雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

『大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル』まえがき(5/22)

こんばんは。豊島ミホです。
岩波ジュニア新書さんからの新刊
『大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル』
発売になりました。

そろそろ本格的に内容紹介をしたいと考えていたのですが……
正直、本のまえがきで「内容紹介」のすべては言いつくしてしまった感があり
もうなにも書ける気がしません……。

ので、岩波書店の編集さんにお願いして、
まえがきだけ転載の許可をいただいてまいりました!
とはいえ……念のため画像の形に直しましたが……。
内容が気になっているよーという方は
いちど読んでみて下さいませ〜。


【※公開しますが、著作権は私にあります。画像の転載はご遠慮ください。
 もしこのまえがき部分を他の方に読んでほしい場合は、
 このページのURL→ http://fengdao.exblog.jp/24454476/
 をお伝えして下さいね!】




b0039091_2072716.jpg

b0039091_2073011.jpg

b0039091_2073490.jpg

b0039091_2075853.jpg

b0039091_208088.jpg




……まあこんな感じです!

憎しみ、恨みというマイナス感情のゴール地点ってどこ?
「やり返したい!」っていう気持ち、どこに持っていけばいいの?
このまま持ってるとどうなっちゃうの?

そんなところについて、自分の経験を通して、
できる限り冷静に? 客観的に? でもカジュアルに! 
語らせていただきました。
よろしくお願いします!


……


と、いうのがまあ小説の読者さん以外の方へ向けての
内容紹介ですよ……。


この本、身近な人何人かに
すでに読んでいただいているのですが
共通して出てくる感想に


今までの読者の人が気の毒すぎる


というのがありまして。。。

ここで初めて新刊紹介した時にもその辺には言及しているんですが
この失敗談=「リベンジマニュアル」には
私が小説書いてた時のことの大半が含まれています。
自分がどんなマイナス感情を煮えたぎらせながら仕事してたか
いかに腹黒で傲慢だったか
(今は1ミリも傲慢じゃないとか言う気もないですけど)
一切の遠慮をせずに書いてしまってます。

なんで遠慮しなかったかというと
それナシでは話が成り立たないからです。

今まで書いてきたすべてのことよりも
この本で伝えたいことがあるから、
1冊に入ってる「言いたいこと」が明確だからです。

その結果呆れられたり、がっかりされても、
仕方ないっていう判断です。

まあこういうの……自分が読者さん側に回った場合
結構かちんとくるっていうのもわかるけど!
新しいアルバム出すたびに
前の自分たちのアルバムをくそみそにけなす
バンドに対してチッと思ったりとかそういうの
あるわけですけれども!
音楽以外の分野でも、
自作とかそれに接する人への態度が
ひどすぎる作家に対して、
大好きな気持ちが一瞬で消えるとか実際あったけど。

それと引き換えにしても、どーしても
本に残したいことがあったっていうことです……



もっと突っ込んだ話をしてしまうと

私の小説の読者さんは
私のめんどくさいとこは知らない人

私のめんどくさいとこが好きな人
に ぱっくり分かれてると思うんです。

前者の方については 多分ご自身がしっかりしてらして
私もしっかりした気持ちで書いてると信じてる、
だからこういう根腐れ告白は完全に蛇足であって
「読まなきゃよかった!」「ひどい!」って
罵られても……それは私が罵られるべきことをしたのだ。
という以上でも以下でもないです。
根腐れしたまま小説書いていてごめんなさいとしか言えません。

しかし後者の方で、
「私のめんどくさいとこ」に
自分と同質なものを見てるタイプの人……
要するに多分めんどくさい人(という自認の人)には
私はわりと この本でなんか受け取ってほしいと思っている。
そのめんどくささがどっから生まれてて
それに自分がどんだけ取り込まれて
どうやって対処していこうとしてるか、
あくまで「私の場合は」に過ぎないことだけど
なんとか書こうとした本なので。

もちろん、その「私の場合は」の話が
やっぱりなんら役に立たなかったり
感情的にかちんとくるものでしかなかったりっていうことも
全然あり得ると思うんですけど。
でも、ほんとに「私のめんどくさいとこ」の
総決算的な本なので、
ここにも付き合っていただきたい、
というのが……本音かな。
やっぱり苛立たせたり拒絶されたりがっかりされたり、
たくさんするだろうけれども、でも誰かは
何か受け取ってくれるんじゃないかなって思っています。

長々と書いてしまいました。
こんな長い弁解せず 一切の宣伝もしないっていう手だって
あったんですけど
(何度も言いますが、図書室図書館流通メインな感じなので)
やっぱどこかでは「よろしくお願いします」と
言いたいからもう宣伝してしまったよね。
色んなこと含めて、
『大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル』、
どうぞよろしくお願いいたします。
by refri5erat0r | 2015-05-23 01:32 | 告知