雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

<   2005年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雑誌に書かせていただきました。
「小説宝石」4月号に『美奈ちゃんの羊』、
「小説現代」4月号に『春風と天井の光』、
という短編を書いてます。ともに22日発売です。
いっきに載ると気分は売れっ子。しかし実情はといえばまた別の話です。はい。

「小説宝石」が「情愛小説のいま」という特集、
「小説現代」が「女性作家のエロティック小説」特集です。
……まあ、春だから。
色っぽい姐さんになったみたいですが、実情はといえばこれもまた別の話です。
あ、そういえば「小説宝石」に酒井順子さんの「女子と鉄道」という連載があるのですが
4月号のトピックは、前にココでも取り上げた寝台列車「あさかぜ」の話でした(「雑記」参照)。
比べて読むと自分のガサツさがわかります……。

さらに余談で悪いんですが、「宝石」の方、舞台が仙台なのです。
書きながら思い出したことが一つありまして。

私が仙台で予備校生をやっていたころ、だいたい4年前の話です。
ある秋の日、私は妹の誕生日プレゼントを買うため、駅前の大型書店に向かって地下道を歩いていました。
すると、うすぐらい地下道の階段を、よろよろと下りてくる人影がありました。からだじゅうに柄のある布キレをまきつけた、汚れたパッチワークの亀のようなおばあさんでした。頭にも正体不明の布が巻き付いていて、髪は栄養がいきわたっていない感じに、つやを失い切っていました。
そのおばあさんは私に向かって歩いてくると、いきなりこう言ったのです。
「すみません、生活が苦しいので、千円貸してもらえませんか」

通常、無視して話は終わりです。冷たいようですが、世の中そういうものなのです。おばあさんの見た目は確かに「生活が苦しい」ことを訴えていましたが、「千円」はちょっとあつかましすぎです。
私も、特にお人好しというわけではありません。むしろ、親しい友達は私のことを「情に欠けた奴」だと認識してくれています。
しかし。そのときの私は特殊状況下にありました。
小論文の課題で「星の銀貨」(※)を読んだ後だったのです。
そしてさらに、悪い条件が3つ重なっていました。

1)誕生日プレゼントを買いに行く途中なので財布に結構入っている
2)秋の書店くじキャンペーン中である(一定額の本を買うとくじがもらえる)
3)妹への誕生日プレゼントは松本大洋の書き下ろし単行本と決めてある

3と2から、私はこの後書店に行ってくじをもらうことが確定しています。
「書店くじ」は、箱に手をつっこんで引くタイプのくじでなく、店員から一方的に渡されるタイプのものでした。つまり、自分のカンでなく、書店に行くタイミングのみが当たりハズレを左右するわけです(それもまあ運なんですけど)。
そこに「星の銀貨」が介入してくるとこうなります。

おばあさんに財布から千円出して渡す
      ↓
この行為によって私が書店に行くタイミングがずれる
      ↓
もらう書店くじがかわる
      ↓
おおあたり

私は自分の財布から千円出して、おばあさんに手渡しました。
おばあさんは何度も頭を下げて、「来月になればお金が入ります、必ずお返ししますから」と言って、自分の住所を書いた紙を私によこしました。青いボールペンで書かれた、よろよろのメモでした。そして、お金を送るために私の住所を教えてほしいと言いました。住所は大事な個人情報ですが、当時私は寮住まいでしたし、どうせすぐに変わる住所だと思って、地下道の壁にメモ用紙を押しつけて寮の住所を書きました。
そうこうしている間に、時間は過ぎていきます。きっと私がもらう書店くじは、「このおばあさんを無視した場合」と違うものになっているはずです。
メモを渡すと、おばあさんは何度も頭を下げて地下道の奥へ消えていきました。
私はおばあさんの住所が書かれたメモをちゃんとかばんにしまい、期待に胸ふくらませながら書店へ向かいました。

くじがはずれたことは言うまでもありません。

同じ寮の子にこのことを話したら「何やってんの?」と言われました。
自分でもどうしてあの時あんなことを考えたのかわかりません。

寮を出ていくまでおばあさんからの封筒が届くことはありませんでした。
私の手元には青いボールペンで書かれたメモだけが残りました。
あまりに力ない筆跡からは、「番地」と「名前」が読み取れませんでした
とっぴんぱらりのぷー。

※星の銀貨
女の子がまずしい人たちに食べ物や着るものをつぎつぎに与えていたら、とうとう手ぶらのはだかんぼうになってしまう。さすがに困り果てる女の子。すると寒空から星が銀貨となってふりそそぐ。という西洋のお話。
小論文の課題はこれをさらにひとひねりしたもので、「昔話そのまんまの女の子」「昔話を知っていて(=銀貨という報酬を期待して)他人にほどこしを与え、まんまと銀貨をもらった女の子」「まんまと銀貨をもらった女の子の話を聞いて、『そんな汚い真似をするよりなら、私は誰にもものを与えない』と決め、食べ物や服をもとめてくる人たちを無視した女の子」の三人が出てくる。
---------------------------------
「ウェブマガジン幻冬舎」での連載エッセイも始まっております。
連載始まってからこのブログのアクセス数が倍増しました。びっくり。
それで、たまには何か書かないとなー、と上の文章を書いてみたんだったりします。
基本的にこのブログは雑文少なめですのでご了承ください。
by refri5erat0r | 2005-03-19 16:56 | 旧・告知
来週から幻冬舎のウェブマガジンでエッセイの連載が始まります。
いきなりな情報ですね。だっていきなり決まったんだもん。怒涛の進行でした。
イラストも私が描いてます。やっちゃいましたよ。かなり卑怯なイラストレーターデビューを!
でしゃばってすみません。この調子でいろんなことにでしゃばるかもしれません。私の本質はホリエモンなのです。周りの人は注意してください。気付いた時には株のように大切なものを奪われているかもしれません。

エッセイの話でした。
連載タイトルは「底辺女子高生」
今売られている新刊『檸檬のころ』エッセイバージョンだと思ってくださってかまいません。田舎の高校生の話……ですが、エッセイなので……
なので、何だ? エッセイなのでさらに地味? とりあえず恋愛メインの話がないのは確実だな!
1回目はとくに力を入れてます。笑いたいかたは是非どうぞ。

15日掲載、って言ってましたっけ? 
今日はまだ載ってませんが、「Webマガジン幻冬舎」はこちらです。

卒業決定を受けて、大学生協でCDまとめ買いしちゃいました。生協組合員はCD15%オフなんです。在学してるうちに買うしかない! というわけで、YOSHII LOVINSON『WHITE ROOM』/YUKI『joy』/ウルフルズ『9』/レミオロメン『ether』(エーテル)、アルバム4枚をどーんとレジに持ってってみました。大人になった気がしました。
吉井さんとYUKIちゃんはソロになったけど、ウルフルズとか、自分が中学時代に聴いてた人たちが今も音楽をやっているのは心強いことです。しかも上のアルバム全部いいですよ! 普通4枚買ったら1枚くらいシビアに「あ、レンタルでよかったのに」みたいなのが入ってくるもんだと思うのですが、今回はハズレなし!
レミオロメンはここ1、2年で要注目バンドのうちの1組ですが、すっばらしいです! ラジオで聴いてやられたもんね。通りすがりでもこうガッとハートをつかまれる感じ! 歌詞カードなしでぐっとくるというのは自分的に高得点です。今、1枚CDすすめろと言われたら彼らのニューアルバムをすすめます。山梨県出身バンドだし。

これからは地方の時代ですよお客さ~ん(さりげなく自分も宣伝)。
by refri5erat0r | 2005-03-10 23:49 | 旧・告知

新刊情報(3/3)

b0039091_2001414.jpg
b0039091_200401.jpg

幻冬舎からの新刊『檸檬のころ』、早いところは本日発売です。今売ってます!
だいたい5日くらいには全国に並ぶと思います。
中身にかんしては、上のPOP参照ってことで。

いやもう……手にとって見てください! この装丁! 買わなくてどうするんだって感じですよ!
装丁の鈴木成一さん、イラストレーションの小林愛美さん、ありがとうございます。
もう、部屋にぽんとあるだけでちょっと嬉しくなっちゃうような本になりました。
さっき妹から「表紙がかたいやつでびっくりした」というメールが来ました。
初のハードカバーにしてくださった幻冬舎のみなさんにも、御礼申し上げます! うう。

今回POPを描きまくりました。最終的には25枚くらいになる予定です。
(そんなにいっぱい貰っていただけるんでしょうか。営業さん、頑張ってください! お願いします!)
全部絵柄が違います。店頭にあるのを見かけたら、ちょこっとのぞきこんでくだされば幸いです。

そして、めっちゃ私事ですが、わたくし豊島ミホ、本日、大学卒業通知をいただきました!
ああああ。嬉しいよ。嬉しくて泣いちゃいますよ。
今日は「通知」だから卒業式とは別で、普通の教室で書類を受け取るだけなんですが、「修了」の2字を見たとき、まじで涙ぐみました。大学に受かった時の500万倍ぐらい嬉しかったです。
あの、「日本の大学は入るのが難しくて出るの簡単」っていうの、あれ、絶対ウソですから。バブル組が言ってるだけですから。今35歳くらいの電通社員が「あー俺? なんか知んないけど受かっちゃってえ、え、大学時代? 遊んでた! だはははは、あー、まあ運良けりゃ受かるって!」(@OB訪問。友人からの股聞き)とか言ってるのと同じレベルの妄言ですから。

夕御飯はひとりで祝デニ(お祝いにデニーズで食事すること)しました。
初めて自分のお金でハンバーグステーキじゃないステーキを食べました。
あまーくておいしかったです。満腹です。
by refri5erat0r | 2005-03-03 20:09 | 旧・告知