雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

猫(11/25)

こんばんは。公園で撫でようとした猫に前足でがっしと肩をつかまれた豊島ミホです。
つめが食い込んでいたいの! びっくりして「たすけてえええ!」と叫んでみたけれど
誰も助けてくれませんでした。後ろで知らないおじさんが笑ってた。

にゃんこは悪くないんだよね。むしろ私に叫ばれてびっくりしたよね……。
ごめん……。でも私、動物飼ったことないから君たちがよくわかってないのよ。

田舎って庭が広いからみんな犬だの猫だの飼っているのです。
友だちが裏の山で捕まえたと言ってむささび飼ってたことがある。あれ? ももんが?
とにかくみなさん人間以外の哺乳類と一緒に住んでいるのですが、
うちでは動物を飼ったことがありません。家族全員動物嫌い!
裏の畑をうろつく猫がやってきて「にゃーん」て勝手口から手を出したことがあったんだけど、
(「手ぶくろを買いに」の子ギツネみたいに、戸の隙間から手だけ! 胸キュンでしょ?!)
お父さんが容赦なく怒鳴りつけて追い出しました。
お母さんもばあちゃんも、「異議なーし」みたいな……。
そんなつめたいおうちだったのです。
「ねごなー、ひとのまえさ居れば『にゃーん』なんつて目ぇ細こぐしてるのも、ひとの見えねドさ行げば
まなぐどごギロっと開いでしゃー。おっかねったらね! まったぐ、あれなばなんもめんこぐねねが」
だそうです(ばあちゃん談。秋田弁がわからない人もニュアンスを察してください)。

そんな私も1度だけ猫にかまう機会がありました。
小学校1年の夏に、近所のガレージに住み着いた猫に、友だちやイトコと一緒に
えさをあげに行っていたんです(台所からくすねた煮干しとかさあ……)。
でも、ある朝その猫は、うちの玄関の前で血を流して死んでいました。
なんででしょう。猫同士の喧嘩とかだったのかな。
ガレージからはそこそこ距離があるのに、ジャスト我が家の玄関前で倒れていました。
猫はお菓子の空き箱に入れて、お父さんが小川に流してくれたのを憶えています。
(なんか、なんでも川に流す文化だったんですよ。)
小川はまだコンクリートでフタしちゃう前で、あちこちに橋がかかってて、
ほんでその橋の下の、トンネルみたいになった薄暗がりのなかを、
箱が遠くなっていくの。サーって。

あ、今日は告知はありません。単に雑談です。
携帯は直って返ってきました。メモリーを消す必要は全くなかったらしいです。マイメン!
by refri5erat0r | 2005-11-25 22:11 | 旧・雑記

掲載情報(11/17)

おはようございます。今朝起きたら携帯が壊れていた豊島ミホです。
上下キーがまったく反応しません。
修理の前にバックアップを取ろうにも、アドレス帳を呼び出すことさえできません。
受信メールが2通一気に来ると、下の1通が読めません。
修理の人に見られてヤバいデータを消去しようにも、消去の操作ができません。
ので思い切ってメモリリセットしてみた。本当にこの行動が正しかったのか自信がない。

集英社の女性誌総合ポータルサイト「s-woman.net」に小説を書かせていただきました。
私はこの間新聞で読むまで「ポータル」の意味をわかっていませんでした(「玄関」だってさ)。
なんか、たぶん「どこでも見られるよ!」って感じ! と若者的曖昧理解で納得していましたが、
「ポータブル」との混同が起こっていたようです。
「ポータル」は「みんなとりあえずここから入ってね!」って感じ。まだ若者的曖昧理解だな。

載っけてもらったのは「クリスマスプレゼントSPECIAL」というコーナーです。
上のリンク先に行くと、わかりやすいところにクリスマス的な赤色が出ると思いますのでそこをクリック!
出ない人は、灰色のバーが並ぶ「チャンネル」というところから
「CULTURE」を見つけてクリックして下さい。
もちろん無料で読めますので、通りすがりのアナタもがんがん行っちゃって下さいね。
週1回、クリスマスにまつわるショートストーリーが読めるという企画です。

ちなみに私は大学1年生のとき、文化人類学のレポート(自由課題)で
“いつからクリスマスは「2人のもの」になったか”をテーマに本気で図書館にこもった人です。
もちろん、ひがみ根性から。
そんな私なりに「クリスマスショート」に挑んでみましたのでどうぞよろしくお願いします。

あ、毎月半ば恒例の「Webマガジン幻冬舎」、更新されてます。
15日発売「IN★POCKET」の連載小説はあと1回!
by refri5erat0r | 2005-11-17 13:25 | 旧・告知

理系がこわい(11/11)

せ、先週の「NHKスペシャル」みた人おお。
立花隆が案内役の〜。サイボーグ技術のやつ〜。
オラは泣いたよ! こわくて!

内容の詳述はしません。だってそれは立花先生がやってくれることですもの!
専門知識のない私がここで全部説明しようとバタバタすることに意義はないっす。
とにかく、脳のはたらきを機械で読み取る技術が発達してきていて、
逆にその「はたらき」を再現して、機械で脳を操ることがかなり可能だ、という話だったんだよ!

えーと、だから、脳に信号を送ることによって、
機械の指示通りに動物の身体を動かしたりできるわけです。が。
脳に電極差し込んだマウスが、人間の(機械を通した)指示通りに動く実験のようすが映った時は、
血の気が引いちまったよ、あたしゃ(←ちびまる子口調で)。
だってもうラジコンですよ! あんなの!
人間ラジコンもできちゃうってことですよ!

もちろん、医療に応用すると素晴らしい結果が出る、ということについてもやってましたけど。
悪用の危険性についても無限大でございました。
ほんと、書ききれないほど衝撃的なトピックがあったんですが、私が一番怖かったのは、
人間から「記憶」を取り出してパソコンなどの外部メディアに保存が可能になる、っていう話。
保存ができるってことは、もう、書き換え可能ってことじゃないですか!

倒れそう……。
小学生の頃、
「恒星はすべて燃え尽きるものなので、太陽もいつか燃え尽きる→地球は必ず滅ぶ」
ということを知った時、ショックでなかなか眠れなくなったアレと同じくらいのショックです。ううう。
太陽が燃え尽きるのには何万年とか何億年とかかかるんだった気がしますが(忘れた)、
そしてサイボーグ技術が発展しまくって人間に大きな影響を与えるまで私は生きてないかもしれませんが。

そのうち、アレだよね、小説家って、人間にニセ記憶仕込むための職業になったりしてね。

……。

という雑談は雑談として、明日あたり発売の「野性時代」12月号で、
『私の青春文学』100冊書評のうちの1つを書かせてもらってます。
何について書いたかは、読んだ人以外にはひみつ!
噂の「青春文学大賞」の読者投票も明日から始まるようですよ。
by refri5erat0r | 2005-11-11 17:32 | 旧・雑記

掲載情報(11/2)

肩と腰と膝に限界が来ている豊島ミホです。今まちがえて「ミホ」を「みご」とか打ってたし。

この仕事が終わったら、髪を切ろう。
歯医者に行って穴を埋めよう。
池袋でブーツを探そう。
大島弓子の文庫を3冊以上一気買いしよう。
なにげなく溜まっているCD付属のDVDを一気見しよう。
入院保険に入ろう。
友だちを呼んでドラクエ8の倒せない中ボスをなんとかしてもらおう。
新しい地図帳を買おう。
遠出はいやだけどがんばって熱帯植物園にいこう。

少々告知が遅れましたが、「Webマガジン幻冬舎」のエッセイ、いつも通り1日更新になっています。

今、トップ画像を変えてみたんですけど、角度によって
背景に漢字の羅列が見えちゃいますね!
この絵、大学時代の授業で配られたプリントの裏に描いてるんです。すみません。
(紙を消費しまくる人なので、そういうケチなことを高校くらいからずっとしてます。)
しかも「仏教概論」で大量に出たあまりプリントをもらってきたので
透けてる漢字は「お経」です。
先生に「この紙あまってるんでもらってっていいですか」と言ったら
「お経が書いてある紙だから、ありがたく使うように」と言われたのでした。
ありがたく使ってます……。
by refri5erat0r | 2005-11-02 14:04 | 旧・告知