雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

カテゴリ:旧・告知( 176 )

こんにちは。豊島ミホです。
「文芸あねもね」トークイベント&サイン会イン名古屋、
お越し下さった皆様、ありがとうございました。
相当! カナリ! 緊張したような気もしますが
大きなハプニングもトラブルもなく終わってよかったです……

サイン会のほうは特に、結構開かれた場でもあるんで
「何かとんでもないトラブルが起こったりするのでは?」
という心配もあったのですが、いやいや、
あたたかく迎えていただけてよかったです! 本当に!
読者のみなさんの顔を見て、お話しさせていただいているうち、だんだん
「もう少し長くおひとりおひとりと話してみたいな?」
「そのためには……私が読者さんを占うイベントとかやらないと……」
とかわけのわからないことを考えるにいたってしまいました
(よく考えたら本末転倒だなそれは)。
でもそれくらい楽しかったです。

お手紙や差し入れを持ってきて下さったかた、ありがとうございます!
さきほど(トークイベントでいただいたほう含め)
お手紙全部を読ませていただきました〜
(なんだか、帰って腰を落ち着けてから読みたかったので
 今日まで開けずにとっておいていました)。
色々ぎゅうぎゅうに詰まっていて、とても嬉しかったですよ!
お手紙を読んで、もうちょっと近況報告していく勇気が出ました。

ところで握手させていただいた方はみなさん手が
ほっそりとしてあっけない感じでびっくりしました……
「え??」「うそ??」「人の手ってこんなん??」みたいな!
(逆に握ったほうのかたは「厚」「でか」とか思ったのでしょうか……)
でも、後でトリコさんと宮木さんの手を握らせてもらったら
そんなでもなかったwww 
なぜだろうね?? 作家は指が太くて手が厚いのか……。
あと帰ってからばーちゃんの手も握ってみましたががっしりしていました……。



それからトークイベントのほう、
これは自分では「あと30分欲しかったな〜!!」という感じでした。
見ているほうのかたは台本(というか、準備してある質問事項)を
ご存知ないので、どれくらい切ったか案外わからないものだと思うんですが
相当切ってます……。
もうちょっと話が深まる余地があったかもな〜と思いつつ、
いっぽうで「もっとバカ話したいわ……」と矛盾するようなことを思ったり。
ともあれ、みなさんのあたたかい雰囲気に支えられて喋り切ることができました!
あれはアウェーじゃなくてホームの雰囲気でしたね。
テーマが「ああ、アマチュア時代!」と、間口を広くとったために
(とったつもりです、一応)
もうちょっとアウェーな雰囲気になるかとも予測していたんですが
予想よりずっとあったかかったです。
ありえない「秘蔵原稿」にも笑って下さってありがとうございました……。

そしてサイン会&イベントとも、遠くから足を運んで下さったみなさま、
ありがとうございました!
もちろんお近くのかたも!
名古屋だし、と思って味噌煮込みうどん食べて帰りました。
イベント前の食事は回転寿司でしたが……
(しかもひとりで。めっちゃ混んでるオアシス21の地下で)。

ちなみにもっと派手ぇな寄り道をして帰ってきましたが
その話はまた今度機会がありましたら。



名古屋でのイベントに力を貸して下さった
シマウマ書房さまリブロ名古屋店さま
ありがとうございました!!
大変お世話になりました。
「文芸あねもね」でリアルイベントをやろうと最初に話が出た時には
何から何まで自分たちだけでやるのを漠然と想像していたので、
こうしてご協力下さる方がいらっしゃることがとても心強かったです。



トークイベントにいただいたご質問、時間の問題で
ほぼ未消化になってしまいました。
これは責任もって持ち帰らせていただきましたので、
宮木さんと共通の質問は文芸あねもね公式サイト
私個人宛ての質問はこのブログで、お答えさせていただきます。

私個人宛てのほうは数日後になると思いますが、どうかお待ち下さいませ〜



それから、あねもねブログではご報告済みですが、
29日の秋田魁新報にエッセイを掲載していただきました。
「文芸あねもね」に立ち上げから完成までの流れを、私目線で書いています。
イレギュラーなエッセイもここまでかな?
秋田県在住の方で、まだご覧になっていないかたはぜひお目通し下さい。
by refri5erat0r | 2011-08-30 16:30 | 旧・告知

文庫化情報(8/25)

こんにちは。豊島ミホです。
「文芸あねもね」名古屋サイン会&トークイベント、近づいてまいりました!
(イベントとサイン会の「あねもね」ブログ内告知記事はこちら。)
もう明後日です。
人前で喋るのも読者さんと直接会うのもすべてが初めてで少々緊張しております。

サイン会に来て下さる方で、以前お手紙を下さった方は
ぜひその旨(できればお名前も)教えて下さいね!
それから、私は人の顔認識能力にとても問題があるらしく……
以前担当して下さった編集者さんであろうとも、多分
数年お会いしていないとわかりません。まじに!!
なにしろ、東京に住んでいた頃、妹と待ち合わせて
そこに居るのにめっちゃスルー……とか何回もやってたんです。
髪色とファッションが変わってるともう妹だってわからない〜。
……くらいなので、私と会ったことのある方は
「おぼえてるかな?」とかって試さないで
最初に名乗って下さいお願いします……(土下座)。

あと、書くのをためらってしまうよーなことですが
私は名古屋からすぐ帰ってこられない土地の住民なので、
生ものを預けるのはどうかご遠慮下さいまし!
出演者3人でゆっくりいただくような時間も、どうやらなさそうです。



そしてMF文庫ダ・ヴィンチ「初恋素描帖」
多分明日くらいに発売です! 発行日が今日になっているけれど……
最速の売り場で今日見られるかどうかというところではないかな?

ひとつの教室で過ごす中学生20人をピックアップした恋愛にまつわる掌編集、
ただし一縷の望みもない片思いから大人ばりの男女関係まで、
はたまたテレビの中のアイドルへの恋や、恋なんてわかんねー!! って気持ちなど、
なんでもアリアリな内容となっております。
文庫版特典は、私の5ページに渡る暑苦しいあとがきと
登場人物20人の関係を俯瞰できる「恋の相関図」、
それに浅野いにおさんによる新たな書き下ろし表紙イラストです!
装丁は単行本版と同じく芥陽子さんにお願いしました。
単行本版とはがらっとテイストを変えつつ、また素敵に作っていただきましたよ!

というわけで文庫版「初恋素描帖」、どうぞよろしくお願いいたします。

オッス!

b0039091_14422968.jpg

















私の机の前にいつもいるMYプンプンです……
たまに洋服のホコリ取るアレでぐいぐいこすられます
by refri5erat0r | 2011-08-25 14:45 | 旧・告知
またもこんばんは。豊島ミホです。

早いところで16日発売の、吉川トリコさんの新刊『少女病』に
オビ文を書かせていただきました〜。

私はひそかに、「本を売るには誰かの太鼓判が欲しい」みたいな
今の風潮(昔からの風潮かもしれませんが)が好きじゃないです。
私が、いち読者として、そんなもんいらんもんね、って思うからです。
今年最高に面白い本? それは私が決めんだよっハッ!! 
みたいな〜☆
誰の指図も受けたくないゴーマンちゃんは
知らない人の太鼓判なんて聞く耳持ちません。

なので「自分がオビ文を書く」っていうのも
本当はナシのはずだったんですが、
今回の『少女病』だけは……
これだけは例外にしてしまいました。
掲載誌の「小説宝石」で1話目を読んだ時、
「これはヤバい、絶対売らなきゃ!!」
と思ったんです。担当者でもなんでもないのに。
「吉川トリコはここで売り出すしかないっ……!」と。

その1話目を読んだ直後、熱い感想メールをトリコさんに送りつけ、
結果単行本化の時オビ文を依頼されるに至りました。
さすがに「私、太鼓判文化嫌いですから」というちゃちい理由では
断れませんで……。
書かせていただきましたよ、「太鼓判」じゃないオビ文を!
私の名前を知らない人でも、「ん?」「おっ?」と思ってくれそうな
「キャッチコピー」を目指して!!

私の名前が印刷された面積がでかくて、
結果的に「豊島ミホの太鼓判」みたくなっちゃってるけどww
でもちっちゃい字で書いてある文章のほうを、
みなさん、書店で、目を凝らして読んでみて下さい。
それで、「自分に合いそう!」ってぴんと来た方は、どうかお買い上げ下さい……。

ちなみにご本人が装丁をとても気に入っていて、
できれば読者さんには書店で出会って欲しいとのことでしたので、
ここでもネット書店や出版社公式サイトへのリンクは控えさせていただきます。
私も装丁……好きです。
by refri5erat0r | 2011-08-16 23:44 | 旧・告知
こんにちは。
臨時営業続行中の豊島ミホです。

08年メディアファクトリーさん刊の単行本、『初恋素描帖』が
今月26日に文庫サイズで発売となります。「MF文庫ダ・ヴィンチ」からの刊行です。

改めてご紹介させていただきますと、『初恋素描帖』は
とある中学の2年2組のうち、抽出された20人全員が主役! という
連作掌編集です(見方を変えると、全員脇役! にもなりますが)。
1話がだいたい原稿用紙10枚で
語り手が交替していくスタイルです。
そしてすべてが恋愛の話で、あそことあそこが実は絡んでいたり
この時にはこっちがほどけていたり、って具合になっています。
「素描」帖ですから、20人居ても何か大きなことが為されるわけではありません。
すべてを読むと事件の全貌がわかる! とかもありません……(何の事件?)。
みんな勝手に恋していたり、していなかったりするだけです。

その教室の鳥瞰図を楽しんでいただきたいというのが趣旨でしたが、
今回、文庫化にあたって、答え合わせ的に
「恋の相関図」を(文字通り「図」を)巻末につけてもらいました!
(※発売時インタビューと一緒に「ダ・ヴィンチ」に掲載されたものを
 下敷きに、ちょっとだけコメントを書き直しています。)
先にパラッとめくって、へぇこんな本なのね、と思っていただくもよしですが、
読後真剣に答え合わせをしていただけると、作者としてはより嬉しいです。



鳥瞰図小説、という側面の他、『初恋素描帖』は
私の作品で唯一の、中学を主な舞台とする作品、という面があります〜
それもセールスポイントでございます。
(えっ、中学の話他にもいっぱい読んだけど……と思われるかもしれませんが
 それは連作短篇のひとつか、長篇の一部分であるはずです)

連載開始当時の思いがこのブログの隅に残っていましたので一部抜粋。

>高校→小学校→大学ときて最後に残した「中学連作」です。
>ずっと前の記事で、「高校→小学校→大学と芸が無いことをやっているが、
>いっそ保育園連作でもやるか」と発言したことがあるのですが、
>その時に「なんで中学は無視……? いじめられてたの?」と突っ込まれました。

>しかし逆です。
>私は「中学」が一番好きなんです。ああ泥臭くも美しき哉14歳の煩悶よ。
>世界には14歳にしか見えない光がある……ッ!

世界には14歳にしか(略

……なんか赤面したくなるほどすごい意気込みですが、
今も中学時代はすごく好きです。
というか自分の人生でわずかなリア充時代が恋しいです。

という感じの『初恋素描帖』26日発売です。
表紙イラストはもちろんあの方……!!
なんと新しく描いていただきました。おたのしみに!!
(なおかつ単行本刊行時の本文イラストもそのまま残していただいていますよ!)



そして以前お知らせしたトークイベントと同日の27日
名古屋にてサイン会を行うことが決定いたしました。
27日のトークイベントと同じ、吉川トリコ、宮木あや子、そして私
というメンバーです。「文芸あねもね」刊行記念(?)3人合同のサイン会です。
ただ、イベントとサイン会では場所が違いますのでご注意下さい。
トークイベントは東山線/名城線本山駅が最寄りのシマウマ書房さん
サイン会のほうは名城線矢場町駅が最寄りのリブロ名古屋さんが会場となっております。
リブロで14時からサイン会ののち、シマウマ書房で18時からトークイベント
という日程です。

詳しくはリブロの公式サイトでご確認いただきたいのですが
整理券制、先着100名様です。予約の人も込みの「先着」。
『初恋素描帖』発売前に整理券を確保しておきたいかたは、
ぜひお電話でご予約下さい。
サインの対象書籍は「その人の著作ならなんでも」ということらしいですが、
何をどれくらい書店さんに置いていただいているかはわからないので、
(全作揃える、というのは難しいのではないかと思います)
これを買ってこれにサインしてもらいたい! という目当ての本がある方も
事前にリブロさんに在庫を問い合わせてみて下さいませ。
どれくらいの期間取り置きしてくれるのかな? あんまり早くてもだめなのかな?
そして予約する人もしない人も、サイン会希望の場合は
「サイン会の整理券ください」ってお店の人に必ずお伝えして下さいね!
自動でついてくるというわけではないと思いますので……。

あ、サイン会はトークショーと違って無料です。
こっちだけいらっしゃっても全然問題ありませんYO!!
トークショーよりは気軽に来ていただけるかと思いますので、
お近くのみなさまは、ぜひどうぞ。

ってなんでもなくにこやかなふうにお誘いしていますが、
サイン会も人生初めてです……。
サイン本はつくったことがありますが、読者さんの目の前でサインする、
というのは経験したことがありません……。
私も緊張していると思いますが、よろしくお願いいたします。



なんだか……イベントがびしばしと入ってきて
完全営業中みたい……
てか過去の営業中以上って感じですが、
あいもかわらず臨時営業中です……

せっかく野に放っていただいたので、
野良だからこそできることをいっぱいやっていきたいと思います。
(それがみなさんの目に見えることではないかもしれませんが……)
よろしくお願いいたします。
by refri5erat0r | 2011-08-12 11:36 | 旧・告知
こんばんは。豊島ミホです。
文芸あねもねの買い方説明まんが、
「文芸あねもね読むまで物語」を描きました!
現在、あねもねの販売サイトパブーさんで、
無料公開していただいております。

無料ってことはつまり、ログインも会員登録も不要ということです。
ちょっと見たいだけの人も、ぜひどうぞ!
ファイル形式は、「文芸あねもね」と同じく、PDFとHTML。
配布ページはこちらです。

文芸あねもね公式ブログにも、1ページ目だけは貼りつけておりますので、
「お手並み拝見してやろうやないけ〜〜〜」という読者様は
まずそちらをどうぞ。

パブー、私は「専用ソフト不要」というところに
すんごい魅力を感じるんですが
(日本の電子書籍市場は専用ソフトありきのものになっております、今のところ)
クレジットカード以外で買おうとすると、なかなか手続きが複雑です。
いや、方法のいっこいっこはそんなに複雑ではないのですが、
最初に、どんな方法があってそれぞれにどんな利点と不便さがあるのか
わからないために、
どの方法を選べばいいかわからない→めんどくさい!
ってことになってしまいかねないところはあると思います。

部分を選ぶためには全体を知りたい。
ですよね。
というわけで、クレジットカード以外の支払い方法を全網羅!
(※最近新登場したPayPalをのぞく)
した説明まんがを書いたのです……。

実は表紙と奥付を入れると24ページの大ボリュームになっちゃってます。
でも「読むのも負担……」というまんがにはしないように気をつけたつもりです。

まあ、雑ですが……。そしてやはし字は多いんですが……。
すみません。そこは勘弁して下さい。

いきなり「やらせて下さい!」と申し出た説明まんがの掲載を許可して下さった上
公式ブログハリネズミ通信で紹介までして下さった
パブーのみなさまには大変感謝しております……。
ありがとうございました!
by refri5erat0r | 2011-07-29 18:48 | 旧・告知
こんばんは。豊島ミホです。
チャリティ同人誌「文芸あねもね」をご購入下さった皆様、ありがとうございました。
おかげさまで、私の心の目標値(※メンバー内ではダントツ目標値が低かったのが私)は
突破することができました!
まだ色々と実験段階的で読みづらい・買いづらいところもある中、
読もうとして下さった皆様、ありがとうございます。

まだ「あねもね」をご存知ない方へ。
改めて紹介している時間が今ないので、
詳細が書かれたページをはっつけていきます!

文芸あねもね公式ブログ
販売サイト「ブクログのパブー」
販売ページ直通
文芸あねもねツイッター
執筆者およびイラスト、デザインをした人たちのプロフィール

※「文芸あねもね」は10本の短篇・中篇が掲載された380円で買える電子書籍。
 もちろんオール新作です。
 私は400字詰め原稿用紙換算164枚のぶっちぎりKYな枚数を書いています。
 皆様が払って下さった380円のうち、380円=100%が日本赤十字社に寄付されます。

ぶっちゃけ今のところ「あねもね」への二大苦情は
「スマホで読みづらい」
「クレジットカード以外の代金支払い方法がわかりづらい」
です……。
ひとまず後者を解決するため、今まさに奮闘中でございます。
今週中には、マイ☆解決策(かなり私が勝手にやったやつ)を提示できる予定ですので、
支払いで挫折された方は、あねもね公式ブログなどにご注目下さい。
よろしくお願いします!



そしてみなさまに新たなお知らせがあります。
わたくし、人生初のトークイベントをやらせていただくことになりました……。
会場は名古屋の古書店、シマウマ書房さん、
8月27日(土)18時スタートです。
「ああ、アマチュア時代!」をテーマに、あねもねメンバーのひとり、
宮木あや子さんと語り合います(もちろん「文芸あねもね」の裏話コーナーもあり)。
進行と突っ込みは名古屋ガール・吉川トリコさんが担当してくれます。

詳細はシマウマ書房さん公式サイトでご確認いただきたいのですが、
料金は1000円、予約制になります。
シマウマ書房さんにお電話かメールでご予約いただく形になります。
結構壁高いですね!? 私自身、そういうトークイベントにお客さんで行ったことがないので
(そういえば映画祭の後とかにやっているよね……
 いったい何が行われているのだろーと思いつつ未経験)
果たしてどれくらいの人が来てくれるのかなぁととっても不安ですけど、
お客さんが10人でも5人でも、めいっぱいの赤裸々☆トークをさせていただこうと思ってます!
お近くの方はぜひ生で!

私がトークイベントに行ったことがないのは、
「生・映画監督とか生・作家とか怖いよう!!」
「トイレで中座するだけで怒鳴られそうだよう!」
っていう理由が主ですが、絶対怖くないしトイレその他のご用事で中座する方に怒鳴りません。
むしろイベントは2時間くらいを予定しているので、確実に私自身がトイレで中座します。

それから多分、「東京でやんないの?」という突っ込みが入ると思いますが……
東京でやれるかどうかは名古屋次第ですね、はっきりいって……
来て下さる方が5人とか10人だったら、いくら楽しくやっても次はないです。



さっきもさらっと書きましたがトークのテーマは「ああ、アマチュア時代!」。
まあ、私は今がむしろアマチュア時代なんですけど……
第1アマチュア時代(デビュー前まで)の話も詳しくしたいと思います。
私は新人賞への初回投稿作がそのままデビュー作になった、
ドラクエで言うと「あそびにん」にしか該当しない運の持ち主ですが、
実は投稿以前の小説がいくらか……あります。なくはないんです。
書いてるけど完成させられないから誰にも見てもらってない、っていう
典型的な文系中学生・高校生だったりもしました。

あっでも! 勝手に書いていたドラマの脚本は友だちに見てもらってた!
あれも持っていこうかな〜〜?!
シマウマ書房さんのページに書いてある通り、
「U−18時代の恥ずかしい原稿も出てくるかもしれない」イベントです。
ってか私は確実に出しますよ。かなりの数残ってますもん。
ドラクエのノベライズとか、セカイ系ラノベとか……
さすがにエロ小説は存在しないけど……

来なよ!
名古屋周辺にお住まいのアナタ来て下さいよ!
宮木あや子ファンのアナタも来て下さい!
宮木さんの恥ずかしい話もいっぱい聞き出すつもりですから。
つ、つもり、だけど……。

シマウマ書房さんの最寄り駅「本山」は
名古屋駅から市営地下鉄で15分くらいのようです。
名古屋観光がてらちょっと足をのばして下さる方ももちろん大歓迎!

私が出るイベントは2夜目で、1夜目のほう、
南綾子さん×宮木あや子さんの「夜を駆ける野良女」もあります。
(こちらも進行役はトリコさん。
 この1連のイベントには、魔女の★闇鍋 ~「文芸あねもね」トークショー という
 サブタイトルがついております。)
猛者はぜひ、2夜連続参加に挑戦して下さい。
ただし1夜目は会場が違うので(同じく名古屋市ON READINGさん)
ご注意下さいねー。



色々さあ……やっぱ……生大事!
って最近思うんですわ。
新しく好きになったバンドのライブには行きたいし
まだ経験してないけど、音楽以外のジャンルで好きな人にも、
講演に行くなどして会ってみたいです。

私は生まれた時から引っ込み思案で(公園で知らない子と遊ぶのブルーすぎるありえない
子どもだから無邪気に知らない子とも遊ぶと思ってるんじゃねーよ大人たち……とか思ってました)、
なんか……生で他人に会うの全部イヤ……って感じだったのですが
最近ちょっと気持ちが変わりました。ちょっとだけど。
このイベントに出るのも最初「私はやんない」「無理」とか言ってたけどwww
もーーーすべてなるようにしかなりませんわ。
人にどう思われるかっていうのを気にしないで生きていきたいですわ(希望)。

最後になってしまいましたが、先週発売の
小説新潮8月号にエッセイを書かせていただきました。
「文芸あねもね」のために6ページの特集をつくっていただき、
私のエッセイはそのうちの2ページになります。
あねもねツイッターでも書きましたが、
小説新潮は休業宣言をした因縁(?)の雑誌なので、
この企画にあたって一筆書かせていただきました。
何故参加したかとか、わりと個人的な話です。
よろしければご覧になって下さい。
小説新潮編集部さま、ページありがとうございました!
by refri5erat0r | 2011-07-24 21:06 | 旧・告知
私が参加したチャリティ同人誌『文芸あねもね』
いよいよ本日発売となっております。
「午後」発売ですので、今すぐには出ませんが、
残すところあと十数時間……? となっております。
文芸あねもね公式ツイッターには、販売開始の第一報が入ります。


『文芸あねもね』について

・電子書籍だよ!
・販売サイトは「ブクログのパブー」だよ!
・特別な機械は要りません、なんとファイルはPDFです。OSやソフトのことは心配要らねえ!
 なんだったらウェブブラウザ上でもHTML版を読めちゃいます。
 (ファイルサイズが結構あるんで、PDFダウンロードのほうを推奨します。)
・ただしID作成は必要なのでそれだけはご注意を。
・執筆者10人、収録作品は全部小説、大特価380円!(別にずっとこの値段ですが)
・クレカなくても(ちょっとめんどくさかったり、
 方法によっては少額の手数料がかかったりしますが)買えます。

だーっと箇条書きにしてしまいました……。
明日の確認作業のために、早く寝なければならないんで。すみません。

販売開始前最後に私が一言アピールしたいのは、

全作おもしろい

それです。

執筆者それぞれが自分の媒体で言っていると思いますが
「うそっぺー」「んなわきゃねー」って匂いもちょっとするでしょう……
先輩と後輩で気を遣い合っているのでは? とか
やっぱ女子同士だし本音言えないんじゃない? とか
邪推したらどこまでもできることだし。

でもね! 

ほんとです。

少なくとも、私にとっては。

きっと今日無事にアップされたら、嬉しくて泣くと思います。
自分にとって最高に面白いアンソロジーを、
創り出すのに立ち会えたこと。
こういう経験はそうそうないでしょう。

行け!

飛べ!

「文芸あねもね」!

こういう気持ちで、本を手放すのは初めてです。
お願いだから無事誕生して、飛んでいきますように。

みなさんへ、
本日「文芸あねもね」がアップされると、
販売ページで試し読みをすることができるようになります
(これはログインすら不要)。
ぜひ1本1本のクオリティを、確かめてみて下さい。
なにしろまだ著作がない作家まで混じっているので、
馴染みのない名前が多いかもしれませんが、ちょっと読んだら、
面白そうだと思っていただけるはずです! きっと!
by refri5erat0r | 2011-07-15 00:07 | 旧・告知

お知らせ(2011/5/26)

お久しぶりのこんにちは。豊島ミホです。

も〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どの面さげてここに帰ってきてんだっ! って感じですが
その言い訳はまた後日にしたいと思います。



みなさんお元気ですか??
私は地震の後、恥ずかしいくらいパニック状態→ナイーブの極限で
とてもここに「元気です」って一報入れられる状態ではありませんでした。
でも、あったりまえですが、私なんかより大変だった人、
今も大変な人、いっぱいいると思います。

個人的には、一番身近で想像の及ぶところで、
今年春に大学進学予定だった子たちを心配しています。
(じつは、他年度と比べて、お手紙を多くいただいた学年でした。)
入試に直接の影響もあったし、たとえ地震より前に入試が終わってたとしても
岩手宮城福島、辺りに進学予定だった子はちゃんと
行きたい学校に行けたんだろうか??
もしくは岩手宮城福島、辺りから他県にひとりで出ていく予定だった子は
それを果たせたんだろうか?
どっちみち、この状態での新生活に、すっごい心細い思いを
してるんじゃないだろうか??

……とかって。
いうのが、私の心配力の限界です。
それ以上の、つらいこと、っていうのは、正直、
心の底からわかることはできないんだろうなと思います。
私の精神力ではしょいきれないんだろうなとも、思います。



ですがそんななかで、
『文芸あねもね』という復興支援チャリティ同人誌に
参加させていただくことになりました。
小説の執筆者として、です。
これが今回の「お知らせ」です。

参加にあたっての気持ちとか、そういうのは、
上の(リンク先の)公式ブログに5/26付で書かせていただきました。
そちらもご覧下さい。
執筆陣、10名中(私含め)5人までが発表されています。
参加者は主に「R-18」文学賞受賞者で構成されています。
「R-18」に好きな作家が複数いる、というかたは
ぜひチェックをよろしくお願いします!



……だから戻ってきたことに関する言い訳はよ?!

って感じなのですが、ごめんなさい今は、
もぞもぞ言い訳してる時間がないんですううううう!!
(同人誌は原稿以外にもやることが色々山積みなのであった)

向こうのブログにも書いている通り、
あくまで今回「復帰」ではありません。
「イレギュラー参加」です。それは断言させていただきます。
臨時営業でも付き合ってやるよーという懐の深い皆様、
どうぞよろしくお願いいたします。


ブログも臨時営業するかはちょっとわかりません。
同人誌完成の折(7月中)には
ここでも一報入れさせてもらおうとは思ってますが……。
by refri5erat0r | 2011-05-26 12:09 | 旧・告知
○幻冬舍文庫『ぽろぽろドール』 2/4発売
07年幻冬舍刊の単行本を文庫化。
解説なし、文庫版あとがきあり。

○MF文庫ダ・ヴィンチ『初恋素描帖』 8/25発売
08年メディアファクトリー刊の単行本を文庫化。イラストもそのまま収録。
解説なし、文庫版あとがきあり。文庫特典として「恋の相関図」つき。
by refri5erat0r | 2011-02-28 12:46 | 旧・告知
○幻冬舍文庫『陽の子雨の子』 4/9発売
06年講談社刊の単行本を文庫化。
解説なし、文庫版あとがきあり、加筆修正少々。

○単行本『作家の読書道3』 5/10発売
06年収録のインタビューが掲載。
インタビューが掲載されている全18名の詳細はこちら
私の箇所については、WEB版から加筆なし。

○集英社文庫『夜の朝顔』ニューカバーバージョン
09年に既に文庫化されている『夜の朝顔』の、新装版がいくらか出ます。
いつ、どのくらい店頭に出るかはちょっとわかりません……
とりあえず夏の文庫フェア「ナツイチ」(今月末くらいから?)の棚では
新装版になると思います。表紙が写真になります。
去年のものと中身はまったく同じなので、既に買って下さった方はご注意下さいね!

○集英社文庫『東京・地震・たんぽぽ』 8/20発売 →集英社文庫公式
07年集英社刊の単行本を文庫化。
解説なし、文庫版あとがきなし。

○角川文庫『神田川デイズ』 11/25発売 →角川文庫公式
07年角川書店刊の単行本を文庫化。
三崎亜記さんに解説を書いていただきました!!
文庫版あとがきもあり。

○角川文庫『作家の手紙』 11/25発売 →角川文庫公式
36名分の手紙が収録されていて、そのうちのひとつ。
07年角川書店刊の単行本が文庫化されたもの。

○実業之日本社文庫『Re-born はじまりの一歩』 12/4発売 →実業之日本社文庫公式
7篇からなるアンソロジー。執筆陣は上の公式ページ参照。
私は「瞬間、金色」という話を書きました。
08年実業之日本社刊の単行本の文庫化。
by refri5erat0r | 2010-11-24 20:55 | 旧・告知