雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんにちは。豊島ミホです。
特に告知はない……。けど出てきてみました。
これから10日ほど出てこられない感じなので。
べ、別に思うさまトモコレに狂うためとかじゃないんだからねっ!

新しい文庫『花が咲く頃いた君と』(双葉文庫)発売中です。
POPつくって展開して下さってるお店もあるそうで、
ありがたいことです……(´;ω;`)
東京では、もう桜は葉っぱになっちゃいましたね。
しかもあおあおとしているね。
これは秋田でいうと5月20日とか30日とかの感じ……
って思っています。

そしてゲーム話に戻るんですが、トモコレ新生活楽しいです……
めっさ楽しいです!!!
家族や友達にそっくりのmiiが動くのを見ながら
「ああ……もうわたしには似顔絵の神がついてるわっっ」とかって陶酔しています。
前作よりパーツ数が多いので、同じ子でも
前より似せられたりして快感倍増です。

新要素も色々あって楽しいよ!
子どもが生まれるっていうのが、公式では一番推しみたいだけど、
任意のメンバーで写真が取れる写真館が私的にはかなり! 嬉しいです。
さっそく家族の集合写真撮ったら、似すぎてもう……!
ここに晒したら身バレするレベル!
うっそーそれはやっぱうそかなー
でも私的には家族ほんまみんな似すぎていてやばいです。

そんな家族ですがお父さんもお母さんももう別の人と付き合っています。
じいちゃんなんて彼女2人目です。
(会えない人は入れないルールを破ってじいちゃんは入れてみました。今回。)
じいちゃんが安定してうちの島のモテ男1位だよ。。。
じいちゃん。。。。

もっとトモコレ話したい。
住人の性格の話とかしたい。
けど時間がないのでまた今度、です。

前作好きだった人には迷わずおすすめしますー
がらっとリニューアル! みたいなところはないけど
かゆいところに手が届くようになり、お楽しみも増えて、
すばらしく理想的な続編だと思います!!

※以下、22日20時半追記

下の下の記事で触れている新古典派フィクションズの超文学フリマ出展について、
公式の情報が出ました〜。
ライブライティングの時以来の、値引き販売もするらしいので
行こうかどうか迷ってるう、という方は向こうのブログをチェックしてみて下さい。
ブログでは今日から何かするらしいので、にゃんとにゃく
くらいの気持ちの方もぜひぜひリンク先のぞいてみてね。

新古典派フィクションズって何っていう方は
うちのブログのこの辺で。
「文芸あねもね」以降1篇しか書いてない小説が載ってます〜。
私よりずっと若い世代が率いる新しい文芸誌、
応援したろうやないかいっていう豪気な方はぜひぜひ!
by refri5erat0r | 2013-04-22 14:10
こんにちは。豊島ミホです。
やっぱ発売日当日は来られませんでしたが〜
双葉文庫から『花が咲く頃いた君と』発売になりました!
前にも告知しましたが、解説は吉川トリコさん!

もう文庫解説をつける機会は何回もないだろうということで、今回
多分小説家の中で一番私の作品を読んでくれて
一番裏の顔も知っているであろう(笑)トリコさんにお願いしました。
そしてバリバリそんな解説を書いていただきました!

 そしてなにより、私が豊島ミホの特徴として一番に推したいのが
 ●●●感だ。

 (解説より引用)

伏字にはまさかの言葉が入ります!!
ここを推してくれるトリコさんはさすがだな……と思いました
(いや最初読んだ時は「そこかよ!?」と思ったけど。
 でもじっくり考えてみると「そーだなー」って思います我ながら)。
伏字の内容を知りたい方はぜひ文庫をお手に取ってみて下さい。
トリコさん、ありがとうございました。



さて今回の文庫ですが、
08年春刊の単行本の文庫化で……
しかも、初出はもっと前!(全部06年の「小説推理」掲載でした。)

自分でも08年刊ってとこから、キャリア後半の作品という印象があったのですが、
ゲラが上がってきて読んでみたら「こ、これは確かに前半や!」って感じでした……。
つまり、あれです。ビシバシ赤入れしてます。
一般的な「文庫化」よりはだいぶ直したんじゃないかなぁ。
でも、エピソードや描写とかを足し引きしているわけではないので
(主にリズムが悪いところを直したり、くどいところを整理したり、
 地味〜〜な修正ばっかりしました)
多分単行本と比べて何が変わったのか、読んでもわからないと思います。
でも読み味アップ! してるといいなぁ。

肝心の内容紹介がまだですね。
「花」をお題にした短篇(中篇?)集で、
春夏秋冬、それぞれ1作品が収録されています。
1作80枚なので、短篇というよりはやっぱり中篇かなぁ……。

春:桜
夏:ひまわり
秋:コスモス
冬:椿

っていうストレートな選花! で、収録順は夏→秋→冬→春。
花がお題とはいえ、中心はふつーに人の話です〜。
友情あり、家族ものあり、片思いあり、エロありw……
スタンダードオブ俺! っていう感じの短篇集です。
いやほんと。
スタンダードオブ世間! じゃなくてごめんなさいだけど。

「桜」がね……。
最初担当さんからお題を出された時
「『花』をテーマにした連作短篇とかどうですかね! 桜……! みたいな!」
と言われて、担当さんの言いたい「桜」のイメージがわかっていたにもかかわらず
(鈴木えみちゃんが出ている、ケツメイシの「さくら」PVみたいな。。。
 いや曲もえみちゃんも好きですよ? 今もiPodに入ってますよ?)
「わかりました。」とか言ってソッコー世間の「桜」イメージを裏切り
自分基準だけで「桜」にふさわしい話を考え始めた……
のが。記憶にあって。

今になると、あーそういうところが……なんか……
子どもぉ……
って感じで(依頼され時の年齢は23)恥ずかしくなったけど、
改めて読み返してみると、
「やっぱ今依頼されてもこれ書くな……」って感じでした。

桜の話=「君と桜と五つの春」の男女(吉谷とカナハギ)、
私、自分の作品の中では正真正銘のベストカップルですわ。
いや、カップルじゃないんだけど。
友情じゃないものでつながっている男女ふたりをカップルと定義するならば。

話ずれますけど、私、恋愛がからむ小説書く時、
「将来別れる」とか「男のほうだけひきずる」とか「案外さっぱり友情に変わる」とか
作中にない遥か先まで決めて書いてます。
最初に決めるわけじゃないけど、書きながらだんだん決まっていくというか。
作中ではやっぱり、大事な恋愛だけど
後になってみると案外たいしたことなかったなっとか
逆に実らなくても離れてもずっと残るなーとか。そういうのも考えちゃう。
吉谷とカナハギは、人生もう交差しなくてもずっと残るほう!
「今、どうしてるのかな」って、心配じゃなくて執着じゃなくて
なんとなくいい感じでいつまでも残るほう。
そういう意味で「ベストカップル」だと思ってます。



なんか「桜」ばっかり語っちゃったけど
4つ全部思い入れある話です。
「ひまわり」は女子中学生の友情もの!
この展開はある種王道。この短篇集唯一の王道(笑)
「コスモス」は、変わり種かな。
世間からはじきものにされた男女が一瞬の交流を持つ的な。
「椿」は2割くらいリアルじいちゃんの思い出でできています。

お手にとっていただけますと幸いです!

ちなみに単行本版のこういう表紙

花が咲く頃いた君と

豊島 ミホ / 双葉社


から、新しくこんな表紙

花が咲く頃いた君と (双葉文庫)

豊島 ミホ / 双葉社


に生まれ変わりました。
前の絵もすごい好きだったのですが、文庫化にあたって
スタイリッシュにしていただいた感じです☆
なんか、手に乗った感じがイイ〜。
赤入れでくどいほど読み返したのに、外装がよくできているので
また開きたくなってしまうくらいイイです(笑)

新しい『花が咲く頃〜』、みなさまどうぞよろしくお願いします!
by refri5erat0r | 2013-04-13 15:18 | 告知
別マ5月号発売日です〜。
「HAPPYEND MANIACS!!」Web版も更新されています〜。
Web版、この月は美森青先生がゲスト→藤村真理先生も飛び入りという
すごい回だったんですよね。
しかもお悩みが「彼氏ができなかったらどうしよう」なので、
同じお悩みの方はぜひWeb版覗いてきて下さい〜!
この回、雑誌掲載の時初めて美森青先生のプロフィール見たんですが
(ゲラチェック時はまだプロフィール欄が埋まっていない)、
「おっきくてかわいい猫ちゃん、写メでもいいから見たかったよおお〜!!」と思いました(笑)

マーガレット&別マは50周年のアニバーサリーイヤー! ということで
ゴールデンウィーク中、丸ビルでイベントあるみたいですね!
(特設ページはこちら
原画展、私も見にいきたいな。

また別な告知ですが、
今度のニコニコ超会議2併催のイベント、
「超文学フリマ」に、新古典派フィクションズが出展します。
開催日は4/28、会場は幕張メッセ、イベントは10時〜17時です。
前回の文学フリマに引き続き、私が去年短篇を寄稿した「A+」も売ってくれるそうです〜。
事情があってネットでは買えないけど欲しい! という方はこの機会にぜひ
(私は今回会場にいきませんのであしからず〜……超会議とかおばちゃんむりぽだよ〜)。
ブログが最近動いてませんが、新古典派フィクションズはせんぷくかつどう中みたいですよ。



はあはあ……
上の文庫告知と一気なのでさすがに疲れましたわ。

もっと! 雑談! したいぃ!
と思ってたのに(そして今日は心置きなく雑談できるお休みなのに)。

あーーーー

トモダチコレクション 新生活(のDLカードを)買っちゃいました。
18日発売ということで、まだDLできないんだけど。
あーあーあー……

実は秋にガールズモード よくばり宣言を買って
ずっとやってたんですけど、
っていうかたまにやって、すぐやりすぎるのでクローゼットに封印して、
ちょっとだけ……と思ってまだ出してやりすぎて封印して……
みたいのを繰り返してたんですけど、
ほんとに、一度始めるとやりすぎる魔ゲーなので
(まじで軽く4時間は飛ぶ。新幹線出張の多い人には激オススメ!)
もっと魔ゲーじゃない、気分転換ゲームが欲しくなり。
トモコレ買ってしまったんよね。

でもトモコレ〜〜……
前作結構早くやめてしまったんですよ!
せつなくて!
なんか私友達いないやん?! みたくなって!
女性陣はまだいーけど、
男女の人数差がないほうがゲーム的に面白いので
男性陣は昔好きだった男子とかむりくり入れてたっすよ。
そしたらばー
なんか見てても……なでんこなでんこしても……
この人今いないやん?! みたくなって せつなくなって



ある日全消し


はぁ……(自分の性格に溜め息)


でも おもしろかったけどね。
もう会えない人は入れない! というルールで遊んだほうがいいような気がした。
でもほんとそうすると男の人少ないわ〜……
小説の担当さんまで入れてもまだ足りないのだわ〜……

ゲーム内の私は、「花が咲く頃〜」の担当Aもとさんと付き合ってました。
だって! あっちが告ってきたんやもん!
別れ話は私からでした。結構短い交際だった。Aもとさんすんません。

自分でいうのもあれだけど 私miiつくるの
めっちゃ上手いよ! 似てるよ!
やっぱり自分でつくったmiiが色々動いてるの見たい〜!
っていう気持ちに今回は負けてしまった。
たぶんこの春はトモコレに費やされます。

いつも会える男子ということで
本屋のおじさんとか入れよ。
あ、でもおじさん名前も誕生日もわからない。。。
by refri5erat0r | 2013-04-13 15:12 | 雑記
こんにちは豊島ミホです。
PCで見て下さってる方には「ご覧の通り」なのですが、
新年度に合わせて、ブログの見た目をリニューアルしました!
(ガラケー、スマホでご覧の方、たまにはどっかのPCで
 見てくれたら嬉しいです☆ トップにイラストが入っているんです。)



実は先日の確定申告で……私……
「去年はおととしより収入が多かった」ということが
発覚したんです。
2012年は「大学出てから一番稼げない1年になる」という認識で
最初から最後までカネカネ言ってたけど……
収入の底はむしろおととしだった!
過ぎてた!

うおーーーーーーーー!!!!!!

めっちゃ嬉しかったよ!
あんなに生きる心配ってか食べてく心配していたのに!
「生きてくだけで年間〜円マイナス……」
「俺って……」
みたいなぐっちゃりタイムいっぱいあったのに!
お風呂の中で膝をかかえる夜けっこうあったのに!
気のせいだった!!
いや若干マイナスではあったんですけど……(え)
マイナスの桁が違った!



生きていけるーーー!!!!!



いやでも「生きていける」とか言ってる場合じゃなくて
そのお金みんなもらってるお金やんなあ!
小説の文庫を買って下さってる読者のみなさんはじめ
小説を文庫にしてくれた編集さん、
それからもちろんまんがで新しいお仕事くれた編集さんたち
みなさんにありがとうだよ!!

いやほんと……
小説末期は「もうどうせ本なんてみんな図書館で読んでるから売れない」
とかやさぐれてたけど。
私が生きてるってことは、本買ってもらってるってこと!
なのに私はブログの読者さんには御礼を言ったことが……なくない?

これは御礼を言わなければ。

と気付いたのですが、
ただ御礼伝えるだけじゃなくて、なんかないかな……。って思って。
おおそうだ、たまに見た目をリニューアルしよう! ってひらめきました。
前のヘッダーも気に入っていたんですけども。
よりハッピーな感じの! 
来てくれてありがとう感込めたイラストを新しく描こう! と。

んで、できたのがこれです……。

あえて見えないよーにしてますが、
「雑記帖としま」って書いてあるフキダシやイラストなどのうしろに
感謝のメッセージを仕込んであります☆
thank you for your visiting って書いてあるんです。
「ご訪問ありがとうございます」って。
visitingに目的語は要らないのかな……(汗)
わかりません。

わかんないけどまあそんな感じよ!
本買って下さってなくても、
通りすがりの方も、
ここの雑記をわざわざ読みにきて下さってるみなさまに感謝の意を込めて☆
(ブログ賑わしてもらってるだけでも嬉しいから!)

ありがとうございますっ!!

春から生活変わったみなさまも、たまに見にきて下さいね。
四つ葉のクローバーもあるし☆

ちなみにサイト全体のカラーリングを変えるのに
半日以上かかったので
(イラストだけならそんなに大変じゃないんだけど、
 色の調整がヘタクソで時間をとられてしまいますorz)
そんなにコロコロ変える気はありません(笑)
今のイラスト春仕様っぽい感じですが……このブログはずっと春です!!



最近雑記多めで来てましたが、そろそろお仕事モードです〜。
発売当日にもしかしたらお知らせできないかもしれないので、
今お知らせ!
双葉文庫『花が咲く頃いた君と』4/11発売です。
文芸あねもね公式ブログでいちはやく告知してもらいましたが、
解説はまんをじして! 「R-18文学賞」姉妹の吉川トリコです!
(えっわたしが姉なのかしら。自分で書いといてびびる)
なんかもぞもぞしちゃうほどお気持ちのこもった解説を書いていただきましたよ!

搬入日は9日という話でしたので、都内の早いところなら
9日くらいから買える……かも?
(でもあんまりフライングに期待しないでくださいね〜)

単行本では桜の絵だった表紙を一新しています。
春っぽいイラストですが、デザインのイメージが違うので
元のイメージで探そうとすると見つからないかもしれません。
Amazonリンクで書影が出るようになったら貼りますね〜。

発売後になっちゃったとしても、もう1回は紹介記事書きたいところです。
内容紹介とか。
ではまた、あらためて〜。

【おまけ】
ヘッダーに入り切らなかった、男の子の全身像。
こんなでした。

b0039091_217896.jpg

「ねこすな」を持ってるので
トイレの砂を変えようとしているんでしょう。きっと。
by refri5erat0r | 2013-04-01 15:00 | 雑記