雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

文庫発売(6/26)

こんにちは。豊島ミホです。
本日、『夜の朝顔』文庫版が発売になります。(内容は単行本時の宣伝参照)
集英社文庫です。
夏の100冊フェア、「ナツイチ」の1冊にしていただきました!!
(集英社文庫のトップページはこちら

のみならず、くらもちふさこさんに解説を書いていただいてます。
くらもちふさこ違いじゃなく、もちろん
漫画家のくらもちふさこさんです(笑)
解説お願いしたと言ったら、両親ボーゼンでしたからね!
「身の程知らずにもほどがある!」みたいな。
でもお引き受けいただいて、こうしてこの文庫に
実際にくさもちさんの解説が載ることになり、本当に嬉しいです。
一番嬉しかったのは、自分の小説を読んでいただけたことですけど……。

高校時代から、くらもちさんのファンでした。
2つ前の記事で、いくえみ綾さんのことも書いてますが、
同じ頃に別ルートで知ったんだと思います。
くらもちさんを知った時の最新刊は『天然コケッコー』でした。
「天コケ」を揃えつつ、文庫になっている既刊を読んでいったのですが。
「天コケ」の次に手を出したのが、『おしゃべり階段』。
出版社の人は、えーっ、なんでいきなりそんなに戻るの?! と
思われるでしょうが、お金のない高校生って、
そういう買い方しちゃうんですよね。最新作見たら、
次はお得感のある文庫のほうに手〜出してみっか、みたいな。
たしか書店でちょっと立ち読みしてみて
加南にシンクロしちゃったんで、そのまま買って帰って
むさぼり読んだんだと思います。

この間、実家に帰ってきてからふと思い立って
『おしゃべり階段』を再読してみたところ……
こんな大スケールの傑作だったんだ、というところに衝撃を受け!
(主人公の加南が、特に波瀾万丈の人生ってわけじゃないのに
 しっかり成長していって大人になる)
さらに、キャリア何年目・何歳で描かれたかを計算してみて
がつんとやられ!
改めて、すごいよ〜〜、と思いました。
あと、とんがらしのかっこよさを今になって知った(笑)
高校生の時には、線にしか目が行ってなかったよ……。
もちろん最近の作品も好きです。『駅から5分』では
声優さんの話が。何回読んでも最後じわっときてしまう。
あと『月のパルス』の、紀のポジションのせつなさが好き。
……などなどなど、延々語り続けることができそーですが、
この辺にとどめておきましょうか……。

くらもちさん、ありがとうございました。
また、今回は装丁を芥陽子さん、イラストをヒロミチイトさんに
担当していただきました。
単行本とはまた違った感じになってます!
(『夜の朝顔』は単行本の装丁もすごく好きですが)
店頭もしくはウェブで見てみて下さい〜。
おふたかたも、ありがとうございました。

*     *     *

記事が長くなってきてますが、最後に夏フェアについて。
多分今日あたりから、各社夏の文庫フェアがスタートしています。

角川文庫 http://www.kadokawa.co.jp/dis/
新潮文庫 http://100satsu.com/
(幻冬舍文庫も夏フェアがありますが、毎年店頭展開のみで
 公式サイトで100冊を見られるようにはなっていないような)

角川さんには「きみが見つける物語 スクール編」というアンソロを
入れていただいてます。
今年も各社盛り上がるといいですね。
by refri5erat0r | 2009-06-26 13:38 | 旧・告知

新刊情報(6/17)

発売日まで1ヶ月を切ったので、新刊のお知らせです。

『夏が僕を抱く』
祥伝社さんから7月11日頃発売です!
短編集です。
恋愛小説誌「Feel Love」に掲載させていただいたものがまとまってます。
話がつながってる連作スタイルじゃないけど、
6編全部「おさななじみ同士の恋」がテーマです。

おさななじみ同士は、やっぱり運命の出会い☆ って気がするよ☆
自分に異性のおさななじみいないから言うけど!
同性のおさななじみも皆旅立ってしまって(主に嫁に行って)
もう誰もいないんだけど!
でもほら〜
おさななじみは、「生まれた場所以外接点がない(かもしれない)」っていう
ミラクルな関係じゃないですか。
同じ学校とか同じ業種とか、
自分とある程度似たような能力の人間が集まる場所で出会う人たちとは
きっと違うのではないかと思うんだよね。

まあそんなミラクルな出会いから恋愛(含:片思い)を練り上げた短編集です。
いつもよかポップでキッチュな味にしたつもりです。
よろしくお願いします。

余談ですが、ポップでキッチュな味といえば
ねるねるねるねだよね。
元から結構食べてたけど、こっちに来てから2日に1回くらい食べていたら
近所のスーパーで売り切れになってしまいました。
あたいの!! ねるねるねるね切らさないで!!

ねるねるねるねに限らず、つくってみたものがおいしいとき、
頭の中で「テーレッテレー♪」というあの効果音が鳴ります。
何歳になったらやめられるのか不明。
効果音も、ねるねるねるね自体も。
by refri5erat0r | 2009-06-17 13:49 | 旧・告知

掲載情報(6/12)

こんにちは。豊島ミホです。
本日発売の「別冊マーガレット」7月号、「ベツマトーク」のページにて
「語ろう! いくえみ綾先生」という企画に参加させていただきました。
マンガ家の先生たちと別枠で、ちょこっとコメントさせていただいてます。
でへへ。すみません。
でも、このアンケートの回答書いてる間、幸せでした。
好きなものについて考えてる時間って、ほんとに幸せだ!

一番思い出深い作品……というのではアレを挙げましたが(誌面参照)、
他にも、初読の時の気持ちがずーっと残ってる作品ってたくさんあるし、
そういう感じと違うけど好きな作品もたくさんあります。
短いやつだと「いちごの生活」とか(いちご なつき いちご なつき のやつ・笑)
長いやつだと「ハニバニ!」とかの……なんだろー、
はっちゃけてるお話(?!)が個人的に好きで、
ああやっぱでも「プレゼント」みたいなしっとり系も超いいんだよなー
なー……
とか迷っているうちに日が暮れる。
結局、読んだ作品はみんな好きです!

「迷う楽しみ」を味わいたい、いくえみファンのみなさまは、
ネットで……それ用のしつもんなど、探してみるのもよろしいんじゃないでしょうか。
リンクははらないでおきますが、私はひそかにやりました(笑)
メモ帳上でやって、そのままそっと保存しておきました……。

*     *     *

別マを読んで、やっぱり少女マンガはいいなあーと思いました。
私は18くらいまでろくろく少女マンガ誌を買ったことがなくて、子ども時代など、
「美男美女がくっつくだけの話なんぞおもろいかぼけっ!」
くらい思っていたのですが(ヒデエ……)、
美男とか美女とかは関係なくって、
その人がその形で生まれたことを味わっていくというのが
少女マンガの核なんだなと、最近考えるようになりました。

それを幼い頃から拒否ってた私は、よっぽど……アレだな。
と思うんですがまあそれは長くなる話なんで割愛。
by refri5erat0r | 2009-06-12 13:28 | 旧・告知

ニート1ヶ月(6/3)

うんがああああ
としまみほです。

ニート飽きてきたよ!
ぶっちゃけ飽きてきたよ!

引っ越す前ははりきって、暮らしを丁寧に〜とかそういう系の本を
揃えてたけど、なんかおれそういう人種じゃないかもしれない!
とたった1ヶ月で思った。

精神的に暇すぎる。
物理的には「だったらやれよ!」ってことは色々あるけど
(だいたい、まだ直してる原稿あるし)
手ぇふさがってて脳はふさがってないとかそういう状態なんよ。
だいたいにおいて、生活の登場人物が少なすぎ!
父、母、祖母、おわり、ですわ。
あとハチ(ポメラニアンのぬいぐるみ)。
もうキャラ不足すぎて毎日彼氏ができる夢見る!
うっそー毎日はうそだけど。
でも3日に1回くらいマジで見ます。
今朝なんて未知のイケメン3人とバンド組んでる夢だったよ?!
俺ベースで。
(ベースだから「NANA」のパクリじゃない。)

ということは仕事が足りないんではなくて知り合いが足りないのだろう……。
でも知らない人との飲み会がだいきらいな俺は
毎日他人と会う仕事じゃないと友だちができないよ。よ!!
毎日口をきくことで1年かけて友だちになるみたいな。
そんくらい強制的じゃないとなんかあんま他人に噛んでいけない。
それは私が他人に興味を持ってないからとかじゃなくてあれだよ、
みんなにとって私がさしておもしろくないやつだからだよと言い訳したくなるが
そういう屁理屈はどうでもよくて、まあ、だから、仕事しろよっていう。

仕事かあ〜〜〜

わっふ〜〜〜〜〜〜〜〜

ってごまかし切れてないかもしれんけど、とにかく
人間は群れをなし社会を成す生き物だということが
身にしみてわかっていく日々です。日々なんです。
仕事ないならないで超本読んで超頭いくなる! と計画してたけど
なんかそういうことする人でもないみたい、自分は。
ま、「超」とか言ってる時点であれだ。うん。

告知することがあったような気がしたけど来週でした。
by refri5erat0r | 2009-06-03 18:10 | 旧・雑記