雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

関西営業に行ってまいりました。
ので、大阪・京都に『エバーグリーン』のサイン本が出回っています
(一部書店には『エバーグリーン』以外のサイン本もあり)。
「なぜ東京在住作家のサイン本があるのだ! あやしい!」などと思わず、
安心してお手にとっ下さいませ。サインがあってもなくても値段は同じですし……。
協力してくださった書店のみなさま、時間を割いて下さってありがとうございました。
お店や事務所にお邪魔するたび、書店員さんというのはほんとに休む間もなく働いているんだなあと
しみじみ思います。そんな中、みなさん受け入れてくださってほんとうにありがたかったです。

27日発売の「小説推理」9月号に、読み切り小説「雑草未来」を、
28日発売の「MORE」に「モンシロチョウになりたいなあ」という
ショートストーリーを、書かせていただきました。
「MORE」のほうは、特集記事で単発です。
女性ファッション誌ではありそうで滅多にない「官能小説特集」。
競作で3本読めますので、女性のみなさんはぜひ! 瑛太さんのセクシ〜〜イメージショットもありよ。
ちなみに同じ号に載っている特集記事の「恋愛脳力テスト」というのをやってみたら
私は40満点中の4点でした。あ、こんなことを言ったら「官能小説」の説得力が下がる。

官能小説といえば、第6回女による女のための「R-18」文学賞の募集が今年も始まります。
何度かこのブログでも触れていますが、私がデビューさせていただいた賞です。
8月1日から10月31日までが受付期間になりますので、狙っている方はお見逃しなく。

最後にもうひとつ告知を。
幻冬舎文庫、8月の新刊ラインナップに『底辺女子高生』が入っています。
Webマガジン幻冬舎で連載していた同名エッセイをまとめたものです。
単行本だと現役の高校生さんたちに買ってもらえなそうなので、最初から文庫にしました。
お求めやすい、税込み520円!
8月に入ってからまた告知しますが、来週末ごろから店頭に並んでいくので、
よろしければ頭の隅においといてくださいませ。
by refri5erat0r | 2006-07-28 12:37 | 旧・告知
夏なのに羽根布団から出られません。
なんかこう、ちょっと手持ちぶさたになると、羽根布団にくるまってしまいます。
手持ちぶさたっていうか、「原稿の続きどうしよううう」ってなってる時だな。
押入れを開けて畳にズルズルと布団を引っぱり出し、ううううとくるまるのです。
やわらかいものにくるまる=精神的安定を求める なんでしょうね。
しかし、もうちょっと暑くなくてやわらかいものはないんでしょうか。

20日発売の「青春と読書」8月号に、「となりの席の男子図鑑」5回目が載っています。
この号はインタビュー特集が「ノベライズ」で、
「デスノート」&「ハチクロ」のノベライズ過程が著者インタビューで覗けます
(集英社さんの雑誌だからね)。気になる方はぜひ!!
by refri5erat0r | 2006-07-23 18:05

新刊情報(7/15)

来週火曜、18日に双葉社から発売予定の新刊『エバーグリーン』ですが、
ここでの宣伝文についてぐだぐだ考えて考えつくした結果、
も、読んで! って言うことにしました。

あの、もう、これ、
書いてる間に二度も高熱を出したシロモノなんです。
(去年の記事を見ていただけると、熱を出した記述があると思いますが……)
38度5分越えの熱など、かれこれ小学校高学年から出したことがなかったので
自分でもびっくりしました。
熱でぐらぐらした頭で、「もしかして、今自分は
書いてはいけないことを書いてしまっているのでは?」と思いました。
書いてはいけないことと言ったって、別に、
思春期の少年少女たちを「キレやすく」させて社会問題を巻き起こす話でもなく、
目を背けたくなるほど過激な話でもなんでもなく、
いつも通り地味な部類に入る話なのですが、それでも。
なんだろ。ひとりで形にせずぼんやりとかかえていればいいものを
わざわざ人目にさらしてしまったというか。

人目にさらす、ということは、もう確実に、
他人の誤解や反発や完全否定を受けるということなわけで
(もちろん、共感や肯定を得る可能性もあれど、100人中100人が肯定する言葉なんてないのだし)。
絶対にそうされたくないものって、みんなあるんじゃないかなと思うのですよ。
わかりやすくいえば、汚されたくないもの。
今回、それを差し出してしまった気がするんです。

おなかをまんなかから切り裂いて、血や肉の奥の奥、
絶対不可侵の場所から取り出したものを
いちまいの白いハンカチにして、高い丘から飛ばす。
そんな感じ。
飛ばしてしまえば、あとは、それを受け取った人が
鼻をかむのに使おうが、大事にポケットにしまおうが、靴の裏で踏みつけようが、
私にはどうしようもないこと。

そう、だから……
話がまとまんなくなってきましたが……
私はもう、この白いハンカチが、どういう仕打ちを受けてもいいと思っていて、でも、
なかったことになるのだけはいやなんです。
『エバーグリーン』、本屋さんで見かけたら、
ぜひ手に取って、最初の数ページでも読んでみてください。お願いします。

うーん、喋り過ぎ。でも今回は許して!
by refri5erat0r | 2006-07-15 22:12 | 旧・告知

掲載情報(7/10)

真夜中にこんばんは。豊島ミホです。
眠いですが以下は書き溜め原稿なので、大丈夫です。きっと!

ちょっと先ですが、12日発売の「野性時代」8月号に
「どこまで行けるか言わないで」という読み切りを書きました。
「神田川デイズ」という大学生シリーズの4回目なんですが、これ、方向見えてきた。
恋愛とかサークルとか、自分の経験しなかった要素をどんだけ入れても、
結局大学生で中二病の主人公ばっかだ……。
新刊紹介のコーナーを持たせてもらっている「ダ・ヴィンチ」も新しい号が発売中です。
今月はハチクロ特集です。ちなみに私はハチクロでは竹本派です。

新刊の告知もしようと思っていたんだけど、まだどんなふうに宣伝するか定まりません。
あと、前回の日記は当然消しました。ほんとに愚痴だったな!
by refri5erat0r | 2006-07-10 03:26 | 旧・告知