雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

週末は(2/24)

「シムシティ」は売り切れで買えなかった。
あと「どうぶつの森」で、お手紙の返事が、グレオちゃんからのものだけ異常に悪い。
もしかして男子に「ちゃん」付けしてるのがマズいんじゃ……!
でも、つめたくされすぎて愛が冷めてきました。

新潮社 女による女のための「R-18」文学賞最終選考の
読者投票締め切りが来週の金曜日になっています!
週末いっきに読むなら今しかないです。
なので興味のある女性のみなさんはぜひぜひ参加してくださいーー!

編集者のみなさまも……あのう……
候補作を読んでおくといいことがあったりするかもしれませんよ……
by refri5erat0r | 2007-02-24 16:19 | 旧・雑記

小説新潮とIKKI(2/22)

今日「シムシティ」の発売日じゃないっすかーーー!!!
ゲーム屋行ってきます。
このブログはゲームブログになってしまうんじゃ……いかんな。

あ、前の記事にも書いてますが「小説新潮」の発売日でもあるので4649。
今月の小説新潮めくって、「なんで『鉄子の旅』が載ってるんだ……!」と驚愕しました。
小学館のコミック誌「IKKI(イッキ)」の長寿連載鉄道マンガ、それが「鉄子」……。
今回は酒井順子さんと鉄子チームで合同の鉄旅をし、「IKKI&小説新潮、相互乗り入れ企画!」
というのをやったもよう。「小説新潮」のほうには酒井順子さんのエッセイと、
鉄子からのカットが載っています。……が、

果たして「IKKI」の読者層と「小説新潮」の読者層がかぶり得るのか疑問だ。
「じゃあ、今月『IKKI』買ってみようかな!」ってアクションを起こすのは
全国で3人くらいしかいないんじゃ……そのうちの1人は私だし!

「IKKI」は妹が創刊号から買っていて、それに便乗して読んでました。
途中から自分も買うようになったので、結構長い間読んでたかも。
お気に入りのIKKIコミックスを「ライフログ」のところに紹介しておきます。
木葉功一さんの『フルーツ』。
時間があったらちゃんと文章書いて紹介したいんだけどな。
短編集なんだけど、めっちゃいいよ!
この人の描くマンガは「見せゴマ」の決まり方が最高です!
5話目の「ミカンちゃん」の見開きなんてたまらんよ!

え? なんで今「IKKI」を読んでないのかって?
それは……雑誌との蜜月って2年くらいのものなのだよ……
その後「アフタヌーン」に走るというあからさまな裏切りをかましてしまいました。
すすすすんません。今は「アフタヌーン」も読んでません(いやな言い訳の仕方だな!)。
しばらく月刊のコミック誌を買っていないので、また何か買いたいです。
隔月の「F」とは今、蜜月だけどね! ウフフフ……
by refri5erat0r | 2007-02-22 15:10 | 旧・雑記
妹から誕生日プレゼントにもらったDS「どうぶつの森」(公式ページ)をやってます。
CMで見ていたときは「か、かわいくない……(どうぶつも人キャラも)」と思っていたのですが
慣れると途端に愛着が湧くよーー!

うちの村には目つきの悪い豚のグレオというのが居て、もう
「グレオちゃん! グレオちゃん!」てな勢いでつきまとっています。
手紙の出だしはもちろん「いとしのグレオちゃんへ」です。
でもさきほど返ってきた手紙に「ひどいぶんしょうだったぜ!」的なことが書いてありました。
グレオちゃん……私、文章でごはん食べてるから洒落にならないよ……。

ゲーム話はさておき。
発売中の「小説すばる」3月号に、「ぜんぶあげる、なんでもあげる」という
読み切りを書かせていただきました。
同じ号で、吉川トリコさんとの対談もさせてもらってます!
「ガーリー」特集なのに、喋ってる内容がガーリーでもなんでもなくなっててすみません。
電気グルーヴはガーリーじゃないよね。
でもトリコさんのワンピースはガーリーでかわいかったんだよ。ほんとうに。

同じ集英社さんの「青春と読書」も今日発売でした。
こちらには、連載エッセイ「となりの席の男子図鑑」が掲載されています。
12回目だけど、終わりじゃないんです。あと2回あるからね!

そして明後日は「小説新潮」3月号の発売日です。
特集、「エロス早春賦」……! なんかすごいな、というタイトルですが、
私の短編のタイトルも「春と光と君に届く」というなかなかに赤面させられるタイトルです
(じゃあそんなタイトルにすんな! と言われそうだが、時間がなかったんだ! ごめんなさい)。
イラストのさやかさん、あの短時間でこの絵を……ありがとうございました。

小すばと小新で「びんぼうネタ」がかぶってしまったことに、原稿出してから気付きました。
やばい。書いてる期間が離れてたから全然気にしてなかったのに。
これでは私の「びんぼう萌え」がバレるではないかっ!

やはり小説の中の男子はびんぼうに限る!
(小説の中の男子「は」というところも、さりげなく重要ですが。)
洗練されたインテリアで固められた高層マンションで
スーツを脱いでくつろぐ男……カラン(←氷)
とか死んでも書かねー。絶対絶対書かねー。

最近、山田詠美さんの「無銭優雅」を読み始めたのですが
主人公の恋人・栄があまりに私の「ど真ん中」で、悶え死にそうです!!
by refri5erat0r | 2007-02-20 22:35 | 旧・告知
今日は誕生日&デビュー記念日でした。
(受賞決定メールをもらった日を勝手に記念日として制定。)
25だよっ。そして作家として5年生き残ったよ!

そして今日は文庫版『檸檬のころ』の発売日なのだ。
幻冬舎文庫、お値段560円です!
近所の書店には並んでませんでしたが、私の本の中で一番多く刷ったので、
それなりに出回るはずです。どうぞよろしくお願いします。
映画のオビもかかってます。

解説は、文芸評論家の高橋敏夫先生にお願いしました。
大学在学中講義を受けていたので、私から見ると本当に「先生」です。
(もちろん高橋先生ご本人は、この解説の依頼が行くまで
 私が受講生だったことをご存知なかったそうですが。)
とっても嬉しい解説でした。
詳しく謝意を書いちゃうと、結果的に自画自賛になってしまうので
慎んでおきますが! 高橋先生、ありがとうございました。

それから、今日は『L25』の配布日でもありました。
エッセイ「やさぐれるには、まだ早い!」で
結構大胆なネタフリをしてみましたが、首都圏のみなさま、
楽しんでいただけたでしょうか……。

と、てんこ盛りな1日でしたが
私自身は今日何をしたかというと、上野動物園に行ってまいりました。
東京に7年住んでて、一度も行ったことなかった!
だからもちろんパンダなんて見たことないし、
そもそも私は動物園というものに行った記憶がない!
(小4の遠足で動物園・遊園地の複合施設に行ってるんですが
 自由行動なんで、解散と同時に同じ班の女子と遊園地に猛ダッシュ。
 で、動物園をまったく見ていません。)
だからものすごーく新鮮でした。

が、疲れてもう眠いので、パンダの写真で勘弁……

b0039091_2392733.jpg


この丸い背中……
個人的な感想としては、パンダはただの熊でした。
ゾウのほうがインパクトあった。でかくて。

ほんとは今日、5年分の仕事を振り返って反省会をやりたかったんですが、
それは後日、ということで。
by refri5erat0r | 2007-02-15 23:12 | 旧・告知
b0039091_21581375.jpg

最近のアイスはこんなことになってたの?!
むしろちょっとびびるわ……

最近こんな↑ラッキーが立て続けに起こり、
wiiとDS Liteをほぼ同時に手に入れました。
wiiはあっさり買え過ぎて怖かったよ……
近所のゲオでたまたま見つけて、自転車のカゴに突っ込んで帰ったんだけど
交差点でおもいっきしトラックに轢かれる自分と
その横に叩き付けられて無惨な姿になる新品のwii……という図が
帰路を辿る間頭から離れず、生きている気がしませんでした。
(楽しみなイベントの前日は「明日地球滅亡する」と思うタイプ。)

でも今は私んちの畳の上に普通に居ます。wii。
まだ「はじめてのwii」しか持ってないんだけど
「日本の科学技術は進化しすぎだ!」としか思えません!
なんでリモコン傾けると牛が走るんだよ?
私が生きている間にゲームはどこまで行ってしまうんだろう。

DSのほうは、1本目として買ったこのゲームにハマってます。

ピンキーストリート キラキラ☆ミュージックアワー
/ ディンプル



1本目になぜこんなマイナーなソフトを買ったのか!
そもそもはきせかえの記事を書いた時に
「なんかweb上でできるきせかえないのかよーっ」とググりまくったことから発見。
webでできるわけじゃないんだけど、ふーん、ゲームできせかえか……と思い
(ときメモだって「ゲームできせかえ」だけどさ!)なんとなく憶えていたのです。

キラ★ミューはいわゆる「音ゲー」で、リズムに合わせてタッチペンを操るゲーム。
公式ホームページはこちら
リズム感は自信があるけど右手しかきかないから楽器とか無理! って人は
絶対ハマるからやってみそ!!
なにしろタッチペンしか使わないので、器用さは要求されません。

で、いい成績でダンス勝負に勝ったり、お金を貯めたりして
洋服(&ヅラ)を買うわけですが、
これがまた組み合わせがいがあるというかなんというか。
1アイテムもらうと、それに対して3種類のカラーリングが指定できるので
「この色合わせが絶対かわいいっ!」ってのを自分で見つけたような気になれるわけです。
しかもその洋服着て踊ってくれるの〜。
きせかえ好きな女子&男子には全力でおすすめします。
でもこれを「かわいい」と言う人種は限定されてくるような気はするな……。2.5次元って感じだし。

最近いろいろきせかえまくってます。しあわせです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月の掲載情報、修正しました。2つ下の記事参照。
by refri5erat0r | 2007-02-12 22:04 | 旧・雑記
近所の男子校の前を通りかかったら、ちょうど下校時刻で
たくさんの詰め襟の男の子たちが門から吐き出されていたんですが、
一番最後に出てきたのが、ひとりぼっちの猫背の男子。
ああいうのを見るともう胸がぎっちぎっちに痛みます!
わあああやめてーーこんな晴れたあったかい日に昔を思い出させないで!
(でも君に幸あれっ)

「ダ・ヴィンチ」3月号が本日発売でした。
新刊紹介「トクする20冊」と連載ショート「初恋素描帖」、
両方ともよろしくお願いします。

そして新潮社女による女のための「R-18」文学賞
今年もネット上での読者投票が始まりました。
最終候補作6本が発表されているので、興味のある人は読んでみてください。
投票資格は「女であること」。精神的にだけ女子、の人もたぶんオッケー。ふるってご参加くださーーい。

私はこの賞から出たことが今も大事というか、
プロフィールの「女による女のための「R-18」文学賞で読者賞を受賞しデビュー」という一文が
ずっと載ってて欲しい&いかなるサワヤカな青春小説の奥付にでも載っていて欲しい、と思うんですが

意外とそういう仕事の依頼はない。

それだけが残念なところです。
「小説新潮」で不定期に載せてもらっている官能小説シリーズが唯一それっぽいんですが
あれは勝手に企画書おくりつけました……。むしろ依頼されてません。
なんで誰も依頼くれないのよっ! チックショー!!
頼まれないので勝手に書いてるよ! 紙に!
パソコンで打つとどうしても「商品」にしようとしてしまいそうなので、
もう紙の上で好きにやってる。自己満足上等だ(゚Д゚)ゴルァ!!

ていうか「伊勢物語」を読んでたのもそういう小説の元ネタにするためだ。
「日本のショートストーリーかつ恋物語の原型である『伊勢』を
 現代版エロショートにアレンジ! 天才だな俺!」と枕元でがつがつペンを動かしたけど
できたのは「ただ単にどこかでみたよーな設定の話の半端エロショート」(しかも妙に伏線未消化)
だった。

2月は「R-18」出身作家さんの本が3冊も出るそうなので書店チェックしてねーーー。
by refri5erat0r | 2007-02-06 22:56 | 旧・告知
2月の掲載予定でーす……

6日   「ダ・ヴィンチ」2月号「初恋素描帖」「トクする20冊」
13日 「野性時代」3月号 食エッセイ 
15日ごろ 「L25」連載エッセイ「やさぐれるには、まだ早い!」
15日ごろ 『檸檬のころ』文庫(幻冬舎)
17日 「小説すばる」3月号 読み切り「ぜんぶあげる、なんでもあげる」&吉川トリコさんとの対談
20日ごろ 「青春と読書」2月号 連載エッセイ「となりの席の男子図鑑」
22日 「小説新潮」3月号 読み切り「春と光と君に届く」
28日 「papyrus(パピルス)」vol.11 岩田ユキ監督との対談

前の記事でも描きましたが、『檸檬のころ』の文庫が発売になります。
通常の幻冬舎文庫とは発売日が異なるのでご注意ください。
文庫じゃなくて単行本の新刊、も、そう遠くなくお知らせできることと思います。

    *     *     *     *

風呂読書用に「伊勢物語」を買いました(どんな気の迷いか……)。

古典は萌えで読め! というのが私の信条です。
なぜなら古典は登場人物の「キャラ設定」だけを書き、
人物をあらわす具体的なエピソードが描かれないことが多いため、
現代人がエンタメとして読む為にはそこを頭で補わねばならない。
 →萌えなければならない ってこと。
……なんですが、

在原業平、萌えねええええ!

どこに萌えればいいんだよ?
気が多くて泣きみそちゃんな唯のナヨナヨ男なんだけど?!
ムキーーー!

これでも国語の教科書に載ってたうちは萌えたんだけどなあ……
「芥川」? 草の露を「これなあに? 真珠?」って訊くお姫さまの話。
「あなや。」で食われるやつね。
「せっつない……!」と思って読んだはずなのに、
今読むと別にせつなくない。
萌えアンテナが鈍ってしまったのかもしれん。

なんか、子どもの頃って物語に対して「勝手な思い込み」で
なにかをプラスすることができたよね……。
古典って、そういう「思い込み」を足す余地がありまくるからね。
中学時代、万葉集の和歌ひとつとって
ものすっごい勢いで鑑賞文を書いたおぼえがある。
(古今より万葉派☆ 田舎もんだもの!)

それにしても伊勢は合ってないわ……。
大学に入ってからやった源氏のがまだ萌えられた気がする。
源氏はキャラが立ってるからな。
柏木(♂)、まじキモかった……片思いの相手が飼ってた猫をぱくってきて
「ゴロニャン☆」とかやってんだぜ?! きんもーっ☆
(いや、「ゴロニャン☆」という台詞はありませんが)
でも、そのキモさが良い……。

よしっ、決めた、
オラこれから2年間で源氏通読するっ(モチ現代語訳で)!
なぜ2年も時間を取るかというと、その辺が自分の限界だとわかるからだ!

あっ……やっぱ、宇治十帖なしで。(もう気弱)

与謝野源氏はもう著作権が切れているのでネットで読めるみたいです(こことか)


※2/12 掲載情報の追記
掲載予定を一部把握していませんでした……すみません。追記しておきます。
締め切りは手帳に書いてあるんですが、掲載のタイミングはわかってないことが……
by refri5erat0r | 2007-02-02 20:52 | 旧・告知