雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

掲載情報(6/28)

幻冬舎からの新雑誌、「papyrus【パピルス】」本日創刊です。
地方はもう1、2日かかるかな?

創刊号なのでちょっと自分のこと以外も紹介しちゃいますが、
小説の執筆陣は、あさのあつこ・大崎善生・乙一・川上弘美・福井晴敏(五十音順&敬称略)と超豪華!
私も「ぽろぽろドール」という50枚の小説を書かせていただきました。
いつもより多く書いておりまーーーーす。
B5サイズ、カラーページ満載、730円でございます。
文芸誌の棚には多分置かれないので、書店に行かれるかたは根気づよくうろうろしてください。
私が今日行った紀伊國屋では、音楽誌とか芸能誌とかその辺に類されていました。
真っ赤な花びらの上に寝た真っ赤なドレスの中山ミポリンが目印。

まったくの私事ですが、高校時代の友人のベイビーも、今日がこの世デビューでした。
ダブルでおめでとう。
by refri5erat0r | 2005-06-28 18:15 | 旧・告知
オレンジレンジの夏ソングが出ましたね。
これがテレビから流れるようになると、なんだかぼーっとしてしまいます。ああ、この世にはオレンジレンジの夏ソングをBGMにして男女4人で海へ繰り出す若者もいるんだろうなあ、と思って。たとえばヤスコとヒトミとリュウジとハジメ、とか。
ヤスコはよく日焼けしてよく笑う天真爛漫な女子で、ヒトミのまっしろい肌と小さい顔をうらやましいと思ってて、でもうらやましいとか表に出さないもんみっともない、と唇を噛む。ヒトミはわりと口数少ない、でもなんかクールに見える美女で、髪なんかさらっさらなんだけど、なんか毎日退屈、みんなと話あわせんのもうやだなあと思ってるくせに結局笑う。リュウジはヤンキーの両親から生まれたネオ・ヤンキーで、ちょっとカッとなりやすくて男子からはあんまり好かれてないけど女子にはモテる、日々OK俺ってOK、でもウチの親みたいに地元に落ち着くなんてだせー、いつか東京に出てなんかビッグなことしちゃる、俺なら絶対できる、と自分を過信気味、車の運転もちょっと飛ばし気味。んでハジメはリュウジと対照的に、農家の長男で根も葉もいいやつ、でもモテないから幼なじみのリュウジにちょっと劣等感、もう俺「いいひと」やめたいんですけど、うん明日にもやめる、とりあえず次にリュウジが俺をバカにするようなことを言ったらちゃんとキレるんだ、と昨日決心した。
こういう4人がそれぞれの思惑をつめこんで、でも真夏の海に似合う晴れやかな顔でドライブ! 
……というバックに流れてるのがきっとオレンジレンジの夏ソングなんだよ。よ。

私は男の子と海に行ったことが一度もありません。
強いて言えば、小学校六年生のとき夏休みの町内行事で海、というのに参加したことがあります。が、その日の海は見事に大荒れ、予定を変更してみんなでプールに行ったものの、海が大荒れでなくとも私は生理期間にブチ当たっていたので(じゃあ行かなきゃとかったと思うんだけど)ひとりでプールの玄関にしゃがんで、タイルのマス目に沿って這うダンゴムシを人さし指で通せんぼするのに夢中でした。夢中になるあまり、途中でダンゴムシをぷちっとやってしまい、どうしようもない罪悪感に襲われたことがある意味忘れられぬひと夏の思い出。
そういうわけで、オレンジレンジの流れる世界は何万光年もの彼方です。ヤスコとヒトミとリュウジとハジメのドライブは別次元のお話です。
あーヒトミになりてえ。1日でいいから「あっち」の住人になってみてえ。
とか書くと、同情心から海に誘ってくれる人が現れたりするんですが、健康上の理由から無理です。海へのドライブ。しかも私は、この私としてドライブに行きたいんじゃなく、楽しい毎日をおくってるくせに「退屈」とかぼやいてる、愛想笑いの上手な美女のヒトミになって海へ行きたいんです。

こういう無理なお願いをかなえてくれるのは結局小説しかないんだよ。わかってますよ……。
by refri5erat0r | 2005-06-24 13:24 | 旧・雑記

掲載情報(6/15)

あじさいは枯れてすっかり茶色くなってしまいました。
が、枯れて縮んで垂れ下がった花の下に、新芽を発見!
「かれちゃった花の下にも ホラ きれいな芽がかくれてる」とか書くだけで
お金をもらえる世の中ではもうありません。

ちょっと早いけど掲載情報です。
小説すばる7月号で、リレーコーナーの「a Day in my Life」と
ラジオ特集のうちのエッセイ1本を担当させていただきました。17日発売予定です。
いつものWebマガジン幻冬舎「底辺女子高生」も15日中には更新されます。

私はラジオっ子です(実をいうとAMっ子ではなくFMっ子だったりしますが)。
つけっぱなしにしてると、いろんな音楽が耳に入ってくるのが好きです。高校時代、下宿していた頃はテレビがなかったので、もうほんとに毎日5時間とかラジオをつけっぱなしでいました。純邦楽とかソウルとか関係なく聞いてた。大学時代は夜更かしが多かったので、NHKの「ラジオ深夜便」で昔の洋楽とか昭和歌謡とかも聞いたわ。サイモン&ガーファンクルに、すてきっ!! と興奮したり、ボケーとしながら東海林太郎を聞き流したり……。
なんていうか、CD買っていっしょうけんめい聴くのもいいけど、通りすがって「あっ、いいわコレ」って感じで聴くのもいいじゃないスか。その、購買行動につながんない「いいわコレ」もラジオならではの良さかと(なんて言ったらホリエモンに怒られるべが)。

というわけで、今回のライフログは音楽にしてみました。
「サイレン」は去年の今頃、通学路を自転車で飛ばしながら熱唱していたので(めいわく&痛い)、最近アタマのなかをぐるぐるしてるんです。もう外では歌わないけど。
by refri5erat0r | 2005-06-15 00:54 | 旧・告知

原宿こわい(6/7)

先月買った鉢植えのあじさいが枯れてしまいました、豊島です。
ミセスクミコという品種で、すっごくきれいなピンク色だったんです。
あれ、色が抜けてきた、でもあじさいって色変わるし〜、と思っていたら
そのままパサパサになって枯れてしまいました。
花の時期が終わったんだと自分に言い聞かせようとしましたが、葉まで枯れかけていました。がーん。

この間、仕事のアレで原宿に行きました。
私は大学4年間、東京のまんなかのほうに住んでいたのですが、
原宿に行ったのは1年生の夏が最後です。
ラフォーレバーゲンでつぶされて、「こんなところには二度と来ない!」と決心して以来
マジで行ってませんでした。むしろ、秋田に居た頃のほうが原宿訪問回数は多いです(代官山とかも同じ)。

というわけで約4年ぶりの原宿。
せっかく原宿まで来たんだから、かわいげなワンピースでも探そうと、ラフォーレに入った……途端!
まばゆい女子オーラにやられた!
平日で雨だったので、お客さんはすごく少なかったんだけど、それだけに厳選されている感が……!!
新宿の女子とかも服キレイにまとめてるし、池袋の女子高生も顔かわいいし、
でも原宿はやっぱ最先端! 他とは一段違うんです!
「よくわかんねーけど、でもたぶんおしゃれ!」っていうオーラが、
どうなってんだかわかんない構造の服の重ね着のすきまからあふれるように漂い、
かつ髪型やメイクの完璧さがこちらを威嚇してくるかのよう。
すいませんすいません、こんな場所に無防備なまま踏み込んできた私が悪かったんです。
誰に責められているわけでもないのに、肩の縮む思い。

これは……
中・高生だったころ、無理して秋田フォーラス(秋田県で一番おしゃれな服が売られているビル)に
買い物に行った時の感じとまるっきり同じ!
「秋田市では、きれいにしてる人しか外をあるいちゃいけないらしい」
と、中一の時、学校に提出する日誌に書いたことを突然思い出す。
常時わたしをくるんでいる劣等感を、さらに増幅させる装置……それがおしゃれショッピングビルなのです
(ちなみに、裏原はおしゃれ高度すぎて、もっと無理です。ビルじゃなくても)。

でもがんばってワンピースゲットしてきたよ! 拍手〜!
まあアレですけど、4日後には北千住のルミネで買い物し直しましたけど。

来世はおしゃれな人に生まれ変わるんです。もう決めてます。
by refri5erat0r | 2005-06-07 21:18 | 旧・雑記
例によってWebマガジン幻冬舎更新のお知らせです。
「底辺女子高生」、全4回にもわたった家出篇、ようやく完結です。
前回(家出の3回目、全体の5回目)を読んだお母さんは
「あんまりかわいそうで、泣くところだった」そうです。

今回のWebマガジン幻冬舎、「編集者ミルコの健康日記」に
非常に気になることが書いてありますね……。
ふくろうってそんなに生きるんですか?
なんというか、ペットって基本的に長生きしてくれないというか、私らぐらいの歳だと、もうほんとに向こうのほうが早く死んじゃうじゃないですか。看取ることは考えても、看取ってもらえる可能性については考えたこともないのが普通だと思います。
でも、あり得るんだなあ、そういうの。

そう考えると、鶴とか亀とかってどうなの。
亀は万年というが、お向かいのSちゃんちでまっくろくなった水槽の中で飼われてた亀は今、どうしてるんでしょう。鶴は千年というが、明らかに千年生きるようには見えません。どう見たって印象的に平均寿命7〜8年だ。

……と思ったんですが、いまGoogleで検索してみたら、思わぬ事実が発覚!
赤の他人の個人ページなのでリンクは貼りませんが、気になる人は「鶴の寿命」と入力して検索してみてください。
by refri5erat0r | 2005-06-01 19:52 | 旧・告知