雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんばんは豊島ミホです。
「売り切りプロジェクト」の旧作短篇、
今月はまだ出せてませんすみません……。
フリペどころか、短篇を毎月出すのがキツくなってきた。
8月分は決めて元データは用意してあるのに、
それを再校正&ePub化する時間がありません。ううう……。

先に言いますが、9月は休ませていただきます。
200パ〜〜無理なスケジュールになってるんです……。
8月分が遅れて出せるかどうかは……わかりまへん。
待って下さってる方、申し訳ありません。



ところで、最近……
「感想文」という検索ワードでこのブログにいらっしゃる方が多いです。
このブログには何もヒントになることが書かれてなくてがっかりだよね!
私ももどかしいよーー!! 
感想文攻略法の連載が今クライマックスになっていれば……と思うよーー!
しかし連載はまだ2回だし、それをお金出して読んでくれようという人がいるので、
ここに攻略法を書いちまうわけにはいかないんです。ごめんなさい!

でもでもでもヒントだけ言ってしまうと

「共感」では感想文を成り立たせるのは困難
「発見」で成り立たせるのは簡単

ですね!
前者は「ここに共感した〜」「ここも〜」とかって
場面の羅列で終わってしまいがちなのに対して、
後者は「ここに発見があった!」って思ったら
何故それが自分にとって「発見」であったのか、
その発見をこれからどう生かしていくかっていう
立体的な展開ができるから、原稿用紙を埋めるのに苦労することもない……。



話は変わりますが、『文芸あねもね』公式ブログ
先ほど記事を書いてきました。
山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』のレビューです。
「アメリカ人とリセエンヌ」の山内マリコ・ファースト単行本だよ!

「感想文」は「レビュー」とは別物ってことも重要だ……。
私自身、中学時代辺りはレビューと混同してしまって
その本のどこが上手いかとか書いちゃっていたよ。
「そんな混同する生徒いない!」ってこの間相談した元先生には言われたけど
今みたくレビューがあふれかえってる世の中ではありそうなことだと思うな〜……。
どうかな〜……。

って感想文の話は終わりにして!

レビューには色々書いたけど、端的に本音を言うと
「売れろ、マリコ」です。
もうそれ以上はないです。
でも一応レビューも読んでくれると嬉しいな☆
今400字詰め原稿に換算してみたら10枚オーバーだった力作です……。
私今5枚制限の感想文とか書けるのかな。書けないんじゃないかな……。

最後にマリコ新刊へのAmazonリンクはっときます!
えっあっでも在庫切れ……だと?!

ここは退屈迎えに来て

山内 マリコ / 幻冬舎


by refri5erat0r | 2012-08-26 20:40 | 告知
こんばんはー豊島ミホです。
本日、パブーでの連載『読書感想文攻略法』の
第2回がアップされました。2回目のトップに直接飛べるリンクはこれ

今回も原稿からチラ見せしちゃいます。

舞台は教室から図書室へ……

b0039091_23225211.jpg

さっそく「本選び」実践編に入っていきます。

妖精さんが何かみみより情報を教えてくれるもよう?!

b0039091_23164885.jpg

そして何か恥ずかしくなるようなことを言われてしまうハルキくん!!

b0039091_23303351.jpg

今回から有料化されてますが、がっつり試し読み入れてますので
(上の絵は全部試し読みに入ってるくらい)
やっぱしお気軽に見にきて下さいね!
試し読みだけでも、がんばれば毎回の合間を想像力で補うことはできる……かもw



ところで今日気付いたことなのですが、
パブーのトップ画面から、一番頭にあるバナーをクリックしてしまうと
サンプル号である第1回に飛んでしまうんです〜。
そしてその後どこをクリックしたら2回目に行けるのか非常にわかりづらい!

クリックすべきは下図の赤丸で囲んだリンクです。

b0039091_2318137.jpg

ここをクリックすると連載のファイルを一覧で見られるページに飛びます。
講読して下さっている方は憶えておいていただけますと便利かと!

今日のブログ記事は雑談つきですが記事分けます〜
よろしければ下の記事もどうぞ。
by refri5erat0r | 2012-08-15 23:31 | 告知
こんばんは豊島です。以下雑談でござーます。

ここ3日くらい、すごいいきおいで
ポッドキャストを聴くのにハマっています。

今までも必要に応じて聴いてはいたんですよ。
エッセイに書いたけど、過去に於いてはカンニング竹山の「生ダメ」とか……
あとは一部で激烈に有名な、コレクターズの「池袋交差点24時」も聴いてますよ!
(まだまだバックナンバーあさってる状態なのでてけとーだけど!)

でもねでもね……「作業中に聴く」ということを3日前くらいに憶えた!

いつも日記を拝見しているマンガ家さんで、
描きながらずーっとテレビかDVDを見てる人がいるんですよ。
見てるっていうか、多分聴いてるんであってほとんど見てはいないんだと思うんだけど
(だって絵描きながら何かを見るのって不可能なはずだし。
 しかし超人的な何かで見ていたりして……)。
とにかくすごい量を見てらっしゃるんですよ。

なんでテレビ見てるのかな??
って(批判的なニュアンスでなく)ずっと不思議に思っていて……。

でもわかった!
「机に固定されて絵を描く」という作業にエンタメ性を加えるためなんだ!!

なんでそれを思いついたかもはや憶えていないんだけど、
ポッドキャストを聴きながら描くようになったら、
作業の「めんどい度」が半分以下になったよ!!
めんどいとか言ってはだめなのか。
でもまーぶっちゃけ最近へたれていたのですよ
マンガとか絵とかの拘束時間の多さに……。
小説の時の2倍は机に向かってないといけないってことに……
(お前それが適性ってやつだよ、ってツッコミは要らんたい!!)。

でもポッドキャストを聴くというエンタメによって
長時間ひとりで机に向かう苦痛が半減する!
いやもはや相殺されるってレベル!!
予備校では先生たちの雑談が面白すぎて「授業を受ける」ということが
1ミリもいやじゃなかった、っていうアレに似ている!
机に向かうのが面白い時間になる、それって大事!!



しかし問題は、作業を邪魔しないほど相性がいいポッドキャストが
そんなに多くはないってことです……。

こうして毎日ポッドキャスト聴きまくっていたら私2年で英語ペラペラになるわ!
それどころかトリリンガル余裕だわ!
って最初ちょっと期待したけど、語学番組は全然ダメでした
(ダメって、内容のよしあしじゃなく、聴きながら作業できるかという意味でね)。

って〜か、「みなさんへのお役立ち情報☆」みたいな感じのが
すべてダメだったよ!!
話題の余白というのか……なんというのか……
「みんなついてこられるように合わせて喋ってる感じ」があると
もうそわそわそわそわしちゃう! もどかしくって切っちゃう。

私が夢中になって聴けて、なおかつ作業効率が低下しないのは
「誰かがぶっとんだことをクソ真面目に、
 なおかつものすごい密度で喋ってる番組」でした
(竹山さんのラジオもわりとそうだったかもね……)。
なんかね、常識とかが要らない! 世界!
テレビで放送とか絶対できない感じの世界!
聴取者100人いかないだろって世界!
こいつの勝手番組! みたいのが好き〜〜〜!!!
だし、作業してるっていう状態に合ってる。

勝手番組も色々あるけど、内輪でゆるゆる……みたいのは
私的には作業に向いてないんですよ。なんか。
「うおおおお! 発信するぜ!!!!!」みたいな気力が
ほとばしってるやつが好き!

もう、何を聴いてるかはとても書けません。マジに。
リア友じゃなくてもどん引きしてくれるよーな番組を聴いていますよ
(池24はどん引き番組じゃないけど、仕事中は聴かないことにしました)。

いいなーポッドキャスト。

しかし(ここでやっと最初に戻るけど)、そういう番組を探すのが大変なのです。
あっというまに十何時間分聴いてしまったし……。
よっぽど「好き!」っていうものじゃないと、
作業するのとポッドキャストを聴くのとで義務感が2倍、
利点がゼロになってしまいますし。。。

このことを友達に相談したらば、
「じゃあ同じ番組を2回聴けば?」って
言われてしまいました。

う、う〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん……。
2年くらい経ってれば楽しめるかもしれない……('A`;;;)

ぶっとんだ話をすごい勢いで聞かせてくれる人がもっと増えるといいなあ!
そうじゃなくても、私が英語のリスニングさえできるようになれば
もっとたくさんの番組を掘り起こすことができると思うんだけど……。



まとまらないまま余談に流れちゃいますが、
エッセイ『やさぐれるには、まだ早い!』に書いた
英語の怪しいスピリチュアルポッドキャスト、まだ私のiPodに入っています。
今回のマイブームに乗ってそちらも久々に更新してみたら、
前の誘眠効果が全然ないような、パキパキした喋りの番組になってしまっていて、
ショックを受けました。
前のやつを消さないように気を付けて、眠れない時聴こうと思います……。
そういうの聴いてるうちに英語わかるようになんねーかなー(←まだ言ってる)。
by refri5erat0r | 2012-08-15 23:14 | 雑記
東京三大花火大会すべての音が聞こえるけどすべての姿が見えない
そんな家に住んでいる豊島ミホですこんばんは。

この夏は実家に帰るつもりで郵便局に不在届まで出していたのに
帰れなくなってしまいました……。
不在届を取り消しにいきましたが
そんなマイナーな届のしかも取り消しについてなど用紙がなく
その場でA4の白紙にアドリブで必要事項を記すはめに。。。とほほ。
郵便局のみなさまお手数をおかけしました……。



ところで学生のみなさんに大事な話があります
読書感想文連載のお知らせじゃないです)。

夏休みの計画についてです。

計画倒れの夏休み……
ある意味ベタな「あるあるネタ」じゃないですか?
夏休みなんて計画通りに過ごせなくって当たり前☆ みたいな風潮
あるじゃないですか?

かくいう私もその代表みたいな子どもでした……。
小学校入学から大学卒業まで、
一度として計画通りの夏休みなど過ごしたことがありません。

でも

大学4年まで抜けられなかったら終わりです

社会人になってプランニングができないと泣くはめになります

(もしかして就活前という意味では大学2年で抜けないとやばいかも……)

今になって考えると
「くっそ騙された!」って思うんです。
みんなやってないやれてない全然だよ〜☆ ってフリして
だんだんやれるようになっていっているんです!
そうじゃなきゃ世の中の仕事が成り立たないんですもの!

まあ小学生のうちは、計画倒れもまた学習のうちというか
誰しも無茶な計画を立てその通りに実行などできないのがフツー
かもしれませんが、
逆算すると中学くらいから出来てるやつが徐々に増え始めてんです。多分。
本当は高校くらいで「計画通りやれてる派」がかなり出てきていたに
違いありません!

それに今気付いて……泣いてる。
嘘、マジ泣きはしてないけど心は泣いてる。



わたくしこの8月、久しぶりに月間計画表をつくって作業机脇に掲示しました。

b0039091_21511425.jpg

(※諸事情により文字部分は加工を施しています)
(※下部が空いているのはこわくて計画が立てられないためです)

月間計画表なんてつくるのはずいぶん久しぶりのことです……。
作家時代のもっともやばい時(2007年〜08年頃?)は作ってましたが、
たいていは年間計画で事足りました
(小説家は年間計画表がないと死ぬ。キャパ以上の仕事を断るため、
 編集者に視覚的に理解してもらえる計画表をつくるべき。
 実物もってきて詳説したいところですが全部捨てちゃったので【略】で)。

ところがマンガとかイラストとかいうのは
1日という単位が大事すぎる!!
「今日できなかったから明日にしよう〜☆」って3日くらいやると
あっという間に挽回できない地獄へ落ちていく!!

……って最近気が付きました(テヘ☆)。
(てーかまー小説や勉強も1日を大事にしようぞって話でしょうが。。。)

そして月間計画を立てることにしたんですが、
問題がフォーマット……というか用紙……。
昔「チャレンジ」で連載していた時、綴じ込みでついてくる
月間計画表がすごく使いやすくて、それを冷蔵庫に貼って使っていたのですが
もう「チャレンジ」がない。
連載後は自分で選んだカレンダー的なものを使ってた気がするけど
(あ、そうそう、びればんで買ったシンプルなカレンダーを使っていた)
8月じゃカレンダーなんて手に入らない。

一体どうしたら……!!



普通はここで手元にあるiPhoneアプリでも使ってみるところですよね。
でも私
スケジュールの電子化だけはマジ無理超絶無理

いや、人と会う約束とかソレ系の管理はできそうな気がしますよ?
学生の時とかは全部携帯(当時はガラケーですが)の中に入れてたし。
リマインドという意味では電子でも大丈夫、
むしろ電子のほうが利点大きいくらいだと思うの
(その日になると教えてくれるとことか)。

でも計画表としては電子カレンダーは無理だ!!

って思いまぴた電子書籍だめなひとの気持ちちょっとだけわかりました。
「それ画面では無理!」「リアルじゃないと無理!」ってものごとは
ひとによって違うんだね……。
計画表はやっぱりフリーハンドでねえと! って私は思うのです
(その他、家計簿とアドレス帳は電子が無理です。
 生活必需モノは紙じゃないとダメみたい)。

かといって今年の残り5ヶ月の月間計画表を
定規で線引いてカレンダーから手作りするのはちょっとキツい……

というわけで、Macのスケジュール管理アプリ「カレンダー」を
未記入の状態からプリントして使えないだろうか?
とひらめきました。
正直できるとは思ってませんでした。
せっかく電子化してるものを印刷する人間がどこにいるんだ?
みたいな……。
なんとなくA4で出てこないんじゃないか(もっと小さいサイズなんじゃ)っていう
不安もあったし。

でも……

できた!!
それどころか右上に前の月と次の月のミニカレンダーまでつけてくれた!
(画面上にはないのに、印刷したら出た!)

えーーすごいーちゃんと印刷想定していたんだー!!!

感動したので色までつけてしまいました
(カレンダーにプリント指示→印刷プレビューをPDFで保存→Photoshopで読み込んで加工)。
急いでたからぞんざいやけど。あと、実はA4に納めるために93%に縮小してるけど。
ひ、『ひらいて』に影響されてこんな色になったわけじゃないんだからねっっ///



何の話だっけ、えーと、夏休みの計画の話でしたよね。
私はいまだに憶えてるんだけど
夏休みの宿題が小5くらいからきつかった。
それまでは早めにやって後遊ぶとかやってたけど
小5で「これ一気にやるとか無理」って感じて
1日ずつやって最終日にならないと終わらないようにしていた。
小数点? のドリルがうざくてうざくてyo…
漢字とかもなんかかったるくてyo…

結果中・高の夏休みはだいたいやばかった気がするよ!
なのに

「えーあたしーぃこういう単純作業系? の仕事とか就かないしーぃ」
「多分クリエイティブ系だしーぃ」

みたいな驕りがどっかにあって
「やばい」とは全然思ってなかったんだよ!!
そんな私に言いたい。
自営のほうがプランニング重要なんだっつーの!!
何もしないでも誰も怒らないけど永久に金も入らないんだっつーの!!
ウキャー!!!!

特に高2の私には
「勉強したかったらしなくてもいいけど
 他に何か有意義なことを1ヶ月計画でやってみれや!」
と言いたいね……(←高2がいちばんひどかったらしい)
短いページでもいいからペンでマンガを清書するとかよ!
「家にある名作マンガをすべて読む」でもいいよ!
もはや必死でメイク法を研究するんでもいい!
とにかく何かをしろぉぉぉぉ
逃避のゲームだけで過ごすなぁぁぁぁ
と言いたい。

そしてその言葉の矢は現在の自分にかえってくるのであった。
ずきゅん

NO MORE 逃避

そう、もう、
まいにちがなつやすみ。。。
by refri5erat0r | 2012-08-11 15:03

夏のさんぽ(8/7)

おはよーございます豊島ミホです。

今日はミラクル早起きしたので久しぶりにさんぽに行ってきました!
(最近暑くてごぶさただった)
朝7時台の超さわやかさんぽ!!
暑くなるまでは足しげく通った、ちょっと林のある公園へ。

途中の神社にも寄ったのですが、
朝の神社の思わぬ混雑ぶりにびっくり。
まあ、混雑といっても団体様がどんどん来る、とかではもちろんないんだけど、
人がとことこっとやってきて、いなくなって、
またすぐ新しい人がやってくる様は……
ドラクエのダーマ神殿さながらでございました
(いつのダーマ神殿のイメージなのか不明だけど
 とりあえず「これダーマ神殿!!」て思った)。
昼や夕方は、来てもあまり人と会わないんだけど、
みんな朝来ていたのね〜。
地域の人に愛されている神社でござった!!

林のある公園はやっぱりさわやかでした。
1ヶ月くらい来てなかったのかな……
木々の様子がずいぶん変わって、
そして朝からお蝉さまのフル合唱!
1匹1匹がそんなでかい声で鳴いてる感じはしないんだけど
とにかくいっぱいいる!
耳にびりびり来る感じ、
都内でもこんななってるなんて〜

って思って動画で音を録ってこようとしたんですが、
家に帰って再生したら正体不明のものすごい騒音が入っているだけでした。
そういえば携帯の動画って……こんな録音クオリティなんだった。

あとは少し木の実が落ちていたよ!

きゃわ☆

b0039091_8175421.jpg

栗のほかにドングリの小さいのも落ちてました。
今落ちちゃってるのは未成熟なやつなんだろうけど、かわいい。

この他、水筒に入れてきた水を飲んだりなんだりと
公園内で足を止めることの多かった私は……

出口に行き着いた時にはもう脚の複数の箇所に
猛烈なかゆみを感じていました。

5箇所刺されてました。

蚊乙。。。。


さて今日もがんばるわよ!!
by refri5erat0r | 2012-08-07 08:20 | 雑記
こんにちは豊島ミホです。
いきなりタイトル通りの本題ですが……
本日より、Webでのマンガ連載をスタートいたしました!
パパーン(効果音)

その名も

『読書感想文攻略法』!!


b0039091_21164070.jpg

こんな男子と

b0039091_21185470.jpg

こんな女子が

b0039091_21181412.jpg

夏休み明け、感想文を提出できずに困っています。

そこに現れる……

b0039091_21194746.jpg

感想文の妖精さん?!

この連載は、読書感想文が書けない子たち
(そして書けなかった子だった大人たち!!)
に送る講義型コミックです。
読んだところでコンクールに入賞する感想文は書けませんが
学校に提出して受理されるレベルの感想文は書けるようにな
……るかもしれない!?



b0039091_21201847.jpg



「まあちょっとばかし金はいただくけどな!」
(と上の絵にアテレコして下さい)


連載場所は例によってブクログのパブーです。
第1話はここ!
こっちは自主じゃなくて公式連載で、毎月2回の更新が保証されています
(保証されて……るんです……((((;゚Д゚))))。
第1話はお試しってことで完全無料です。
アカウント作成も特別な閲覧ツールも必要なく、読むことができます。
マンガは小説よりさくっとウェブ上で読んじゃいやすいよね!
気軽に見にいらして下さいませ!

ちなみに「連載」というのはパブーの新機能で、
読者さんに講読の登録してもらって、月額の料金をいただくものです。
『読書感想文攻略法』の講読料はいくらかといいますと、
月2回更新で月額300円というちょっとカラいお値段ですが
(※8月のみ、1話が無料なので2話目の分の150円だけ課金)、
なるべく読み応えあるように頑張りました! 
ウェブ連載ならではのフルカラー!
さらに1回12ページ以上は必ず描きます!(月24ページ以上ということ)
よろしくお願いいたします。

PDF形式があるので、ダウンロードして手元に置いておけるのが
他のウェブコミックと違ういいところ☆
残念ながら……今年の夏休み終了までには講義のさわりにしか
達することができないのですが……(なんせ第2話までですから)
来年の夏休みに向けてとっておくこともできますよ。
文化祭くらいに合わせた「秋の感想文シーズン」までには、
結構いいところまで進んでる予定ですよ。どう? どう?



ちなみに「読書感想文」は私が学生時代もっとも苦しめられた宿題のひとつです。


書 け な い


何を書いたらいいのか全然わからない
「感想」って……何?
「思ったことなんでも書いていい」って……先生、それ欺瞞でしょ?
「算数は答えがひとつだけど国語は答えがひとつじゃないから
 楽しい教科です」と同じくらいの欺瞞でしょ?
(答えがひとつと限定できないにしても、設問がある以上、正答と誤答があるのは当然)
と小学生にして思っていたひねくれた子どもだった私は
中学時代を経て高校1年まで感想文に苦しみました
(進学校なので1年生で感想文の宿題は終わる)。

初めて「今なら感想文が書けそうだ!」と思った時は大学4年……

全体的に手遅れでした。

私は手遅れだったけど、この書けない→書けるへのコツを誰かに伝えたい!
そういう思いがずーっとあって(このブログでも夏が来るたびしばしば言ってきた)、
今ここに至るわけです。

感想文てやつに興味があるかた! 
ぜひぜひ『読書感想文攻略法』をよろしくお願いします。
by refri5erat0r | 2012-08-02 13:47 | 告知