雑記帖としま fengdao.exblog.jp

現ライター、豊島ミホのブログです。雑記帖ゆえ雑文が書かれていきます。カテゴリの「はじめに」も是非お読み下さいませ。


by 豊島ミホ
プロフィールを見る

ヤコとポコ(6/18)

読みました。
中上健次の「水の女」じゃなくて
水沢悦子せんせいの新刊「ヤコとポコ」

ヤコとポコ(1) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ もっと!)

水沢悦子 / 秋田書店


もうね……これだけは書かないと! と思って
ここに来ました。
うさくんはやっぱり天才!!! って。

なんでうさくんの話してんの? 水沢せんせいの話はどしたの?
と思う方は気にしないで下さい。色々。うん。



「ヤコとポコ」は、少女まんが家の「ヤコ」と、
そのロボットアシスタントであるネコ型ロボット「ポコ」の
おはなしです。
まんが家にはみんなロボットのアシスタントがついている……
という時代設定(なのにネットやPCは退化している不思議な世界。
そういえばまんがの作業も全部アナログでやってた)。
私たちがいるこの世界で、まんが家デビューするとFAXがもらえるように、
「ヤコとポコ」の世界では、新人賞のデビュー副賞が
アシスタント用ロボットなのです。

動物型なんだけどネコとか犬とか、細かい型は自由に選べる。
あと、ロボットはみんな(アシスタントのみならず、乗り物の運転手なども)
「かんぺき」「てきとう」「ダメ」の3種類のモードがあって、
最初に1度決定したらもう他のモードにはできない。
まんが家さんは普通「かんぺき」モードのアシスタントを使うけど、
ヤコはなぜかポコを、「てきとう」に設定して使っている……。

とかってだいぶ混み入った設定なんですけど、
それがむちゃスムーズに読み取れるようになっていて
すばらしいです。



あともうひとつこの作品のキーになっているのが
「ゆっこペン」という名のペン。

昔ね…
「ゆっこさん」っていうイラストレーターがいて……
その人が作った思い出の色のペンなの
全部で何色あるのか知らないけど
どれか1色でも思い出の色が同じだったら
幸せになれるとか噂になって…
流行ってたんだよ

というのがヤコによる説明なんですけど。
多分、(その世界で)今20代くらいの女性が
小学生の時に爆発的に流行った
ファンシー文具という設定なんですね。

上の説明だけだとあんまぴんと来ないかもしれませんが、
たとえば

「うらやましかった友達んちの猫色」
「夢の中で乗せてもらったUFO色」
「相性が合わない先生がよく着てるスーツ色」
「好きだった男子の家の屋根色」
「はじめてプレゼントしてもらったリボン色」


て、「ゆっこさんの思い出」ベースで色が作られていて、
それが自分の思い出と一致するかどうか!? っていう
ワクワク感があるわけですよ。ペンで何か描いてみるまで。

そのペン、もはやレアグッズである10年前に流行ったペンを
ヤコとポコが集めていく。というのが主な筋書きになっています。

もう……こんなファンシーな設定さ……
逆に女性からは出てこないよね?!

フェリシモの「500色の色えんぴつ」という企画と
似てるっちゃ似てるけど、
その「色」を「思い出」という個人的なものをかけてしまうっていうのが……
すごいなーと。
あとやっぱり色名のセンスですよねww

ちょうど私フェリシモで買い物したところで、
おまけに3本ランダムの色鉛筆がついてきたんですけど。。。
「巫女の紅袴」
「インドのマンゴー」
「夜露のマチュピチュ遺跡」
っていう色名だ(今、袋を開けた)。
別にこのセンスもキライじゃないですけど。
最初はすごくいいと思ってたけど。
「ゆっこペン」のネーミングを見た後だと、
ちょっと無駄にグローバルに見えるw
敢えてローカルにそして個人的に……ネーミングした
「ゆっこさん」のセンスすごいなって思っちゃう。



物語の背景を説明しただけで、もうこの文章量。なんだこれ。
私はセンスないな。

これをベースに、毎回、センチメンタルな……
でもキレのあるギャグが入ってるからセンチメンタルすぎない……
物語が紡がれていくっていう。そんな作品です。
「笑えて泣ける」のハイレベルなやつです。
「ニヤニヤ笑いとじんわりくる鼻づまり」です。

ヤコが「少女まんが」の描き手であることは
今のところさほど話に噛んできてないんだけどw
ライバル(?)まんが家のオリーブ翠先生の話はすごい……
すごいよかったwwww オチがすごい好きwwww
「2ページにすんのかよ!」っていう……
さすがな感じ。

なんかうさくんのまんがはみんなわりと。
みんなちゃんとしてないようでちゃんとしているのが良いな
と思います。
それぞれ好きに生きてるんだけど
相手を批判しないというか。
誰がよくて誰がだめっていうこともないし。
でも自分の考えの筋はしっかり通すっていうか。

「ヤコとポコ」でも「てきとうモードのポコがいいよね」
ってことにはなんなくて、
かんぺきモードの、オリーブ先生のアシさんたちもみんな、
いい人、もとい「いいロボ」として描かれてて。
そんなところがほんとに素敵だな。
と思いました。



あの……「にゃん天堂」も買いましたから。
ちゃんと買ったから。

にゃん天堂 (1) (電撃コミックスEX)

うさくん / KADOKAWA/アスキー・メディアワークス


この表紙。
別名義を隠す気ないじゃないですかもう。
猫ルームの回にポコに似てる猫出てくるし。

いやでもわかんないよね。
うさくんと水沢悦子せんせいはふたごの兄妹とか
なのかもしれないし。
きょうだいで絵似てる人とか実際いるし。
そういうことにしとくか。ここでは。


あ、ちなみに『水の女』も来たから読んでるんだけど
結局「赫髪」が一番よかったってことになりそうな雰囲気……
です……
by refri5erat0r | 2014-06-18 23:37 | 読んだものの感想