雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

書き置き(11/21)

明日22日発売の「小説新潮」12月号、特集「作家になる道 Part2」に
「休業の理由」というエッセイを書かせていただきました。
補足的に何かここに書こうかなと思っていたんですが、
読み返してみると、これ以上言うことはなにもないって感じでした。

このブログでは一切触れてきませんでしたが、
来年の一定期間、休業を予定しております。
しかし休業までまだ刊行予定が単行本4、文庫2、確実にありますし
その準備が終わるまで「休業」とはいかないので
今ここで詳細を語ることは控えさせていただきます。
というか、スムーズに休みを終えれば読み手側への影響は一切出ません。
来年は今年と同じペースで本が出ます。
来年もよろしくお願いします……(さすがに早いか)。

*   *   *   *

今回のエッセイ原稿を書くにあたって、
16の時家出した際の書き置きを、家からFAXで送ってみせてもらいました。
シチュエーションとしてははっきりいって同じなので、
当時何を書いたかわかれば、参考になるんじゃないかと思って。

エッセイで触れたことがありますが、
家出した時の手紙を、私は一度も読み返したことがありません。
10年ぶりの再会でした。

ちょっとどきどきしながら、送られてきたFAXを読んだら、
まず文才のなさに絶望。
そして記憶との食い違いぶりに驚愕。
「もう戻らないかも〜」くらいのニュアンスで書いたつもりだったし、
親もそう受け取っていたようだったのに、
もう、ばりばり帰るとしか思えない内容でした。
「2、3日で戻ってくると思ってるでしょう。でもわからない。
 2週間かもしれないし、1ヶ月かもしれない……」
的な文章があって、「最大1ヶ月かよ!」と心の中で突っ込まざるを得ませんでした。
あと、本当に構成がめためたで……。
「何を言いたいのかわからないし、エッセイの参考にはもちろんならん!」
とひとまず手紙を放り、エッセイに取りかかったのでした。

しかしいざ原稿が上がってみたら、書き置きとそっくりだったということです……。
構成が同じでした。
めためたでした。
そしてそれ以上直せない気がするのでした。

っていうか10年前の行動と心理を素でなぞってる自分にびっくりした。
成長してないんでしょうか。
by refri5erat0r | 2008-11-21 01:20 | 旧・告知

くりかえし(11/14)

こんばんは。豊島ミホです。

昨日、徹夜明けでゴミ出しにいこうと玄関のドアを開けたら、
目の前で雪をかぶった富士山がさんぜんと輝いていてびっくりしました。

引っ越してきてから初めて見た時もびっくりしたけど。
でか! てゆーか近っ! みたいな。
1ヶ月くらい、富士山っぽい別の山なのではないかと疑っていました……。
夏は見えない日のほうが多かったし。見えてもモーっとしてるし。
東京より北に住んでる人間には、ぴんとこないですよ。
あんな「絵に描いた富士山」のようなものが本当に富士山だなんて……。
雪をかぶった姿を見たら、なおさらびびりました。
てか、こんなにくっきり見えたのは初めてのような。
冬になるといつもこういうふうに見えるようになるのかな。
すごいね。信仰の対象になるのもわかる気がする。

一生のうち富士山が見えるところに住むのは今だけって感じがなんとなくするので
今のうちいっぱい見ておきたいです。
キンモクセイのにおいを発見したときにもそう思ったけど、あるのとないので違いすぎる……。

*   *   *   *

今日は告知することがないので雑談だけです。
最近、昔の友だちが頻繁に夢に出てきます。
や、友だちとか同級生が出てくるのは普通なんだけど、
いつも同じ子で……
私が向こうを怒らせて、口をきいてもらえなくなって、
そうすると私は学校でひとりぼっちで……みたいな夢なのです。
自転車を押して、他の友だちと帰ってく彼女の背中を見てる。とか。
そういう夢を繰り返し繰り返し見ます。

か、書くとさみしいですね!
でも見てる間はさみしいとかじゃなくて、おもたいっていうか。
謝っても許してくれない、謝る余地もないってずっと思ってて。
うーん……。
by refri5erat0r | 2008-11-14 21:53 | 旧・雑記
月頭の告知でも書きましたが、吉川トリコさんの文庫『戦場のガールズライフ』に
解説を書かせていただきました。小学館文庫です。すでに発売中です。

私も、解説を書いてもらう側にまわることがある身ですから、
「こういう解説が欲しいんだ!」というのを、あますところなく詰め込んだつもりです。
まず愛! 作品に対するラブを!
ブチ出して書かなければならないのではないかと。
あとは、その作家の他の作品も読みたくなるように誘導してみたり。
なおかつ1冊目の文庫ならその作家の魅力まで言及してみたり……。

文庫はただの「普及版」じゃない!
「保存版」なんだ! 単行本よりずっと長く棚に置かれて、
場合によっては10年先の読者が手に取るかもしれないものなんだよ!!
そこを踏まえて書くのが解説というものよ!

と持論をふりかざしノリノリで書いたわけですが、
先日発売の「ダ・ヴィンチ」にタイミングよく載っていた
文庫解説特集(@文庫ダ・ヴィンチ)を読み、へんにゃりしました。
もうどなたの論だかおぼえていないのですが、
「読み終わったあとの読者と対話するのが、解説の役割」っていうのがあって……
納得すると同時に、「しまった、対話じゃなくて演説ぶちかましてしまった」と意識しました。
ていうか、どっちかっていうと、「読んだ後の人」より
「立ち読みして解説から読んじゃってる人」を意識して書いたような。。。

……愛はあるので許してください。
ていうか、同じ賞の出身者同士で解説書くとか、とんだ馴れ合いだぜ仲良しごっこだぜ!
とか思っちゃう勘ぐりやさんもいるかもしれませんが、
私はトリコさんと会ったことがなくても、同じ賞出身じゃなくても、
『ガールズライフ』の解説を書いたと思います(編集さんが私にたどり着いてくれれば、だけど)。
げんに、会ったことなくて、向こうが私の小説を絶対好きじゃなさそうな作家さんの本でも、
解説書いてみたい! って作品はいくつかあるもん!(「たくさん」ではないけど)
稿料以外の対価は要らない、それでも書きたい、ってものだけ
これからも解説を書いていけたらいいなと思ってます。

とりあえず、このブログをチェックしてくれてる人で
まだ『ガールズライフ』を読んでないかたがいらっしゃるなら、
この文庫版が出た機会に手に取ってみてほしいです。
絶対面白いから! 特に「テンポいい小説が好み」というタイプの人は必読。
あと、普通に南Q太ファンにもおすすめする……(イラストがQ太さん)。
出てる単行本全部読んだってくらいQ太ファンの私が言うんだから、
多分中身とイラストが超まっちしてますよ。
(表紙画像はココで。小さめですが)

最後に、解説に入らなかった余談ですが、私は希奈子がいちばん好き! 4人の中で。
「友だちとしての女の子」をここまで魅力的に書いた小説って、なかなかないよなあ……。
現実では、ラフな関係の友だちこそ魅力的だったりするのにね。
by refri5erat0r | 2008-11-08 01:32 | 旧・告知

今月の掲載情報(11/3)

遅くなりましたが、今月の掲載情報行きます。

7日 小学館文庫『戦場のガールズライフ』解説
20日 「L25」連載エッセイ「やさぐれるには、まだ早い!」
22日 「小説新潮」12月号 特集「作家の転機」にエッセイ寄稿
25日 「ピアニッシモ」vol.6 連載エッセイ「漫画家挫折物語」
月末 「星星峡」12月号 連載小説「リテイク・シックスティーン」

「L25」は1回休みが入るので掲載が1度しかありません。
吉川トリコさんの『戦場のガールズライフ』解説は
暑苦しいほど「解説!」って感じで書かせていただきましたよ。
発売後にまた何かここに書きます。何かっていうか、文庫解説というものへの熱い思いを?
あと『ガールズライフ』への思いも。むろん解説に全部書きましたが、このブログにも若干書きます多分。

*   *   *   *

間が空いたので近況を〜。

MacBook買いました。

b0039091_4422072.jpg


















ああああ〜〜〜〜〜〜

かわいい! かわいいよMacうううううう!
っていうこの文章もMacで書いてます。さっそくメインマシンにした。
説明書の一番最初に「このMacはあなたに出会うために生まれてきたのです!」とかなんとか
日本人なら絶対書かないことがでっかく書いてありましたが、
「ほんとだよおおおお」と思いました。
だって! 私とパソコンはいつも一緒だし!
仕事する時もさぼる時もごはんの時も……
考えてみれば一番の相棒ですよ!
ていうか私の仕事する姿を見守ってくれるのはパソコンしかいない。
世界に君ひとりしかいない!

今度はキーボードにうどんをこぼさないようにしたいです。

*   *   *   *

あと、さっき初めてDAIGOっていう人をテレビで見ました。
最近名前はよく聞くけど、何してる人だかわからないし、顔も見たことない……
って感じだったんです。
でも、見ても、何してる人だかよくわかりませんでした。
イケメン? イケメンっていう職業?? ?

この間の「L25」に、女の子の容姿の話を書きましたが、
男性についても、「好み」って、学習の積み重ねなんじゃないかなと思います。
二十六歳現在の私はイケメンにまったく興味がない。
それは人生でイケメンが私にやさしくしてくれたことがないからだと思う。
「こういうタイプの人は、私に興味がないなあ」ってことを
何度かインプットされた結果、その人に興味を抱くのが無駄? 
みたく思うようになっちゃったんじゃないのかなあ
(ほんとは、どういう態度を取られようと好きでいるのは勝手なんだろうけど、
 私がわりと見返りを望む性格なのかもしれない)。

じゃあどういう顔が好きかっていうと、うまく言えません。
「芸能人でいうとどういうタイプが好き?」って、たまに聞かれるんだけど、
私の好きな顔は芸能人にはいない……!
なんか、普通に電車に乗ってる時に、「あ、好きな顔」って人に
会うことが多い気がします。
そしてそういう顔は、やっぱり今まで自分にやさしくしてくれた人たちの顔に
似ているんだと思うな(異性で私にやさしいってことは、もう博愛系ってことだが!)。

駄々喋りすまんかったです。
先月の原稿が今終わった……っていきおいで駄々喋ってみた!
by refri5erat0r | 2008-11-03 04:55 | 旧・告知