか一気に読めないのよ!
私のと180度違う14歳観が詰まったお話なんだけどw
(私→「14歳こそ至高」キリッ
 トリコさん→「14歳あほ愛しい」「あとやっぱ恥ずかしいやめてまじやめて」
 って感じでマジ真逆。多分)
それでもなんか来るものがある……。
自分の14歳と違うんだけど、なんかこれめっちゃ14歳やー! と思います。
ド田舎中学のお話なんで、田舎舞台のリアルな話お好きな方はぜひに☆
上のサムネイルだとよくわかんないけど、表紙すごいかわいいと思う!
絵もデザインも。実物見ていただきたいわー

(余談ですけども私なんてポエムノートまわしてたよ。友だちと3人で。もち14歳で。
 パネーわー
 こういうところ、トリコさんは私の100倍繊細だなと思います)
by refri5erat0r | 2013-05-13 21:05 | 告知
さっき山崎ナオコーラさんのエッセイ(「Webちくま」の連載)を読んでいたのですが、
幸田文が書いた『木』というエッセイがちらっと出てきました。
めちゃ 気になったのでぐぐってみたら、
幸田さんが、色んな巨木に会いにいくエッセイらしいです。
読みたいな。

こういう本こそ 電子書籍化されていればいいのになあと思います。
店頭でガシガシ売れる本じゃないけど、後世の読者で「読みたい!」と思った人間が
確実に買いにくる系の本が。
本屋で注文して1週間待たなくても、大きい街の本屋に出かけなくても、
すぐ読めたらいいのにな〜っと思うんです。
せっかちだから!
最近他にもそういう本あったなあ。なんだっけ……。



木ー
大人になってからすごい好きになりました。
小さい頃も、校庭に植わってる学校のシンボル的な巨木が好きだったりはしたけど
他の、その他大勢的な木はあんまり……でした。
特に秋田にはいっぱいありすぎる杉!(県の木が杉)
植林だから、同じくらいの太さのやつが固まってうわっているし
葉がわさっとしてるから地面暗いし だいたい年中同じ色だし
実や花で楽しませてくれるわけでもないし
なんなの!
くらいに思っていました。
雪が降った直後の、白くなってる姿しか好きじゃありませんでした
(時間が経つと雪が落ちて元の色に戻る……)。

でも、おととし秋の短期上京から帰った時、
急に違うく見えるようになりました。
新幹線の窓から。だだっと並んでるところ見たときに。

カワウィィーーーーー!!!

ってなったよ。

何故でしょうね何故かはわからない!!!

植物や動物がだんだん好きになっていっているので
その一環かとは思うのですが。
まさか杉をかわいく思う日が来るとは……自分でもびっくりです。
同じ太さでだだって並んでる姿は、体育館に整列した中学生みたいです。
(それが管理社会を連想させてヤ! っていう人もやっぱりいると思うけど。。。)
しかもね! 斜面に植わってる杉は確実にこっち(平地)向いてる雰囲気がするんだわ!
線路などから 山を見ると 杉がみんな
キョトーーーンとこちらを見ているように見えるからカワウィイ!
山の、崖崩れの映像とかで
人的被害がなくても
杉がいっぱい倒れていると
「杉が〜〜〜!!!!!」って思います。
あとなんとなく 「人間でいうと○歳」みたいのも 勝手に思うようになりました。
「これ あかちゃん」みたいな。
結構でかい範囲まであかちゃんです(決めつけ)。



まあ杉に限らず、木はいいよね〜〜〜〜
地元じゃなくこっちでも 好きな木いっぱいあります。
巨木に会いにいきたい! のわかります。
最近近所でお気に入りなのはユリノキです。
超でっかくて 昔からあったんだろうな〜って思う……
って書こうとして一応調べたら、ユリノキが日本に渡ったのは明治時代とのこと!
しかも生長が早いとのこと!!
やだ! 思ってるより齢じゃないんだわ!

まあいずれにしろ 木は 人間より長く生きる生き物なので
憧れみたいのがあります。
多分人間より エラいと思います。
木……!



この記事の頭から話ズレちゃったけど
ナオコーラさんの連載エッセイ好きで読んでいます。
公式サイトのほうのエッセイも
更新されないかなって思って 待っているけど1回目のままだ。
でも、公式のトップで「4月のおすすめ」になっている『指先からソーダ』も
すごい面白かったので(読んだのだいぶ昔だけど)、知らない人には見ていただきたいです!
ナオコーラさんのエッセイに 私はほとんど共感しないけどwwww
共感の逆の「ナイワー」的なところを
「けけけっ」と笑いに変えてくれる不思議な力があって
そういうエッセイってひじょーにレアだと思っています。



なんかダラダラ書いちゃった。ごめんなすぇ。
次の更新まできっと間が空きます。
やるべきことから逃避してトモコレプレイ日記を書いたりしなければ。
(ほんとはすっごい書きたい、別ブログつくる勢いで書きたい……。)
by refri5erat0r | 2013-05-06 19:26 | 雑記
こんにちは。豊島です。
タイトル通り、マーガレット&別マ50周年展@丸ビルに行テキマシタよ〜昨日!

主に歴代ヒット作品の原画(含:複製原画)が展示されているんですが
結構なボリュームでございました!
東京に住んでると、大型書店に行った時なんかに
ちょっとした原画の展示に遭遇することはありますが
あれだけの規模、少女まんがの原画だけを見られる機会って
そうそうないんじゃないかな?!
「ベルばら」「アタックNo.1」から始まって
80年代、90年代、それぞれの黄金時代を経由しつつ現在へ……
(現連載はやっぱり多めに展示されてました☆ ウレシイ☆)。
さすが50周年、惜しみなく出してる感ありました!

カラー原稿もいっぱい……☆
モノクロ原稿もきれいですが(線……ほっそ……なんか色々反省……)
カラーはまたひときわ!!
こんなん一生描ける気しねぇわ! って繊細なイラストばかりです!
『ホットロード』の……あの……
あの頃の あの子たちに 会いたい
のさ!(↑本が実家なのでこまかいとこ違ってたらすんません)
現物見ちゃったよぉ! ヒャアアア!!!

そしてそして。。。
今回は原画の他に、50周年サイン色紙も展示されているのでした!
今連載されてる先生方はもちろんですが、ここにも大御所の先生方の作品が!
で、なんとそこのスペースは写真OK☆(原画の展示室のほうはNGですが)
ここでしか見られないレアな色紙が、写メれます!
ネットに……アップしていいのかは訊き忘れたので……
いちおー載せないでおきますけども。。。
まんが家の先生方みなさん、アツいイラスト入りでした。
ほんと、色紙というかカラーページのクォリティ……。

ひとりでいったので淋しくてプリクラは撮ってきませんでしたがww
楽しかったです!

別の色々な事情により、会場に行く直前まで
国会図書館でちょい前の別マのバックナンバーあさりをしていたので、
帰ってからしみじみ思いました。
まんが雑誌ってやっぱり生き物なんだろうなーって。
いろんな時代の中で、いろんな顔があって。
なんだろねーうまくいえないですけども
誰かや組織の力でコントロールし切れない部分があって、
それがまた面白いのかなとか。思ったり。

50周年なので、歴代編集さんの話とか
お聞きする機会もあったら面白いなあと思いました。
でもそんなの、まんが家さんにとっては
「それ言っちゃダメーー!」みたいなことあるだろうから、無理か(笑)
……無理ですかね?

マーガレット&別マの50周年展は
丸ビル7Fで、6日まで開催中です!
(最終日のみ18時まで)
よろしかったらぜひ。

私が行ったのは平日の夜だったので、
現役読者さんという感じのお客さんより
会社帰りの、私と同年代くらいのお客さんが多かったかなぁ。
でもゴールデンウィーク中はまた違った雰囲気でしょうね!

会場の写真じゃなくて何故か東京駅の写真で締めますww
キラーン☆(あんまり夜あの辺に行かないので珍しい)。

b0039091_1527508.jpg

by refri5erat0r | 2013-05-03 15:30 | 雑記