雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

リア小時代(1/28)

こんばんは。豊島ミホです。
ブログ記事を書いている余裕がないので、私の小学校1年の時の作文をコピペします。
人生初の自由題作文でした。
まずはツッコミも補足もない生の状態でどうぞ……誤字脱字もママです
(名前だけ仮名にしました)。




「たたかいごっこ」 Iさわ R子
 きのう、わたしは、Cたろうくんと、たたかいごっこを、しました。
 さいしょ、きょうしつに、いたけれど、たいいくかんに、いどうしました。
Cたろうくんが、「ボアッ、ボアッ。」と、かかってきたので、「ボアッって、なんだ。」と、きいたら、「ばぁか。」と、いわれて、しましました。 たたかいごっこで、なんぼまいったか、じぶんでも、わからない、くらい、やられました。でも、なかないで、かんばりました。わたしは、男の子に、「ダンプIさわ。」と、いわれて、いるので、なき虫の男の子は、ちかづきません。きょうしつで、やっているときは、大ぜいでかかってきました。それで、こころのなかでは、「いたいな。」と、おもいました。 男の子に、キックされた、うでは、まだ、いたいです。
男の子は、さいしょ、いばって、いたけれど、あっちも、まいった、みたいです。 このまえは、まだ、よわくて、「ダンプIさわ。」なんて、いわれて、いなかったけれど、  このごろ、「ダンプIさわ。」と、いわれて、なんだか、男になった、ような、きもちで、たたかいごっこを、やりました。
 たたかいごっこは、プロレスごっこと、かわりなかったです。 もし、テレビに、でたら、女のR子だって、たいてい、いばって、みせるよ。だって、ほんとうは、男になりたいんだもん。 たたかいごっこは、すごく、おもしろかったです。「男の、あそびでも、けっこう、おもしろいもんだ。」と、おもいました。「R子が男に生まれて、いたら、いまより、ずうっと、ずうっと、つよいだろうな。」とおもいました。 中学生に、なったらいまより、ずっと、ずっと、男っぽい名まえに、なるから、いまとっくんしないといけないかもしれない。もし、そうだったら、どうしようかな。「ええと、ああして、こうしてああし【※】て。」とおもってるうちにときが、すぎていっちゃうな。どうしよう。やっぱり、 おかあさんに、やってもらう。おとうさんと、すもうを、とる。一ねん生でこのくらいだから、二ねん生で、キックして、パンチして、みみを、ひっぱる。三ねん生でかみを、ひっぱって、チンチンを、キックする。四ねん生で、なんでもする。五ねん生六ねん生と、つよくなる。こう校生になったら、もしかすると、スケバンになるかもしれない。もし、スケバンに、なったら、なおさなければならない。どうやってなおすかは、わからない。もし、ふりょうに、なったら、どうしようか、わからない。だから、どうしようもない。たたかいごっこは、おかあさんごっこより、ずうっと、おもしろい。だからずっと、やっていたいけれど休みじかんがみじかすぎる。 休みじかんをもっと、もっと、もっと、のばして、ほしい。休みじかんのほかに、べんきょうじかんぬかして、みんなほしいな。【改頁・この後は※を継いで書き直した模様】
て、ああ、どうしようも、ないな。」たたかいごっこでも、女だって、する。でも、R子だけ。どうしてほかの女の子は、たたかいごっこを、しないんだろう。とってもおもしろいのにな。こんなにおもしろい。いたいは、いたいけど、じぶんから、かかっていって、たおした、ところが、おもしろい。R子なら、「アハハ。」と、わらってやったよ。だって、ひっくりかえるところがおもしろいんだもん。「おっとっと。」といって、ひっくりかえってしまうんだ。ふつうの男だと、なんいもいわないで、ひっくりかえるけど、へんな、男の子だったら、「ドテ。」といってひっくりかえってしましました。たいいくかんでは、おにいさんたちがボールを、なげて、あそんで、いたので、「ぶつかってケガでも、しないかな。」とおもったけれど、だいじょうぶでした。もし、ケガをしたら、かぞくが、「なんとか、かんとかぁ。」といって、もんくを、いうから、ぶつからなくて、よかったな。
もし、ぶつかっていたら、先生に、でんわまでしなければ、できない。でんわでR子もしゃべらなければ、ならない。たたかいごっこって、とっても、おもしろいから、女の子と、一どでもいいからやってみたい。もしやったら、R子が、かつに、まちがえない。もし、かたなかったら、「おかしいな。」と、おもう。すもうをやるのは、よわい。だって、おされて、せんからでて、おしだしに、なるんだから。たたかいごっこを、すると、わたしは、パワーアップを、して、つよくなる。だから、パワーがなくなると、まけてしまう。パワーの、もとは、おかしで、おかしを、たべると、パワーまんてん。でも、ずいぶん、たたかいごっこを、やらない、ことがある。だって、パワーを、つかうと、たいいくの、とき、リレーで、わたしの、しろくみが、まけて、しまって、もんくを、いわれるからです。もんくを、いうとき、「わりな。わりな。」とはやしたてられます。たたかいごっこって、おもしろいな。【おわり】




自分的ツッコミどころベスト3

3位:最後のgdgdぶり
2位:学校提出作文に「チンチンを、キックする。」と書ける私の羞恥心のなさ
1位:女子相手に容赦ないC太郎くん

これ、現物が出てきたのは、秋田に帰って1年目の大掃除の時(当時27歳)なんですが、
書いた記憶は普通にずっとありました。
「人生初のフリー作文にテンション上がりすぎて自主的居残り、
 男子との喧嘩を題材に原稿用紙5枚の大作を書き上げて先生に渡したが、
 特に褒められなかった」
というふうに憶えてました。
でもここまで……ここまでフリーダムなしろものだったとは……!
先生そりゃ褒めないよ……。没部分含め2000字書いてあっても褒めないよ。
でもまる1枚分くらいをその場で没判断して書きすすめたことはすごいと思う。
6歳で推敲能力あるあたい秀才☆ って思います(素)


以下、補足&感想有りバージョン。まったく同じ作文です。

も、もはやお暇な方のみどうぞ……
by refri5erat0r | 2013-01-28 00:17 | 雑記
ここ5日くらいでこんな本を読んでました。

画力デッサン 人体と女の子

黒坂 圭太 / グラフィック社


Gustav Klimt: Drawings & Watercolors

Rainer Metzger / Thames & Hudson


夢十夜

夏目 漱石 / (青空文庫のため出版社表示なし)



『画力デッサン 人体と女の子』はだいぶ前に
担当さんに紹介してもらった本です!
「今こんなマンガ描いてるんです」ってパブーの連載を1ページ見せたら
「身体に比べて顔のデッサンが正確じゃないから、
 この本を読むといいかも。見てるだけでも面白いし」
という感じで(↑こういう直接的な言い方じゃなかったけど)
紹介してくれました……。

すぐ買ったんだけど半年以上放置……。
こういう「絵の勉強用の本」って買うと満足しちゃうところがあるよねっねっ
(だめだけど)。
でも一念発起して読んでみた! そして顔のデッサンを
直すべく練習もしてみた! ら〜
自分がいかに基本を押さえてなかったかわかったよ!
人の顔を横から見た時の、(相対的な)耳の位置とか……
「えーー!!」っていうくらい効いたwww
そしてそれを知ってからその辺にあるまんがを読んでみると、
みなさん正確www

超基本なんやね。。。
私はその超基本を1回も勉強してないってことなんやね。。。

でも実際読むだけでも面白かったです〜
だいぶラフだけど。
なんかもう黒坂さんのメモみたいな感じだけど。
上手い人の絵って見るだけでなんか変わる!!
ピコピコ脳が動いてる感じする!



そのピコピコ感が面白くて、
上手い人の人体素描もっと見たいぜー!!
と図書館に行って探し当てたのがクリムトの本。

地域図書館の美術コーナーはだいたいしょぼい。
西洋美術全集的なものがあれば御の字。
だからいっそ洋書コーナーのほうが面白い本あるに決まってるぜっ
と読んで洋書コーナー行ったらやっぱりあった。
素描やまもりの、クリムト研究的な本!

クリムト〜
名前と表紙でピンと来てないひともこのまとめ見れば思い出します。
地方の美術部の女子ならみんな大好きクリムト!
(都会の美術部の女子が何を好きなのかはわかりませんが……)

この本は判型小さくて、カラー絵も収録してるけど細部はよくわからず
「画集」ではないんですよ。
代わりに(さっきも描いたけど)素描がブチ盛り!
しかも年代順に並べてあるのでどんどんクリムトがエロ親父になっていくのが
わかるという仕組み!
後半の素描はまあ ここでは内容を詳述できないくらいにはエロい。
でも人体デッサン的にはめっちゃ勉強になりま!
私は「尻の肉を描く時のコツは、丸みでなくてくぼみをつくること」と学習しました。
や〜 エロかった(ペロリ)

ちなみにクリムトに15人の愛人がいちどきに群がっていた
という豆知識もこのたびネットで得ました。
想像して脳みそファ〜〜〜〜〜



で『夢十夜』ですよ。
なぜそこ飛んだし! って話だが
まあ何も関係ない。絵の勉強はいったん終えて漱石に行った。はずだった。
漱石の本を何か読むつもりで
でも私長篇より短篇派なので 必然的に(少ない選択肢の中から)
『夢十夜』を読んだわけですよ。

面白かった……!
すごいのな! 色がな!
漱石ってあの写真からセピアやモノクロのイメージあるけど
そのイメージよくない! と思ったよ〜
彼の文章が斬れ味鋭い(少ない言葉で多くの情報を、鮮やかに伝えることができる)
というのはわりとみんな知ってることなんだろうけど
浮かぶ映像がカラフルっていうのは あんまり言われてないような……

私これ以外だと『こころ』を読んだくらいなんで
(あと読みかけで忘れた長篇がいくつか)
もしかしたら もっと読んだ人にはよくわかってることかもしんないけど。
色がすごく鮮烈に描かれていて
カッケー と思いました。



しかし、しかしだよ!
第六夜あるじゃん?!
明治時代なのに何故か運慶が居て高いところで仁王を彫っている、
それを自分は見物人と一緒に眺めていて……って話。

それで運慶が今日まで生きている理由もほぼ解った。

という一文で終わるじゃないですか、
私この「理由」を、はっきりと言葉にしないまでも
「ははぁ……」と思って話を読み終えたんですよ。

でも全部読み終わってから、この話だけ解釈が気になって
ネットで調べてみたら、全然違う解釈がメジャーなものとして出てきた!!

その話読んだことないよって人はぜひ読んできて欲しいんだけど!
短いから! もう第六夜だけ読んじゃっていいから!

まだ話続くので折ります
by refri5erat0r | 2013-01-17 21:59 | 読んだものの感想
こんにちは豊島ミホです。
別冊マーガレット2月号、本日発売です。
おぉ〜。今リンク先の確認で飛んだら、ウェブサイトがリニューアルされてるのに気付いた!
サイトが見やすくなりました☆
私のイラストコラムと恋愛相談は
「読者投稿コーナー」の段の、「HAPPYEND MANIACS!」内です。
1ヶ月遅れ&1ヶ月間限定でウェブ版でも読めるので、興味ある方はぜひ。

本誌のほう、今月は訂正とお詫びがあります。
「通学路カレンダー」で、いつも「○月」の脇に「旧暦の月の呼び名」を
併記しているんですが、今月思いっきり間違っちゃいました……。
「卯月(うづき)」と書いてますが、正しくは、2月は「如月(きらさぎ)」です。

中学の国語で習うやつやん!! 恥ずかしい……!
打ち明けますと、毎月不確かなので(え)、調べてから書いてるんですが
2月は誕生月やし間違うわけない……。と思って確認しなかったんですよね。
むしろなにも合ってないって話よ!
読者のみなさま、申し訳ありませんでした。
くれぐれもテストで間違わないようお気をつけ下さい……。
卯月は卯の花が咲く月=4月です。

別マ(と別冊ふろくの「bianca 2と2分の1号」)、もー全部読んでしまった。。。
今月は「ギャルジャポン」と連載作品のコラボがちくいち挟まれてて面白かったです!
特に「クジャクの教室」のやつが面白かったww マーサでオチてるから?



ところで今日はもうひとつお知らせがあります。
『リテイク・シックスティーン』、が2月に文庫化されます〜!
幻冬舍文庫から2月7日発売です。1ヶ月切ったのでお知らせ!

私の小説では唯一の「単独主人公の長篇」。
しかもまたも素敵な解説をいただき済みですよ!
どなたに書いていただいたかは発売時まで内緒です。乞うご期待!

告知はここまでですが、かるくこってり雑談あるので下に分けます☆
by refri5erat0r | 2013-01-12 16:19 | 告知

失恋原体験(1/12)

雑談です。

私は見つけてしまったのだよ……
『小さな恋のものがたり』の電子書籍を!!

*『小さな恋のものがたり』とは*
1962年に連載が始まったマンガ作品。作者はみつはしちかこ。
ちびでおバカでコンプレックスやまもり、でも直情型の女の子「チッチ」と、
長身イケメンでなんでも優秀・学園のアイドル的男子「サリー」が
何故か付き合っている。そのふたりの日常を四季の彩りとともに描いた
シンプルの極致であるところの少女漫画。
時折見開きでチッチ視点のリリカルなポエムが挟まれるのが特徴。

今60歳くらいの世代がど真ん中読者で、彼らに「チッチとサリー」といえば
身長的凸凹カップルの代名詞として受け取ってくれるくらい認知度が高い。
いっぽうで、その子ども世代(=私の同年代)でも
「家にあったから」という理由で幼年期に読まれるケースがあり、
そういう人間にとっては、同時代の漫画を差し置いて
恋愛漫画の原体験となってしまう恐ろしい作品である。
(解説by私)

なんで「恐ろしい」と記述したかというと、それはこの作品が
全然子ども向けじゃないからです……。

絵はこんな感じで(リンク先は公式)、
文字量も非常に少なく、漢字にルビがないところを除けば「お子様向け」に見えるこの作品。
思えば私が子どもだった80年代、子ども向けの娯楽はまだまだ乏しかった
(気がする。それは秋田県に民放が2局しかなかったことと関係してるかもしれないけど)。
テレビアニメは「あんみつ姫」とか「ひみつのアッコちゃん」とか
昔の大家の作品のリメイクばかりだし、「ちびまる子ちゃん」すらまだなかった……。
だから『ちい恋』も、なんか読んでわかりそうだから読んでみっぺが、みたいな気持ちで
手に取ってしまったんだよね……。

結果的に一番焼き付いてしまったのが
チッチの失恋エピソード。
9集〜10集辺りで、「サリーが心変わりしてチッチから遠ざかってしまう」という話があるんですよ。
これが……!!

いや私は当時から、さほど「チッチとサリー」に感情移入はしてませんでした。
チッチは(7歳程度だった私から見ても)わがまますぎるし、
サリーより岸本さん(←チッチを好きな男子。サリーより背が低くて容姿も目立たないが
おっとりしていて、心が大人)のほうが私は好きだったし。
だからチッチとサリーが別れてもべつにかまわない。。。

くらいのテンションで読んでたはずなんですが、
「失恋体験」の描写が圧倒的に「来る」んですよ!!
もうね……! もうね……!
よくわからない!! なんて説明したらいいのか!
ふたりがうまく行かなくなるまでの描写がリアルすぎるとか
ポエムが的確すぎるからとかまあ説明の糸口はあるよーな気がするけど
そんなんいちいち説明したくなくなるくらい、
「あの感じ」を思い出すとゾクゾクする!
破れた恋の重さ、それにひたらねばならない虚しさとわずかな甘美さ、
失恋のすべてが『ちい恋』の9集〜10集には詰まっているッッ!!!!!!

いやまじで。
正直、子どもの時はそこばかり読み返していたわ。
3集とか4集あたりも家にあったはずなんですけどそっちは記憶に薄く……。
失恋のエピソードの、細部は曖昧な記憶だけ持って
「『ちい恋』は面白かったなあ」と思っていたのですが、
電子書籍で読み返して、その失恋部分にさしかかった時、

なんかもう走馬灯見えた

人生……

これ……

影響受けてね?!

みたいな。

!???!

いやわかんないわかりませんとも。
でも私の人生の「片思い篇」に通徹する何かが
確かにそこに描かれていると感じた……。
恐るべし原体験!
なんかもっとハッピーな話だけ読んどきゃよかったぜ原体験!
リアルな心変わりは7歳には重すぎたぜ原体験!

ああっあーーーーーーー



しかしサリーは、学園のアイドルながら
ちゃんと「男の人」っぽく描かれていたんだな。
と今になって思いました。
休みの日にピクニックに誘いにくるチッチに眠いからやだって言うところとか。
わがままに付き合わされすぎるとうんざりするところとか。
巨乳に目が行くところとか。

そしてチッチは、子どもの私からすると「なにもとりえがねえ……」って感じだったけど
料理だけは得意で、恋愛一直線で、
女として決してはずれクジは引かないタイプだな。と認識を改めました。
むしろ結婚する時に一番おいしいところをもっていく。こういうおんなは。
だから高校時代に学園のアイドルであるサリーと付き合ってるのも
そんなに変なことではない。かも……。

あとあと、あの絵はすごく「うまい」んだなってことにも気付きました。
デフォルメされてて、ラフに描いてるようだけど
絶対身体のバランスがくずれないところとか。

なんかすごく遠い目線で読んでるよーな書き方になっちゃったけど、
ちゃんと面白く読みましたよ!
自然と四季さいこー☆ハイホー☆ なところとか、
サネアツにも通じていて 大人にならないとわからないとこですね。
子どもの時から四季を愛していたらしいみつはし先生はすごいよ。
しかも東京育ちでこれ……!!
私なんて秋田の奥育ちなのにこの10分の1も自然に対するテンションなかった!

でも今は好きだよー。
好きな人と、四季と、戯れているだけのことがいかに幸せかわかるよ……。

そんな『ちい恋』の電子書籍はこちら

ebookjapan版
学研の電子書籍ストアアプリ版(←このアプリ内で検索せんといけん)

最後につけるとアフィっぽいね。でもアフィリエイトじゃないよー

ebookjapanのほうが単行本に忠実で、学研のは「図書館版」っていうなぞの再編版。
ただし学研のほうがだいぶ安い。
私は先に見つけた学研で買っちゃったけど、ボリューム的に見て
そんなに落とした話が多いとは感じません……。でもやっぱり何か違うと思うと悔しい!
その上学研のアプリ正直めっちゃ使いづらい!!!!
あと、学研のほうは途中までしかないので、後半はebookjapanで買うしかないのかな?



結局雑談長くてすみませんでした(長くしたくないのに……!)。
私の『ちい恋』読書はまだ途中です。
家にあったところで11、12集くらいまでだったと思うので
40集とかいったいどうなっているのか想像がつかない! 楽しみです。
by refri5erat0r | 2013-01-12 16:18 | 読んだものの感想
あけましておめでとうございます。豊島ミホです。
本年もよろしくお願いいたします。

今年の年越しは友だちんちで紅白を観て、
翌日は映画『モテキ』のDVD鑑賞をしました。
(『モテキ』は原作というかマンガ大好き、
 しかしテレビシリーズは観られず、映画も未鑑賞でした。)

正月から幸世をくそみそにののしりました!
エンドロールで友だちと一緒に手拍子しながら
あのエンディングテーマを大熱唱(※しらふ)、
観終わったあと思わず漏らした第一声は
「ふう〜〜〜〜〜〜〜面白かった!」でしたが第二声は
「私、三十五歳以下の男とは二度と付き合わない!」でした。

男って美人と付き合えないだけで被害者ぶる!
待ってるだけで何もしないやつほど被害者ぶる!
美人じゃない私はそのことを痛いほど知っている!

なんかそういう「恋愛のかっこわるい部分」を暴き出しつつも、
しっかりエンタメに昇華している、名作でございました……。
恋愛分析が好きな子なら、男女問わず、モテ非モテ問わず、観たら楽しいと思う。
まだ観てない方はぜひ☆(だいぶ遅いけど……!)
幸世の部屋の中とか、サブカル小ネタも楽しかった!
ベッドと一体化したミニ本棚には本秀康の『ワイルドマウンテン』……(だよね?)。
あれ読んでるならもうちょっと男らしく生きてくれユキヨ。。。

あ、「文芸あねもね 公式ブログ」のほうに
30日付で映画『グッモーエビアン!』の感想を書かせていただきましたが
まったく違う麻生久美子さんを連続で観ることができてw それも面白かったっす。
『モテキ』の麻生さんはほんとうにモテない女にしか見えなくて……
『グッモー』の麻生さんはかっこいい歳の取り方した母親で……
女優ってすごい。。。



話は変わりますが、先月末の新古典派フィクションズ
ライブライティングを観にきて下さった方、ありがとうございました!
Googleドキュメント上で生対談しちゃうという初めての試みで、反省点も色々ありますが、
喋った(というか打ち込んだ)ものがそのまま文字になって残る
というのはなかなか面白かったのではと思っています。

というわけで今は「そのまま文字になった」やつがファイルにまとまっています。
こちら! もちろん無料です。
スマホならePubのほうが読みやすいので、ぜひそちらをダウンロードして下さい。
ePubを読み出すのに必要なアプリなどの説明はこちら
PCもAdobe Digital EditionsKinoppy入れればePubが読めますが、
まあ何も入れたくないかたはPDFで読んじゃうとてっとりばやいです!
パブーお得意の「ダウンロードせずブラウザで読む」だと
今回は字が小さいのでちょっと厳しいです。

トピックは予定通り
・2012年の文芸シーンを振り返る(ニッチめ)
・2012年、電子書籍業界で変化したこと
・「新古典派フィクションズ」の編集長は何者
・『A+』『B−』1号反省会と今後の展望
でした。
2時間を見込んでいたのに、なんと4時間……(終了が0時近く)。
飛び飛びながらでも、お付き合い下さったみなさま、本当にありがとうございました!

以下、当日お答えできなかった質問のうち、私宛の
(もしくは私が答えても差し支えなさそーな)ものについてお答えします。

長いので折りますね
by refri5erat0r | 2013-01-04 15:51 | 告知

お金と時間は有限(1/4)

そんなわけで年明け早々の更新は告知(と『モテキ』)だけで埋まってしまいました。
が、やっぱり書きたいぜ「今年の目標」……。

私の2012年の目標はこれでした。

1)支出を減らす
2)5時に帰る
3)つまんない人だよねって言われる

1は早々にあきらめて「自分に必要な時間とお金を意識しつつ積極的に使う」という
方向に立て直しています(立て直した時の記事)。
2の「5時に帰る」は……そもそも雇用されなかったわけですが、
まあそれくらい実は健康的な生活はしてました。
実は締め切り前も8時間寝て3食食べていました。のでまあまあ。
3も、若干ひっかきまわした時期もありましたがw、まあまあ達成されたかな……。

しかしこの目標が達成されたかどうかってことと
年の手応えとが、あんまり関係なくなっちゃったんです。
去年は、最初の展望が2月くらいでがつっとひっくり返った年だったんだよね。
「地道に……しぶとく……ひっそり……しかし力をつけて生きるのだ……」
と思っていたのが、結構地道じゃなくなったし無防備な感じになっちゃった!
結局運で乗り切った感。
さすが、初詣のおみくじが「大吉」だった年だけのことはありますわ。
「願望:叶い難く思えるが、半ばから案外易く叶う」
だったかな? 
とにかく、収入はないけど運(と人のありがたみ)は感じられる年だった!
仕事を下さった皆々様、ありがとうございました。
そしてパブーの連載読んで下さった方にも感謝……。



今年は……

とても長い記事なので折ります
by refri5erat0r | 2013-01-04 15:41 | 雑記