雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こんにちは。豊島ミホです。
最近更新が連続してますが、今日これをアップすると多分1ヶ月くらい書かないので思い切って。

『やさぐれるには、まだ早い!』の文庫が12月22日刊行予定です!
エッセイ集です。単行本からまだ2年なので、早めの文庫化です。
しかし前回チラッと書いた通り、最近書いた書き足し分を収録!
連載時より長いエッセイが2本です。
「オマケ」じゃなく「つづき」って感じですね。
エッセイ集でそんな書き足しアリかよ! っていうか小説だったら絶対だめだよ!
という感じの書き足しです。
しかも、とある作家さんにあったかすぎる解説を書いていただきました。
単行本読んで下さった方にも文庫を見ていただけたらいいな〜。
レーベルは「MF文庫ダ・ヴィンチ」です。メディアファクトリーさんです。
発売前後にもう一度告知すると思いますが、ひとまずうっすらとよろしくお願いします。



最近、DSiウェアのリズミックスというソフトを買ってみました。
音ゲーっていうか、なんだか「シーケンサー」なるものらしいです。
詳しくは上のリンク先公式サイトでよろ。。。
私もあんまりよくわかってない。
最終的には作曲ができるツール。

800ポイント(=800円)とはいえ、
手に負えるのだろうか……お金の無駄にならないだろうか……と逡巡したんですが
(音楽ツクールとかマリオペイントとかスーファミ時代にいっぱい
 「手に負えない音楽作成ゲー」に浮かれて凹んだ私)、買ってしまいました。
やべー全然わからねぇ……と最初は思ったんだけど
1時間くらいいじったらちょっとだけわかってきたぞー!!
これは5年は遊べる! 気がする!

あー中学の時これがあれば私も立派なテクノ坊主への道を歩んだのにぃぃぃ。
歩まなくていいけど。

ちなみに最近こういった娯楽との距離の取り方があんまりわからなくなってきた。
ちょっとこまってる。

マリオペイントって面白いソフトでしたね。今思うと。
専門的な人たちがパソコンでやってることを
スーファミユーザーのところまで落としてくれたものだったんですね。
あんま使いこなせなかったけど、あれがあるから
初めてPCを使う時の抵抗が少なかったのかもしれない。

ってか「マリオペイント」で検索したらこんなゲームが関連で出てきちゃったよ!
知らなかった! これは……ヤバい!! 多分大好き!
こんなの買ったら私は時間泥棒に身柄ごとさらわれてもう帰ってこられない。
by refri5erat0r | 2011-11-25 13:27 | 告知
映画「指輪をはめたい」を観てきましたよー。
公開初日に☆

b0039091_20184738.jpg

















映画「檸檬のころ」を監督してくれた岩田ユキさんの作品です。
本をたくさん読む方はタイトルをご存知だと思うのですが、
今作は、伊藤たかみさんの同名小説が原作。
私はひとまず原作を読まずに映画を観にいきました。

書店で本を見た時には、「指輪をはめたい」は女性の言葉かなぁと
思っていたのですが、「はめてもらいたい」のほうじゃなくて
「はめたい」のほう、男性が主人公なんですねぇ。

スケートリンクで頭を打って(?)病院に運ばれた主人公、「てるひこ」。
一応正気のつもりだが、医者の診断は記憶喪失、
そして鞄の中には真新しい婚約指輪が……!!
自分はこれを誰かに渡すはずだった?
でもてるひこの前には何と3人の女性が現れる。
てるひこの恋人として……。
指輪をはめたい「相手」は、さあ、誰だったのか?!

という感じで始まるお話。



ネットで予告編を見ただけで、
「ああ、カントクの映画だぁ〜〜〜」
と思っていたのですが、
劇場で本編が始まると、もう、随所で
「わああ、ほんとにカントクの映画だぁ〜〜〜」
と思わされ、うずうずしました。

「檸檬のころ」公開時の記事に書いたのですが、
私は普通に岩田ユキ監督のファンなのです。
初期短篇から辿って観て、彼女の世界に惚れ込みました。
レトロでポップで1割ファンキーな小道具とか。
突っ込みどころ満載の台詞が、完全にスルーされたりする脚本とか。
(個人的に映画では絶対はずせない! と思う)シーンの切り取り方のきれいさとか。
好き……!

そして「指輪をはめたい」では、その「カントク風味」が
ぶわーと遠慮なく全面に出ていました。
たとえるならば……できたてのカレーが二日目のカレーにパワーアップしたように……!!
(このたとえ、あんまりうまくない……。)
それは細部に本人の色が表れている、というだけのことではなくて
お話の解釈から、伝えたいテーマから、すべて、
たぶんしっかり「自分のもの」になってるんだろうな、という感じでした。
ユキ味が中まで染みている!!(と、私は思う……)

「原作者」になる者としては、作品を他人に預ける時って、
申し訳なかったりするんです。
あなたは他に言いたいことがあるかもしれないのに、
これを押し付けてごめんなさい……みたいな。肩を縮めたくなるよーな気持ちがある。
でももしも私がこの作品の原作者だったら、
そうやってもぞもぞしながら預けたものを、
こんなに相手の色に/ものに、してもらって、とても嬉しいと思う。
(まあ、本当に「私だったら」という勝手な想像に過ぎない話ですが。)

終わりまで、夢中になって観ました。
ちょこちょこ、考えることもありました
(「男って……」とか「恋って……」とかそういうこと。
 不思議なことに、男の失恋って「敗北」としてインプットされるくさいよね?
 女の人はたいがいそうじゃないと思うんですけど……)
笑ったり泣いたりしました。
どっぷり浸かって映画を見た後の、
「あれっ、ここどこなんだっけ?!」って感覚、
あれ久しぶりに味わいました。

色んな人に観て欲しい映画だなぁ〜〜と思った。
でもカップルで観るのはオススメしない、絆が深まるタイプの映画ではない(笑)
男→観た後ぼーっとしちゃう 女→あんな話を観た後でぼーっとする男に頭来る
というパターンで喧嘩の勃発までありそうな……!
男の人、特に今30歳くらい(主人公と同年代)の男子はひとりでみにいきたまへー
って私は思います。
推奨は女子ふたり。私も友だちを誘って行きました。

いや実際あれを男の人が見たらどう思うんだろうな!? って気になるけど!!

youtubeの予告編はこちらです。

首都圏のみならず、札幌・名古屋・大阪・京都・神戸・福岡などでも既に公開中、
他にもいっぱいまわるところがあるみたいなので
気になる方は上映館情報をチェックしてみてね。
by refri5erat0r | 2011-11-21 20:23 | 雑記

2012年!30歳!(11/18)

こんにちは豊島ミホです。

11月も半ばを過ぎましたね。
うん……そろそろ……来年の目標とか……アレする時期っすよね……

私の2012年の大目標は「支出を減らす」!
ちょっと減らす……とかじゃなくて、どこまで減らせるかというゲームにチャレンジする!
決めたぜ!
こんなこと書いちゃって税務署の人が目を光らせていたらどうしよう
とうっすら思ってるけどまあ大丈夫だろうマジに減らすから!!
支出っていうか収入がまずオートで減るから!

でもねーそれ(来年の目標)を「節約」とは呼びたくないのだよねぇ……。

「節約」って、なんでもかんでもケチる気がするよね。
安く買えるものは絶対安く買う、欲しいものでも高ければ見送る、みたいな。
そういうのはしない!
マンガは迷わず新刊で買う! まぁ小説とかも……なるべく単行本で買う。
CDなんてバキバキに買う!
そやって、自分の好きなもの提供してくれる人には
惜しまないでお金を回させていただくぅぅぅ

減らすべきは「無駄」ですよやっぱり。
そんなに回したくないのにお金回してるところ。
口淋しくて買うおかしとかさぁ……
「まあ、これでいっか」って買っちゃってあとで押し入れの肥やしになる洋服とかさぁ……
そういうところを削っていけば、ちゃんと支出は減るはず☆

と思っているけど甘いのかなぁ。

とりあえずiPadの3G回線は近々解約するわ。
家でWi-Fiができると、3Gほとんど使わない……。
あの重いのを持ち運んで回線使うことはあんまない。
もちろん長期で使うと割引ぃみたいのを前提に買ったんだけど、
よく考えると、どうせ払う額は同じっていうね。

そんな見直しをすることでなんとか減らしていきたいです。
あとは家賃! うぇい!
色々あって私は今一時的にワンルームマンションに居ます。
(「色々」の内容は来月文庫化される「やさぐれるには、まだ早い!」書き足し分にて☆)
「こんな狭い部屋に住むとかありえねーっ!」って最初は思ったけど
(て感じ悪かったらごめんなさいね、ほら、ド田舎出身ですから)
だんだん行ける気がしてきたあああ!

実は今年、噂の「断捨離」に取り組んだりしていたのですよ私……(ボソリ)。
それによって、なんてーか、自分の荷物の適切なサイズが
やっと見えてきたといいますか……
荷物なんて飽和してるの当たり前ーみたいな状態から
(実家が田舎の一軒家だとどうしてもそうなりがちでは……って言い訳?)、
それ当たり前じゃないっっ! って思えるように変わってきた。
所有に対して責任はおいましょう。って。
好きで、ずっと持ちたいものをそばに置けば、
その「もの」の数ってそんなに多くならないはず。

まー実家という四次元ポケットにだいぶおさめることになるだろうけども(汗・
 いつか処分する気はあります、荷物……)
自分の手元だけでもせめてきっちりしておきたい。
今まではそれすらなんともなってなかったわけですからね……。

本棚とか。「やさぐれ〜」に書いたスリムな本棚×2のほかに、
大きいのをふたつ買っていたんですけど、
あれはもう私の人生で持てないサイズだなって。わかった。
本棚4つある家に住めない。
そういう家を借りるほど働くつもりがない。

こういう感じ、年代が上の人たちにはわかってもらいづらいと思う……
やる気がない覇気がない、そういうふうに見えるのかもしんない。
でもちがうのー
働き過ぎたくないだけなのー
ちゃんとした生活をまもりたいのー!!!
収入を減らす、ために支出も減らす!(ビシッ)
時間と生活の豊かさは増える!
そういうふうになりたいね〜〜〜☆☆☆(←なにこれ)

と思ういっぽうで、甘ったれた思想かなこういうのは。
とふと不安になったりもします。
私はいま……ブラック企業とか……職場いじめとか……
そういうのが(まだ就職してないけど)怖い……
生活なんて、守れないくらい、使い倒されるのかな。
いまってそういう世の中なのかな。

同年代の人たちはだいたいそうだと思うけど、
9時に出社して5時に帰ってくるような同級生はほとんどいない……。
残業……? なのだろうか……?
けっきょく詳しく知らない。
でも社員ぽい人はみんな、夜遅くならないと帰ってこない。
唯一私が生態を知る職業「編集者」の皆様は、メールの送信時間がだいたいとんでもない。
どうしよう私5時に帰りたいな……。

来年の目標その2 5時に帰りたい

目標なのに語尾が「たい」になるくらい弱い。。。
うう……。

でもねぇ打ちのめされたら打ちのめされたでしょうがないよ。
って思うんです。
私は今まで世の中を知らず生きてきたけん、、、
それを知るだけでも知った方がいいんだ。多分。

でも5時に帰りたいけど。



なんか暗くなってきたから雰囲気を変えて来年の目標その3!

は、

「○○さんってつまんない人だよね」

って陰口を叩かれること。
え結局職場いじめ受ける前提なの? って感じですがそこまでではなくてー

つまんないとか言われるくらい品行方正にしていたい!

ってことれす。

人の感情を刺激しない……
突っ込みどころがない……

そんな人になりたいなー!
っていうか公の場ではそうやってちゃんとしていたいってこと!
私的なものを職場に持ち込まないようにしたいぃぃ
(※職場はある前提)
いつもコンディションが一定の人、私生活が不明の人になりたい。



なんかねぇ意外と。
もらわないしあげないことも重要。と思う。
感情とか。
そこはケチケチしないであげたほういいよー!
と突っ込みが入るかもしれないがなんてーの、
さつばつとしたよのなかで、無防備になんでも受け入れられるのは
よほど精神的に強い人ひとにぎりだ。と思う。
そして私はそのひとにぎりではないね……少なくとも30歳でそんな状態ではないね。
(来年30だよ☆)
そういううちはバリアも必要だよ。たぶん。

うーん総合的に見て来年の私はちょっとケチケチモードだろうね!
でもしばらくはそんなモードで行きたい、
流れてくるものをぱすっぱすって小さくハサミ動かして切ってるみたいな
そんな感じで居たい。
でも大好きなものは大好きなままでーそっちはガンガン伸ばしていく方向で。

あれだわ。
植物を整えるために枝にハサミを入れること?
あれなんて言うんだっけ……やばい最近言葉が出てこない……
「剪定」だ!
剪定的3年間のはじまりとしたいよ来年は。



この間すごく素晴らしいライブを経験しました。
それをいっぱい書こうと思ったんだけど機会を逃してしまった。
すごーく好きで影響を受けたもの、心の一部みたいになってるものって、
私は10代で出会ったもの(&人)がすごく多かった、
でも20代も終わりでこんなにぶわーって好きになったりするんだ!!
ってびっくりしました。
ってか私は多分10代を引きずり過ぎていたね。。。
引きずり過ぎて、20代的な経験をろくにできなかった
(いや逆か、20代的な経験がなかったから10代を引きずるしかなかったのか)。
しかしまあそこにはすとんと幕を下ろして、
鮮やかに30代スタート☆ と行きたいものです。うふ。

まだまだ白い!
って思えるうちは思っていたい、いっぱい。
by refri5erat0r | 2011-11-18 17:09 | 雑記